所 得 税

所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た所得にかかる税金です。

所得とはその年の収入金額から、その収入を得るための必要経費を差し引いたもの、又は、法律で定められている一定の控除額を差し引いたものをいいます。

所得の種類と計算(所得は次の10種類に分類される)

詳しく知りたい人は所得の種類をクリックして下さい。

種類

内容

計算方法

1.利子所得

預貯金・国債などの利子所得

収入金額=所得金額

2.配当所得

株式や出資配当などの所得

(収入金額)-(株式などを取得するための借入金の利子)

★事業・譲渡・雑所得の基因となった借入金の利子は除く

3.不動産所得

土地や建物を貸している場合の所得

(総収入金額)-(必要経費)

4.事業所得

商工業・農業などの事業をしている場合の所得

(総収入金額)-(必要経費)

5.給与所得

給料・賃金・ボーナスなどの所得

(総収入金額)-(給与所得控除又は必要経費)

6.退職所得

退職金・一時恩給などの所得

(収入金額-退職所得控除)×1/2

7.山林所得

山林の立木を売った場合の所得

(総収入金額)-(必要経費)-(特別控除額)

8.譲渡所得

総合

ゴルフ会員権などを売った場合

所有期間5年以内

所有期間5年超

分離

土地や建物を売った場合

株式などを売った場合

所有期間5年以内

所有期間5年超

 

申告分離課税

源泉分離課税

 

(総収入金額)-(取得費・譲渡費用)-(特別控除額)

{(総収入金額)-(取得費・譲渡費用)-(特別控除額)}×1/2

(総収入金額)-(取得費・譲渡費用)

(総収入金額)-(取得費・譲渡費用)-(特別控除額)

(総収入金額)-(取得費・譲渡費用)

総収入金額×5.25%

(転換社債は2.5%)

9.一時所得

生命保険の満期一時金・立ち退き料など一時的な所得

{(総収入金額)-(収入を得るために支出した費用)-(特別控除額)}×1/2

10.雑所得

公的年金・生命保険契約等に基づく年金など1〜9以外の所得

(総収入金額)-(必要経費又は公的年金控除額)

#特別控除額は50万円。ただし、8の分離課税の特別控除は100万円。

原田家のメニュー 戻る