2017年8月23日(水)
丸棒の加工依頼
丸棒の両端をφ32mmからφ19mmにしてほしいという依頼がありました。角材から丸棒を挽くのは簡単ですが、すでにある丸棒の両端を細くするのかかなり難しい作業です。φ32mmの丸棒の芯でφ19mmを挽く必要がありますが、この芯出しが難しいのです。そこで冶具を作ることにしました。32mmの穴を木片の1/3ぐらいの深さであけて、ポンチが通るφ12.5mmの穴をドリルで貫通させました。この木片を丸棒にかぶせてポンチで叩きます。これで丸棒の中心に凹みが出来ます。この凹みをドライブセンターと回転センターで支えて挽いていきます。この様な丸棒は必ずと言ってよいほどスキューを使って挽きます。両端を19mmまで細くして完了です。
2017年8月22日(火)
カメラのレンズが壊れる
工房で使っているパナソニックの4/3のカメラですが、誤って作業台から落としてしまいました。銅鏡が傾いて動かなくなりました。無理やり元に戻しましたが、ピントが合わなくなっています。12-32mmの安いレンズですので、修理に出すより新しい物を買った方が良いと判断。早速ヤフオクをチェックすると12-60mmの望遠側が広い物が3万円位で出ていたので、落札しました。これだと望遠側がフルサイズ換算で120mmになるので、これ1本でほとんどの場面で使えるようになると思います。12-32mmは小型、軽量を評価して買いましたが、工房で使うので小型である必要もありません。今後はこのレンズで撮影することになります。
2017年8月21日(月)
ゴルフRヴァリアント試乗
来年早々に車を買い替えようと考えています。今すぐにでも買い替えたいのですが、今年の1月にスカイラインを購入しているので、1年もしないうちに買い替えるのは、、、ということで少し押さえています。しかしすでに購入する車の検討に入っています。情報を出来るだけたくさん集めるため、ベンツのA180には試乗したことがあるのですが、VWは乗ったことがありません。世界シェア1位のメーカーなので悪いはずがありません。車のラインナップをVWのサイトでしらべると候補に上がったのは、ゴルフRヴァリアントです。ゴルフは全長が少し短いので大きな荷物を積みにくいので、ステーションワゴンのヴァリアントを購入対象にしました。この車は2Lターボで310馬力もあります。茨城県でこの車の試乗車を探しましたが、ありません。首都圏で探すと東京の町田にありました。少し遠いのですが、試乗の予約をして出かけました。試乗させてもらうと7速DSGのダイレクト感が非常に素晴らしい。ナビも9インチが付いています。もちろん4WDです。試乗の後セールスマンが、オールトラックというヴァリアントのSUVバージョンがあるという。エンジンは1.8Lターボで180馬力、これも4WDだという。310馬力のを選んだのは4WDだからで、これほどの大馬力は要りません。適度の馬力のオールトラックに惹かれました。ゴルフRヴァリアントとオールトラックの両方の見積もりを書いて貰いましたが、ゴルフRの方は610万円を超えます。オールトラックは440万円です。オールトラックの試乗車もあるというが、この日は道が大渋滞していたので、早めに切り上げて帰ることにしました。オールトラックは茨城県にも試乗車があると思うので後日試乗したい。この販売店では初めての商談でしたが、42万円の値引き提示がありました。VWが売れている理由は、値引き幅が大きいからか?
2017年8月20日(日)
トリマ用8mmコレットの製作
日立のM6SBというトリマを使っていますが、取り付けることが出来るビットのサイズは6mmと6.35mmです。ねじ切り冶具用に8mmのビットを取り付けることが出来ないか検討してみました。コレットの太い部分はノギスで測ると10.8mm、細い部分は8.3mmぐらいあります。細い方の壁はほとんどなくなりますが、太い部分の壁の厚みは(10.8-8)÷2=1.4mmとなりなんとか行けそうです。早速真鍮の棒から削り出してみました。トリマに8mmのビットを取り付けてみましたが、問題なく取り付けることが出来、真鍮のコレットにも変形など在りませんでした。8mmのビットを取り付けてヘビーな加工は出来ませんが、少しずつ削るのには問題なさそうです。コレットの製作には木工旋盤を使っています。削っているところの動画は下の写真をクリックすると見ることが出来ます。
2017年8月19日(土)
1"x8TPI用ねじ切り冶具の製作
四国の方から1"x8TPIの主軸の旋盤用のねじ切り冶具の製作を頼まれたので、POMでねじ切りをやりました。POMの直径は、φ45mmなので1”の部分を25.4mmに仕上げ、手持ちのダイスで雄ネジを切りました。今回はナット利用のダイスではないので、簡単にきれいに切れました。そしてM12のボルトを中心に挿入します。M12のねじのピッチでねじが切れるようになります。ネジを切っているところの動画は下の写真をクリックすると見ることが出来ます。
2017年8月18日(金)
幕張メッセDIYショー
今年の幕張メッセのDIYショーは8月24日~26日に開催されます。新木場木工交流会ももちろん例年通り出展します。小生は何かデモをやろうかと考えましたが、出し物に適当なものがなく今回は辞退しました。新木場木工交流会では今回メンバーの作品展示会をやる予定で、審査は来場者の投票で決めることになりました。来場者は作品(18点ぐらい出品)の中から気に入ったものを2つ選び、その番号のところにステッカーを貼ります。ステッカーの一番多い人が優勝者ということになります。小生は着せ替え菓子器を出品しますが、新木場木工交流会で作品の紹介がメンバー向けにありました。小生の作品は別として、素晴らしい作品があるので、ぜひ新木場木工交流会のブースに来てください。
2017年8月17日(木)
インチタップ&ダイスセット購入
インチネジのタップとダイスの22個セットを購入しました。送料込みで4,700円ぐらいでした。並目と細めのタップとダイス各5個x4=20個+ハンドル2個=22個という訳です。単品で買っても結構な値段になりますので、セットで買った方が割安になります。海外製の電動工具のメンテナンスに役立つと思います。
2017年8月16日(水)
レベリングチャックのねじ製作
レベリングチャックの芯出しには、4か所の六角ねじをレンチで回して調整します。しかしレンチをねじ穴に差し込んで回すのは手間です。そこで指で回せるねじを作りました。ねじの仕様を確認すると1/4"x28TPIのインチネジ細目でした。インチの細目ねじのタップ、ダイスは手持ちがないので、ネットで22個セットを購入しました。10mmの真鍮丸棒をコレットチャックに取り付け、木工旋盤で挽いていきます。コレットチャックの良い点は芯がしっかり出ることです。ネジの部分は1/4"なので6.35mmの太さに削ります。指でつかむ部分は、加工せず10mmのままです。旋盤の上でダイスを使ってねじを切りました。こうすることでねじが垂直に切れます。4個を1時間ぐらいで仕上げて、レベリングチャックに取り付けました。指で回すことで芯ブレの調整が出来るようになりました。レンチと違って指で回すと微妙な調整が出来、今までより早く芯出しが出来るようになりました。

掲示板

テックさんの徒然日記
アクセスカウンター

亀城工房関連

↓ 下の項目をクリックして頂くと、
リンク先にジャンプします。

過去の日記 
2006年 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年1月   2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月  8月  9月 10月 11月 12月 
2010年1月 2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
 2011年1月  2月  3月  4月  5月  6月 7月   8月  9月 10月  11月  12月 
2012年1月   2月 3月  4月  5月  6月  7月  8月   9月 10月  11月  12月 
2013年1月   2月 3月  4月  5月  6月  7月  8月   9月  10月  11月  12月
 2014年1月 2月   3月 4月   5月 6月   7月 8月  9月  10月   11月  12月
2015年1月 2月  3月   4月  5月 6 月  7月  8月  9月  10月  11月 12月 
2016年1月  2月 3月  4月 5月  6月   7月  8月  9月  10月 11月  12月 
 2017年1月  2月 3月   4月  5月 6月   7月 8月         
1  ウッドターニングDVDの販売
 2  ウッドターニング作品
 3  ウッドターニング治具の製作
 4 ウッドターニングを始める方へ
必要な道具について
 
 5  木工旋盤と工具他
 6  工房訪問
 7  電動工具の紹介
 8  土浦食べ歩記

亀城工房作品

趣味のオーディオルーム

スカイラインのページ
このサイトに書かれている内容はすべてテックさんの個人的な考え、意見です。正しいことを書いているつもりですが、絶対的ではなく間違っていることもあります。その点を頭に入れて読んでいただくようお願いします。
デジタル写真館