研究テーマ->音楽とロボット->オリジナル制作のロボット->日本畳楽器製造with自動演奏ロボット    
  「日本畳楽器製造with自動演奏ロボット」は、京都の畳職人「西脇一博」とロボットビルダー「勝田哲司」のユニットです。西脇が、ボディに畳を使用した畳楽器を演奏するために結成した「日本畳楽器製造」に、勝田が制作したロボット数体がバンドメンバーとして参加しています。伝統工芸と最先端技術のコラボレーションで関西を中心に異様な世界を展開中です。  
 
 

  

 
 
日本畳楽器製造
 

 
  京都で活躍する「日本畳楽器製造」はすこし変わったバンドです。畳で作られた楽器を使用し、畳の良さを伝えるための曲を演奏します。
日本畳楽器製造の詳細は、日本畳楽器製造のWebサイトをご覧ください。
 
 

畳ギター (くまもん)

畳ギター (漢字の畳の形)

   

畳ベース

畳ドラム

   

畳ウクレレ(五重塔)

畳ウクレレ(ハート)

   

畳ウクレレ(パンダ)

畳ウクレレ(スヌーピー)

   

畳ウクレレ(リラックマ)

畳ウクレレ(ジバニャン)

   

畳トランペット

畳アコーディオン

   

畳バイオリン

 

 
   
 
     
 
自動演奏ロボット
  バンドメンバーにはロボット数体もいて、太鼓、ドラム、鉄琴などを演奏します。また、ロボットバンドとしてロボットだけで合奏することもあります。
詳細は、演奏ロボットのWebサイトをご覧ください。
 
 

こさんくん1号

こさんくん2号

   

とまとちゃん

カトリくん

   

ちびさんくん

まめさんくん

   
   
 
  楽器は和太鼓、電子ドラム、鉄琴、アクリパンなどです。  
 

和太鼓

電子ドラム

   
   

鉄琴

アクリパン

 
 
ゆるキャラ
 
でかさんくん

たたみんくん

   

 

 

 

 
 
 
ポップ (スタジオおくさま制作