山小屋に置かれた1冊のノート、

 

人里離れた山旅で、ふと我に帰るとき

 

ペンをとりたくなる。

 

そんな思いを書きこんでください。

 

 

 

 

お名前(name)ハンドルネームでも良い: 
e-mail(from)
かならずしも要りません: 
タイトル(subject) : 
感想(message): 
  または (or) 


 
 

 





Sent: Sunday, October 10, 2010 11:17 AM
Subject: 加羅頭



> _subject=加羅頭

> message=はじめまして 
>  いつも「山のたより」を参考に、白山周辺を歩いている者です。
>  早く体調を回復されて、「山のたより」を更新されることを楽しみにしています。
>
>  今秋、松尾山から加羅頭まで行きたいと思っていますが登山道の様子は一般向きですか教えて下さい。よろしくお願いします。
>
>  
> name=y

返信    on Oct.10, 22:20

お便りありがとうございます。

お医者さんから、山登りは禁じられているのですが、我慢できず近々室堂まで行こうかと思っております。

松尾山から加羅頭まで、さらに奥三方山まで行き往復したことがありますが、日没を過ぎてしまい、真っ暗闇の中、車で山を下りるときの
恐怖を今でも覚えております。
このルートは20数年前、インターハイの登山競技で造られた道ですがその後整備されていないため近年はかなり荒れています。
松尾山から東へ向かって谷へ降りるような気分になりますが白山頂上が見渡せて展望台まであります。
すぐに登りになり踏み跡は続いておりますが藪漕ぎになると思います。加羅頭まで尾根伝いに歩くことになるので踏み跡を見失うことのないように、ときには引き返して、なた目を確認するなど道を外さないようにしてください。加羅頭には小さな手作りの板がぶら下がっていて展望台になっています。
奥三方から奈良岳へと、春先なら良いコースですが、今の時期は帰りの時間を計算して行動されたら良いでしょう。





Sent on Jan.19, 2010

先日1月17日に、白峰の西山散策をしてきました。 一応、これを持って初登山としようと思います。

あいにく、頂上から白山の峰々は見えませんでしたが新雪の美しさを満喫できました。

本年も「白山の自然」「ハクサンチドリ」のブログ ともに楽しませていただきます。

どうぞ宜しくお願いします。



返信  on Jan.22, 2010

西山へ今年まだ行っていないので、このすばらしい写真で我慢します。ありがとう。




sent on Oct.24, 2009

先日、18日、白山室堂まで出かけました。

大事をとって砂防新道を使いました。黒ボコからは、全くガスで視界がありませんでした。

室堂は、みぞれ混じりの強風で、すぐ甚之助へ引き返しました。

帰りは雨が降ってましたが、中飯場では止み、雨上がりの木々が美しかったです。

返信 on Oct.28, 2009

お便り有り難うございます。
返事が遅れてすみません。
今日久しぶりに白山室堂まで行ってきました。雪が積もり日陰には氷が張っていました。ようやくホームページの更新が出来そうです。








sent on July 21, 2009
from Z

先日、7月12日、天候は冴えなかったですが、砂防新道で室堂まで行ってきました。

2枚目の赤紫の花はハクサンフウロですか?
よくわかりませんが、かわいい花ですね。天気が悪い分、花に目がいきますよね。

あと竹取物語をのせて頂きありがとうございます。白山と文学は、すこしずつ、拡大され、いろんな白山の側面が浮かび上がっていけばいいですよね。白山のコスモロジーみたいになれば良いですよね。

だから宮本常一氏みたいな文献の紹介はなかなか意味あることだと思います。例えば白山信仰などの研究した宮田登氏みたいのも紹介してはどうでしょうか?

それと絵と6月の白山の絵を送ります。

返信 on July 27 2009

すばらしい絵と写真をありがとう。「白山と文学」は私の山登りと同じで、時間を掛けて休みながら続けてゆきます。



sent on July 6, 2009

先日は「ハチクマ」教えて頂きありがとうございます。
後で色々調べましたが、あの恐ろしいスズメバチが好物とは2度びっくりです。

昨日散歩に行った時偶然にタカの仲間の巣を見つけ、出直しをして写真を撮ってきました。
子育て中で2羽の雛がいます。頭から胴体が白色です。

お手数をおかけしますが、また名前を教えてください。
ニコンアルバムでオオノスリかなと思ったのですが、ちょっと違うような感じです。
今回は近かったので前回より鮮明です。

No 55:エサの魚を持っているのが見えます。
No 73:親子の写真です。そろそろ巣立ちのような感じです。
No 106:私を直視しています。

すばらしい写真ですね。この鳥はミサゴです。
海岸、河北潟、木場潟、犀川下流で魚を捕らえて営巣地の丘陵地帯にある木のてっぺんの巣に運んで子育てをします。
海岸沿いの高木に巣を作ることがあり、波を被って塩分を帯びた魚が適度に酸っぱくなって
それを取り出しておいしいお寿司になったのが珍重されて「みさご寿司」となります。
すし屋さんの店名にみさご寿司というのが良くあります。

すぐご返事ありがとうございます。
ミサゴと云う鳥ですか。鳥のことは何も知りませんが名前が解るとホットします。
巣は海岸線の高い木にありました。雛も最初は1羽と思っていたのですが2羽でした。
魚を捕るところの写真を撮りたかったのですがダメでした。
すし屋さんの名前になるほど本当に美味しいんでしょうかね、食べてみたくなります。

ありがとうございました。

From Y.T. on July 12, 2009

subject=ミサゴ
_to=hakusan@sakura.email.ne.jp

message=11日に再度ミサゴを見に行ってきました。先日の雨と風が原因と思われますが、巣が枝から折れて地面に落下していました。
しかし2羽の雛は元気で飛んでいました。
まだ魚を捕れないのか親鳥が魚を持っていました。
無事に育ってくれると嬉しいですね。
体は大きいのにかわいい声でなく鳥ですね。
name=yt



-----Original Message-----
From Z
Sent: Sunday, June 14, 2009 8:51 PM

Subject: 竹取物語と白山

白山ちどりさんの「白山と文学」の影響ですけど。
竹取物語、かぐや姫が月に帰る際に帝に不死の薬、天の羽衣を贈ったが、
落胆した帝はそれを一番天に近い山で焼いた。
それからその煙は上がり続き、その山は以来、不死(富士)の山と言われている。
これは有名な話ですが、かぐや姫に言い寄る男のひとりが
「白山にあへば光も失するかと鉢を捨てても頼まるるかな」と
かぐや姫の美貌をほのめかす歌を歌っています。
勿論かぐや姫に無視されるんですけど。

ご存知かも知れませんけれど日本最古の物語に富士と
そして白山が出てくるってのは、興味深いです。

本当に下手くそで、自己流ですが、最近、山に行かない日曜日は絵を描いてます。
もちろん白山の絵ですけど、、、

童心に戻って絵を描いてる時間もなかなか良いものです。


返信  On June 15, 2009

竹取物語に白山が登場することは知りませんでした。
今度「白山と文学」に追加します。
絵もすばらしいですね。

Sent on June 16

かぐや姫に無理難題を言われた男のひとり、石作皇子が、持ってきた仏の石の鉢が偽物とばれた時、かぐや姫に未練がましく「白山にあへば光も失するかと鉢を捨てても頼まるるかな」と歌いますが、あっけなく、かぐや姫に無視されます。
かぐや姫の美しさを白山にたとえたわけですが、偽物はいけませんよね。
具体的に白山をどうのこうのと表現しているわけではないのですが、成立時期が九世紀後半から十世紀前半と言われている日本最古の物語に富士と一緒に白山が記述されていると言うことは、白山と言う存在が本当に古くから知れ渡っていたことを教えてくれます。

しかし竹取物語、これは今、原文を現代語訳と合わせて読むと、人の社会の浅はかさが伝わり、本当に味わい深いと思います。

絵はお誉めいただきありがとうございます。
自分とすれば中学生の絵みたいだな〜と思いますが、精進していきたいと思います。





Sent on June 10, 2009 from T.

subject=僕は6/1でした

message= こちらは6/1に行きました。2月からサンデー毎日になりましたので、天気予報とにらめっこして行動しました。最近の予報はかなり精度上がったのか、予想しやすい季節なのかまあまあ当たりますね。当日もほぼ予想通りでした。御前が峰をピストンしました。相変わらず別山の写真ばかりになりましたが、満足しています。後日のニュースで雷鳥が。僕は遭遇していません。延命水の出が良かったですね。アイゼンはついにはかずピッケルを少しだけ。せっかく持参したので12曲がりの辺りで使いました。右足の調子がもう一つなのですが今年もがんばります。今週は6/8にホームの伊吹山でした。グンナイフウロガ咲き始めました。


返信   on June 10, 2009

お便りありがとう。私も天候を見て山へ向かいます。
今日から北陸地方も梅雨に入りましたが、下界は雨で
白山頂上付近は晴れということがよくあります。





sent on June 8, 2009 from Y.T.

6月7日日帰りで白山御前峰を目指しました。

朝、別当出合はガスがかかっていたので砂防新道を選びました。

弥陀ヶ原で水屋尻雪渓付近から室堂へ向かいました。
この辺りは雪のある時にしか歩けないので良かったです。

天気は頂上部だけ晴天、回りは雲海。

返信   on June 9, 2009

おたよりありがとう。
私は8日に登りました。ときどきガスがかかりましたがお天気は良く、別山がきれいに見えました。




sent on May 31, 2009



初めまして いつもHPを楽しく見させていただいております。

今日メールしましたのは昨日(5/30)白山で見た鳥の名前を教えて頂きたく
メールしました。貴殿のニコンアルバムも見せて頂きましたが解りませんでした。

白山の下山中で甚ノ助の少し上部で2羽のワシ(?)と思われる鳥がかなりの早さで
飛んでいました。2羽は南竜方面に下降して行って見えなくなりました。
写真を撮って今日見たのですが、比較的大きな鳥で茶色の鳥です。尾羽に白いスジが
有ります。

もしよろしければ写真をメールに添付しますので、名前を教えて頂けないでしょうか。
写真は拡大していますのであまり鮮明ではありませんが。



返信

タカ3の写真で首が長く目の表情が見えます。太い黒帯が2本ありますし、ハチクマだと思われます。
ハチクマは蜂の巣をねらって蜂の子を餌とします。4月中旬に東南アジアから渡ってきて日本で子育てをして秋9月下旬に帰って行きます。




ありがとうございます。

名前が分かり感激です。
メールしようか迷ったのですが思い切ってメールして良かったです。

渡り鳥ですか。ツガイと思われる2羽すごい早さで一直線に飛んで行き南竜方向の山に
急降下して見えなくなりました。
蜂を食べる鳥なんて初めて聞きました。

野鳥の写真を撮るのがなかなか難しく、以前に白山で小型のタカ類が近くの木に止まった
のですがカメラを準備している間に飛んでいってしまいました。

最近私が住んでいる加賀市でチョウゲンボウと思われる鳥を3回見ました。見た場所が
だいたい同じなので近くに巣があるのではと思っています。

ありがとうございました。



sent on May 16, 2009
from Z

5月10日は、市ノ瀬の白山展望台とパノラマ展望台へ歩きました。

4月29日にも行ったのですが、あの足元に咲く小さな花、イワウチワをゆっくり見たくて。

足を出す先にふっと咲いていて思わず、足のおろす位置を変えてしまわせるイワウチワの花。

長い白山の冬を越したことをちっぽけなイワウチワの花が自己主張してみているみたいで好きなのです。

若葉の森で、美しいモールス信号のような鳥のさえずりを聞きました。よく聞くと二羽いるようです。聞きほれても、姿は見えず残念でした。

バードウォッチングは、またまだコツのわからない自分です。


返信 on May 17, 2009

きれいな写真をありがとう。
ブナ林の緑が鮮やかですね。
モーリス信号のような鳥の鳴き声とは
キツツキの木をたたく音ではなかったでしょうか?
いまの時期アカゲラ、アオゲラ、コゲラなど
愛を確かめて交信します。





5月5日は、一里野のゴンドラを利用して、「しかり場」まで歩きました。木の実谷頭からは、しっかり雪が残っていました。雪に埋もれた木の枝が踏むと跳ね上がり、おっかなびっくり。

生憎、天気は優れませんでしたが、モノトーンの白山の姿がまた、良かったです。



sent on Apr.24, 2009
from Z

実は4月5日は、取立山に行きました。

厚かましいのですが、取立山の画像を送ります。
酒井さんの山行の記録は大好きです。朴訥ながらも味わい深いです。取立山山頂で、ホシガラスを見ました!凄く嬉しくなりましたが、写す前に飛んで行ってしまいました。残念です。

取立山は雪がある時は、白山に向かう真っ白な表参道のおもむきですね。


返信 on Apr.26, 2009

ホシガラスの写真があればよかったですね。私も取立山でホシガラスを見たことが何回かありますが、写真が撮れないので悔しい思いをしています。
これからも、ケイタイ写真をどんどん送って来てください。



sent on Apr.23, 2009
from Z.

先日の大嵐山を読みました。

自分も12日、19日と二週続けて大嵐山へ行きました。

標高は低いとはいえ、林あり、水芭蕉あり、気持ち良い尾根あり、表情豊かな山で好きになりました。それにカモシカに会えましたし。

こうやって、白山周辺の山を味わうのも楽しいですね。



返信 on Apr.23, 2009

おたよりありがとう。ケイタイの写真も最近は画素数が増えてきれいになりましたね。




Sent on Mar.4, 2009/03/04

From E.

自分も2月22日、11時30分頃、西山山頂へ着きました。あの日は風が強かったですね。先を歩いたおじさんのトレースをお借りして登りました。

 

さて、いつも楽しく拝見させて頂いてます。同じ日に西山に行かれたことを知り、驚きました。

 

特に白山と文学のコーナーは何度も読ませて頂いてます。

山を登った先人達は何故、このような名文を書けるのか、不思議になります。

 

2月は毎週日曜日、西山に通いました。

 

 

今後のご活躍、期待しています。

 

Sent on 2009/03/04

 

返事が遅れてすみません。

 

きれいな写真をありがとう。鷲が岳はまだ行ったことがありません。別山と白山がきれいに見えるところですね。

行きたくなりました。

 


From:S.T.

 Sent: Sunday, March 01, 2009 7:45 AM
Subject:
昨日は白山の眺望を満喫しました

 

お世話になっています。

 

3月中下旬のような天気の昨日でした。

 

ホームゲレンデ??の奥美濃 鷲が岳でシーハイルを楽しみました。

 

ゲレンデスキーです。

 

温度がぐんぐん上がり、この時期にしては春の腐れ雪状態で

 

足の衰えが気になりだした当方にはかなり苦戦を強いられました。

 

でも鷲が岳と隣のホワイトピア高鷲からは白山連峰が見事にみえます。

 

うれしくなりましたのでファイル添付しました。

 

今年も歩きたいと思ってます。6月まで寄りつけませんが。

 

同行の友人Sさんは19,20本目もノンストップ滑走で

 

僕はこの名人に引きずられて何とか20本のノルマは達成しましたが、

 

かなりヘロヘロ(トンマな中川ほどではありませんが)で、今日も少しだけ筋肉痛です。

 

でもあんまりイキがるのも、いい加減にしないとと自重はしているつもりなのですが。

 

名人が誘うものでついつい。嫌いなほうでないのと白山を観たくて。

 

 

やせ我慢のシニアスキーヤーより。

 

 

 

sent on Nov.5, 2007

_subject=三ツ谷-赤兎山周回

message=11/3
、稜線のぶなはほとんど葉を落とし、道は落葉でふかふかです。日差しが森の奥まで差し込んで小鳥が飛び回っています。赤兎山は相 変わらず人気があるようで、たくさんの登山者で賑わっています。
 川上御前から正面に御前峰が見えるんですね。禅定道を歩いた人たちはここで白山を遥拝したのでしょうか。
name=
たかお

返信  on Nov.6, 2007
From  白山ちどり


やりましたね。

雑事に追われて山をサボっている間に、私のいちばん行きたいコースを先行されました。
落葉が始まらないうちにと気にはしていたのですが、日はどんどん過ぎて行きます。

情報をありがとうございます。落ち葉を踏み分ける音だけが森にこだまする、白山山系でも最高のコースです。
近々行きます。




Sent on Aug.19, 2007

subject=
白山北部周回

message=
岐阜から来たものです。奥長倉避難小屋・百四丈滝ではたのしいひとときをすごさせていただきました。今回のコースは山崎旅館のとこに車を 置きハライ谷まで歩き、加賀禅道で奥長倉避難小屋へ。岩間道経由で岩間温泉に行きました。素晴らしい景色を満喫し、最後に温泉へ。。。温泉は貸切状態でし たが、水量が少なく湯が熱くて入れませんでした。今回は暑かったためか、身体が動かず予定時間よりかなり遅れてしまいました。温泉からの林道は夜空に輝く 星を眺めながら車まで歩きました。熊との出会いは驚きでしたね。次回は中宮ルートも行きたいです。

name=J

返信 on  Aug.20, 2007

奥長倉避難小屋では、お世話になりました。百四丈滝の後、天池でゆっくりしていたもので追い付くこともできませんでした。

温泉は谷川の水が少なくて引き込み量が充分でなく湯の温度を下げることができなかったかもしれません。雨が降らないと意外なところに影響しますね。

奥長倉から中宮まで距離はありますが、白山の魅力を堪能できるコースです。ぜひトライしてください。







sent on Aug.16, 2007

_subject=すれ違いで失礼しました

message=
一日違いでした。奥長倉避難小屋に8/11利用いたしました。
東京からのTさんと二人でした。翌日は檜神宮からハライ谷へ下りました。一里野には1010について天領に入り1052のコミュニテーバスで瀬女ま で。乗り換えして市ノ瀬に戻りました。時間的にスキー場コースでもすれ違い?同じ空気を共有できましたが失礼しました。お連れさんはバスで金沢へ。東京の 方でした。達人です。
岐阜の若者はハライ谷からすぐの鉄塔の辺りで会いました。山崎旅館のとこに車を置いてハライ谷まで歩いてきたようです。当然下山は岩間方面ですね。親子連 れは全然あっていません。この日は別に檜神宮の下の水場で8時過ぎに中年の男性に会いました。水場に下りてゆきました。あんまり話はできていません。前日 の土曜日ですが天池の辺りで室堂を目指した達人に会いました。14時頃でしたので室堂は問題ない。
油池の水場では下まで行って溜まり水をすくってペットに移しました。天池の水で十分でしたね。長い行程でしたが想定通りの静かな白山を満喫しました。もう 少し歩きやすければ直よかったのですが。
来年は楽々新道か念仏尾根。もう少しで踏破します。頑張ります。熊には仰天でしたね。
ありがとうございました。

name=takahashi

返信 on Aug.16. 2007

奥長倉避難小屋を出てハライ谷経由10時過ぎまでに一里野に到着とは、ずいぶん早い歩きですね。
この分でしたら念仏尾根も楽勝でしょう。ゴマ平避難小屋からシンの谷に下りて鉄の橋を渡り念仏尾根に向かうのですが、この蛇谷源流は静かな別天地です。水 はおいしいし、小鳥は多い、檜の大木が空を覆っています。
この北縦走路も車の配置に苦労するところです。
計画されるときはご一報ください。





sent on Aug.6, 2007

 

_subject=今週末加賀禅定道を下山

message=
 いつもお世話になっています。まだ杉峠は行けてません。その前に市ノ瀬から砂防>室堂>七倉山>奥長倉避難小屋(泊まり)>一里野>バ スで市ノ瀬へ。
奥長倉避難小屋は初めてです。ハライ谷からしかり場は何度も行っています。この避難小屋の宿泊の注意事項は。アドバイスお願いします。 
from: S.T.

 
返信 on Aug.8, 2007

奥長倉避難小屋へは、ここ2,3年は行っていないので正確にはお答えできませんが、最近歩かれた友人たちの話では特に不都合を聞いておりません。

この小屋は水が無いので、室堂で補給して向かわれたら良いでしょう。




 

 

Sent: Saturday, July 07, 2007 6:52 AM

Subject:
三つ谷から杉峠への道

 

message= おはようございます。

いつも楽しく見させてもらっています。

白山も夏山シーズンに入りよい時期を迎えましたね。人が多くなります。

さて今年はまだ歩いていない三つ谷から杉峠>三の峰(泊)>別山>チブリを周遊したいと考えています。 来週か、再来週に。

行動としては市ノ瀬に駐車して車道を戻りカーブのとこの山道を入っていったらいいですね。

いつものように一人です。注意する所、見所あればご教授お願いします。

name=高橋

 

返信   on July 7, 2007

市ノ瀬駐車場に車を置いて三つ谷橋(車道がカーブしている)まで戻り、川に沿って工事用車道を歩いて行 くと三つの川の合流地に着きます。

登山口には昨年秋に立てられた立派な道標があります。(山のたより2006/11/18新雪の杉峠に 写真あり)


杉峠へはここから、東俣谷川と中俣谷川との中間を走る尾根をたどります。登山道は草刈が行き届いており 間違えることはありません。
杉峠の手前でトラバース気味に細い道を登りますが赤い布が誘導してくれます。峠の直ぐ手前で水場がありますので補給されたら良いでしょう。

杉峠から六本檜まで見事なブナ林で気持ちの良いコースです。

三の峰避難小屋では雪渓の水がたよりですが、7月上旬なら大丈夫でしょう。







Sent: Saturday, June 30, 2007 1:40 AM


Subject:
観光新道でハクサンチドリ見てきました

 

message=ブログにコメント付けたほうが 良かったのかもしれませんが、この項は僕の専用みたいになって少し恥ずかしい感じです。次はブログにしますね。僕は先週の土曜日6/23にハクサンチドリを目当てに砂防>頂上>池めぐり?>室堂>観光新道で下山しました。砂防で初めて1株だけでしたがハクサンチドリを見ることができました。覗きの少し手前の右カーブのところ。観光新道では20株ほどみれました。ウズラバは2株でした。この日 の頂上は剣から御岳まで最高の眺望を楽しむことができました。中宮道もはっきりと。もう一度行きたい長い道です。

name=彦根 高橋

 

返信  on June 30, 2007

 

ブログよりも「山小屋ノート」の方がずっとうれしいですね。

この「山小屋ノート」はHPをオープンした1997年から続けております。

特に関西方面から山の最新情報を知りたいということでよくお便りをいただきます。

詳しい情報をお答えするには掲示板がいいですね。

できるだけ、自分で見聞きした様子をお伝えしたいと心がけておりますが、皆さんから寄せられる山情報も 大変貴重です。

これからもぜひお伝えください。

 




 


Sent: Wednesday, August 16, 2006 8:36 AM

Subject:
昨日は釈迦岳でした

message=
 昨日4時起床。2時から市ノ瀬で駐車、仮眠していました。でも5時のバスは出ませんでした。ヘヤピンのとこで崩落事故。いつ開通するか わからないとバス会社が。釈迦岳をピストンすることにしました。最初3人でしたがピストンと室堂へ行く人とでこの日は10人くらいなものだったでしょう か。ハクサンコザクラは釈迦岳のすぐ下にありましたが、オオサクラソウは終了?それとももっと上部のお花畑でしょうか。

name=
彦根 高橋


返信  on Aug.16, 2006

オオサクラソウは釈迦岳の北斜面、登山道脇に咲いています。登山道をもう少し登って行かれれば見られたかな。今年は開花が遅れているので多分今が見ごろで しょう。






sent on July  30, 2006

Subject: 昨日も雨でした

message= 昨日の白山はやはり雨でし た。今日は梅雨明け。友達二人が昨日は南竜、今晩は室堂ですって。京都返信と大阪からきて白山を満喫しています。昨日の下山時甚の助の下の雪渓で合流しま し た。二人は登り私は下りです。こちらは雨の中でしたが砂防>室堂>エコーライン>南竜>砂防でしたが花がきれいになってきてそれなりに満足しています。今 度は釈迦岳周遊をめざします。

name=hikone 高橋


返信 on July 31, 2006

おたよりありがとうございます。

山の梅雨明けは平地より12日遅れそうです。

室堂経由釈迦岳周遊は魅力あるコースです。大汝峰から七倉山にかけてハクサンイチゲの群落が見られ、釈迦岳では白山では珍しいオオサクラソウが咲いていま す。



From: M.H.
Sent: Wednesday, June 14, 2006 5:56 PM
To:
白山の自然
Subject:
コンニチワ

はじめまして、最近 貴HPにお世話になっております。
先日市ノ瀬からチブリ尾根を行かれたそうですね。
そこであつかましくも少し情報を得たいのですが、
実は、来週(次の土日あたり)に同じコースで別山へ行きたいと思っているのです。
残雪はどのような状況でしょうか?別山まで行くには、まだアイゼン・ピッケルが必要でしょうか?
又、小屋までの夏道は、まだかなり残雪に寸断されて、ルートを見定めるのに時間を要するでしょうか?
もしよろしければ、ご返信期待しております。よろしくお願いします。



返信  on  Wednesday, June 14, 2006  

おたよりありがとうございます。

チブリ尾根避難小屋までの登山道には一部に残雪はありますが夏道が隠れているのは少しだけでアイゼン、ピッケルは不要です。

別山までは行っておりません、下から見て積雪はそれほどないようですが、軽アイゼン、ストック(杖)は用意された方が良いでしょう。


 

 

Sent: Thursday, January 26, 2006 10:11 PM

Subject:
手取から白山

 

message=手取り川と白山のドッキングは あるんですね。私はどちらも大好きです。この写真は地元ならではのアングルですね。ちなみにスケールは及びもつきませんが伊吹山と小家の裏の田んぼとしま す。5月の連休には少し早いので5月中旬の 白山を楽しみにしているこの頃です。まだ先の話ですが。

name=彦根の高橋

 

返信 on Jan.26, 2006

おたよりありがとうございます。

今年は例年にない大雪で、雪崩の危険もありとても山へは近づけません。

先日も福井県と石川県の県境、谷峠の国道を通ってきましたが, さすがに県境の尾根に取り付く人の形跡はありませんでした。

連休の山は積雪を踏んで行けるコースが増えて今から楽しみです。

 



 


sent on Nov.6, 2005

> message=
はじめてお便りします。
>
いつもラジオで山旅の話聞いています。
>
あまり暇のない私にとってはとても楽しい時間で仕事柄車の中で楽しんでいます。
>
今年は週末のたび天候がよくなく何度か意思が崩れ悔しい思いをしています。
>
それでも白山に4回季節を変え何年ぶりかで行きました。
>
山といえばご来光を見るために泊まりと決めていましたが、暇がなく日帰りを楽しんでいます。ページの中で別山、お花松原等まで歩いていますがきつくないで すか。

> name=m.n.

返信  on Nov.7, 2005

おたよりありがとうございます。

FMN1の放送は自分の歩いた山を中心にし話しておりますが、ほとんど白山しか歩いていないので退屈されるのではと心配しております。

最近は白山も日帰りの方が増えております。お花松原も、室堂から往復3時間をプラスして計画されれば良いですし、砂防新道-南龍-別山-チブリ尾根のコー スも 20km弱、私の遅い足で10時間の周回コースです。

どちらも、去年初めて試みて面白かったので今年また歩いてみました。

残念だったのは登り砂防新道、下山に釈迦新道を歩く周回コースが今年歩けなかったことです。

これからもよろしくお願いいたします。


From: F.N.
Sent: Saturday, July 02, 2005 1:26 PM
Subject:
中宮道

 

お世話になります。

7月下旬に白山〜中宮温泉への2泊3日の登山を予定しています。

1泊目は南竜ヶ馬場、2泊目はゴマ平避難小屋です。

次の点について教えてください。

@白山から中宮温泉の途中で雪渓がありますが、軽アイゼンは必要でしょうか。

Aゴマ平避難小屋は25名定員ですが、7月下旬の金曜日の夜というのは、案外混むの でしょうか。

その時どきによってばらつきはあるでしょうが・・・。

中宮道利用者はそれほど多くはないのでは・・・・と思っていますが。

B白山〜中宮温泉へのルートで特に注意すべき点がありましたら教えてください。

C中宮温泉で時間があれば入浴したいと思っています。

日帰り入浴できるところで食事も出してくれるようなところがありましたら教えてください。

 以上 よろしくお願いします。

 F.N.

 

返信  on July 3, 2005

選択されたコースと日程は白山の魅力を堪能でき る最高のルートです。

初日は砂防新道を登り、早めに南 竜ヶ馬場に着き、体調を整えたうえ、翌日夜明け前にアルプス展望歩道を登られればご来光も拝めます。

南竜ヶ馬場から室堂までは、トンビ岩コースが 最短距離ですが急坂です。 

@      大汝峰の分岐点からお花 松原へ降りるところで大きなヒルバオ雪渓があります。年によって違いますが100から200mほど 雪渓を歩きます。
踏み跡をたどればそれほど危険はありません。軽アイゼンは特に必要ないと思います。
ガスがかかったときは対岸の取り付きが見えなくなり雪 渓の上をさ迷うことになりますので、晴れるのを待つか踏み跡を間違えないように気をつけてください。

A      連休、土曜は混みますが平日はわかりま せん。 混むかもしれません。今までの例では譲り合って何とかしのいでおります。

B       中宮道は一本道で、危険なガレ場はありません。

C       6軒ある旅館はすべて入浴だけの利用もでき、料金は500円です。食事付き日帰り入 浴ももちろん可能です。

ほかに食堂、みやげ物店が一軒あります。





Sent: Tuesday, December 07, 2004 11:01 PM
Subject: 12
3日大日にいました。


>
はじめまして
>
福井のKと申します
> HP
時々拝見しています
>
> 12
3日の日は私は新保から大日山に行きました。 山のたよりでその日に鈴ヶ岳と
>
書いてあったのでこれはと思いメールしました。 
>
こちらからの大日山は初めてで、新保までの車での道が細く悪路だとは知りませんで
>
したが、良かったです。
>
鈴ヶ岳もかっこよく見えて、次回は大杉から登ってみなければと思っていました。
>
>
ところで、お聞きしたいのですが、残雪期(4月初めくらい)に新保から大杉から
>
鈴ヶ岳へと行きたいと思っているのでが、道路除雪状況はどうなのでしょうか? 
>
(山中の真砂からは昔4月に登りましたが、最近は集落が廃村になり除雪が遅いです
>
ね。) 
>
役所などでも問い合わせたのですが、登山に詳しい人もいなくはっきりした返事がも
>
らえませんでした。 
>
もし何か情報があればと思いまして、突然のメールですいません。
>
>
それでは失礼します。

返信 on  Dec. 8, 2004

おたよりありがとうございます。

実は私も新保から大日へ行くつもりでしたが、新保の少し手前の林道で、工事の車がいたものですから引き返して鈴ヶ岳へ向かったのです。
鈴ヶ岳の頂上に着いてほっとした後、大日まで行く元気はありませんでした。
残雪期に登る鈴ヶ岳、大日山は魅力あるコースです。
ふもとの雪解けがどの程度かは毎年異なりますので、その時期になったらまたぺージでお知らせいたします。

 




Sent: Saturday, October 30, 2004 11:51 PM

subject=長倉山拝見。

message=
彦根の高橋です。こちらは10/24一里野荘(国民宿舎)で金沢の先輩と830合流して久し振りの禅定道を楽しみました。天気もよく 剣、立山は見えませんでしたが、笈、大笠がきれいに見えて満足でした。紅葉もまずまずでした。彦根には1950に帰宅しぐっすり休みました。またきれい な写真をアップしてください。楽しみにしています。
name=
彦根高橋

 

返信  on Nov. 1,  2004

加賀禅定道は終始、笈、大笠が見えて尾根歩きが楽しいコースです。久しい友と語らいながら静かな山を散策する、すばらしいひとときですね。


From: "あどら

Sent: Monday, October 25, 2004 2:27 PM

Subject: 楽しみです

 


>
こんにちは。
>
熊のこともあり、行き先を考えているこのときに、中宮道を歩かれたことを知り、行ってみようかと思いました。時間を考え、くまよけの鈴をつけていけば大丈 夫ですかね。
>
先日のラジオで、一里野のゴンドラリフトにのり、長倉山へ行くコースのお話を聴き、行ってみました。1時間半歩けば・・・と聴いたつもりでした(?) 木 の中を歩くため風景も見えないので、とにかく1時間半だと歩いたところが、緑の谷峠を少し越えたところでした。この先同じようなアップダウンの道なのかと 思ったのと、人にもほとんど会わないので心細くなり、お昼をして帰ってきました。行くときは、ひたすら歩くことで一生懸命でしたが、帰りは紅葉を眺めなが らこれたので、よかったです。どんぐり一つ落ちていませんでしたね。
>
人に会わないのは楽ですが、ちょっと心細いですね。
>
長倉山までは、緑の谷峠からどれくらい歩けばよかったのでしょうか?来年でも又、挑戦してみようかな。

返信 on Oct.25, 2004

おたよりありがとうございます。

ページにも書いておきましたが、中宮道では最初の菜畑がいちばんクマの出そうなところです。
20
分ほどですが鈴を鳴らすなどすれば良いでしょう。

加賀禅定道の縁(えん)の谷まで行かれたのでしたらあと30分ほどでしかり場でしたね。リフトの
頂上駅からしかり場までアップダウンがありますので1時間半は無理だったかも知れません。

しかり場から長倉山までは30分から1時間ほどですが急登です。しかり場から百四丈
の瀧が見えます。長倉山の頂上からは槍、穂高連峰が見えます。
 

 

 

Sent: Saturday, October 23, 2004 8:18 AM

Subject: 三の峰みました。

 

> message=先先週は三の峰でしたね。懐かしく写真をみさせてもらいました。こちらは息子と常念へ行きました。あちらも紅葉でしたがあんまりブナりま せん。明日加賀禅定道を予定しています。少し紅葉が遅いかも。
> name=
高橋

 

返信  on Oct. 23, 2004

明日はお天気が良いでしょう。 加賀禅定道も、しかり場あたりでちょうど見頃ではないでしょうか。
私は今日、中宮道清浄坂、馬のせご(背後)まで行ってきました。 明日は市ノ瀬で探鳥会です。

 

 

 
Sent: Sunday, August 08, 2004 8:46 PM

Subject:
残暑お見舞い申し上げます

> message=
こんばんは、ご無沙汰しております。青梅のFです。
>
エコーラインのレポ読ませていただきました。今が花盛りですか。綺麗でしょう
ねぇ。砂防新道のつり橋が復旧したんですね。一度見に行かなくては。とは言うもの
の、お盆には金沢へ帰省するのですが日程的にちょっと無理かも知れません。

> name=F


返信  on Aug..9, 2004
 
お便りありがとうございます。

帰省のついでに、白山に登るには大変ですよね。

閑な私がせっせと登り、できるだけ情報をお伝えしますので, 我慢してお粗末なページ
を見てください。

 

Sent: Friday, July 23, 2004 7:39 AM

Subject: はじめまして

 

愛知のFと申します。

記念のキリ番80000番をゲットさせていただきましたので、ご報告します。

実は本日午後から、白山スーパー林道に撮影に出かけるため、情報

を得ようと検索していたところ、偶然貴殿のサイトを発見いたしました。

とても綺麗な写真が多数掲載されており、また丁寧なページ作りに

感心いたしました。

私は白川郷を中心とした写真撮影をライフワークにしております。

お暇な時に是非一度私のサイトも覗いてやってください。
http://www3.ocn.ne.jp/~funachan/MyPage/menu0.html

 

on July 23, 2004

早速おたよりをいただきありがとうございます。

 
我が家の自家醸造ビールを宅急便でお送りいたしますのでお届け先をメールでお知らせください。

ご住所ほか個人情報は流用いたしませんのでご安心ください。

 





Sent: Saturday, June 12, 2004 12:19 PM

Subject: 6/5
こちらも白山滞在

> message=
こんにちわ。こぎれいなhpですね。6/5私も白山にいました。流失した
吊橋を確認して455別当出合から。935頂上。頂上からは剣、立山薬師・・乗鞍御
岳までスカッとは行きませんでしたがよく見えました。途中チブリの赤い屋根も。翠
が池のエメラルドグリーンが神秘的。お池巡りして1435別当着。総湯汗流し1945
彦根に着きました。ハクサンチドリがきれいですね。観光新道ではミネザクラ?


返信  on June 14, 2004

朝早く頂上へ行けば、北アルプスも見えたのですね。

私は11時、室堂に着きましたが濃い霧でした。
 
観光新道はミネザクラがちょうど満開でした。





sent on  May 25, 2004

こんばんは、京都のMです。

 

山の残雪もだんだんと少なくなり、麓の方では新緑が映える季節となりました。

 

残雪の白山に今年も登ろうとずっと待っていましたが、市ノ瀬のゲート解除が5月10日、 それ以降

雨の日が続く毎日、あげくは吊橋の流失と。

 

都合と天気が何とかなりまして5月23日に白山に登ってきました。

初めての観光新道でしたから多少の不安はありましたが、福井の方にお聞きすると、砂防よ り雪解けは

早い、との事で決行しました。

 

展望は良かったのですが、砂防と比べると少し歩きにくいと思いました。

 


返信 on May 26, 2004 

おたよりありがとうございます。

 

観光新道は登るにはつらい、急登が続きますがよく登られました。

 

つり橋が土石流で流され砂防新道が使えない以上仕方がないですね。

 

HPの写真もきれいで山の様子が良く分かります。

 

私も早く室堂へ行きたいのですが他の行事が多くて行けません。

 





 

sent on Apr.20, 2004

 _subject=
三方岩〜笈

 message=
4月17.18日三方岩〜笈に行ってきました、残雪の状態が良く、藪漕ぎは仙人窟への登り(行き)
2カ所ほどでした。

 冬瓜からは2組ほど登っていましたが、三方岩からは私のみでした、スーパー林道の除雪は白川郷展望台
まででしたが今週もっとさきまでされそうです。
 
返信  on Apr.20, 2004

おたよりありがとうございます。

私はこのコースを歩いたことはありません。
笈から仙人窟、国見山、瓢箪山の稜線は魅力があり、いつかは歩いて見たいと
思っています。
 





sent on Mar. 26, 2004
subject=今季の笈ヶ岳の残雪は・・・

message =
こんばんは。お久しぶりです。昨年に続き、新しいメンバーと笈ヶ岳を目指そうと
計画しています。4/10-11を予定しているのですが、今季の残雪はどんな按配でしょうか?
ルート状況など最新情報がございましたら教えてください。よろしくお願いします。

 

返信 on Mar.27, 2004

おたよりありがとうございます。

つい先日3/24(水)にブナオ山頂上まで行って来ました。
雪の状況は、今一番良い頃合いです。

発電所手前つり橋まで降りる道はたっぷりの雪で、駐車は白竜会館です。

発電所横の取り付き道には雪が付いていますが4月に入れば貯水槽まで夏道が顔
を出すでしょう。

後は頂上まで残雪があって歩きやすいですね。

今年は雪が少なめで4/10頃がこのコースではベストだと思われます。
 
 



 

 

 

sent on Mar.15, 2004

> _subject=
遥かなる白山

> message=
白山の自然・・・シンプルながらも魅力的なタイトルが目にとまり訪問しました
>
先週、美濃の大日ヶ岳に登ったのですが、その時見た白山の冬姿に感動しました
>
白山の名にふさわしく本当に真っ白で・・一生忘れられない光景でした
>
また訪問させていただきます

> name=keiyan

返信 on Mar.16, 2004

ご訪問いただきありがとうございます。

白山は孤高の山です。岐阜からも、福井からも見え、白き、たおやかな峰は神々の鎮座するという言い伝えをそのまま現しています。

白山を中心に近隣の山へ登り続けるのも美しい白山を見るためです。


 

 

Sent on  Mar. 10, 2004

T.K. wrote:
> 貴殿のホームページを拝見し、大変失礼ではありますがお教え願いたくお便りを 
>
送付致します。
>  
>
私は、53才の男性で休日の山歩きを趣味とする者です。
>
もっぱら大峰山や大台が原などの低山を主として歩いています。
>
雪の少ない山域を対象にしていますので雪山の経験は豊富ではありません。
>  
>
春の連休に単独で、中宮道から小屋泊まりで室堂を目指したいと考えていますが、
>
次のような事柄について不安を感じています。
>  
> @
中宮温泉までマイカーで入れますでしょうか。
> A
そのころの中宮道コースの積雪はどのような状況なのでしょうか。
> B
室堂までは、雪山経験の少ない者では無理なのでしょうか。
> C
登山者の数はどの程度なのでしょうか。
>  
>
以上につきましてお教え願えれば幸いです。
>
よろしくお願い申し上げます。

返信 on Mar.11,  2004
おたよりありがとうございます。

お問い合わせの中宮道ですが、頂上への登山ルートとしては、6月中旬頃まで無理です。

連休にはメインルートの砂防新道をお勧めします。
例年4/29までには、市ノ瀬-別当出合間の林道が開通しますので、別当出合の駐車場に車を置いて、頂上を
めざすことができます。

他のルートでは完全な冬山装備と高度な登山技術が必要です。

中宮温泉は5月のゴールデンウィークには開業されます。
 
 

 
 

 
 

sent on Feb.9, 2004

> _subject=
我古郷

> message=
今遭難の有った、大長山麓三ツ谷で、雪解けと共に古里を後にした,村人が入村し顔をあわせるのが、楽しみだ。

> name=K.K.

返信 on Feb.10, 2004

 

 三ツ谷は訪れる度に、村人の心意気が伝わってくる不思議な雰囲気を持っています。川上御前のお社、谷間に湧き出す 清流、ブナの原生林、1000年の歴史を秘めてひっそりと暮らしてきた人々の息吹きを感じるのです。
今度の関西学院生の生還も、いにしえ人の温かい導きがあったように思えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

2003年1−12

2002 年7−12

2002 年1−6

2001 年7−12月分

2001 年1−6月分

2000年分

1998-1999年分

home