肥前浜宿hizen-hamashuku
(佐賀県鹿島市・重伝建)

隣り合う宿場と漁村が、それぞれに個性を競う町並み

有明海の西岸に位置する肥前浜宿は、浜川の河口に発達した町で、現在は鹿島市の一部となりながら独立した市街地を有している。元々は有明海の港町として、また江戸時代には長崎街道(多良海道)の宿場町として、「浜千軒」と呼ばれるほどに繁栄した。

タイトル及び2枚目の写真は街道沿いの町並みで、大規模な妻入りの建物が建ち並び、いかにも街道筋らしい風格を感じさせる。かつては酒造りが盛んで、今も白壁の酒蔵が残る。一方、浜川を挟んで向かい側の庄金地区は港町となっており、川を渡るだけで、全く異なる二つの景観が見られる。

庄金地区の町並みの特徴は、茅葺き屋根の民家がいくつも残ることだ。山村集落ではなく、家屋が密集した町なかでこのような民家が見られるのは珍しく、特に左の写真のように狭い小路沿いにいくつも茅葺き屋根が残る景観はきわめて貴重。一見の価値有りと言える。

→重伝建地区一覧

 

まちなみ街道トップページへ

写真館INDEXへ