展覧会ビジター

いい作品が見たい!

お見せしたい作品やカタログがあるのですが、近年カタログやWEBより写真を転載すると著作権法で困ったことになります。よって、このコーナーは展覧会のチケットやチラシ、パンフレットそのもので、名品のサワリをご紹介させていただきます。

古九谷浪漫 華麗なる吉田屋展

銀座松屋 2005年/ご存じ、再興九谷は吉田屋窯の名品展です。ちょっと古くてごめん!でもあまりにも巨大で感動的だったので再録します!

吉田屋チケット

カーソルを乗せるとチラシの裏側が表示されます。

ページトップにもどる

北大路魯山人展

鎌倉 吉兆美術館 平成18年/鎌倉に星ヶ岡窯を築いて作陶に没頭した北大路魯山人の食器を中心に、陶磁器、書、絵画などが展示されている。

魯山人チケット

カーソルを乗せるとチラシの裏側が表示されます。

ページトップにもどる

安宅栄一の眼 安宅コレクション

三井記念美術館 2007年/モノを見る目がある人とはこういう人のことを言うのでしょうか!ご存じ、安宅栄一氏のベラボーなコレクションです。

安宅チケット

カーソルを乗せるとチラシの裏側が表示されます。

ページトップにもどる

赤と黒の芸術 楽茶碗

三井記念美術館 2009年/安土桃山時代、侘茶を創始した千利休が自ら理想とする茶の湯のための茶碗を長次郎に焼かせた。楽焼の始祖であり、利休の「侘び寂び」を器に表現した長次郎と楽家の名品展。

カーソルを乗せるとチラシの裏側が表示されます。

ページトップにもどる

川喜田半泥子のすべて展

銀座松屋 2010年/半泥子は、百五銀行頭取などを歴任した実業家でしたが、50歳を過ぎてから陶芸に目覚め作陶に没頭します。大金持ちの道楽を越えた、伸びやかで雅趣溢れる作品を残しました。

カーソルを乗せるとチラシの裏側が表示されます。

ページトップにもどる


次のページにいく >>