赤沢宿akazawa-shuku
(山梨県早川町・重伝建)

霊山、七面山への登拝者が泊まった、「講中宿」

赤沢宿は、身延山久遠寺と、山岳信仰で知られる七面山を結ぶ身延往還の宿場町。信仰者の集まりである「講」が定宿としたことから、赤沢の宿は「講中宿」と呼ばれる。

講中宿の特徴の一つが、軒下に並ぶ「板マネギ」。各地の「講」が定宿とする宿に印として残したもので、「講中札」とも呼ばれる。赤沢宿が講中宿の宿場町として繁栄したのは明治初期頃までで、今はもうかつてのにぎわいは見られない。

石畳の道が身延往還。タイトル写真をご覧いただいてもお分かりの通り、赤沢宿はまるで斜面にへばりつくような場所にある。宿場内での高低差もかなりのもので、普通の宿場町とは違った独特の雰囲気が感じられる。

→重伝建地区一覧

まちなみ街道トップページへ

写真館INDEXへ