各地の皆さんからMessage    トップページへ

No9  1213 初めてブログを読みました。 野中多津子

昨夜、初めてブログというものを読みました。ブログってどうやって読むんだろうと思いつつ、横井久美子さんのお名前をいれていろいろ(?)していると横井さんのブログに行きつきました。パソコンの中ですが、お顔にお会い出来てなーんかホットして「こんばんは」と画面の横井さんにご挨拶しました。

そのブログの中にニンジンジュースのことが出ていてレモンを使われることもあるとか、、。実は我が家では今年初めてレモンがなりました。レモンを植えてから何年たったでしょうか。数年前から花だけは咲いていたのですが、今年初めてなりました。

柚は一寸不細工ですが、、、。お風呂にでもくつろいでいただければと思いおおくりします。

中村哲さんのお話は一度ですが、ご本人から品川で伺ったことがありました。本当に残念でなりません。世界の大きな損失です。横井さんは曲を作りCDにしてその販売額からペシャワール会に寄付をなさっていた事をブログで知り胸が熱くなりました。(そのCDは今もあるでしょうか、、、)食料ときれいな水、、。これが人の命を救う。医療の前になすべきことがあるとの中村さんの考えに本当にその通りだと思います。残念です。

今年もお世話になりました。新しい年も宜しくお願い致します。少しでも良いお年になりますように、、、。

野中さん、初めてなったレモンを下さってありがとうございます。なんか縁起がいいですね。野中さんは、ネパール・サチコール村にいつもご一緒しくださって、マラソンで鍛えた脚力・体力の野中さんは、本当に百人力です。また、ネパール語講座のまとめ役までして下さってありがとうございました。今年の秋、サチコール村の行けるように私も身体を鍛えます。アフガン支援の「おなじ空おなじ子ども」は、絶版です。「第三次世界戦争」は回避されたようですが、この歌を歌わない平和な世界にしたいものですね。

No8 青森深浦からお見舞い申し上げます。 佐藤英子 12月24日 

2013年に横井さんに「深浦のうたごえ」においでいただきました。先日はお手紙ありがとうございました。嬉しかったです。くみこのデイリープログラムを拝読し、私も生活を正していこうと思うほどぐぐっとくるものがありました。深浦の雪人参をお送りします。雪人参は雪との闘いで生産されている人参です。気に入って下さったら嬉しいです。

佐藤さん、ありがとうございます。以前は、サチコール村の子どもたちに毎年、帽子やバックなどいつもプレゼントしてくださって、ありがたいと思っていました。この度は、貴重な人参やおりんごなどありがとうございます。「深浦のうたごえ」は、2020年で18年目を迎えますね。全国各地から、この三多摩からも毎年参加する人たちもいます。こんなに続いているのは佐藤英文さんと英子さんのお人柄ですね。遠くから応援しています。

No7 1112 島貫 洋、恒子様

これまでも横井久美子さん これからも横井久美子さん

術後1ケ月(昨夜旅行社からの電話で、驚き、このところ見ていなかったホームページを拝見し) 先ずは緩解の様子、自分のことのようにホッとしています。それにしても75年間 〇健そのものの半世紀 歌とともにあり、歌で問われてこられらのですから、人生の一大事の2019秋ですね。でも横井さんらしい。ご家族らしいそれぞれのやさしいすばらしさですからとっても安心しています。実りの秋です。郷里の山形のラ・フランスは優しい香りと味です。少しですがお届けします。どうぞ、召しあがって下さいませ。

1117 塚本裕子様

この手紙が着く頃の体調はどんなでしょう。副作用がどうぞ出ていませんように。50周年の素晴らしいコンサートのあと、「感想が一ぱい来ているだろうな少し空いてからにしよう」と控えているうちに、なんと手術!

また「お見舞いが一杯来ているだろうな、少し空いた頃に・・・」なんて思っているうちに元々大変な筆不精の私なので、とうとう冬が来てしまいました。まわりは冬、白い雪景色。あわてて冬タイヤに換え、あわてて冬靴を出し、、しかし庭の雪囲いは間に合わなくて雪の下に。とけてくれることに期待をかけています。

横井さんの病気を知った時はとてもショックでしたが、ブログを読んでかえって私の方が元気づけられました。病と向き合うことも含めての人生なのですね。私も自分のこれからにちょっと覚悟ができた気がします。ブログを読むのを楽しみにしながら応援しています。無理せず、新しい出会いを楽しむ、、、うーん、それが病気なら私にできるか分からないけど、それができるような自分になる様に生きて行きたいなあ、、、と。

横井さんに会いたいな。元気に会える日を楽しみに待っています。

島貫様、塚本様、お見舞いありがとうございました。この他にも、仙台の桜井ひろ子さんは、サチコール村の子どもたちの写真絵葉書をたびたび送って下さって、「サチコール村忘れないで!」と、軽妙な文章で私を元気にしてくれています。ありがとうございます。


No6
 
1111      クッキングハウス 松浦幸子

ホームページでどんな試練でも受けとめ、前向きに生きておられる姿を感動しながら、読ませていただいています。最初はとてもドキドキしていたのですが、「いつでも今が人生の始まり」という横井さんの姿勢に安心して経過を読んでいます。こういう試練の時こそ、逞しさが発揮されるのですね。あんなにすごい50周年コンサートに取組まれて大成功だったのですから、疲れが体にでたのだと思います。

どうぞ、これからはゆっくり楽しんで下さいね。

松浦さん、2年前、クッキングハウスの30周年記念集会に参加させていただいて、50周年コンサートのプランを作りました。クッキングハウスが一番最初に20枚もチケットを買っていただいたりして、おかげ様で大成功に終わることができました。クッキングハウスの35周年に向けて、もう、準備されていると思います。また、参考にさせていただきますね。お見舞いありがとうございます。

No5  戸隠音楽ロッジ「アコールデ」です。 2019年10月30日

この度は心よりお見舞い申し上げます。毎日ホームページ拝見しておりますが、退院後の結果も順調でお元気な様子。何よりです。1019日に横井さんを励ます会を開きました。横井さんのCD50周年のプログラムを皆さんにお渡しして、寄せ書きを書いていただきました。その時の色紙をお送りいたします。一日も早く、また元気な歌とお話しを聞ける日を楽しみにしています。どうぞお大事に過ごして下さい。少しですが信州のお菓子と私が作りましたジャムを召し上がって下さい。

アコールデ 糸賀民夫

糸賀さん、この度はせっかく企画していただいたコンサートができなくなり本当に申し訳ありませんでした。そのうえ「励ます会」を開いてくださって、皆さんからの色紙もいただきました。そして、糸賀さんからのプレゼントもありがとうございます。20年近く毎年戸隠に呼んでくださいましたね。糸賀さんの人柄が皆さんを惹きつけています。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

NO4 横井久美子さんへ        2019年10月31日

久保木力  かとうしんいち  相澤悟  太田博行  比佐ゆき江  よしむらしょういちろう
比佐和美  木野内嘉彦  矢代照代・健  いわき雑魚塾一同   

こんにちは。いわき雑魚塾の久保木です。ブログ拝見させていただきました。10日付けのブログで入院されることを知り心配しておりましたが、更新されたブログで大変難しい手術が無事終わり退院されたようでホッとしました。どうぞお身体をを大事にされ早く良くなられることを願っています。また元気にお会いできる日を楽しみにしております。

一日も早くお元気になられますように祈っています。
また、コンサートでご一緒できる日を楽しみにしています。
手術後、回復に向かわれていることを知り本当に良かったですね。ここでちょっと一休み、、。
横井さん、60周年も私たち雑魚塾はお手伝いに行きます!
お見舞いに健ちゃん先頭に雑魚塾一同で歌いにけなくてすみません。

雑魚塾の皆さんお見舞いありがとうございます。1ヶ月以上もたってしまいましたが、一番早くお見舞いをいただきました。それも今まで見たこともない見開きの色紙に皆さんの言葉も書いて!そのうえお見舞い金まで頂いて!いいのかなぁ???「おいで一緒にinくにたち」には3年連続で出演していただいたうえ、50周年コンサートの時は、「阿武隈高地哀しみの地よ」を地元いわきを代表でして「歌う楽校」と一緒に歌ってくれました。これからも雑魚塾の活躍を応援しています。心いっぱいのお見舞いありがとうございました。 

No3   久美子さま 奥山ユリ子 2019年12月4日

食事療法頑張っていらっしゃいますね。ところで中村先生のニュースを聞いて凄くショックと怒りでいっぱいです。CDの売り上げなどずっと応援してきたのに悔しいですね。信じられないですね。久美子さんお身体大切にお過ごしくださいませ。

ユリ子さん、私ももショックです。ユリ子さんからメールをもらって17年前のことがよみがえってきました。ユリ子さんの家の前のポスター写真も見つけました。

2001年10月7日にアフガン爆撃があり、12月17日にはCDを完成し、12月26日にはCD完成・アフガン支援のコンサートを安田さんのギター・劉さんのピアノでこけし屋でしましたね。すごい動きでした!ユリ子さんも大量にCDを広めて下さって!たくさんカンパできましたね。形は変わっても、私たちも中村さんの志を引き継いでいきましょう! 横井久美子

No2   横井久美子さんへ

おはようございます。今朝、大村さんからのメールを見て、びっくりして、とても心配しています。現在、横井さんの調子はいかがですか。教えて下さいませんか。速く元気になる事を祈っています。

両親の健康やフエの天気が良く台風で、大雨が降って、新しい所は予定より進行がとても遅くなりました。けれども、新しい教室で横井さんと横井さんのツアーの皆様に会える様に皆んなで頑張っています。

今回、202028日に会えなくなりますが、横井さんの健康が速く元気に戻って、早く会える事を希望しています。大村さんと奥さんもいつまでも元気にして下さいね〜。皆様に宜しくお伝え下さい。

お便りを待っております。 チャンフオンリエン

リエンさん、お見舞いありがとうございます。リエン日本語教室が移転したのですね。来年の2月、新しい教室を訪ねようと思ったのに本当に残念です。もう少し待って下さい。(ホーチミンの戦争証跡博物館に私の1973年の写真が展示してあり、その写真を見た日本の大学生からベトナム戦争をまとめたいとインタビューがありました。ですので、再度ベトナムは訪問したいです!)。
No1 

「阿武隈高地」歌ってきました!           春山恵子 2019.11.5

小舘さんから病気のこと知りました。ホームページで闘病報告記を読ませていただきました。さすが横井久美子(呼び捨てご容赦!)。50年頑張ってきたご褒美のお休み、これからの活動の充電期間だと思います。
 全群馬退職教職員の会で、福島視察へ行き、伊東達也さんの講演の後の夕食交流会で「阿武隈高地哀しみの地よ」をうたってきました。
 伊東さんは素敵な方でした。一緒に行ったメンバーは、2度3度と訪れている人も多く、私は初めてでした。復興事業は進んでいても、本当の意味での住民たちの復興はかえって後退しているのでは、と話していました。
 そういう意味で、また、福島へ行かなければ、と思っています。下手な動画ですが、送らせていただきます。


春山さん、小舘さんご一緒してくださったアイルランドツアーで異変が発覚しましたので、アイルランドツアーは印象深く残っています。「阿武隈高地」は、聖メアリー大聖堂でもツアー参加者全員で、歌いましね。それをまた、福島でも歌って下さって!作詞者の伊東達也の前で!こういうお知らせ嬉しいです。ありがとうございました。

トップページへ。


一覧へもどる