京都バッハ合唱団について



京都バッハ合唱団

1988年に本山秀毅の主宰により創立以来、バッハを中心とする教会音楽の 多角的な理解を目指し活発な演奏活動を展開している。解説を伴った演奏会形 式「ゲシュプレヘスコンツェルト」を続けるほか、1991、1998年には、 同志社栄光館において、ライプツィッヒ聖トーマス教会のペッツォールト教授 と共に「バッハ時代の歴史的礼拝の復元」に取り組んだのをはじめ、合唱指導 者の研鑚を目的としたコーラスワークショップ活動を展開するなど演奏会の枠 を超えたユニークかつアカデミックな活動を展開している。2000年10月 に行われた特別演奏会におけるバッハ「マタイ受難曲」演奏は高い評価を受け、 大阪府文化祭奨励賞を受賞した。
また、1995年に戦後50年を記念するオレゴン・バッハ・フェスティバル に招かれ、ドイツ・アメリカの演奏家とともに、ブリテン「戦争レクイエム」 を演奏したのをはじめ、2002年5月には、ライプツィッヒバッハフェスティバ ルに参加。バッハ「ト短調ミサ」を演奏し、好評を博した。1992年、19 94年、2002年の3度にわたるヨーロッパ演奏旅行、1996年フライブ ルグ声楽アンサンブルの単独招聘によるジョイント演奏会など、海外の演奏家 との交流も盛んに行っている。

年表



バッハアカデミー関西について



「バッハ音楽の宝庫」ともいえる教会カンタータの数々。「バッハアカデミー関西」ではこれ らを教会の暦にあわせて主題ごとに連続して演奏する「カンタータシリーズ」を、バッハ没後 250年の記念であった西暦2000年より始めた。このシリーズのために、2000年春、京都バッハ合 唱団と大阪チェンバーオーケストラが、「バッハアカデミー関 西」を設立し、アカデミックかつ親しみのあるアプローチを通して、これらの分野 における新たな地平を拓き、関西の音楽界をリードして行く演奏団体を目指している。
カンタータシリーズに寄せて

大阪チェンバーオーケストラ

聴衆と親近感のあるコンサートを目指し、1975年以来バロックから現代音 楽まで幅広いジャンルの室内オーケストラ音楽の演奏活動を精力的につづけて いる。内外の名演奏家とも多数共演。月例チャペルコンサートは2006年に300 回を超えた。その室内楽活動はファンの間に定着している。



指揮者



HIDEKI_MOTOYAMA
本山秀毅(指揮)


京都市立芸術大学音楽学部声楽専修卒業。フランクフルト音楽大学合唱指揮科卒業。帰国後はバッハを主 とする宗教音楽を中心に演奏活動を続ける。「バッハアカデミー関西」を設立し、「教会暦によるカンタ ータシリーズ」によりバッハの声楽作品の全曲演奏に取り組んでいる。
1995年にはオレゴンバッハフェスティバルに、また2002年5月にはライプツィヒバッハフェ スティバルに招聘され、バッハのミサ曲などを演奏し好評を博した。
また一般・大学合唱団の客演指揮者、合唱指導法などの講習会の講師、全日本合唱コンクールをはじめとす るコンクールの審査員として合唱音楽の普及にも努めている。 同時に関西におけるプロ合唱団とオペラ作品の合唱指揮にも活躍している。 第15回藤堂音楽褒賞、2001年京都市芸術新人賞受賞。
指揮をヘルムート・リリング、ヴォルフガング・シェーファー・ウベ・グロノスタイの各氏に師事。
現在、大阪音楽大学教授、大阪音楽大学短期大学部副学長、びわ湖ホール声楽アンサンブル専任指揮者、大阪センチュリー合唱団指揮者。オペラハウス合唱団音楽アドヴァイザー。宝塚国際合唱コンクール理事。 京都バッハ合唱団主宰。



このページの作者



MyPhoto
J.Poo

1960年生まれ。京都大学理学部卒業。大学時代、京都大学吹奏楽団にてトロンボーンとユーフォニウムを演奏するかたわら、指揮法を文字清氏に師事。1979年および1980年京都大学吹奏楽団学生指揮者。1984年同大学院卒業後は島津製作所に勤務し、医用画像診断装置および医療情報システム、診療所向け電子カルテシステムの開発に従事。1985年より合唱活動に転向し、京都シティーフィル合唱団を経て、現在京都バッハ合唱団にて本山秀毅氏のアシスタントをつとめる。京都バッハ合唱団団員。島津製作所勤務。社団法人日本画像医療システム工業会(JIRA)医用画像システム部会委員、ソフトウェア委員会委員。



ホームへ戻る


Copyright (C) 1998-2000 Kyoto Bach Chor, All rights reserved.
Copyright (C) 2000-2007 Bach Academy Kansai, All rights reserved.