マウンテンバイクの車への搭載


マウンテンバイクを車に搭載する方法はいくつかありますが、ここでは私が使用している普通乗用車に搭載する方法をご紹介します。

バンなどの場合は、車内に搭載できますが、普通乗用車の場合は、前後輪を外してもトランクや車内には入りません。(車種による?)

よく見掛けるのが、車の屋根(ルーフ)の上に、キャリアを使って載せる方法です。いかにも格好は良いのですが、これが以外に大変。

私もショップの方と相談して、その方法の採用はやめました。特に、女性や背の高くない人にとっては、屋根の上に載せて固定するのは、大仕事で す。
ロードレーサーなどの軽い自転車ならまだしも、マウンテンバイクや通常のスポーツ用自転車では、屋根の上に上げることさえ、ままならないでしょう。

そこで採用したのが、車の後方に背負いカゴのような脱着式のキャリアを使って搭載する方法です。
まず下の写真をご覧下さい。
普通はこのキャリアは外しておき、トランクなどにしまっておきます。【1】
必要な時のみ、ベルト固定で取り付けます。まあ、5分もあれば取り付けられます。【2】
そして、自転車をそのキャリアに固定します。自転車を胸の高さ程度に持ち上げれば大丈夫ですから、楽です。これなら女性でもOKです。
車輪は外さないで搭載できます。ハンドルを曲げて固定すれば、ちょうど車幅と同じ程度になります。【3】

目的地について、下ろす時も簡単! また、このキャリアを外した時は、何も余計な物は残りませんので、洗車などにも障害物は一切ありません。
なお、私はこのキャリアを近くのショップで1万円程度で購入しました。

マウンテンバイクの車への搭載

搭載状態

(注意)
この方式は、ハンドルとサドルの間にあるパイプを利用して固定しますので、そのパイプのないママチャリや女性用の専用車には使用できませんのでご注意くだ さい。


[戻る]

制作:渋谷 孝雄


【業務関連サイト】 プチギフト  レンタルドレス  レンタルドレス2  アクセサリー