梅の花
ホーム 万葉集とは   主な作者   万葉植物名
あおぎり かぶら じゅんさい にら ほおのき
あおつづらふじ からたち しらかし にわうめ まくわうり
あかね からむし しらん にわとこ まつ
あかめがしわ かわやなぎ すぎ ぬるで まつたけ
あきにれ かわらなでしこ すすき ねず まゆみ
あけび ききょう すずたけ ねむのき みかん
あさざ ききょう2 すだじい のいばら みずめ
あし くず すべりひゆ のかんぞう みつまた
あじさい くぬぎ すみれ のきしのぶ むぎ
あせび くねんぼ すもも のびる むくげ
あわ くり せり ばいも むらさき
いちいがし くわ せんだん はぎ めだけ
いちょう けいとう たけ はす めはじき
いぬびえ けやき たで はまゆう もみ
いね こうやぼうき ちがや はんのき もも
いろはかえで こうぞ ちからしば ひおうぎ やどりぎ
うつぎ こけ つが ひかげのかづら やぶかんぞう
うめ こなぎ つげ ひがんばな やぶこうじ
うわみずざくら こなら つつじ ひさかき やぶらん
えごのき このてがしわ つばき ひし やまざくら
えのき さいかち つぶらじい ひとりしずか やまつつじ
おきなぐさ ささ つゆくさ ひのき やまはぜ
おぎ さといも つるまめ ひるがお やまぶき
おけら さねかずら ていかかずら ひるむしろ やまゆり
おみなえし さわひよどり どうだんつつじ ふじ ゆずりは
かえで さんかくい ところ ふじばかま よめな
かきつばた しきみ なし ふとい よもぎ
かたくり しだれやなぎ なつふじ へくそかずら りゅうのぎく
かつら しょうぶ なつめ べにばな わかめ
かなむぐら じゃのひげ なんばんぎせる べにばな2 わらび
1300年の時を越えて、万葉の人々が詠った植物をたしかめてみませんか.....。