上賀茂
kamigamo
(京都市北区・重伝建)

世界文化遺産、上賀茂神社のすぐ近くに位置する「社家町」

kami22.jpg

上賀茂重伝建地区は、上賀茂神社(賀茂別雷神社)の神官が住居を構えた「社家町」。明神川の流れに沿って、二十数軒の社家が建ち並ぶ。社家町としては、他にも奈良(春日大社)の高畑や出雲大社の真名井、厳島神社の滝小路などがあるが、上賀茂の社家町はその中でも最大級で、大変に貴重なものだ。

kami23.jpg

巡らされた塀と、門の前にかかる石橋が特徴的な景観。中の母屋の様子が分かりにくい点では、武家屋敷町にも似ている。川の水は屋敷の中に引き込まれて、庭園の流水や生活用水として使われるが、汚れた水は川に戻されないようになっており、水の美しさを守っている。

kami24.jpg

明神川の上流は、上賀茂神社の境内を流れる御手洗川につながる。禊ぎの行事が行われる川だけに水は美しく、境内は神々しい雰囲気に満ちている。世界遺産でもある上賀茂神社は伊勢神宮に次ぐ格を有し、強い勢力を誇ったのだが、立派な社家町はその名残だろう。

→重伝建地区一覧
→町並み写真館「大社」
→町並み写真館「高畑」
→町並み写真館「安芸宮島」
→旧バージョン


 まちなみ街道トップページへ

写真館INDEXへ