2020年



イラスト 松浦素子
2020.5.28
自宅前で
  2019年10月12日に腎盂癌のため右腎臓を摘出しました。
その後の食事療法やビスターリ(bistarai/ ゆっくりライフをお知らせします。
そして、皆さんとともに歩んだ歴史をときどき振りかえりたいと思います。


<片腎KUMIKOのビスターリ(ゆっくり) ライフ>

No46 8月3日(月)  星 久さん逝く

 

昨年7月の「50周年コンサート」でパーカッションやギターを弾いてくれた北村新くんから電話があり、7月30日、急性白血病で入院されていた星久さんが亡くなったと連絡がありました。

星さんは、1950年 福島県きたかた市出身。日本大学工学部在学中フォークグループ「Yes Men」を結成、し、ヤマハライトミュージックコンテスト福島県大会で第一位になり、後藤悦治郎氏の「紙ふうせん」のギターリストとしてツアーに参加しながら、曲創りアレンジを学びました。その後シンガーソングライターの黒坂正文、横井久美子のサポートミュジッシャンとして活動しながら劇団「希望舞台」、「手織座」、人形劇団「ポポロ」、「コパ」などの音楽を担当しました。さいたま県民公募によるミュージカル「I Love 憲法」Vol.16まで作曲を担当していました。

私には50年間の演奏活動のなかで3人のサポートギタリストがいました。最初は、「うどん屋娘」の作者である北市数幸さん、次が星久さん、安田雅司郎さんの三人です。星さんは読売ホールでの「10周年コンサート」にも出演されていて、今もCD「横井久美子10年を歌う」で星さんのギターと歌声を聞くことができます。

北市さんと星さんは期間は短かったですが、星さんとはまた縁がつながって2015年5月から始めた「おいで一緒にinくにたち」では、前出の北村新くんと二人で星さんはすでに白血病でしたが、サポートプレーヤーとして出演してくれました。


星さんについて思い出深いのは、2018年4月に、一緒に行った鳥取県日野郡日野町文化センターで「ひのシアターかわせみ」主宰の「おいで一緒にinひの」コンサートです。これはナント37年振りの里帰りコンサートでした。「かわせみ」は、当時20代前半の青年たちが中心になって文化運動をしていて、1980年と81年続けて私たちを呼んでくれました。

「かわせみ」は最後にファイナルとして誰を呼ぼうかと相談したところ一番印象深かった私になったそうです。そして、是非星さんもということでした。星さんの病状を伝え、それでも星さんに来てもらいたいと言われ、星さんも是非ということで一緒に行くことにしました。

体調を心配して、星さんの奥さんが羽田空港まで来てくれたり、私も前田さんもゆっくりゆっくり歩く星さんを気遣いながらの旅でした。幸いコンサートは大成功で、会場の皆さんが36年前にタイムスリップし「今ここに横井久美子がいる。星さんがいる」と感極まったと言われてるほど素敵なコンサートであり再会でした。

星さんは、飛行機で米子空港まで行き、二泊三日の旅ができるような体調ではなかったと思いましたが、この旅で私は、星さんの音楽に対する深い思い、演奏することへの強い執念を感じました。星さんの演奏家人生のなかで星さんが、最後にこのコンサートをやり遂げられて本当に良かったと思っています。いっぱい思い残すこともあったと思いますが、病気から解放されてどうぞ安らかにお眠り下さい。ありがとうございました。


今までのBLOG
 
(発症・経過など)


   コロナの時代を楽しく乗り越えよう!

横井久美子 オンライン個人レッスン 


詳細について ここクリックしてください
  
申し込み kumiko@y.email.ne.jp





横井久美子レポート


2020年7月3日 歌う楽校再開!

2020年3月20日 歌う楽校 お楽しみ発表会
9月15日 第20回アイルランドツアーファイナル
横井久美子50周年記念コンサートの驚き  櫻井智志
7月25日 
50周年記念コンサート

みなさんからのMessage
   ベトナム・フエのリエンさんが新しい家と教室が完成し、連絡を頂きました。

こんにちはこちらはとても暑くて、大変です.。そちらは如何でしょうか。
毎日、食事と寝る事も良くしていますか。
何時かまた横井さんのご声が聴けますね。新型コロナウイルスが速く出て行け‼️

沢山問題が残っていますが、新しい教室が出来ました。
ベトナムではStay  Homeも終わりました。少ないなのに勉強に来る生徒がいます..私も生徒も横井さんとツアーの皆様を待っています。

元気にして下さいね。また話しましょうね。 チャンフオンリエン。

今迄の皆さんからのMessage

写真がうまく載せられなかったのですがビックリするような豪邸です。ただ、建築会社は宣伝写真を撮影したら、机やベットなど付属品はもって行かれたし、工事もズサンで建築費は最初よりずっと高額で困っているというメールでした。それで、私は詐欺にでもあったのではないかと心配し、早速、日本いる娘さんに電話したら、最初の契約段階で双方に問題があったと理性的で賢い娘さんは、話され半分安心しました。ただ、リエンさんも一人で家作りをし、併せて、高齢で認知症のお父さんと病弱なお母さんと同居しながらでは本当に大変です。娘さんは「母は横井さんが大好きだから不満を聞いてもらいたかったのですよ」と言われていましたが、遠くにいて、私は何もサポートしてあげられないのが残念です。、、

我ら 歌う楽校 リレー ブログ


「歌う楽校」詳細

歌う楽校は7月1日(水)より定例どおり、フェイスシールドを付け、換気をよくして手洗いや距離にも注意して
第一、第三水曜日1時から開始します。













25)オンライン個人レッスンを受けて 須永正子

皆さん、お元気でお過ごしのことと思います。私は一昨日横井先生にオンラインレッスンを受けさせていただきました。初めてのレッスンでズームインする時はわからないことだらけで沢山の迷惑をおかけしました。それに加え、何か月も声を出していなかったので、歌の方のレッスンでも沢山のご負担をかけてしまいました。それにもかかわらず、常に優しく励ましながらレッスンを続けて下さった先生には、感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます。

歌は「エーデルワイス」でしたが、久しぶりに先生と一緒に過ごせた時間はこの上もなく嬉しい時間でした。 隣の部屋で聞いていた主人が「こんなふうに手のかかる生徒にも、諦めずに教えてくれて感謝しかないね」と驚いたように言っていました。本当にその通りだと思います。れに加えてなかなか高音が出ない私のために、早速転調してくださった楽譜を送って 下さって、本当に本当にありがとうございました。楽譜を見ながら音程の外れているところを注意しながら、練習を重ねていきたいと思っています。どうぞ又オンラインレッスンをよろしくお願い致します。     感謝・感謝の気持ち一杯の須永より

先生の仕事というのは、生徒が少しでも理解して上達してくれることに喜びを感じるものです。「歌う楽校」以外は「先生」を体験したことはないのですが、こんな風に言っていただくと本当にうれしくやりがいを感じます。こちらこそありがとう!、

今までの歌う楽校リレーブログ




Onlyone staff 前田こう子の Blog&Photo
前田こう子です。写真と共ににブログを書くことになりました。今まで、横井さんと一緒に世界各地に行きました。その写真を掲載します。


22) 北アイルランド ~デリー私の愛した街

アイルランドの写真は、昨年8月末の最後のツアーで横井久美子レポートに掲載されていますが、これはそれ以前のツアーでの写真です。

北アイルランドデリーは、「私を愛した街」の歌の舞台として橫井さんのツアーでは、はずせません。みんなで慰霊碑の前でこの歌を歌います。





高台の城壁の上から、「血の日曜日」事件の起きたボグサイトを見る。


ボグサイト地区では当時の様子を知らせるためにたくさんの壁画が描かれています。このハンドマイク女性はその後国会議員になったそうです。

英国軍に狙い撃ちにされた少女の絵。

「血の日曜日」事件で亡くなった14名の壁画。



この年アイルランドは大洪水が起こり、私たちの大型バスが通過できず、4時間もホテルに缶詰になりました。外で歌を歌っていたら、他のバスの運転手さんも参加してくれて、「私の愛した街」を歌ってくれました。



この歌は横井さんの歌のなかでベスト3にはいるほどの人気ですが、うたごえ喫茶では長年にわたってベストテンに入っています。私たちも横井さんの指導の下、即席の合唱団として「ふるさと」を歌いました。

そうこう楽しく歌っているうちにバスが、アラン島に向かって出発でき、アラン島行の船に間にあいました。、

今までのBlog &Photo




CD「阿武隈高地 哀しみの地よ」
    
6月1日発売!

作詩 伊東達也(いわき市民訴訟原告団長)
作曲 横井久美子
             他に「よみがえれ我が大地」
              それぞれカラオケ 計4曲
定価1000円(うち500円市民訴訟支援)

福島のことを多くの方に知って頂きたいために!
特典
初版2000枚に限り、
10枚以上お求めの方には、10枚5000円でお送りします。
(送料無料)

横井久美子の海外支援ネパール・ベトナム
ネパール「サンギートホールを支える会

2014年3月に、皆さまjからの支援金でサンギートホール(音楽ホール)を造り、 その後も、
音楽支援、教育支援をおこなっています。
1年に1度サチコール村を訪問し、村人と交流します
      支援金の問合せ kumiko@y.email.ne.jp


ベトナム
 「ME CHA NHAT BAN ほんの少しのささえ愛」
       
メ  チャ  ニャ  バン
 (日本のお母さんお父さん)
2016年に6年間で25名のベトナムの中高生を日本に招聘した「スカラシップの会」
を終了し、2017年から 「リエン日本語教室」と伊勢市「慶藏院てらこや塾夏季
留学生」に「ME CHA NHAT BAN (日本のお母さんお父さん)」として
「ほんの少しのささえ愛
」をはじめました。
それで日本のお母さんお父さん募集中です。

今年2月にベトナムツアーを予定していましたが、中止しました。支援金を頂いて
いる方も
いますので、必ず、「リエン日本語教室」に届ける機会を見つけます。

リエン日本語教室の生徒と後ろのバスにリエンさん

 支援グッズみつろうクリーム
ベトナム・ネパールの子どもたちのために
横井の手作りです。リピーターも多いです。
大>50g入り900円


<小>12g入り300円


送料別

先日秩父の道の駅に寄って買い物していたら、ミツロウクリームがありましたが、それぞれ倍のお値段で売っていました


冬になると蜜蝋クリームの申し込みが多くなります。
もちろん、リピートして下さる方ばかりですが、男性も多いですよ。

横井久美子事務所
kumiko@y.email.ne.jp
2015.9.19 国立駅
いい加減にこのポスターなくしたい!あともう少しで安倍首相は退陣するでしょう!
 Sing the love, love the song 
       Kumiko Report&blog back number   CD&BOOK&DVD一覧・申込   春秋楽座終了しました。
       横井久美子レパートリー   Tour    Links 
       Profile   Photos
     横井久美子事務所へのお問合せは  kumiko@y.email.ne.jp   tel 042-573-3465
fax 042-575-7638