過去の日記 
2006年 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年1月   2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月  8月  9月 10月 11月 12月 
2010年1月 2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 
 2011年1月  2月  3月  4月  5月  6月 7月   8月  9月 10月  11月  12月 
2012年1月   2月 3月  4月  5月  6月  7月  8月   9月 10月  11月  12月 
2013年1月   2月 3月  4月  5月  6月  7月  8月   9月  10月  11月  12月
 2014年1月 2月   3月 4月   5月 6月   7月 8月  9月  10月   11月  12月
2015年1月 2月  3月   4月  5月 6 月  7月  8月  9月  10月  11月 12月 
2016年1月  2月 3月  4月 5月  6月   7月  8月  9月  10月 11月  12月 
 2017年1月  2月 3月   4月  5月 6月   7月 8月  9月   10月  11月 12月 
 2018年1月  2月  3月 4月  5月   6月            

掲示板

テックさんの徒然日記
アクセスカウンター
2018年6月25日(月)
300mm手押しかんな盤の製作(Part7)
フロントテーブルは18mm厚の合板を2枚重ねで接着しました。ロングリーチクランプを使い中央部分もクランプしました。テーブルにはさらに3.2mm厚の鉄板を乗せます。この状態で左右のテーブルとカッターヘッドの刃が同じ高さになっているかどうか確認します。ずれていたので、ルーターでテーブルの裏側を削って調整しました。
 
 
 
2018年6月24日(日)
300mm手押しかんな盤の製作(Part6)
平行四辺形の昇降のためボルトを板付きナットに通して外側からボルトを回すとテーブルが上下するようになります。ハンドルは木工旋盤で挽いて10mmのボルトに固定しました。ハンドルを回して問題なく上下することを確認しました。回転数と上下の移動量は比例しません。あとでデジタルゲージで高さを直読できるようにします。
 
 
 
2018年6月23日(土)
300mm手押しかんな盤の製作(Part5)
4本の脚を横につなぐ横板に9mmの穴をあけます。この穴も完全に同じ位置、等間隔にあける必要があります。J字型の冶具を作りこの出っ張り部分に横板を当てて同じ位置に穴をあけることが出来るようにしました。平行四辺形機構を組み立て側板に乗せて、試してみます。問題なく動いて上下します。上の2本の鉄棒の間に補強用の板を取り付けました。
 
 
 
 
2018年6月22日(金)
300mm手押しかんな盤の製作(Part4)
フロントテーブルを上下に昇降させる、平行四辺形機構の4本の脚を作ります。9mmの鉄棒を通しますが、4本の脚の穴の位置が完全にあっている必要があります。そこでまずテンプレートを作ります。外形はあまり重要ではなく穴の位置だけが重要になります。テンプレートに穴をあけた後、このテンプレートを合板の上にねじ止めしてボール盤で穴をあけていきます。このテンプレートを使ったことにより、4枚の板の同じ位置に穴をあけることが出来ました。鉄棒を4枚の板に通して確認しました。
 
 
 
2018年6月21日(木)
300mm手押しかんな盤の製作(Part3)
本体の側板は2x8材を使いました。モーターのプーリーを通す穴をルーターとボール盤を使ってあけました。モーターとカッターヘッドを所定の場所に置いてプーリーが一直線になるようにします。そしてベルトの長さを紐を使って測りました。周長が分かれば、6本溝なので品番が決まります。6PK775をMonotaroに註文しました。
 
 
 
2018年6月20日(水)
300mm手押しかんな盤の製作(Part2)
モーターからカッターヘッドに動力を伝えるベルトは、普通のVベルトではなく駆動力の強いVリブドベルトPK型を使いました。6本溝にしました。ベアリングの軸受けは18mm厚の合板を2枚重ねで作りました。プーリー側はベアリング押さえとして鉄板を取りつけました。カッターヘッドを回してみるとスムーズに動きます。
 
 
 
2018年6月19日(火)
300mm手押しかんな盤の製作(Part1)
手押しかんな盤は現在リョービのHL-6という幅150mmまでの物を使っています。精度よく削れるのですが、欠点は幅が150mmまでしかできないので、少し幅の広い物になると削れなくなります。また非常にやかましいのです。騒音計で音圧を測ると100db以上になっています。耳栓なしでは使いずらいかんな盤です。自動カンナ盤はDIY用でも300mmの幅まで削れますが、手押しかんな盤は幅広のDIY用は売られていません。そこで自作することにしました。自作するにあたってはMatthias Wandelさんのサイトを参考にさせていただきました。カッターヘッドは、マキタの2012NBという自動カンナ盤の物を使うことにしました。マキタでは保守部品としてこのカッターヘッドを販売しています。土浦の販売店へ行って展開図を見せてもらい、このカッターヘッドを購入しました。注文すると次の日に販売店に到着します。上の押さえ板も一緒に購入して、税込み22,140円でした。
2018年6月18日(月)
ステップアップトランスのコンセント交換
Skilsawのコンセントはアースピン付きなので、ステップアップトランスのコンセントに差すことが出来ません。そこでアース付きのコンセントをジョイフル本田から買ってきて交換しました。簡単に交換できましたが、ステップアップトランスに青いスプレーが付いていたので、シンナーでふき取りきれいにしました。
2018年6月17日(日)
テーブルソー用ステップアップトランス
テーブルソーはアメリカで売られている物なので、電圧は120Vです。100Vで使うと回転数が電圧に比例して下がります。デジタル回転計で回転数を測ると100Vでは、4,289RPMでした。ステップアップトランスで120Vに昇圧すると回転数は5,212RPMになりました。定格は5,300RPMなのでほぼ定格通りの回転数になっています。これで切ってみるとやはり120Vの方がパワフルです。従ってこのステップアップトランスを入れて使うことにします。
2018年6月16日(土)
テーブルソー送りテーブルの取付
テーブルソーで板を切っていると、奥にテーブルがないのでワークが落ちてしまいます。鋸刃の後ろ側から早く通り過ぎたいので、ワークが落ちても押していきます。しかしワークが落ちるのは嫌なので、送りテーブルを取りつけました。面積が狭いので機能は限定的ですが、無いよりは便利に使えます。

亀城工房関連

↓ 下の項目をクリックして頂くと、
リンク先にジャンプします。

1  ウッドターニングDVDの販売
 2  ウッドターニング作品
 3  ウッドターニング治具の製作
 4 ウッドターニングを始める方へ
必要な道具について
 
 5  木工旋盤と工具他
 6  工房訪問
 7  電動工具の紹介
 8  土浦食べ歩記

亀城工房作品

このサイトに書かれている内容はすべてテックさんの個人的な考え、意見です。正しいことを書いているつもりですが、絶対的ではなく間違っていることもあります。その点を頭に入れて読んでいただくようお願いします。
CLA45SBのページ

趣味のオーディオルーム

デジタル写真館