イラスト 松浦素子

 
   2019年10月12日に右腎臓を摘出しました。
その後の食事療法やビスターレ
(bistarai/ ゆっくりライフをお知らせします。
そして、皆さんとともに歩んだ歴史をときどき振りかえりたいと思います。

 <片腎KUMIKOのビスターレ(ゆっくり) ライフ>

No13 12月12日(木) モグラ叩き

髪が抜けてきた。副作用については世に言われるほどではないので、かえって髪が抜けてきて薬が効いていることを確信。それにしても人間の髪の毛の量ってスゴイね。頭に手を当てるとバサッと手につくのに、禿げるほどにならない。髪の毛は半年すれば生えてくるので私はゼンゼン気にならない。それに娘がワシントンで4つも帽子やターバンを買ってきてくれた。

癌体験3ヵ月の新参者が思うのは、癌は、暴走する生活習慣病でモグラのようなものだからいつも「モグラ叩き」を忘れないことだ。たとえ顔を出したモグラを抗がん剤によって叩くことができても、モグラは首を引っ込めてまた顔を出す。長年かけてできた生活習慣病(モグラ)だから「生活の質」を長期にわたって変えない限り、モグラの撲滅はできないと私は思う。

それにしても、糖尿病などと同じ生活習慣病なのに、「暴走する」ために「死」と直結するせいか、癌と聞くと誰もが恐れおののく。当事者になってみると、周りの人が腫れものにさわるように感じていてとても不思議。突然別世界の人間になってしまったような。癌治療の世界は急速に進歩?しているのに、「癌=死」意識は変わっていない。

私の後援会「久美子と輝き隊」の会長をされていた藤沢貞子さんが、脳溢血で倒れられて10年余になる。90歳を超え、たとえ外見は人を認識できなくなっても「藤沢さんらしさ」は随所に現れ、お見舞いに行くたびに「人間ってその人の本質は一生変わらないのだ
」と感心した。私もそうだが人は外見に惑わされやすい金持ちでも貧乏人でも、五体満足でも不自由でも、病気でも健康でも、大人でも子どもでも、外見が違うだけ。人間の尊厳においてその差はないし、たとえ認知症になったり、時とともに背中が曲がったりして外見は変わっても、その人が築き上げてきた「その人らしさ(誇り)」は一生ものだ。どんな人に対しても、それを忘れないでいたい!

今までのBLOG (発症・経過など)


横井久美子 Report
イラスト 友寄のむぎ

9月15日 第20回アイルランドツアーファイナル
7月25日 
50周年記念コンサート


Onlyone staff 前田こう子の Blog&Photo
前田こう子です。写真と共ににブログを書くことになりました。よろしくお願いします!
     


サチコール村でも、トタン屋根が多くなり、藁ぶきの屋根が珍しくなってきています。



村の高台に建つ 右がサンギートホール。左は立派なトイレ

5サチコール村は大家族 1129 

サチコール村では64軒の家族がまるで一つの大家族のように暮らしている。岩の斜面の両側にぎっしり、寄り添うように住んでいる。この右側の斜面の一番上にサンギートホールが建っています。

横井さんが声かけをしてたくさんの方々が支援してくださり、64軒の村人たちがボランティアで自らの手で創った宿泊施設兼音楽ホール(サンギートホール)。横井さんの呼びかけであっというまに建った。これについては横井さんが書いた『村人総出でつくった音楽ホール』にくわしく書かれていますので、どうぞお読み下さい。

村では中央の一番高い所に可愛らしく三角屋根がそびえているといった感じ。いつもサンギートホールには子どもたちが集まってきます。遠くから来た私たちが珍しいのでしょう。ネパール語で「〇〇ジ」とは○○さんという意味だが、「クミコジー,クミコジー」とホール入口の戸を叩く。返事をしないでいると、まわりの窓に顔をすり寄せて中をのぞきこむ。これがかなりしつっこくて昼寝もできない。「ナマステ」と花束を造っては手渡す。私たちが喜ぶのをとっくに知っていての行動だ。憎めない。これはDVD「命きらめく村」にでてきますね。

2015
年4月25日、ネパール地震の時は村での被害はなかったが、みんながホールに集まって余震の時を過ごしてくれたらしい。村の人がホールを使ってくれてとても嬉しいです。

今までのBlog&Photo




我ら 歌う楽校 リレー ブログ


「歌う楽校」詳細
歌う楽校日程 2020年
ギター部11時 歌う楽校12時から2時
1月15日(水)
1月29日(水)
2月5日(水)
2月19日(水)
3月4日(水)
3月18日(水)お楽しみ発表会
No6 自主トレしています。小舘映子

横井さん、歌楽のみなさん、こんにちは歌う楽校がお休みで、12月の「お楽しみ発表会」がなくなり、歌う機会が無くなりウズウズしています。

先日多摩市でともしびのステージがあり、久々に思い切り歌いました。発表会で歌う予定の「花」やいつも歌っている「翼をください」「見上げてごらん夜の星」などで、一人発表会()でした。こんな自主トレもいいですね。

小舘さん、私が「歌う楽校」をお休みしてもこんな風に自主トレしてくださって嬉しいです。3ヵ月遅れの「お楽しみ発表会」はダブルデュオ(4人組)の班ごとに課題曲がありますね。「花が好き」の3番の歌詞は班ごとの創作です。どんなビックリするような楽しい歌詞ができるか楽しみにしています。

今までの歌う楽校リレーブログ

                                         


みなさんからのMessage

NO3 横井久美子さんへ        2019年10月31日

久保木力  かとうしんいち  相澤悟  太田博行  比佐ゆき江  よしむらしょういちろう
比佐和美  木野内嘉彦  矢代照代・健  いわき雑魚塾一同   

こんにちは。いわき雑魚塾の久保木です。ブログ拝見させていただきました。10日付けのブログで入院されることを知り心配しておりましたが、更新されたブログで大変難しい手術が無事終わり退院されたようでホッとしました。どうぞお身体をを大事にされ早く良くなられることを願っています。また元気にお会いできる日を楽しみにしております。

一日も早くお元気になられますように祈っています。
また、コンサートでご一緒できる日を楽しみにしています。
手術後、回復に向かわれていることを知り本当に良かったですね。ここでちょっと一休み、、。
横井さん、60周年も私たち雑魚塾はお手伝いに行きます!
お見舞いに健ちゃん先頭に雑魚塾一同で歌いにけなくてすみません。

雑魚塾の皆さんお見舞いありがとうございます。1ヶ月以上もたってしまいましたが、一番早くお見舞いをいただきました。それも今まで見たこともない見開きの色紙に皆さんの言葉も書いて!そのうえお見舞い金まで頂いて!いいのかなぁ???「おいで一緒にinくにたち」には3年連続で出演していただいたうえ、50周年コンサートの時は、「阿武隈高地哀しみの地よ」を地元いわきを代表でして「歌う楽校」と一緒に歌ってくれました。これからも雑魚塾の活躍を応援しています。心いっぱいのお見舞いありがとうございました。 

今迄の皆さんからのMessage



CD「阿武隈高地 哀しみの地よ」
    
6月1日発売!

作詩 伊東達也(いわき市民訴訟原告団長)
作曲 横井久美子
             他に「よみがえれ我が大地」
              それぞれカラオケ 計4曲
定価1000円(うち500円市民訴訟支援)

福島のことを多くの方に知って頂きたいために!
特典
初版2000枚に限り、
10枚以上お求めの方には、10枚5000円でお送りします。
(送料無料)


横井久美子の海外支援ネパール・ベトナム

ネパール「サンギートホールを支える会

2014年3月に、皆さまjからの支援金でサンギートホール(音楽ホール)を造り、 その後も、
音楽支援、教育支援をおこなっています。
1年に1度サチコール村を訪問し、村人と交流します
      支援金の問合せ kumiko@y.email.ne.jp


ベトナム
 「ME CHA NHAT BAN ほんの少しのささえ愛」
       
メ  チャ  ニャ  バン
 (日本のお母さんお父さん)
2016年に6年間で25名のベトナムの中高生を日本に招聘した「スカラシップの会」
を終了し、2017年から 「リエン日本語教室」と伊勢市「慶藏院てらこや塾夏季
留学生」に「ME CHA NHAT BAN (日本のお母さんお父さん)」として
「ほんの少しのささえ愛
」をはじめました。
それで日本のお母さんお父さん募集中です。

1月のツアーで、「リエン日本語教室」の生徒5人に半年分の授業料(9000円)
計45000円を支援しました!支援者の皆さまありがとうございました。
 詳
細は

リエン日本語教室の生徒と後ろのバスにリエンさん

              
 支援グッズみつろうクリーム
ベトナム・ネパールの子どもたちのために
横井の手作りです。リピーターも多いです。
大>50g入り900円


<小>12g入り300円


送料別

先日秩父の道の駅に寄って買い物していたら、ミツロウクリームがありましたが、それぞれ倍のお値段で売っていました

横井久美子事務所
kumiko@y.email.ne.jp
2015.9.19 国立駅
いい加減にこのポスターなくしたい!
 Sing the love, love the song 
       Kumiko Report&blog back number   CD&BOOK&DVD一覧・申込   春秋楽座終了しました。
       横井久美子レパートリー   Tour    Links 
       Profile   Photos
     横井久美子事務所へのお問合せは  kumiko@y.email.ne.jp   tel 042-573-3465
fax 042-575-7638