5.米本周辺(八千代ふるさ とステーション) 
 ( レストラン/休憩所/売店/駐車場/トイレあり)
 八千代ふるさとステーション〜阿宗橋

サイクリングコースと国道16号線が交わる地点にあり、銀色の屋根が目立つのが「八千代ふるさとステーション(道の駅)」です。 駐車場スペースと共に、休憩所、トイレ、地域物産の販売、レストランなどの大型施設です。アイスクリームなどの販売もありますが、弁当類の販売はないよう です。最近はいろいろ販売しているようです。ロードバイクラックも設置し てあります。

オニギリやオイナリサン、おもちやサンドイッチも確か売っていましたよ
                         (てらさわさんよりの情報)

このサイクリングコース上では、近くに休憩所やトイレが存在しない位 置にありますので、休憩所/トイレとして貴重な存在です。また、この休憩所は、広いので日差しを防いだり、雨を避けるのにも重宝しそうです。

八千代橋より八千代ステーションを望む。【クリック→大写 真】



この「八千代ふるさとステーション」は、休憩施設としては24時間使用できますが、施設は営業時間は、9時〜22時です。また、毎月第2月曜日は休館ですので、ご注意ください。 休館日はトイレも使用できません。


食事どころをもうひとつ。
ここの掲示板でおいしいと話題になったラーメン屋がすぐ近くにあります。 この「八千代ふるさとステーション(道の駅)」の橋を渡った向こう側(場所は一番下に掲載してあいます【走行ルート地図5】を参照して下さい。

「長浜ラーメン」という博多ラーメンの店です。おばさんふたりでやっている客席10席程度の小さな店です。しかし、うわさ通 り、本当においしい。特に、口に入れるだけでとけてしまいそうにやわらかいチャーシューは天下一品。一度はお試しあれ。

この日も外には自転車が5、6台とめてあり、順番待ちの人も数人 。


このあたりは川の両岸どちらでも走ることができます。釣りをしている人が多いのもこのあたりです。何が釣れるのでしょう。
このあたりは護岸工事がされていない箇所が多く、自然のままの川面を楽しむことができます。最近は、このような風景を見ることのできるところが少なくなっ てしまったのは、残念なことです。

米本付近からゆりのき台方面を眺む

秋には河原に美しいススキの穂が見られ、夕日に銀色に映える様子は幻想的でもあります。

銀色に映えるススキの穂

交通量の多い国道16号線とサイクリングコースは、立体交差になっており、国道の下をくぐり抜けるようになっています。このあたりから印旛沼ま では、ずっと一本道ですから迷う心配はありません。

遠くから目印になる米本の塔
(注意)現在、この塔はありません。

無料駐車場

 

また、八千代ふるさとステーションから平戸橋あたりまでは、舗装が悪く、かなり道が荒れている部分がありますので、特にロードレーサーやインラ イン・スケートで走る方はちょっと辛いかも知れません。注意してください。

長期に渡って行われていた阿宗橋の架け替え工事が、ようやく終了し車道も新しくなった阿宗橋へルートが少し変更されました。

【この区間の道路状況について】
走行に特に問題はありません。

【走行ルート地図5】八千代ふるさとステーション〜阿宗橋
米本周辺地図

 

 

 


 


[全体地図に戻る]


【業務関連サイト】 プチギフト  レンタルドレス  レンタルドレス2  アクセサリー