Kumiko Report 18/April/2017
高尾山トレッキング

4月15日(日)歌う楽校の高尾山トレッキング。
私たちの通常コースは、相模湖駅で降りて、裏側から弁天橋を経由して高尾山よりちょっと高い城山に登る。



駅を降りて市街地を歩いていたら、コートの中に桜の大木が一本。桜の向こう側には川があって舟が一艘。その後ろの山並みの色と桜の色がとてもマッチしていて美しかった。

農家の畑を抜けて弁天橋へ行くのだが、その農家の庭にあった桃が満開!



9時半に相模湖駅を出発して12時半頃、城山の頂上へ。高尾山は久しぶりで。3時間歩いて登るのは本当に疲れる。

この日は、超好天で、普段裏道は人とあまり会わないのに、この日は多かった。食事をする場所もいっぱいだったし、トイレに並んでいる列も今まで一番。日本で一番登山客の多い山であるし、ちょうど花爛漫の季節だからだろう。

城山の頂上のすぐそばにまっすぐな枝に咲いていた桃の花?私は花の名前に疎いが、木村洋さんは、メキメキ腕を上げていて、小さな花をいっぱい撮りまくり、先日フェイスブックで披露していたが、見事だった。

私はみんなが花を撮影して時間がかかっている間、ひたすら歩いて、それでやっとみんなと一緒に城山に着いた。




帰りは下り坂が延々と続く日陰沢バス停に向けて歩いた。今回は登りも下りもケーブルカーを使わず歩いたので、大したものだと自分でホメテいる。



私は、相変わらず、戸隠で買った忍者地下足袋を履いているが、今回は5・6回、「履きやすそうですね」「カッコいいですね」「どこで買えるのすか」と、下山してくる人から声をかけられた。

天狗の前で記念写真。右の標識は新しく立てられた。高尾山の標高は599メートルだから71メートル程城山の方が高い。

私たちはいつも登りは同じコースを行くので四季折々の姿が見られて楽しい。山というか大自然はこんなにも私たちを楽しませ、癒し、そして鍛えてくれる。それもタダで!一か月に一度くらいは行けたらいいなぁ=。

2017年4月18日
横井久美子          写真 前田孝子