今日のお天気クリッピング(From Nifty)


共同通信ニュース速報

【概況】9日は大陸の高気圧が日本海に移動して日本付近を大き く覆う見込み、北日本は初め冬型で北西の風が強く曇りで明け方ま では日本海側で所々一時雨、北海道の山間部で雪が混じるが日中は 次第に青空が広がる。気温は下がって日中でも肌寒い。東日本から 西日本は穏やかに晴れて日中はさわやかな陽気だが南岸は朝晩やや 雲が多い。
(日本気象協会)
                  [1999-10-08-17:48]


共同通信ニュース速報

愛知の竜巻は4つ 風速は50―69メートルと

 愛知県豊橋市などで被害を出した九月の竜巻について、名古屋地 方気象台は七日「発生した竜巻の数は四つに上り、そのうち豊橋市 を通過した最大のものは、竜巻を測るスケールでF2に当たる強さ だった」と発表した。F2は日本では強い竜巻で、地表近くの風速 は五○―六九メートルとされる。

                 気象庁観測技術課によると、戦後最大級の竜巻は一九九○年十二 月十一日に千葉県茂原市で発生し、最大幅約一キロの被害を三・五 キロにわたり引き起こした竜巻で、スケールはF3(風速七○―九 二メートル)。豊橋市の竜巻はそれに次ぐクラス。 

        竜巻による被害のあった九月二十四日、愛知県では台風18号の 影響で大気が不安定な状態となっていた。名古屋地方気象台が目撃 証言や建物などの被害から調べた結果、計四つの竜巻が発生してい た。F2の竜巻は豊橋市野依町―愛知県一宮町大木の約十八キロを 約三十分かけ移動、同市弥生町では幅約百五十メートルにわたり被 害が出た。

                            残る三つの竜巻は、強さはいずれもF2より弱いF1で、愛知県 蒲郡市を約五キロにわたり移動した竜巻のほか、一つは同県小坂井 町―同県豊川市の約七キロを進み、残る一つは同県弥富町を抜け、 海上に出たことを確認した。

                   [1999-10-08-08:04]


読売新聞ニュース速報

富士山に平年より約1か月遅れの初雪

 富士山山頂で八日午前、初雪が観測された。気象庁富士山測候所によると、九月の厳 しい残暑で富士山上空の気温も平年より高かったため、初雪は昨年より三十二日、平年 より二十六日遅いという。

 この日は南海上に前線が停滞している影響で、富士山付近に雨雲が発生、雨や雪が降 りやすい状態となっていた。同日午前九時ごろは雨だったが、十一時ごろ気温が氷点下 0・1度となり、雪に変わった。

[1999-10-08-20:16]



あら川しゅう一<gn2s-arkw@asahi-net.or.jp>
Last modified: 1999/10/08