各地の皆さんからMessage    トップページへ
17、ネパールから     ラクパ & ファミリーより

Dear Kumiko San Namaste..

おからだのちょうしは良くなってるとおもっております。日本は526日から きんきゅうじたいは おわりましたね。 これで いろいろみせなど オープンできるみたいですね。日本はコロナのかんじゃが すくなくって来てよかったね。ちょっとあんしんですね。

ネパールは コロナウイルスのかんじゃが すくなくって来るかなと おもったら はんたいに さいきん コロナのかんせんしゃがどんどん ふえて来ました。 このごろ 1100人 いじょう コロナ かんせんしゃがでています。昨日529日まで 1212人でました。6人は亡くなりました。ネパールの 南と西おくの インド国境ちかくのエリアが いちばん ひろがっています。 みんな インドから帰ってきたネパール人からうつっています。インドは コロナ どんどん ふえて もっと ひどくなっています。 カトマンズも すこしずつ コロナの びょうき 人たちでています。 それて ネパールはまだ 6月いっぱいは ロックダウンなりそうです。みんな 仕事まったくできなくって どんどん せいかつに こまってる 人たち でてきました。

これから もっと ロックダウン つずくとたいへんな ことになりそうです。この前4月に 岡山から大槻様たちが 私の村のはんたいのエリアの学校がない村に 学校つくる寄付金100万円ぐらいのお金おくってくれましたが ロックダウンなってから 学校つくりの仕事もできてないです。NPOボランテアーの口座のチェックに行くことできてないです。 324日から ロックダウンなって バスや ひこうきなどぜんぶストップなってるから どこも 行けないじょうたいになっています。 なにもできないからたいへん こまっています。 みんな 仕事ぜんぜんないです。 することなくってたいくつです。

サチコール村から ダンさんが 電話してくれました。サチコール村は コロナの 病気でてないけど 町はどうですかときいくれました。 あと日本も どうなってるかときいていました。 いろいろ じょうほう おしえました。 それで あんしん していました。 久美子様たちにも よろしく ゆうていました。

コロナおさまるまで また しばらく だまって すごすしかない ですね。また ネパールの ようす れんらく しますね。 これからも 気をつけて お元気でね。みな様にも よろしく。。


16
 那覇市の儀間明子さん(夫のいとこ)が、このHPのビスターレ通信をコピーして、お姉さんや友人など4人にに送ってくれているそうですが、その感想を送ってくれました。

姉の和子は、「笑っちゃいけないけれど、なんだかおかしくて笑ってしまう」と言っていました。病気なのに楽しそうだからと言っていました。幸子姉は「誰でもガンになる時代だから全国ファンやたくさんの方々は久美子さんの生き方をじっと見ていると思う。”私の人生に後ろ向きはない(前向きのみ!)”と、超明るく面白がって人ごとのように、客観的に自分をみつめ、達観している。だから明るく深刻さがない。女の人の共感を呼んでいると思う」と言っていました。便秘一つにとっても、睡眠や食欲のことにしろ、実は苦しいのではないか。”なにかかってこい”みたいな元気の良さ、意気込みが感じられ、読んでいて嬉しくなります。苦しいとあえていわず、頑張ったのだと思います。脱帽です。見習いたいです。

明子さん、ありがとうございます。わざわざコピーして送って下さって、その感想まで届けて下さって!
戦後、学習事情の悪い沖縄を避けて、宮崎の夫の家に3姉妹が交代で中学時代、高校時代と過ごしたそうで、三女の明子さんは、私のことも久美子姉さんと呼んでくれます。そんなつながりのなか、次女の幸子さんは、50周年コンサートで「辺野古の海」の歌の時に踊ってくれました。その後も、あの踊りは感動しましたという声が時々あり、三姉妹にいつも励まされ、私も嬉しいかぎりです。


ネパールから

Dear Kumiko San & all members Namaste..

ネパールからこんにちは

今日 久美子さんたちにメール おくりたいとおもってた ところ でしたが さきに メール とどきました。そうですね。今 コロナ ウイルスは 世界じゅう ひろがってきたからみんな たいへん ですね。 Big troubleですね。

横井さんの おしりあいみんなコロナのびょうきなくって 大丈夫だとおもっています。石井さんはネパールに こられて 今カトマンズから かえれない じょうたいですね。たぶん 3しゅうかんまでは 国際フライトも とばない みたいで しばらく 石井ようこさんたち 日本へ 帰れないでしょね。桜井ひろこさんは はやめに 13日日本へ もどり よかったですね。 

ネパール せいふは24日から カトマンズやネパールも すべて コロナ ウイルス はいらないように クローズ しましたので みんな 家からでかけないように しています。322日に カトマンズで コロナ ウイルスの びょうき 人をでました。ネパールも これから しんぱい です。せんしゅう フランスから 一人 わかい おんなの子が ネパール かえてきて その おんなの人は コロナ うつってる こと おととい22日はっけん していました。

昨日から カトマンズの人たちは 331日まで だれも そとでられないように せいふが はっぴょしました。 今年は たいへん ですね。

今年の ネパールの テハルー Tihar おまつりは 11月の13日から17日まで です。15日と16日が メイン Tiharおまつりです。

ところで 39日から2名 日本の お客さんたち ネパールに こられて あと ポカラ 行ってそのあと 私たちの村へ つれて 田舎の 学校 ボランテアーに 行きましたが あとぎりぎり ぶじ 日本へおかえりよかったです。今回 ついでに 村行くとき 4月から 私たちの 田舎に 日本語おしえる きょうしつ はじまるよていの ミイテング してきました。私たちの 村の いろいろ 子供たちや わかい子たちが日本語べんきょう したい きもちがあって  うちの ボランテアー会がおしえる プランしました。 できるだけ 3年や 5年まで つずけるように がんばて あげたいと おもっています。この前 日本語の本と じしょなど すこし かって もって 行って くばりましたが まだ たりないからこんど 行くとき もって 行く よてい です。 




COVID-19びょうきは はやく おさまって よくなってほしい ですね。でも しばらくは コントロルー できる むずかしい でしょね。ネパールの みんな これから けざいてきに みんな こまるから しんぱい しています。今年の 春やなつは かんこう お客さんたち ゼローなったから ビジネッスや 仕事 ぜんぜんない です。 しかたがないね。

今 カトマンズは 人すくなくって しずかです。2しゅうかん前からカトマンズから たくさん 人たち田舎村へ かえりました。カトマンズは コロナ びょうき うつる しんぱいと いろいろ クローズ するよてい きいて みんな どんどん でて行っていましたがまだ かえれなかった 人たちは カトマンズで せいかつてきに たいへん こまっています。私たちも これから カトマンズに することなにもないから 田舎村へ 行く よてい しています。村で 学校 ボランテアーと シッマクリニック こうじちゅうの できる しごとなど したいと おもっています。 それも こうじに かかる お金ないから すすめないとおもいます。

今年の なつも 私たち日本に 行けない かのせいがありますね。 どうか これからの コロナ びょうきの じょうきょに よりますね。これからの かわってる じょうきょ Situation おたがいに しらせましょね。みなさん コロナ ウイルスの びょうき うつらないように おきをつけてくださいね。今のところ しりあいみなさん 元気に いることで うれしいです。

お元気でね。また メール おくります。ラクパ & ファミリーより
カトマンズ ネパール

ネパールツアーのガイドのラクパさんからメールをもらいました。私のDVD「村人総出でつくった音楽ホール」
のネパール語のナレーションをしてくれた石井陽子さんは、現在、帰るフライトがなくてネパールに足止め中。桜井ひろ子はぎりぎり帰国できました。

ラクパさんはもっとも尊敬するネパール人の一人。カトマンズで旅行会社をしながら標高5000メートルのシェルパ族の出身村に学校を建てたり、日本語のクラスを作ったり。何よりもご覧のような日本語を使っての発信力がスゴイのです。伝えたいことがいっぱいあるのですね。若いけれどものすごい人です。50周年コンサートに出演したサチコール村の青年たちの招聘にも尽力してくれて、コンサートにも来てくれました。私はラクパさんの村には行ったことがないのですが、彼の村の向こうはチベットだそうです。

体力が回復したらメールに書いてあったようにティファールのお祭りの頃、ラクパさんのガイドでサチコール村に行きたいと思っています。ラクパさんの村の日本語教育支援もしたいと思っていますので、お心のある方はお申し出ください。


15
 4月15日  名古屋市 高井芳江 桜の季節が通り過ぎていきます。

横井久美子様  暗いニュースばかりの日々です。横井さんお元気ですか。小・中学校、大学も連休明けからの授業となり、今は自宅待機です。TVでは店舗・ライブも自粛で生活に困窮している人々がインタビューに応じて胸が痛みます。

クアランプールの次男がスーパーと薬局以外は外出禁止。3週間の自宅待機は暇!有難いことに給料はいつも通りもらえる。とメーしてきました。日本は何と寂しい援助でしょうか。

昨年のアイルランドの旅でご一緒した横井さんの歌を愛する皆さん。何人かの小学校の先生だった方とお話ししました。小学生・小学校の話を聞き~だから幼児教育は○○であるべき~とか~だから幼児教育に携わる保育学生が学ぶ内容は○○~と新たな発見がありました。

そして先日、ツアーにご一緒した松山さんからある本(DVD付き)を紹介して貰いました。
「コミュニケーション授業」菊池省三著 松山さんの学びの一端を知ることができました。大学で教えていますが、保育現場体験豊富でも、シラバスは作成したといっても、それをどう学生が受け止めているのか・・不十分だったことが見えてきて、有意義な自宅待機となりそうです。私なりに整理し、連休明けの授業でどう生かせたのか・・松山さんに報告したいです。

ブログのイラスト、のむぎさんのギターを持った横井さん松浦さんのステージの横井さん素敵です楽しみに読ませていただいています。前田さん、写真有難うございまーす。横井さんどうぞお元気で!

14 4月9日 静岡県袋井市 岩松寺 廣岡典子

横井久美子様

ばあちゃん茶屋主催のコンサートも延期となりましたが、それをチャンスに変えて楽しい試みをし始めました。

味覚も戻られた事何よりですね。近日中に静岡のお茶と、私の楽しい試作品お送りいたします。(メールで)

境内の吉野桜を小金井色に輝くレンギョウの美しさに心癒される毎日です。

さて、メールでお話しした試み、、、。今のこの時、マスク作りに楽しみながら励んでいます。

音符柄を見つけたときは、ぜひあなた様にお送りしようと、、。

やっと完成しました。本当に文字通りご笑納くださいませ。かしこ



12 
3月8日  こんばんは。群馬の春山恵子です。月のきれいな夜ですみつろうクリームお願いのメールです。大と小を1個ずつ、在庫があったら、送ってください。

ブログは、ご自分の心と体の状態に素直に応じている様子を、嬉しく読ませていただいています。たまっている薬、溶けていくのをゆっくりゆっくりつきあってくださいね。

アベへの怒り、同感 責任を持ってと言いながら、いろいろな事態の対応を考えずに花火だけは、派手に打ち上げる(花火師はそんなことしないって)想像力のなさ。

学校に勤めていた者の一人として、今回の突然の休校措置にも、怒り心頭です。3月が、1年の締めくくりとして、子どもたちにとって、学校にとって、どんなに大切な時期か、少しの猶予もなく発表。責任をとると言いながら、実際は自治体に決定させている。と、言い出せばきりがありません。

ごめんなさい。みつろうお願いのメールに書くことではありませんね。

久美子さま わざわざ作ってくださるとは、恐縮です。ありがとうございます。

休校要請のあと、元教員・元学校事務職員と話す機会が3回ほどあったのですが、もっと前後策を立ててから発表しろとみんな怒ってました。急を要するなら、「会食」などせずに、緊急に関係者を集めて知恵を借りられたろうにと。すみません。まだまだ怒りは(休校に限らず)収まりません。

春山さん、蜜蝋クリーム、今回は、私も自分用がなくなっていて、でも、意外と自分のためにだけ作るのは気
が乗らないのでちょうどよかったです。早速作ってお送りします。安倍首相の場当たり的スタンドプレーには呆れますね。ベトナムやネパールに行くと、先生も教室足りないので二部制にしていました。日本でそれがいいかは分かりませんが、子どもにとって学校が一番安全、安心な場所なので、いろいろ専門家の意見を聞いて、もっといい方法を探してからやってほしかったですね。

 
11 
1月25日 ネパールから OKバジ

どんな新年を迎えられましたか?桜井さんから横井さんの病状を聞いていますが、ガンが退散する勢いと聞いて安心しています。秋にサチコールへ桜井さんと来られるとのこと。その時は、ぼくもどこかからサチコールへ行かせてもらいます。

昨年12月に横井さんのグループから頂いた支援で建てたトブラ村の小学校へ行ってきました。このあたりの校舎のモデルになっていてデザインも色もとても村人たちが好んでいます。今回設置されたメモリープレートは黒の大理石に金文字でとてもきれいに出来ています。写真をご覧ください。

サチコールまで車がはいるようになりました。横井さんたちが来られるときはもし、前日雨がひどく降らなければ車で行けますよ。よい2020年をお続け下さい。




OKバジさんは、50周年コンサートも来てくださって、コンサートの大盛況に、前回のお手紙で、「これからは横井様と呼ばなくては」と冗談を書かれていました。バジさんのお手紙は、いつも丁寧でユーモアがあって几帳面な字で感激してしまいます。バジさんは、個人的に使って下さいとカンパを渡しても、必ず、村への支援にされる方です。すでに200校以上の学校を建てられ、ネパールでは神様と言われている方です。

サチコール村へは今まで3時間歩かなければ行けなかったのですが、ナント車で行けることに!ただ、バジさんのいわれるように前日雨が降ればダメというような道路のようです。コワイね!

私は、昨年、病気のためサチコール行きを中止したけれど、今年は行きたい!実際の決定は体調を見てからになりますが。今年のネパールのお祭り(ダサイン)は、10月26日がメインということですので、皆さんも一緒にその頃に行きましょう。お祭りには村を出た人も、街の学校に行っている生徒も帰ってきて皆に会えるのできっと楽しいです。

もう一つラッキーなニュースは、現在、すでに関空からネパールまでの直行便が飛んでいて、春には成田からも飛ぶそうです。今までバンコクの空港で6時間近く乗り継ぎ時間があり苦痛だったけれど、これはグットニュースですね。ネパールが近くなりました!

No10  1229 ご調子はいかがでしょうか? チャン・ファン・リエン

横井さん毎日寒いですがお元気ですか。家か病院にいますか。お正月は後三日だけですね。何か食べられていますか。夜は良く寝られますか。すぐ横井さんに会いに行きたいですが、両親の事や家を建設していますから、何処へも行けません。家を造っていますので、写真送りますね。その家で何時も横井さんとツアーの皆様を待っていますよ。元気になって、是非また来て下さいね

リエンさん、お見舞いありがとうございます。私は、元気で、1月から仕事も再開しました。
教室の写真送って下さってありがとう。素晴らしい建物、教室ができますね。ぜひ、新しい教室に行ってみたいです。まだベトナムに行く日程が決まりませんが、ワクワクして楽しみにしています。

No11 1212日 田中明美

横井久美子様ご無沙汰しております。「桜の会」腹立たしく思ったり、中村哲さんに悲しんだりしているうちに 2020年がすぐそこに来てしまいました。

お借りしていたメモリーのご返却を忘れていたことに気付き、昨夜、久しぶりにHPを訪れてみると刷新されていて楽しく読みやすいルンルンと思っていたら、、、<片腎KUMIKOのビスターレライフ>の文字が。え!?とサイト内をウロウロ。「皆さんのメッセージ」「今までのブログ」を拝読させていただきました。

びっくりしました!!ご病気にあわれていたことも治療の経過についての冷静な文章にも。ご家族や、横井さんの日常を読んでいるだけなのに読み進めるうちに勇気やパワーやエネルギーが光となり行間からこちらに向かって放たれているような気持ちになりました。この放たれた光をまた横井さんに送れたらどんなに嬉しいでしょうか、、。ここにもひとり、横井さんのビスターレライフを応援するものがおります!!日を追うごとに寒くなりますが、どうぞ暖かくしてビスターレでお過ごしください。来る年が良い年でありますように。

昨年、いただいたメールです。田中明美さんは、50周年コンサートのチラシ、パンフレットを作っていただいたデザイナーです。チラシ・プログラムを手にしていただいた方はお分かりですが、本当に素敵な洒落れたデザインでした。明美さんのセンスは明るくて女性的で仕事ぶりもプロフェッショナルで私はとっても好きで、これまでもたくさんお願いしてきました。ありがとうございました。

No9  1213 初めてブログを読みました。 野中多津子

昨夜、初めてブログというものを読みました。ブログってどうやって読むんだろうと思いつつ、横井久美子さんのお名前をいれていろいろ(?)していると横井さんのブログに行きつきました。パソコンの中ですが、お顔にお会い出来てなーんかホットして「こんばんは」と画面の横井さんにご挨拶しました。

そのブログの中にニンジンジュースのことが出ていてレモンを使われることもあるとか、、。実は我が家では今年初めてレモンがなりました。レモンを植えてから何年たったでしょうか。数年前から花だけは咲いていたのですが、今年初めてなりました。

柚は一寸不細工ですが、、、。お風呂にでもくつろいでいただければと思いおおくりします。

中村哲さんのお話は一度ですが、ご本人から品川で伺ったことがありました。本当に残念でなりません。世界の大きな損失です。横井さんは曲を作りCDにしてその販売額からペシャワール会に寄付をなさっていた事をブログで知り胸が熱くなりました。(そのCDは今もあるでしょうか、、、)食料ときれいな水、、。これが人の命を救う。医療の前になすべきことがあるとの中村さんの考えに本当にその通りだと思います。残念です。

今年もお世話になりました。新しい年も宜しくお願い致します。少しでも良いお年になりますように、、、。

野中さん、初めてなったレモンを下さってありがとうございます。なんか縁起がいいですね。野中さんは、ネパール・サチコール村にいつもご一緒しくださって、マラソンで鍛えた脚力・体力の野中さんは、本当に百人力です。また、ネパール語講座のまとめ役までして下さってありがとうございました。今年の秋、サチコール村の行けるように私も身体を鍛えます。アフガン支援の「おなじ空おなじ子ども」は、絶版です。「第三次世界戦争」は回避されたようですが、この歌を歌わない平和な世界にしたいものですね。

No8 青森深浦からお見舞い申し上げます。 佐藤英子 12月24日 

2013年に横井さんに「深浦のうたごえ」においでいただきました。先日はお手紙ありがとうございました。嬉しかったです。くみこのデイリープログラムを拝読し、私も生活を正していこうと思うほどぐぐっとくるものがありました。深浦の雪人参をお送りします。雪人参は雪との闘いで生産されている人参です。気に入って下さったら嬉しいです。

佐藤さん、ありがとうございます。以前は、サチコール村の子どもたちに毎年、帽子やバックなどいつもプレゼントしてくださって、ありがたいと思っていました。この度は、貴重な人参やおりんごなどありがとうございます。「深浦のうたごえ」は、2020年で18年目を迎えますね。全国各地から、この三多摩からも毎年参加する人たちもいます。こんなに続いているのは佐藤英文さんと英子さんのお人柄ですね。遠くから応援しています。

No7 1112 島貫 洋、恒子様

これまでも横井久美子さん これからも横井久美子さん

術後1ケ月(昨夜旅行社からの電話で、驚き、このところ見ていなかったホームページを拝見し) 先ずは緩解の様子、自分のことのようにホッとしています。それにしても75年間 〇健そのものの半世紀 歌とともにあり、歌で問われてこられらのですから、人生の一大事の2019秋ですね。でも横井さんらしい。ご家族らしいそれぞれのやさしいすばらしさですからとっても安心しています。実りの秋です。郷里の山形のラ・フランスは優しい香りと味です。少しですがお届けします。どうぞ、召しあがって下さいませ。

1117 塚本裕子様

この手紙が着く頃の体調はどんなでしょう。副作用がどうぞ出ていませんように。50周年の素晴らしいコンサートのあと、「感想が一ぱい来ているだろうな少し空いてからにしよう」と控えているうちに、なんと手術!

また「お見舞いが一杯来ているだろうな、少し空いた頃に・・・」なんて思っているうちに元々大変な筆不精の私なので、とうとう冬が来てしまいました。まわりは冬、白い雪景色。あわてて冬タイヤに換え、あわてて冬靴を出し、、しかし庭の雪囲いは間に合わなくて雪の下に。とけてくれることに期待をかけています。

横井さんの病気を知った時はとてもショックでしたが、ブログを読んでかえって私の方が元気づけられました。病と向き合うことも含めての人生なのですね。私も自分のこれからにちょっと覚悟ができた気がします。ブログを読むのを楽しみにしながら応援しています。無理せず、新しい出会いを楽しむ、、、うーん、それが病気なら私にできるか分からないけど、それができるような自分になる様に生きて行きたいなあ、、、と。

横井さんに会いたいな。元気に会える日を楽しみに待っています。

島貫様、塚本様、お見舞いありがとうございました。この他にも、仙台の桜井ひろ子さんは、サチコール村の子どもたちの写真絵葉書をたびたび送って下さって、「サチコール村忘れないで!」と、軽妙な文章で私を元気にしてくれています。ありがとうございます。


No6
 
1111      クッキングハウス 松浦幸子

ホームページでどんな試練でも受けとめ、前向きに生きておられる姿を感動しながら、読ませていただいています。最初はとてもドキドキしていたのですが、「いつでも今が人生の始まり」という横井さんの姿勢に安心して経過を読んでいます。こういう試練の時こそ、逞しさが発揮されるのですね。あんなにすごい50周年コンサートに取組まれて大成功だったのですから、疲れが体にでたのだと思います。

どうぞ、これからはゆっくり楽しんで下さいね。

松浦さん、2年前、クッキングハウスの30周年記念集会に参加させていただいて、50周年コンサートのプランを作りました。クッキングハウスが一番最初に20枚もチケットを買っていただいたりして、おかげ様で大成功に終わることができました。クッキングハウスの35周年に向けて、もう、準備されていると思います。また、参考にさせていただきますね。お見舞いありがとうございます。

No5  戸隠音楽ロッジ「アコールデ」です。 2019年10月30日

この度は心よりお見舞い申し上げます。毎日ホームページ拝見しておりますが、退院後の結果も順調でお元気な様子。何よりです。1019日に横井さんを励ます会を開きました。横井さんのCD50周年のプログラムを皆さんにお渡しして、寄せ書きを書いていただきました。その時の色紙をお送りいたします。一日も早く、また元気な歌とお話しを聞ける日を楽しみにしています。どうぞお大事に過ごして下さい。少しですが信州のお菓子と私が作りましたジャムを召し上がって下さい。

アコールデ 糸賀民夫

糸賀さん、この度はせっかく企画していただいたコンサートができなくなり本当に申し訳ありませんでした。そのうえ「励ます会」を開いてくださって、皆さんからの色紙もいただきました。そして、糸賀さんからのプレゼントもありがとうございます。20年近く毎年戸隠に呼んでくださいましたね。糸賀さんの人柄が皆さんを惹きつけています。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

NO4 横井久美子さんへ        2019年10月31日

久保木力  かとうしんいち  相澤悟  太田博行  比佐ゆき江  よしむらしょういちろう
比佐和美  木野内嘉彦  矢代照代・健  いわき雑魚塾一同   

こんにちは。いわき雑魚塾の久保木です。ブログ拝見させていただきました。10日付けのブログで入院されることを知り心配しておりましたが、更新されたブログで大変難しい手術が無事終わり退院されたようでホッとしました。どうぞお身体をを大事にされ早く良くなられることを願っています。また元気にお会いできる日を楽しみにしております。

一日も早くお元気になられますように祈っています。
また、コンサートでご一緒できる日を楽しみにしています。
手術後、回復に向かわれていることを知り本当に良かったですね。ここでちょっと一休み、、。
横井さん、60周年も私たち雑魚塾はお手伝いに行きます!
お見舞いに健ちゃん先頭に雑魚塾一同で歌いにけなくてすみません。

雑魚塾の皆さんお見舞いありがとうございます。1ヶ月以上もたってしまいましたが、一番早くお見舞いをいただきました。それも今まで見たこともない見開きの色紙に皆さんの言葉も書いて!そのうえお見舞い金まで頂いて!いいのかなぁ???「おいで一緒にinくにたち」には3年連続で出演していただいたうえ、50周年コンサートの時は、「阿武隈高地哀しみの地よ」を地元いわきを代表でして「歌う楽校」と一緒に歌ってくれました。これからも雑魚塾の活躍を応援しています。心いっぱいのお見舞いありがとうございました。 

No3   久美子さま 奥山ユリ子 2019年12月4日

食事療法頑張っていらっしゃいますね。ところで中村先生のニュースを聞いて凄くショックと怒りでいっぱいです。CDの売り上げなどずっと応援してきたのに悔しいですね。信じられないですね。久美子さんお身体大切にお過ごしくださいませ。

ユリ子さん、私ももショックです。ユリ子さんからメールをもらって17年前のことがよみがえってきました。ユリ子さんの家の前のポスター写真も見つけました。

2001年10月7日にアフガン爆撃があり、12月17日にはCDを完成し、12月26日にはCD完成・アフガン支援のコンサートを安田さんのギター・劉さんのピアノでこけし屋でしましたね。すごい動きでした!ユリ子さんも大量にCDを広めて下さって!たくさんカンパできましたね。形は変わっても、私たちも中村さんの志を引き継いでいきましょう! 横井久美子

No2   横井久美子さんへ

おはようございます。今朝、大村さんからのメールを見て、びっくりして、とても心配しています。現在、横井さんの調子はいかがですか。教えて下さいませんか。速く元気になる事を祈っています。

両親の健康やフエの天気が良く台風で、大雨が降って、新しい所は予定より進行がとても遅くなりました。けれども、新しい教室で横井さんと横井さんのツアーの皆様に会える様に皆んなで頑張っています。

今回、202028日に会えなくなりますが、横井さんの健康が速く元気に戻って、早く会える事を希望しています。大村さんと奥さんもいつまでも元気にして下さいね〜。皆様に宜しくお伝え下さい。

お便りを待っております。 チャンフオンリエン

リエンさん、お見舞いありがとうございます。リエン日本語教室が移転したのですね。来年の2月、新しい教室を訪ねようと思ったのに本当に残念です。もう少し待って下さい。(ホーチミンの戦争証跡博物館に私の1973年の写真が展示してあり、その写真を見た日本の大学生からベトナム戦争をまとめたいとインタビューがありました。ですので、再度ベトナムは訪問したいです!)。
No1 

「阿武隈高地」歌ってきました!           春山恵子 2019.11.5

小舘さんから病気のこと知りました。ホームページで闘病報告記を読ませていただきました。さすが横井久美子(呼び捨てご容赦!)。50年頑張ってきたご褒美のお休み、これからの活動の充電期間だと思います。
 全群馬退職教職員の会で、福島視察へ行き、伊東達也さんの講演の後の夕食交流会で「阿武隈高地哀しみの地よ」をうたってきました。
 伊東さんは素敵な方でした。一緒に行ったメンバーは、2度3度と訪れている人も多く、私は初めてでした。復興事業は進んでいても、本当の意味での住民たちの復興はかえって後退しているのでは、と話していました。
 そういう意味で、また、福島へ行かなければ、と思っています。下手な動画ですが、送らせていただきます。


春山さん、小舘さんご一緒してくださったアイルランドツアーで異変が発覚しましたので、アイルランドツアーは印象深く残っています。「阿武隈高地」は、聖メアリー大聖堂でもツアー参加者全員で、歌いましね。それをまた、福島でも歌って下さって!作詞者の伊東達也の前で!こういうお知らせ嬉しいです。ありがとうございました。

トップページへ。


一覧へもどる