Kumiko 23/Jan/2019
70周年記念日本のうたごえ祭典に出演

1月19日(土)、川崎市とどろきアリーナで行われた祭典に出演しました。
アリーナですから四千人のお客様が四方に座っていて、広々としてとても気持ちのいい空間でした。



12時半からHuman Festa~いのちをうたおう~
16時からPeace Festa~こころをつなごう~で、私は、Peace Festa の「核兵器も戦争もないせかいへ」に出演。

9人のシンガーソングライターが一曲づつ歌うトップで「にんげんをかえせ」そして、私がそれぞれの方を紹介した。たった20分くらいのコーナーだった。

うたごえ祭典は、大昔に出演したことがあるが、延べ一万人もの人が集うこういう「おまつり」は、楽しく面白いけれど、くたびれますね。前日は夜7時に集まってリハーサルもあったし、当日は、1曲歌うだけなのに、待っている時間も長いし。




でも、私たちの前に稲峯前名護市長の指揮によって歌われた「沖縄を返せ」それの横田基地の替え歌は感動した!

この出演を依頼された時、日本中の闘いの歌と闘いがこの場にあつまる場にしたいと言われ、単なる合唱コンクールでないのはとてもいい企画だと思った。そして、私の見た限り、メインアリーナはそんな場になっていた。



5時からは、サブアリーナで
15分づつ
9人のシンガーのコンサート。

私は一番最初に演奏して
帰りたかったけれど、
一番最後だった。

今回出演してビックリしたことは、私より年上の方たちが、こんなに人が集まり、くたびれる祭典に来られていることだ!私の50周年コンサートの呼びかけ人になって下さっている86歳の野末悦子先生にもお会いした。

高知県や名古屋や各地からいらした方からも声をかけて頂いた。皆さんすごいパワーですね。その高齢者のパワーに感心、感動。

それと、今まで名前は知っていたシンガーソングライターの方たちと同じステージをして、「みんないい人だなぁ」と改めてその人柄を知り、ほのぼのとした気持になったこと。





私にとっては超疲れたコンサートだっだけれど、何十年ぶりにお会いした方がたくさんいて、50周年記念コンサートの宣伝もすることができたし、出演してとっても良かった「日本のうたごえ祭典」でした。

2019.1.23               
横井久美子        写真 前田孝子