次回の演奏会のご案内


バッハアカデミー関西
教会暦によるカンタータシリーズ[第55回]



202017[日]

午後5時00分開演(午後4時30分開場)

日本キリスト教団 島之内教会(大阪市地下鉄堺筋線・長堀橋駅)[地図]

 ヨハン・セバスチャン・バッハ
 Johann Sebastian Bach
   カンタータ第153番「見たまえ、愛する神よ、いかにわが敵ども」
   Schau, lieber Gott, wie meine Feind
   カンタータ第155番「わが神よ、いつまで、ああ いつまでか」
   Mein Gott, wie lang, ach lange
   カンタータ第165番「おお 聖霊と水の洗礼よ」
   O heilges Geist-und Wasserbad
   モテット 第4番 「恐るるなかれ、われ汝とともにあり」BWV228
   Fürchte dich nicht, ich bin bei dir BWV228

 ソプラノ: 乃村 八千代
 アルト : 白石 愛子
 テノール: 眞木 喜規
 バ ス : 津國 直樹
 管弦楽 : 大阪チェンバーオーケストラ
 合 唱 : 京都バッハ合唱団
 指 揮 : 本山 秀毅

一般 ¥3,000(当日) ¥2,500(前売)
学生 ¥1,500(当日) ¥1,000(前売)

    (全席自由席、税込み)(未就学児童のご入場はご遠慮ください)

チケットの発売までもう少しお待ち下さい



 バッハはカンタータの楽曲に、楽器編成の制約を感じさせない感嘆すべき多様性を示しています。その選択肢を「最大限」用いた時の協奏的な華やかさは大きな魅力ですが、反対に管楽器を全く加えずに弦楽器だけの編成によるカンタータも残されています。それらは慎ましい音色の中に、内容的に深いものが多く、苦悩の中でこそ信仰を持つことの勧めが説かれるものや、霊が新たな生命を持つものとしての洗礼を賛美したものなど、中身を知ることにより得難い感銘を与えてくれるのです。
 小編成の室内楽的な響きに包まれて奏される信仰の確信。まさに至福のひとときです。
 皆様のご来場をお待ちしています。



主催: バッハアカデミー関西

戻る