それでも僕等は 2016



1月



謹賀新年

2016-01-01
テーマ:日記

あけましておめでとうございます。今日から2016年です。

今年は正月の三箇日にはヱビスビールを用意した。
普段は「REI RINGONO Presents Beers」のための試飲以外は、
「リキュール(発泡性)@」を飲んでいるのだが、
せめて正月くらいは七福神の一人である恵比寿さまを冠した本もののビールを用意した。

去年の正月は闘病中だったのだが、
今年こそいい年になりますように・・・。


第66回NHK紅白歌合戦

2016-01-03
テーマ:テレビ・アニメ

年末の恒例行事のひとつとなっているNHKの紅白歌合戦。
出場歌手については民放でもワイドショーなどで話題にするなど、
テレビ局の枠を越えて年末の話題となっている。
去年大晦日の紅白も放送と同時に観て、さらに録画したものを見直した。
全体的な印象として云えるのはトピックス的な出演者がいなかったことだ。
Xジャパンの出演などは話題造りに貢献したとは思うが、
それでもネームバリューが全世代に浸透しているかと云えば難しく、
AKB48に前田敦子と大島優子が参加したのが一番のサプライズだった。
そのAKB48も姉妹グループはSKEとHKTは選ばれず、
ライバルグループの位置づけの乃木坂46が出演したのみだった。
連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌をAKB48が担当したが、
10周年と高橋みなみのテレビラストステージの演出をしたかったため、
「365日の紙飛行機」でセンターの山本彩の所属グループであるNMB48で歌わせた格好になった。
つまり山本彩のバーターでNMB48だけ出演できた格好になっている。
そのほか個人的にいいと思ったのは藤あや子が山口百恵の名曲「曼珠沙華」を歌ったことや、
MISIAが長崎から中継で「オルフェンズの涙」を歌ったことなど。
現在放映中の民放のアニメの主題歌を紅白で歌うということは、以前では考えられなかった。
また椎名林檎の「長く短い祭り〜ここは地獄か天国か篇〜」も良かった。
それでも紅白はアニメやディズニー頼りの演出で、
しかも現在公開中の映画であるスターウォーズまで取り入れているということは、
そこまでして視聴率を取りに行かなければならないと考えているのかと勘ぐってしまう。
NHKにはNHKにしか出来ない番組作りを心がけて貰いたいと思う。


2015年のとれたてホップ

2016-01-04
テーマ:ビール

麒麟麦酒の定番ビール「一番搾り」が遠野産とれたてのホップを凍結し、
限定醸造するのが「一番搾り・とれたてホップ」である。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○一番搾り・とれたてホップ

2015年限定醸造版。10月27日発売。
飲み口にはホップに由来すると思われる爽やかな香りが堪能できる仕上がりになっている。
この時期の定番ビールとなってきたと思う。
キャッチコピーには「理想の香りを、引き出してみせる。52年もの間、ともに歩んできた、
キリンの醸造家と、遠野のホップ農家。この夏も、とれたてのホップを凍結し、
一番搾り製法で、みずみずしい香りを引き出しました。
          ホップ管理センター長兼醸造長 萱場英樹」とある。
「岩手県遠野産」と「限定醸造」と書かれている。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・41kcal、たんぱく質・・・0.3〜0.6g、脂質・・・0g、
糖質・・・2.7g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


駄洒落 895

2016-01-06
テーマ:駄洒落

考えるカンガルー


目の上の・・・

2016-01-08
テーマ:日記

良く「目の上のたんこぶ」などと云うが、
今日仕事中に鉄製の棚に顔をぶつけてしまい、
ちょうど目の上に大きなたんこぶが出来てしまった。
とほほ・・・。


ビール類の限定商品

2016-01-15
テーマ:ビール

一昨年、サントリーの「リキュール(発泡性)@」ブランド「金麦」から、
冬季限定で「琥珀のくつろぎ」が発売されたが、
この冬も2015バージョンが発売された。
またサッポロ「欧州四大セレクション」からは「ウインナー」、
サントリー「クラフトセレクト」からは「ゴールデンエール」が発売された。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○金麦・琥珀のくつろぎ

2015年10月20日発売。
飲み口にカラメル香を微かに感じることが出来る仕上がりになっている。
「冬季限定」で「ていねいに長期熟成−金麦の1.3倍−」と
「原材料となる発泡酒を限定醸造しています。」と書かれている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有。
アルコール分約6%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー52kcal、たんぱく質0.1〜0.3g、脂質0g、糖質4.0g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜7mg。「リキュール(発泡性)@」である。


○ウィンナー

VIENNA EUROPEAN TRADITION。
2015年10月13日セブン&アイグループ店舗で限定発売。
飲み口には香ばしい味わいが広がるが、それほど濃厚ではなくむしろあっさりとした後味である。
「欧州四大セレクション」と書かれていて、
その説明として「ウィンナー、ミュンヒナー、ドルトムンダー、ピルスナー。
欧州四大ビールとして親しまれる伝統的なビールシリーズです。」とある。
キャッチコピーには「オーストリア・ウィーン発祥のビールスタイル。
香ばしく薫るウィーンモルトによる、赤みがかった色と、香ばしい味わいが特徴です。
グラスに注いで、色合いや香りの違いを感じながらお楽しみください。」とある。
また「サッポロビルの日本国内の工場で製造しています。
[国産]」と書かれている。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5.5%。
100ml当たりの栄養成分(当社調べ)/エネルギー・・・47kcal、たんぱく質・・・0.6g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.4g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0mg。


○クラフトセレクト・ゴールデンエール

CRAFT SELECT VOL.7 GOLDEN ALE。2015年11月4日発売。
飲み口にはホップに由来すると思われる華やかな香りを
十分に楽しめることが出来る仕上がりになっている。
「限定醸造」でキャッチコピーには「白ワインを思わせる華やかな香りを爽快な後口。」とある。
また味の評価として実際にはビールグラスのデザインでその評価が以下のように書かれている。
「旨み  ●●●●
 香り  ●●●●
 苦み  ●●
 ボディ ●●●●」
さらにシリーズの説明として「クラフトセレクトは世界の多彩なビアスタイルを通じ、
個性的な味わいをシリーズでお届けします。」とある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー46kcal、たんぱく質0.3〜0.6g、脂質0g、糖質3.5g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜7mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


深みを味わうためのヱビスビール

2016-01-19
テーマ:ビール

去年11月に限定醸造で「深み味わうヱビス」が発売された。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○深み味わうヱビス

YEBISU ROYAL SELECTION。2015年11月10日発売。
ビール本来のコクを寄り深めた濃厚な旨さが十分に堪能できる仕上がりになっている。
「限定醸造」である。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約6%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・50kcal、たんぱく質・・・0.6g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.6g、食物繊維・・・0.1〜0.2g、ナトリウム・・・0mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


「鉄道ファン3」購入

2016-01-21
テーマ:本・雑誌

1月21日木曜日に千葉県がんセンターに定期検査で通院したが、
その帰りに三省堂カルチャーステーション千葉で「鉄道ファン31」を購入する。
特集は「首都圏の絶滅危惧車」だった。
国鉄分割民営化で30年近く経ち、
JR初期の特急形も絶滅危惧車に名を連ねるようになってきた。
それは通勤形でも同じで、205系、209系は勿論のこと、
中央・総武緩行線に充当されている209系500番台やE231系900番台、
それとE231系6扉車もホームドアが設置されれば当然4扉車新造に置き換わるだろう。
中央・総武緩行線はE231系が最初に投入された路線だが、
逆に今ではE233系が主流となりつつあり、
209系500番台の後続も余剰となったE231系500番台が、
山手線から転属してくるのが濃厚だ。
JRだけでなく、私鉄の主力車両についても収載している。
ま他北海道新幹線に関しても開業まで3ヶ月を切り、
ダイヤも発表されてその詳細が収載されている。
新車情報でも北海道新幹線の暫定終着駅である新函館北斗と函館を結ぶ、
「函館ライナー」に充当される733系1000番台が紹介されていた。
そのほか、富士急行がJR東海371系を購入、改造した「富士山ビュー特急」、
JR北海道キハ261系1000番台のエクステリアデザイン変更車なども紹介されていた。


「日高屋」の五目あんかけラーメン

2016-01-22
テーマ:食べ物、飲み物

1月21日木曜日は3ヶ月に一度の千葉県がんセンターの受診日で、
造影剤を使ったCTスキャン撮影検査のため当日の朝は朝食抜きになる。
仕事が遅番で夕食の時間も遅いため、前日の20日水曜日は、
会社の最寄り駅の「日高屋」で夕食を喰うことにした。
何時もこの店でオーダーするのが期間限定メニューである五目あんかけラーメンである。
価格は580円で10種類の具が餡に絡まって、醤油ラーメンにマッチする。
普通の醤油ラーメンはあまり食べないが、この五目あんかけラーメンは別である。
子どもの頃は中華のあんかけものはあまり好きではなかったのだが、
大人になるにつれてどんどん好きになっていった。
大学時代に友達のすすめで初めて中華丼を食って感動したのがきっかけかもしれない。
中華餡が醤油ラーメンのスープと混ざり合った味は格別である。



2月



のどごしの冬バージョン

2016-02-01
テーマ:ビール

麒麟の「のどごし生」が、冬季限定バージョンを発売した。
通常の「のどごし生」は「その他の醸造酒(発泡性)@」だが、
「冬のどごし」は「リキュール(発泡性)@」である。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○冬のどごし

2015年11月10日発売。
飲み口にはコクが感じられ、しかも飲んだあとに口の中にホップの華やかなフレーバーが残る。
「限定醸造」で、キャッチコピーには「華やぐコク」とある。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、糖類)、大麦スピリッツ。
炭酸ガス含有。アルコール約6%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・46kcal、たんぱく質・・・0.1〜0.4g、脂質・・・0g、
糖質・・・2.5g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


駄洒落 896

2016-02-03
テーマ:駄洒落

今期は婚期を逃した


麦とホップ・ザ・ゴールド・コクの極み

2016-02-04
テーマ:ビール

サッポロの「リキュール(発泡性)@」のスタンダード「麦とホップ」。
去年夏のキャンペーンで景品として製造された非売品が、
去年11月に数量限定で発売された。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○麦とホップ・ザ・ゴールド・コクの極み

The gold。2015年11月25日発売。
ビール本来が持っているコクを再現しようと試みられた商品である。
確かに「リキュール(発泡性)@」の中ではコクを感じることが出来るが、
やはりビールの持つコクには達していない。
キャンペーンのプレゼント商品として未発売だったものが、「限定醸造」である。
「リッチゴールド麦芽×ゴールデンアロマホップ一部使用」とある。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約6%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・52kcal、たんぱく質・・・0.5g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.9g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


日本語ワープロソフト「一太郎2016」発売

2016-02-05
テーマ:パソコン

日本語ワープロソフトと云えば、マイクロソフトの「Word」と、
ジャストシステムの「一太郎」が市場を二分していると云っても過言ではない。
WindowsやExcelとの連携や抱き合わせでビジネスの場では「Word」が広く普及しているが、
やはり日本で生まれ、日本語を熟知した「一太郎」の使いやすさは特筆である。
さらに付属する日本語入力ソフト「ATOK」の使いやすさは、
「MS-IME」より遙かに優れていると個人的に思う。
その「一太郎」が2月5日金曜日に発売となった。
今のところ、直ぐに購入する予定はないが、
このソフトは今まで一番多くバージョンアップに付き合ってきたソフトであり、
その進化の動向には今後も目が離せない。


クリアアサヒ・初摘みの香り

2016-02-08
テーマ:ビール

アサヒビールの新ジャンル「クリアアサヒ」から、
2015年に収穫された山形産ホップを使用した限定バージョン、
「二段階ホップ仕込み」を採用した「初摘みの香り」が発売された。
「二段階ホップ仕込み」とはアサヒビールのホームページによると、
「煮沸時に最初と煮上がり時の2回に分けてホップを投入すること」だそうで、
「ホップの香りなどの特長を引き出すことができる仕込み方法」なのだそうである。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○クリアアサヒ・初摘みの香り

clear asahi。2015年12月1日発売。
飲み口には原料の発泡酒のホップに由来すると思われる、
華やかな香りを楽しむことが出来る仕上がりになっている。
「初摘みの香り/2015/山形県産ホップ使用」と「限定醸造 二段階ホップ仕込み」と書かれている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約5%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー45kcal、たんぱく質0.1〜0.5g、脂質0g、糖質3.2g、
食物繊維0〜0.1g、ナトリウム0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


ザ・クラフトマンシップ・クリスマスビア

2016-02-12
テーマ:ビール

ps1559

デンマークで毎年11月に解禁されるというクリスマスビール。
それにあやかってアサヒのクラフトマンシップのシリーズに、
2種類のクリスマスビールが去年11月25日に発売された。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○ザ・クラフトマンシップ・クリスマスビア・メリーゴールド

The Craftmanship Christmas Beer。2015年11月25日発売。
アルコール度数が高い分、
飲み口にはアルコールそのものに起因すると思われる味覚が微かに感じられる。
それでもそのコクは十分に楽しめるものである。
「深いコクと甘みを楽しめる/メリーゴールド」と書かれ、「限定醸造」である。
キャッチコピーには「クリスマスビールってご存じですか?/
サンタクロースとゆかりの深い国の1つでもあるデンマークで毎年11月に解禁されるクリスマスビール。
解禁日の20時59分、街のカフェやバーはその年のクリスマスビールを楽しむ人たちで賑わいます。
少しコクと甘みが強く、アルコール度数は6%近いものが代表的です。
本商品はそれを参考に、アサヒビールのビール職人と醸造学マスターが、
日本のお客さまに向けて醸造したクラフトマンシップビールです。/
醸造責任者 白井斉」とある。
また円グラフで「麦の香り3、ホップ香3、苦み2、キレ2、コク3」と評価が付されている。
また注意書きとして「●本商品は『アサヒクラフトマンシップブルワリー東京』
(所在地:墨田区吾妻橋)で製造したものではございません。」とある。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約6.5%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー52kcal、たんぱく質0.2〜0.6g、脂質0g、糖質3.5g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜8mg。


○ザ・クラフトマンシップ・クリスマスビア・イヴ・アンバー

The Craftmanship Christmas Beer。2015年11月25日発売。
飲み口はすっきりしていて、
ホップに由来すると思われる爽やかな香りを堪能できる仕上がりになっている。
「香ばしく薫る濃色の/イヴ・アンバー」と書かれ、「限定醸造」である。
キャッチコピーには「クリスマスビールってご存じですか?/
サンタクロースとゆかりの深い国の1つでもあるデンマークで毎年11月に解禁されるクリスマスビール。
解禁日の20時59分、街のカフェやバーはその年のクリスマスビールを楽しむ人たちで賑わいます。
少しコクと甘みが強く、アルコール度数は6%近いものが代表的です。
本商品はそれを参考に、アサヒビールのビール職人と醸造学マスターが、
日本のお客さまに向けて醸造したクラフトマンシップビールです。/
醸造責任者 初見済」とある。
また円グラフで「麦の香り3、ホップ香3、苦み2、キレ2、コク3」と評価が付されている。
注意書きとして「●本商品は『アサヒクラフトマンシップブルワリー東京』
(所在地:墨田区吾妻橋)で製造したものではございません。」とある。

原材料/麦芽、麦芽エキス、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約6%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー48kcal、たんぱく質0.2〜0.6g、脂質0g、糖質3.3g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


イオングループ限定販売のビールと発泡酒

2016-02-22
テーマ:ビール

サントリーのクラフトマンズビアシリーズの第六弾「鮮烈の香り」が出た。
クラフトマンズビアはイオングループの酒類取扱店限定販売のシリーズである。
コラーゲンを2000mg使用した健康系の発泡酒の「スマートオフ」。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○クラフトマンズビア・鮮烈の香り

CRAFTSPERSON'S BEER VOL.6。2015年9月29日発売。
イオングループの酒類取扱店で数量限定発売である。
飲み口にはホップに由来すると思われる華やかでフルーティーな香りが存在している。
さらに褐色家系ビールにある苦みも味わうことが出来る仕上がりになっている。
「アンバーラガービール」とあり、「クラフトマンズビア」と「限定醸造」と書かれている。
またキャッチ・コピーには
「この商品は爽やかな柑橘系の香りが特長のカスケードホップを使用すると共に、
香ばしい旨みのカラメル麦芽を一部使用することで、
特徴的なホップの香りを麦のコクが調和した味わいとなっています。」とある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー43kcal、たんぱく質0.3〜0.6g、脂質0g、糖質3.1g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜7mg。


○スマートオフ

SMART OFF。2015年9月1日発売。
イオングループ限定商品。
発泡酒でありながら「糖質50%オフ※1」と、
「コラーゲン2000mg※2」を両立させた健康系ビール類である。
副原料で味覚を整えて入るものの、やはり飲み口の悪さは否めない。
「糖質50%オフ※1」、「コラーゲン2000mg※2」とあり、
その説明として「※1 アサヒ本生ドラフト比」と「※2 350ml1缶当たり」とある。

原材料/麦芽、ホップ、麦芽エキス、スターチ、糖類、コラーゲン、ペプチド(ゼラチン)、酵母エキス。
麦芽使用率25%未満。アルコール分約5%。
栄養成分表示(100mlあたり)/エネルギー36kcal、たんぱく質0.6〜1.2g、脂質0g、
糖質1.0〜1.8g、食物繊維0〜0.1g、ナトリウム0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


「鉄道ファン4」購入

2016-02-23
テーマ:本・雑誌

会社の帰りに書店かっぱ五香駅店で「鉄道ファン4」を購入した。
今回の特集は「“はまなす”と急行の有終」で、
北海道新幹線部分開業に合わせて廃止される急行「はまなす」と、
それによって定期急行の全廃に関する記事であった。
いまや優等列車は“特急”が当たり前になって、
“急行”は風前の灯火であったが、とうとう昼行のみならず、
夜行も含めて急行そのものが消滅する時代が到来した。
既に「特急」が「特別急行」の略であるということも、
鉄道に特に興味のない人たちにとっては忘れ去られているのだろう。
新車情報では651系ベースの「IZU CRAILE」、
JR九州819系架線式蓄電池電車、鹿島臨海鉄道8000形、
それと北海道新幹線部分開業に合わせて新設される、
新函館北斗と函館を結ぶ「はこだてライナー」用733系1000番台、
準耐寒耐雪仕様のE531系3000番台などが紹介されていた。
それ以外の記事で驚いたのが阪堺電気軌道上町線の、
住吉−住吉公園間の今年1月31日での廃止だった。
この区間は僅か50mに過ぎず、徒歩移動でも苦にならない距離ではあるが、
住吉公園は電停というよりはちゃんとした駅舎も備え、
古き良き路面電車全盛の時代の面影を残すものであったが、
それも時代の波に押されて消えゆくことになる。
駅舎自体は今後も残されることになったようだが、
僅か50mといえども、路面電車が廃止になるというのは寂しい気がする。



3月



初摘みヌーボーと晴れやかなビール

2016-03-17
テーマ:ビール

サントリーのプレミアムモルツに今秋初めて収穫されたホップを使った限定醸造が出た。
またイオングループ限定販売の健康系ビールの晴れやかなビール。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○ザ・プレミアム・モルツ香るプレミアム・初摘みホップヌーヴォー

The PREMIUM MALT'S。2014年11月17日発売。
今秋収穫されたホップで醸造したことを前面に出して造られた「ザ・プレミアムモルツ」である。
その飲み口は特別変わったことはないが、新鮮なビールの味わいを十分に堪能できる。
「2015初摘みホップヌーヴォー※」と書かれ、
その説明として「※当製品は、2015年に収録された
ザーツ産ファインアロマホップを使用しています。」と書かれ、
キャッチコピーには「2015年に収穫された初摘みホップの
みずみずしい香りをお楽しみ下さい。」とある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約6%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー46kcal、たんぱく質0.4〜0.6g、脂質0g、糖質2.9g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜7mg。


○晴れやかなビール

2015年10月13日発売。キリンビールとイオンの共同開発。
やはり「糖質50%オフ」にしている分、飲み口に国産ビール特有のコクはそれほど感じられず、
少し物足りなさを感じる。「国産麦芽100%」と「糖質50%オフ」と書かれ、
補足説明として「五訂増補日本食品標準成分表による」と書かれている。
また「●原料として国産麦芽を100%使用」とも書かれている。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・33kcal、たんぱく質・・・0.3〜0.6g、脂質・・・0g、
糖質・・・0.7〜1.5g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0mg。、糖類・・・1.7g。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


“香る”ビールと新ジャンルの“黒”

2016-03-22
テーマ:ビール

クラフトラベルはジャパンプレミアムブリューのシリーズで、
販売は親会社のサッポロビールが行っている。
そのクラフトラベルから「柑橘香るペールエール」が出た。
またサントリーのプレミアムブランド「ザ・プレミアム・モルツ」からも、
“香る”をテーマにしたエールタイプが通年発売された。
同じサントリーの「リキュール(発泡性)@」の「金麦」からは、
原料の発泡酒に黒ビールの技法で醸造したものを使用し、
新ジャンルの“黒”を実現した「黒のひととき」が発売された。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○クラフトラベル・柑橘香るペールエール

Craft Label Pale Ale。2015年5月26日発売。
飲み口に柑橘系の香りを微かに感じることが出来るが、
それが前面に出ているというほどではなく、ビールとしての飲みやすさは確保されている。
キャッチコピーには「柑橘香るペールエール/ビールのある日々に、新鮮な驚きと楽しさを。
そんな思いを込めた、ちょっと前向きでハレやかな気分になれるビールです。
フレーバーホップが織りなす柑橘の香りと、
個性的なのに親しみやすい味わいをお楽しみください。」とある。
爽やかさと香りは以下のような評価になっている。
「柑橘の香り:ホップ ホップ ホップ ホップ
 爽やかさ:麦 麦 麦」とある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5.5%。
販売者/ジャパンプレミアムブリュー株式会社。
100ml当たりの栄養成分(当社調べ)/エネルギー・・・48kcal、たんぱく質・・・0.5g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.9g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0〜8mg。


○金麦・黒のひととき

2015年12月1日発売。飲み口にカラメル香に起因すると思われる甘みを含んだ苦みが存在する。
「ていねいに長期熟成−金麦の1.3倍−」と書かれ、その説明として「原材料となる発泡酒を、
限定醸造・長期熟成しています。
※当社『金麦』に比べ、熟成期間の基準を約3割長く設定しています。」と書かれている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有。アルコール分約6%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー53kcal、たんぱく質0.2〜0.4g、脂質0g、糖質4.1g、
食物繊維0〜0.5g、ナトリウム0〜7mg。「リキュール(発泡性)@」である。


○ザ・プレミアム・モルツ・香るプレミアム

The PREMIUM MALT'S。2015年3月3日より通年発売。
飲み口にはホップに由来すると思われる
爽やかなフレーバーを感じることが出来る仕上がりになっている。
キャッチコピーには「エールビールの爽やかな香り/
上面発酵による、エールタイプのプレモルです。」とある。
また「エールビール〈上面発酵〉の爽やかな香りをお楽しみください。」ともある。
「天然水100%仕込」である。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約6%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー46kcal、たんぱく質0.4〜0.6g、脂質0g、糖質2.9g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜7mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


桜咲く…けど2分咲きくらい

2016-03-28
テーマ:日記

3月27日は決算の関係で日曜出勤したのだが、
その帰りに五香駅近くの「麺屋むどう」で昼食を喰った。
そのあと常盤平さくら通りまで足を伸ばしてみたのだが、
桜はまだ2分咲きくらいであった。
開花宣言が出てから急に寒い日が続いたため、
満開まではまだ時間がかかりそうである。


「鉄道ファン5」購入

2016-03-29
テーマ:本・雑誌

3月23日水曜日の会社の帰りに書店かっぱ五香駅店で「鉄道ファン5」を購入した。
今回の特集は「JR東海 国鉄形から全車JR形へ」だった。
JR東海はJRグループとしては初めて国鉄形車両全廃して、
JR発足以降に造られた車両のみの所有となる。
それには通勤形、近郊形を兼ね備えた313系の存在が大きいのだろう。
また本州のJRグループの中では管轄区間がそれほど広くないこともあるのだろう。
気動車もキハ25系の登場で国鉄形を一掃した。
時代の流れではあるが、国鉄形の車両が消えつつあるのは寂しい限りである。
新車情報ではE3系改造の「GENBI SHINKANSEN」、225系100番台、
えちぜん鉄道L形「ki-bo」、相模鉄道9000系リニューアル車、
山陽電気鉄道6000系、神戸電鉄6500系、
近畿日本鉄道16200系「青の交響曲」、鹿島臨海鉄道8000形など多彩だった。
E3系「GENBI SHINKANSEN」は新幹線そのものを、
アート作品として愉しむをコンセプトの観光列車で700番台に区分されている。
越後湯沢から新潟までの区間で運行されるようである。
えちぜん鉄道L形「ki-bo」は福井鉄道福武線との相互直通運転に向け、
直通運転充当車両としてL形2両を新造した。
福井鉄道福武線田原町電停はえちぜん鉄道との接続電停であるが、
運転本数が少ないことなどが理由であまり多く利用されておらず、
両線の乗り換えは福井駅が中心だった。
今回の相互直通で利用者にとっては利便性が増すだろう。


桜咲く・・・ほぼ満開

2016-03-31
テーマ:日記

3月31日木曜日の会社の帰りに、
常盤平さくら通りに行ってみたが桜はほぼ満開だった。
ここのところの暖かさが開花を加速させたのだろうか。



4月



エープリルフール

2016-04-01
テーマ:日記

「オオカミが出たぞ!」


お知らせ

2016-04-04
テーマ:日記

平素は林檎乃麗配信コンテンツをご愛顧頂きまして誠に有難う御座います。
1998年より配信し続けてまいりました拙作「REI RINGONO Presents Beers」ですが、
本年度末を持って廃止することにいたしましたのでご報告申し上げます。
拙作「REI RINGONO Presents Beers」はもともと輸入ビールに関する情報を公開することを目的に、
パソコン購入以前からワープロ専用機に情報を蓄積して参りましたが、
ホームページ作成ソフトが進化し、タグを覚えなくてもワープロ感覚で作成できるようになり、
1997年2月15日に最初のパソコンを購入、それから勉強を続け、
1998年1月8に「REI RINGONO Presents Beers」の名で最初のホームページを公開いたしました。
初回更新時にホームページ名を「REI RINGONO Home Page」に変更、
その一部のコーナーとして「REI RINGONO Presents Beers」を続けて参りましたが、
1999年8月7日にジオシティーズ(現・ヤフー・ジオシティーズ)に移植、
再び「REI RINGONO Presents Beers」のホームページ名で公開を再開いたしました。
移植当時は国産158データ、輸入357データでしたが、
それから149回の更新を続け、
2016年3月末現在で国産データ907データ、輸入534データまで拡張して参りました。
しかし近年では生活スタイルの変化などにより輸入ビールの入手も困難になり、
国産ビールのデータの更新のみになることも多く、
当初の目的を失ってしまったと感じておりました。
そこで本年9月の更新を以て更新を終了、その後も暫くはページを残し、
2016年年末まで公開を続け、2017年を待ってサーバから削除する予定です。
来年からはビールに関する記事はブログを通じて発信していく予定にしております。
残り少ない更新回数になりますが、
最後まで「REI RINGONO Presents Beers」をご愛顧頂けるよう重ねてお願い申し上げます。

                    Semisweet Apple Company 林檎乃 麗


アサヒのプレミアムビールと発泡酒

2016-04-05
テーマ:ビール

アサヒのプレミアムビールであるドライプレミアム、
その2015年に収穫した原材料で醸造した限定醸造と
ビアカクテルのような味覚を再現した発泡酒。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○スーパードライ・ドライプレミアム・初仕込みプレミアム

Asahi SUPER“DRY”DRY PREMIUM。2015年12月22日発売。
原料の麦芽やホップ、副原料の米などを国産にこだわり、贅沢に仕上げている。
その飲み口は王道の生ビールであり、じっくり飲むのに適している。
「2015年に収穫した国産素材で醸造」と「国産ゴールデン麦芽使用」、
「国産ホップ一部使用」、「国産新米使用」と書かれている。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約6%。
養成分表示(100mlあたり)/エネルギー47kcal、たんぱく質0.2〜0.6g、脂質0g、糖質3.2g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜8mg。


○アサヒ・カシス・ビアカクテル

Asahi Cassis Beer Cocktail。2016年1月19日発売。
飲み口はビール系に近いが、
飲んだあとに口の中にカシスの香りが広がるのが十分に感じることの出来る仕上がりになっている。
「限定醸造」で「無果汁」である。

原材料/麦芽、ホップ、糖類、カラメル色素、カシスリスキュール、酵母エキス、大豆たんぱく、
酸味料、香料、アントシアニン色素、甘味料(アセスルファムK)。
麦芽使用率25%未満。アルコール分約4%。
栄養成分表示(100mlあたり)/エネルギー47kcal、たんぱく質0g、脂質0g、糖質5.7g、
食物繊維0〜0.21g、ナトリウム0〜14mg。

※尚、このデータは推敲の上、
 拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


プレミアムな牛めし

2016-04-13
テーマ:食べ物、飲み物

昨日、仕事の帰りに「松屋」に寄って牛めしを喰ったのだが、
牛めしが「プレミアム牛めし」になっていた。
知らなかったのだが、「松屋」では牛めしが一部の店舗でプレミアムになっているらしい。
「松屋」のホームページによるとプレミアム牛めしは、

 1.熟成チルド牛肉
 2.無添加のタレ
 3.あきたこまち100%
 4.無添加みそ汁付
 5.黒胡麻焙煎七味
 6.セパレート盛り

ということで、従来の牛めしよりもグレードが高いようだ。
ただ、価格も並盛りベースでノーマルな牛めしが290円なのに対し、
プレミアム牛めしは380円で90円も高い。
暫く「松屋」で牛めしを食べていなかったので、
ノーマルな牛めしとプレミアムとの味の差はよく分からない。
因みに「牛めし」と「プレミアム牛めし」とは併売はしないとのこと。
これは値上げのためのプレミアムの様にも思えるのだが…。


プレミアムビールの限定品−初仕込と華やぎの時間

2016-04-19
テーマ:ビール

サントリーのプレミアムビール「プレミアムモルツ」と、
サッポロのプレミアムビール「ヱビス」。
そのふたつに期間限定品が登場した。
プレミアムモルツにはダイヤモンド麦芽を増量した「初仕込」。
そしてヱビスにはフレンチの巨匠ジョエル・ロブションが、
その品質を認めたことをウリにしている「華やぎの時間」である。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○ザ・プレミアム・モルツ・初仕込

The PREMIUM MALT'S。2016年1月26日発売。
飲み口には麦芽に由来すると思われる、
濃厚で芳醇な飲み口を堪能することが出来る仕上がりになっている。
「2016/ダイヤモンド麦芽増量」とあり、
キャッチコピーには「ダイヤモンド麦芽を増量し、さらに美味しくなったプレモル。
今しか飲めない、初仕込です。」とある。
「限定醸造」である。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5.5%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー47kcal、たんぱく質0.4〜0.6g、脂質0g、糖質3.8g、
食物繊維0〜0.1g、ナトリウム0〜7mg。


○ヱビスwithジョエル・ロブション・華やぎの時間

YEBISU Jcel Robuchon。2016年1月26日発売。
飲み口にはホップに由来すると思われる、
華やかな香りが十分に感じることの出来る仕上がりになっている。
【限定醸造】である。
キャッチコピーには「厳選された3種のホップ※の個性を引き出した、
口にふくんだ瞬間に広がる華やかな香りとコク、清々しい味わい。
乾杯や食卓酒として、料理を華やかにひきたてる、
フレンチの巨匠ジョエル・ロブションも認めた、限定醸造のヱビスです。」とある。
またその説明として「薫り高いネルソンソーヴィン種をふんだんに使用し、
ドイツの伝統的なホップ産地のハラタウブラン種とハラタウトラディション種を一部使用。」とある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・44kcal、たんぱく質・・・0.5g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.3g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


新しい麦とホップと桜の季節のビール類

2016-04-26
テーマ:ビール

サッポロの「リキュール(発泡性)@」の代表格「麦とホップ」、
それが史上最大の麦芽量を謳ってリニューアルされた。
また春季限定のクリアアサヒとオリオンビールも登場、
桜をテーマに花見での活躍も視野に入れての商品名なのだろうか。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○麦とホップ・ザ・ゴールド

The gold。2016年2月2日リニューアル発売。
飲み口は本来のビールとは異なるものの、
「リキュール(発泡性)@」としてひとつの完成形と云っても過言ではない。
「麦とホップ史上※、最大の麦芽量!」とあり、
またその説明として「麦とホップ The gold通年販売商品において。」とある。
「Extra Malt」と「リッチゴールド麦芽×ゴールデンアロマホップ一部使用」と書かれ、
キャッチ・コピーには「『ザ・ゴールド長期熟成製法』は、
原材料の発泡酒の製造で採用している製法です。
当社発泡酒と比べ、熟成期間の基準を3割長く、また2段階の温度管理を実施しています。」とある。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約5%。「リキュール(発泡性)@」。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・46kcal、たんぱく質・・・0.5g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.5g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0〜8mg。


○クリアアサヒ・桜の宴

clear asahi。2016年2月2日発売。
飲み口に華やかさを持たせるための「ロースト麦芽&セレクトホップ一部使用」している、
「春限定」のクリアアサヒである。
確かにホップに由来すると思われる華やかな香りを微かに感じることの出来る飲み口となっている。
キャッチコピーには「心地良いコクと爽やかな香り」とある。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約5%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー45kcal、たんぱく質0.1〜0.5g、脂質0g、糖質3.2g、
食物繊維0〜0.1g、ナトリウム0〜8mg。


○オリオン・いちばん桜

orion。2016年1月26日発売。
飲み口には華やかな香りが再現されていて、正に春を感じるビールである。
「沖縄発季節限定」である。
キャッチコピーには「沖縄では正月を過ぎると緋寒桜(ひかんざくら)の
鮮やかなピンクの花々が次々と色づき始め、早い春の訪れを告げます。
そんな華やかな季節にふさわしい『贅沢なコクと香り』の麦芽100%ビールが、
沖縄から届きました。」とある。
オリオンビールが直接販売する沖縄県及び奄美諸島では発売されない。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。醸造元/オリオンビール株式会社。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー40kcal、たんぱく質0.2〜0.6g、脂質0g、糖質2.9g、
食物繊維0g、ナトリウム0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


「鉄道ファン6」購入

2016-04-27
テーマ:本・雑誌

4月21日木曜日に3月の休日勤務の代休を取って、
千葉県がんセンターを受診したのだが、
その帰りに三省堂カルチャーステーション千葉で「鉄道ファン6」を購入した。
特集は「京都鉄道博物館」で収蔵される実車に関して解説が成されていた。
京都鉄道博物館はJR西日本が手がける大型鉄道展示施設で、
梅小路蒸気機関車館を拡張する形で建設されている。
収蔵車両は主に大阪環状線弁天町駅に併設されていた交通科学博物館の一部と、
今まで梅小路蒸気機関車館に収蔵されていたものを合わせ、
さらにトワイライトエクスプレスや500系新幹線なども収蔵されるようである。
京都鉄道博物館には今すぐ行く予定はないが、
京都だったら日帰りで十分に往復できる距離だし、平日に有休を取っていってもいい。
梅小路蒸気機関車館も交通科学博物館も既に訪問済みだが、
改めてじっくり見る価値のある車両ばかりである。
因みに梅小路蒸気機関車館は今まで2回訪問したが、
1回目は高校の修学旅行の班行動であった。
クラスの仲のいい友達同士で班を組んで京都観光するのだが、
いくつかの決まった施設を見学すれば後は自由行動だった。
そこで友達は嵐山に行きたいと云ったが、みんなを何とか説得して梅小路に行ったのだ。
新車速報は225系2次車阪和線用5100番台、「TWILIGHT EXPRESS瑞風」用87系客車、
819系架線式蓄電池電車、山陽電気鉄道6000系、相模鉄道9000系リニューアル車、
213系「La Malle de Bois」、E3系「現美新幹線」など。
またE235系山手線量産先行車の営業運転再開も紹介されていた。
更に京王電鉄座席指定新型車両5000系、西武鉄道「西武旅するレストラン52席の至福」、
東京急行電鉄1000系改修車両、京浜急行電鉄1000系1800番台、
東京都交通局7700系、道南いさりび鉄道「ながまれ号」、
えちごトキめき鉄道ET122形1000番台「えちごトキめきリゾート雪月花」、
長良川鉄道観光列車「ながら」、富士急行8500系「富士山ビュー特急」、
静岡鉄道A3000形、若桜鉄道観光列車「昭和」、えちぜん鉄道L形「KI-BO」など。
今月号は新型車両の登場が相次いだが、やはり年度初めということも関係があるのだろうか。



5月



3月発売の生ビール

2016-05-02
テーマ:ビール

麒麟から生ビールの定番ブランド「一番搾り」に、
限定醸造の一部小麦を使用した「小麦のうまみ」が発売された。
またアサヒからは健康系ビールでありながら飲み口を犠牲にしないという、
正に夢のようなコンセプトで造られた糖質50%オフの「ザ・ドリーム」が出た。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○一番搾り・小麦のうまみ

2016年3月15日発売。
原料の麦芽に小麦を一部使用することにより、
ヴァイツェン系のヌルッとした感触が再現されている。
飲み口の爽やかな特徴のビールである。「限定醸造」である。
キャッチコピーには「さわやかなこの季節を、いきいきと過ごしたい。
そんな気持ちにぴったりのおいしさができました。
うまみ、しっかり。後味、すっきり。やわらかな飲み口がうれしい、
小麦を感じる一番搾りをどうぞ。」とある。

原材料/麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ。アルコール分約4.5%。
100ml当たり栄養成分/エネルギー41kcal、たんぱく質0.4〜0.7g、脂質0g、糖質3.1g、
食物繊維0〜0.1g、ナトリウム0mg。


○ザ・ドリーム

The Dream。2016年3月23日発売。
健康系ビールでありながら飲み口を犠牲にしないというコンセプトの元に造られた
「−究極のコクキレ※−」を追求したビールである。
またその説明として「※『コクキレ』とは、
当社が目指すコクとキレの最適なバランスのことです。」とある。
「糖質50%オフ」である。

原材料/麦芽、ホップ、スターチ。アルコール分約5%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー35kcal、たんぱく質0.2〜0.6g、脂質0g、
糖質1.0〜1.5g、食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


リニューアルしたヱビスと新しいノンアルコール

2016-05-09
テーマ:ビール

サッポロのヱビスビールはプレミアムビールの先駆けとして、
サントリーのプレミアムモルツと並んで定番商品となっているが、
その登場は1890年と120年以上の昔に誕生したもので、
いまやヱビスビールの存在は街の名前や電車の駅名にまでなっている。
そのヱビスが今年リニューアルに踏み切った。
余談だが最初に「ヱビス」のブランド名を使ったのは、
日本麦酒酒造という会社で、「アサヒ」のブランド名を持つ大阪麦酒と、
明治39年に札幌麦酒に合併して大日本麦酒となった。
戦後の過度経済集中排除法によりふたつの会社に分断され、
朝日麦酒と日本麦酒となり、
日本麦酒が「サッポロ」と「ヱビス」のブランドを継承、
1964年に日本麦酒からサッポロビールに社名変更したのだ。
ヘルシースタイルは健康系ノンアルコールビールの新商品である。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○ヱビス

Premium YEBISU。2016年3月15日クオリティーアップして発売。
飲み口は濃厚でビール本来のコクと旨さを十分に堪能できる仕上がりになっている。
「麦芽100%」である。
キャッチコピーには「バイエルン産アロマホップをふんだんに使用。
麦芽のみを使い、熟成に時をかけて仕上げています。
深いコク、豊かな味わい。ビールを知る人のビールです。」とある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・42kcal、たんぱく質・・・0.5g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.0g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0mg。


○ヘルシースタイル

Healthy Style。2016年2月16日発売。
ノンアルコール健康系ビールはどうしても味覚が犠牲になってしまうが、
アルコールの刺激がないものの、
その他はきちんと整えられていて十分に楽しめる仕上がりになっている。
続けて飲むことの出来る味覚のレベルになっているといっていい。
「食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにする」とあり、
また「カロリーゼロ※」と「糖類ゼロ※」と書かれている。
またその説明として「※食品表示基準に基づき、5kcal(100ml当たり)未満のものを
カロリーゼロ、 糖類0.5g(100ml当たり)未満を糖質ゼロとしています。」とある。
また「消費者庁許可(特定保健食品)」と
「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」とも書かれている。
「保健機能食品(特定保健用食品)
●届出表示:本品には難消化性デキストリン(食物繊維)のはたらきにより、
食事から摂取した脂肪の上昇をおだやかにするので、
脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が気になる方の食生活改善に役立ちます。
●1日摂取目安量:お食事の際に、1日1回1本を目安にお飲み下さい。
●摂取上の注意:本品を多く摂取することにより、疾病が治癒するものではありません。
飲みすぎ、あるいは体質、体調により、おなかがゆるくなることがあります。」とある。

原材料/食物繊維(難消化デキストリン)、大豆ペプチド、ホップ、/炭酸、香料、
安定剤(大豆多糖類)、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、
甘味料(アスセルファムK)。
アルコール分0.00%。
栄養成分表示(1本350ml当たり)/エネルギー・・・0kcal、たんぱく質・・・0g、脂質・・・0g、
炭水化物・・・5.6g(糖質・・・0g、食物繊維・・・5.6g)、食塩相当量・・・0.01〜0.10g。
関与成分/難消化デキストリン(食物繊維として)・・・5g。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


北海道の地ビール「小樽麦酒」

2016-05-16
テーマ:ビール

地元のスーパーで北海道の地ビールメーカー小樽麦酒の、
ピルスナーとアンバーが売っていたので購入してきた。
ピルスナーは札幌に旅行に行った時、
近くのコンビニで購入してホテルの部屋でよく飲んでいた。
ところがアンバータイプは初めて見た。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○小樽麦酒・アンバーエール

飲み口には焙煎された麦芽に由来すると思われる芳ばしい香りが、
ちゃんと感じることが出来る仕上がりになっている。

醸造所/北海道麦酒醸造株式会社。原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


「鉄道ファン7」購入

2016-05-24
テーマ:本・雑誌

5月23日月曜日の出社前に津田沼で下車してくまざわ書店で「鉄道ファン7」を購入した。
特集は「JR車両ファイル2016」で、ここ1年で登場した車両や引退した車両についてまとめてある。
ここ1年での一番の話題といえば北海道新幹線開業だと思うが、
車両的にはJR北海道のW5系はJR東日本E5系と基本的には同じで、
外見上の違いはエンブレムぐらいだろうか。
それから目立っているのは観光車両が増えていること。
そのきっかけになったのはJR九州のななつ星in九州の存在が大きいと思う。
それまでのジョイフルトレインから進化し、乗ること自体を愉しむ車両が全盛だ。
その一方で定期の寝台客車が次々と廃車となり、
電車寝台のサンライズエクスプレスしか残っていないのは哀しい。
それ以外には名松線の全線再開の記事もあり、
家城まで入ったことがあるがその先の乗り潰しにも挑戦したい。
新車情報では山陽電鉄6000系、JR東日本651系「IZU CRAILE」、
西武鉄道「西武 旅するレストラン 52席の至福」、南海電鉄「めでたいでんしゃ」など。
ここでも観光列車の存在が大きいことが証明されている。



6月



駄洒落 897

2016-06-01
テーマ:駄洒落

東京の塔、今日?


「ニューなのはな」の終焉

2016-06-10
テーマ:鉄道・旅行

485系交直流電車「ニューなのはな」は、1998年に登場した観光特化の車両で、
交直流特急形485系の足回りを流用し、車体のみを新造した、
いわゆる“ジョイフルトレイン”のひとつである。
車内は座席とお座敷の両方に対応していて、
臨時列車として主にJR東日本の電化路線で活躍した。
しかし近年は車体も種車のものを流用し、小規模な改造に抑える観光列車が流行、
また経年劣化もあって今年8月での引退が決まったようだ。
駅にあったパンフレットで初めて知った。
華々しくデビューする新型車両がある一方で、ひっそりとその生涯を終える車両もある。
盛者必衰の理を顕すといったところだろうか。


「グランドキリン」のリニューアルと新作「うららかをる」

2016-06-14
テーマ:ビール

グランドキリンは麒麟麦酒がチルドで提供するコンビニ限定発売のビールで、
レギュラー発売されている「グランキリン」を今年3月22日にリニューアルし、
また同時にウィート系の「うららかをる」も発売された。
以下、瓶のデータと試飲の感想を記しておく。

○グランドキリン

GRAND KIRIN Pip Hop IPL。2016年3月22日発売。コンビニ限定発売。
黄金色に透き通った泡立ちの良いビールである。
麦芽の放つ香りが十分にして、
その飲み口は濃厚でビールが持つ良い意味での“苦み”が十分に楽しめる仕上がりになっている。
キャッチコピーには「引き締まった苦みと複雑な味わいが、
心地良い余韻とともに続く1本です。」とあり、
更に「*ひと手間かけたホップを発酵中に漬け込み、
複雑な香りを引き出すキリンビール独自の『ディップホップ』製法を使用。」とある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約6%。330mlワンウェイ瓶。


○グランドキリン・うららかをる

GRAND KIRIN Wheat Spring Ale。2016年3月22日限定発売。コンビニ限定発売。
黄金色の透き通った泡立ちの良いビールである。
柑橘系の香りが確かにして、その飲み口は丸みを帯びたウィート系の王道をいっている。
キャッチコピーには「春の心地よい昼下がりに楽しめる、
花畑を思わせる香り立ちと軽やかな味わいの1本です。」とある。

原材料/麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ、糖類(乳糖)。
アルコール分約5.5%。330mlワンウェイ瓶。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


アサヒとサッポロの4月発売の生ビール

2016-06-20
テーマ:ビール

今年4月12日にアサヒビールとサッポロビールから生ビールが新発売された。
アサヒビールからは「ドライプレミアム豊穣」が通年発売された。
通年発売されている生ビールの中で麦汁やアルコール分が最大量というのがウリである。
サッポロビールの「黒ラベル・エクストラブリュー」は、
サッポロの代表ブランド「黒ラベル」の限定醸造バージョンである。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○ドライプレミアム豊穣

DRY PREMIUM。2016年4月12日発売。
商品名通り、飲み口にはビール本来の持つコクや辛みが十分に表現されていて、
その旨さを心ゆくまで味わうことの出来る仕上がりになっている。
キャッチコピーには「コク・香り・アルコール分すべてが最大級※」とあり、
その説明として「※当社が製造、通年販売している黒ビールを除く『生ビール(非熱処理)』における、
100ml当たりの原麦汁エキス量及び複数の香気成分量及びアルコール含有量の比較において」とある。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約6.5%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー49kcal、たんぱく質0.4〜0.8g、脂質0g、糖質3.1g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜8mg。


○黒ラベル・エクストラブリュー

Extra Brew。2016年4月12日発売。
飲み口には麦芽に由来すると思われる濃厚な辛みが十分に堪能できる仕上がりになっている。
「限定醸造」と「★生のうまさ、実感」と、更に「旨さ長持ち麦芽!!100%使用」と
「麦芽、ホップ協働契約栽培100%」とある。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約5.5%。
100ml当たりの栄養成分(当社調べ)/エネルギー・・・45kcal、たんぱく質・・・0.4g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.2g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


「鉄道ファン8」購入


2016-06-23
テーマ:本・雑誌

6月22日水曜日の会社の帰りに津田沼で下車して、
くまざわ書店で「鉄道ファン8」を購入した。
特集は「新幹線最前線2016」だった。
北海道新幹線が開業し、北海道から鹿児島までが新幹線で結ばれたが、
航空機との競争や在来線との乗り換え、
分離した並行在来線の江差線を引き継いだ道南いさりび鉄道の特集など、
またJR東日本E2系にも触れていた。
新車情報ではハイブリッド気動車HB-E300系に切り替えられる、
「リゾートしらかみブナ編成」や、
JR四国121系をVVVFインバータ制御に改造した7200系、
神戸電鉄6500系、JR東日本E721系1000番台、
東京地下鉄13000系などが取り上げられていた。
また中央・総武緩行線のE231系500番台のA540編成の記事もあった。
山手線でE235系の量産化が予定されており、
現在のE231系500番台は一部改良の上に中央・総武緩行線に転入予定で、
E235系量産先行車投入でA520編成が転入したが、
2本目となるA540編成がすでに運転を開始されている。
また富山機関区に集結したEF510の特集もあった。
「北斗星」や「カシオペア」の牽引に充当した車両も今は富山で第二の人生を送っている。
富山機関区のEF81の日本海縦貫路線の後続に充当されているようだ。


京都麦酒の3つの瓶ビール

2016-06-30
テーマ:ビール

京都麦酒は日本酒で有名な黄桜酒造が手がける地ビールで、
日本車黄桜と同様、京都の伏見の名水で仕込んでいる。
以下、瓶のデータと試飲の感想を記しておく。

○京都麦酒・アルト

泡立ちの良い茶褐色の濁りのあるビールである。
麦芽の放つ独特の香りがして、
その飲み口は麦芽に由来すると思われる爽やかな香りとフルーティーな苦みが共存している。
「酒蔵仕込」と書かれ、キャッチコピーには「名水『伏水』で仕込んだ地ビール。
濃い赤銅色で、香ばしい麦芽の香りとホップの苦みが絶妙に調和。」とある。

製造/黄桜酒造株式会社。330ml瓶。原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。


○京都麦酒・ケルシュ

黄金色のやや濁りのある泡立ちのまあまあ良いビールである。
香りはそれほど強くはないが、
飲み口には麦芽に由来すると思われる香りが確かに感じられるが、
コクはそれほど強くなく、むしろさっぱりした口当たりである。
「酒蔵仕込」と書かれている。
キャッチコピーには「名水『伏水』で仕込んだ地ビール。
淡い黄金色で、華やかな香りとさっぱりした飲み口が特長。」とある。

製造/黄桜酒造株式会社。330ml瓶。原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。


○京都麦酒・蔵のかほり

黄金色の少し濁りがある泡立ちはそれほどでもないビールである。
飲み口はすっきりしていて、麦芽由来の刺激も少し異なるような気がする。
「酒蔵仕込」と書かれ、キャッチコピーには「清酒酵母で造った初めてのビール。
鮮やかな黄金色でまろやかなコクと、ひときわ華やかな香りが特長。」とある。

製造/黄桜酒造株式会社。330ml瓶。原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約4%。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。



7月



北海道新幹線開業記念とクラフトラベルの新作ヴァイツェン

2016-07-04
テーマ:ビール

サッポロの生ビールの代表ブランド「黒ラベル」に、
北海道新幹線開業記念として北海道と東北地区限定の「黒ラベル」が登場した。
クラフトラベルはサッポロビールの100%出資の子会社、
ジャパンプレミアムブリューの展開する新しいビールブランドである。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○黒ラベル・北海道&東北Selection

2016年3月1日、北海道及び東北エリア限定で発売。
飲み口は特別変わったことはなく、
普通の黒ラベルと同じで、コクやキレを十分楽しめる仕上がりになっている。
「北海道新幹線開業記念限定醸造」として「北海道産大麦麦芽/東北産ホップ使用」である。
キャッチコピーには「北海道産大麦麦芽、東北産ホップを使用した特別な黒ラベル。
北海道新幹線開業を記念して北海道、東北の皆様だけにお届けいたします。」とあり、
「生のうまさ、実感」、「旨さ長持ち麦芽!!一部使用」などとも書かれている。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約5%。
100ml当たりの栄養成分(当社調べ)/エネルギー・・・40kcal、たんぱく質・・・0.3g、脂質・・・0g、
糖質・・・2.9g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。


○クラフトラベル・Hallo!ヴァイツェン

Craft Label Hello! WEIZEN。2016年3月22日発売。
飲み口は小麦麦芽に由来するヌルッとした舌触りが十分に表現されていて、
王道のヴァイツェンビールであると思う。
キャッチコピーには「Hallo!ヴァイツェン/ビールのある日々に、新鮮な驚きと楽しさを。
一口飲んでホッとして、二口飲んで思わずニコリ。
南ドイツ伝統の小麦のビールを独自のヴァイツェン酵母で醸造。
果実を思わせる香りと、さわやかな味わいをお楽しみください。」とある。
爽やかさと香りは以下のような評価になっている。
「柑橘の香り:ホップ ホップ ホップ ホップ
爽やかさ:麦 麦 麦」とある。

原材料/麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ。アルコール分約5.5%。
販売者/ジャパンプレミアムブリュー株式会社。
100ml当たりの栄養成分(当社調べ)/エネルギー・・・47kcal、たんぱく質・・・0.5g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.5g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


4月発売の麒麟の限定ビール類と「僕ビール、君ビール。」

2016-07-19
テーマ:ビール

長野県で「軽井沢高原ビール」などを発売しているヤッホー・ブルーイングは、
かなりユニークなネーミングセンスを持った商品を発売している地ビールメーカーである。
そこがローソンとタイアップして去年10月に発売したのが「僕ビール、君ビール。」だ。
ブームが去り、各地の地ビールメーカーが窮地に立たされる中、
女性ウケやSNSに載せたくなるような商品展開で活路を見いだそうとしている。
今後の地ビールメーカーのビジネスモデルとしても注目していきたい。
キリンの一番搾りが数量限定でオーガニック麦芽100%の305ml瓶商品を発売、
また麒麟の新ジャンル「のどごし」からも初夏限定商品が出た。
以下、缶や瓶のデータと試飲の感想を記しておく。

○僕ビール、君ビール。

2015年10月20日、ローソン酒販店舗で発売。
まさしく一口飲んでハッとするような果実を思わせる味覚が口の中に広がる。
キャッチコピーは「ハッとする味と香り。これが僕らのビール。/
時代は変わる、ビールは変わらない。なんてことはない。
きょう、この時から、僕らの生活に色を加える、新しいビール体験がはじまる。」とあり、
また「ビアスタイル『セゾン』/新鮮な若い果実のようなアロマ。
そして、キリリと効いたホップの苦み。イメージを変える『セゾン』スタイルのビール。」とある。

製造/株式会社ヤッホー・ブルーイング。
原材料/大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ。アルコール分約5%。


○一番搾り・シングルモルト

Single Malt。2016年4月12日数量発売。
単一品種のオーガニック麦芽を100%使用。
飲み口は思ったよりもあっさりしていて、食事と一緒に愉しむのにも適していると思う。
「オーガニック麦芽100%」と「●OCIAジャパンによる有機認定を受けています。」と書かれている。

原材料/有機麦芽、有機ホップ。305mlワンウェイびん。アルコール分約5.5%。


○晴のどごし・初夏仕立て

2016年4月19日発売。飲み口に柑橘系の香りを連想できる仕上がりになっている。
キャッチコピーには「香りそよぐ」とある。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、大麦スピリッツ。
炭酸ガス含有。アルコール約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・43kcal、たんぱく質・・・0.3〜0.6g、脂質・・・0g、
糖質・・・2.9g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


青春の旅立ち

2016-07-20
テーマ:鉄道・旅行

JRグループ共通の企画切符「青春18きっぷ」は国鉄時代から存在する、
学生の長期休暇の時期に登場する普通車限定の乗り放題切符である。
JR旅客会社の快速を含む普通車が期間内に5回、一日乗り放題になる。
基本的には当日のみ有効だが、例外として大都市近郊は終電まで利用可能となる。
今まで何度もこの切符を利用して旅に出た。
全国のJR各社の乗り潰しにも大きく貢献している。
去年の冬に利用して以来、しばらく使っていなかったのだが、
この夏はまたこの切符で旅に出たいと思う。


「鉄道ファン9」購入

2016-07-22
テーマ:本・雑誌

7月21日木曜日に有休を取り千葉県がんセンターを受診したが、
その帰りに三省堂書店カルチャーステーション千葉で「鉄道ファン9」を購入した。
今月号の特集は「食・楽・列・車II」だった。
ななつ星in九州のように車内で食事が出来る車両の特集で、
JR九州「或る列車」、JR四国「伊予灘ものがたり」、JR西日本「花嫁のれん」、
のと鉄道「のと里山里海号」、JR西日本「べるもんた」、JR東日本「おいこっと」、
北近畿タンゴ鉄道「くろまつ」、しなの鉄道「くろもん」、JR東日本「越乃shu*kura」、
JR東日本「フルーティアふくしま」、いすみ鉄道「レストラン・キハ」、
西武鉄道「西武52席の至福」、JR東日本「IZU CRAILE」などが紹介されていた。
新車速報ではJR西日本323系直流電車、「リゾートしらかみブナ編成」、
次期新幹線車両N700S、大阪交通局30000系増備車、
広島電鉄「TRAIN ROUGE」などが紹介されていた。
JR西日本323系直流電車は大阪環状線に投入予定の電車で、
それまで103系や201系など国鉄時代の“お古”を改良して使用してきたが、
その大阪環状線にもいよいよ新型車両が投入されることになる。
以前、駅や車内のポスターで告知されていてそれを見ていたが、
いよいよ国鉄時代の博物館のようなJR西日本にも経年劣化には勝てず、
新型車両が投入されて国鉄時代の車両を淘汰する時が来たのだ。
「リゾートしらかみブナ編成」ハイブリッド気動車HB-E300系の第5編成で、
「・・・青池編成」に続いてリゾートしらかみにも2本目のハイブリッド気動車が投入された。
広島電鉄「TRAIN ROUGE」は750形768号車改造のイベント電車で、
路面電車としては路線の長さも国内随一の広島電鉄ならではの発想で、
社内外のを改装してビールサーバや冷蔵庫、音響システム、映像システムを備えている。
また銚子電鉄の新たなチャレンジも紹介されていた。


リオオリンピック応援商品と長野の地ビール

2016-07-27
テーマ:ビール

リオデジャネイロのオリンピック応援商品として、
今年4月に発売されたアサヒビールの「リキュール(発泡性)@」。
ヴィクトリーロードは期間限定で発売された。
キャプテンクロウ・エクストラペールエールは長野県の地ビールで、
OH!LA!HOを発売している信州東御市振興公社の発売商品。
香りに特徴のある、マイクロブリュワリーならではの作品である。

○ヴィクトリーロード

VICTORY ROAD。2016年4月26日発売。
飲み口はすっきりしていて、一気に飲み干すに適しているような気がする。
「限定醸造」で、「リオデジャネイロ2016オリンピック日本代表選手団応援商品」であり、
「がんばれ!ニッポン!」とある。
更に「東京2020オリンピック・パラリンピックゴールドパートナー」となっている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約5%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー43kcal、たんぱく質0.1〜0.5g、脂質0g、糖質3.2g、
食物繊維0〜0.1g、ナトリウム0〜8mg。ジャンル/リキュール(発泡性)@。


○キャプテンクロウ・エクストラペールエール

CAPTAIN CROW EXTRA PALE ALE。
既に開缶した時から独特の香りが十分にして、
その飲み口は香ばしさと特有の苦みを強烈に感じることの出来る仕上がりになっている。
キャッチコピーには「こいつは 強烈なホップアロマが特徴的な『エクストラペールエール』だ!!
尋常じゃない程のホップが使われているんだぜ くれぐれもグラスに注いで楽しんでくれよな!
君の航海に幸多かれ!!」とある。

製造者/株式会社信州東部町振興公社。原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。



8月



東京都知事選−有力候補と泡沫候補の線引き

2016-08-01
テーマ:日記

昨日、投開票が行われた東京都知事選だが、
大方の予想通り、小池百合子氏が圧勝した。
都民ではないので結果についてとやかく云う資格はないのだけれど、
今回の都知事選の報道についてはちょっと違和感を覚えた。
自民党員でありながら推薦を受けられなかった小池百合子氏、
対抗候補として自民党などが擁立した増田寛也氏、
野党共闘で推薦されたジャーナリストの鳥越俊太郎氏、
その3候補については発言や動向などが詳細に報道されていたが、
そのほかの候補については名前が画面に映されるだけで、
その主義主張はほとんど報道されることはなかった。
もちろん報道番組には決まった時間があるし、報道の自由もあるが、
マスコミが決めた有力候補と泡沫候補の線引きが、
有権者にも浸透してしまい、各候補者の情報に最初から格差が付いてしまっている。
もちろんすべての候補者が本気で都知事になりたいと思っているのかは疑わしいが、
それでも法の下の平等に資する報道形式はいかがなものかと思う。
また組織の力を借りなければ実際には都知事選を戦えない現実にも違和感を覚える。
この選挙ポスター用掲示板は7月17日日曜日に京王電鉄北野駅の駅前で撮影したもの。
実際は21人が立候補していながら、ポスターは5枚しか貼られておらず、
東京都全部の掲示板にポスターを貼るということも難しいと感じさせられた。
資金がなければ実質的に選挙戦が戦えないというのは、
本当に法の下の平等といえるのかどうかはいつも疑問に思っている。


4月と5月に発売された生ビール

2016-08-05
テーマ:ビール

発泡酒や新ジャンルが多く発売される中で、
最近では本物の生ビールへの回帰も盛んになっており、
そんな中でサッポロとサントリーから期間限定の生ビールが登場した。
ファイブスターはサッポロのエンブレムである星を5つ連ねた、
サッポロビール園で飲める生ビールの限定缶ビール商品。
ザ・プレミアム・モルツ・サマースペシャルはプレモルの初夏限定で、
じっくり飲むよりもゴクゴク飲める商品に仕上がっている。
スーパードライ・エクストラシャープはサッポロのトップブランド、
スーパードライの超辛口に挑戦した限定商品である。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○ファイブスター

2016年4月26日発売の「ファイブスター」。
セブン&アイ・ホールディングス限定発売。
飲み口はすっきりしていて雑味がなく、一気に飲むには適している。
「北海道『サッポロビール園』限定プレミアムビール」と書かれていて、「長期熟成」である。
キャッチコピーは「Premium/1967年、
サッポロファイブスターはプレミアムビールの先駆けとして誕生し、
ドイツ風の本格的なコクのある味わいで、当時高い人気を博しました。
現在、北海道のサッポロビール園でしか飲めないファイブスターのレシピを参考に、
長期熟成製法を採用。
この時期だけの味わいをご家庭でもお楽しみください。」とある。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約5.5%。
100ml当たりの栄養成分(当社調べ)/エネルギー・・・46kcal、たんぱく質・・・0.5g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.4g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0mg。


○ザ・プレミアム・モルツ・サマースペシャル

The PREMIUM MALT'S SUMMER PREMIUM。2016年4月26日数量限定発売。
飲み口にすっきりしていて、プレモルでありながらじっくり飲むというよりはゴクゴク飲める感じがする。
「〜2016 初夏限定〜」である。
キャッチコピーは「ハラタウ産ホップ※の爽やかな香り
/全国で開催されるザ・プレミアム・モルツフェイスティバルを記念した限定醸造ビールです。」とあり、
その説明として「※ハラタウ産ホップを一部使用」と書かれいる。
また「初夏限定醸造の特別なプレモルをお楽しみください。」ともある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5.5%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー48kcal、たんぱく質0.4〜0.6g、脂質0g、糖質3.3g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜7mg。


○スーパードライ・エクストラシャープ

Asahi SUPER“DRY”。2016年5月10日限定発売。
飲み口には雑味がほとんど感じられず、スーパードライのウリでもある“KARAKUCHI”でありながら、
炭酸の刺激をほとんどきついとは感じられない。
「超辛口のスーパードライ」と「氷点下でろ過するエクストラコールドろ過製法」と書かれている。
また「フリージングホップ使用※
/−20℃」ともあり、この解説として「※収穫後に乾燥したホップを−20℃〜−30℃で冷却し粉砕後、
葉などを取り除き苦味や香りのもとになるルプリンを抽出したもの。」とある。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約5.5%。
養成分表示(100mlあたり)/エネルギー42kcal、たんぱく質0.1〜0.5g、脂質0g、糖質2.7g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


終戦の日

2016-08-15
テーマ:日記

8月15日は太平洋戦争の終結を告げる昭和天皇の玉音放送があった日で、
一般的に終戦記念日と呼ばれている。
以前から思っていることなのだけれど、
この日を国民の祝日にしたらどうだろうか。
先の大戦のことをちゃんと学ぶ機会として、
国民全部で考えるというのは意義のあることである。
逆に公立の小学校、中学校ではこの日を敢えて登校日とし、
戦争について学び、自分で考え、自分の意見をきちんと持つ教育を施すべきである。
夏休み中の休日の登校に関しては、その振替休日で2学期を1日繰り下げればいい。
日本は何故中国大陸に進出し、満州国を設立したのか。
そして何故今から考えれば無謀とも思えるアメリカを敵に回したのか。
終戦後の戦後処理やその後の朝鮮戦争、そして冷戦に於いて、
日本がどのような立ち位置でこれらに関わっていったのか。
政治的立場や宗教的価値観もあろうが、
国民一人一人がそのことに真摯に向き合う機会として、
8月15日を国民の祝日にすることを提案したい。


「鉄道ファン10」購入

2016-08-23
テーマ:本・雑誌

22日月曜日の仕事の帰り、津田沼のくまざわ書店で「鉄道ファン10」を購入した。
特集は「国鉄形の今とこれから」で、減少の一途をたどる国鉄形の現状を分析、
消滅へのカウントダウンをたどる国鉄形について紹介している。
特に東日本では新型車両への置き換えが進み、国鉄形はほとんど見なくなったが、
西日本では未だに103系や201系を見ることが出来る。
JR東海では国鉄形の全廃に向けて動き出しているようだし、
分割民営化からもうすぐ30年を迎える現在、国鉄末期の製造も経年劣化に晒されている。
新車情報はHB-E300系リゾートしらかみブナ編成、323系大阪環状線、
近畿日本鉄道「青の交響曲(シンフォニー)」、東京地下鉄9000系リニューアル車など。
大阪環状線用323系通勤形直流電車は、以前からJR西日本管区でアナウンスされていたが、
とうとう実車が完成したようで、ここでも国鉄形の淘汰が進むようだ。
バーミリオンの103系、201系が更新工事を重ねながら走っていたが、
いよいよ新型が投入されるようで、JR西日本に特徴的なデザインも踏襲されている。


サッポロの2つの限定ビール

2016-08-31
テーマ:ビール

サッポロから発売されたサークルKサンクス限定のニッポンラガープレミアム。
非熱処理の「生ビール」が主流の現代に於いて昔ながらの熱処理のビールである。
ヱビス・マイスターはサッポロビールを代表するプレミアムビールの中で、
特にビール醸造家が結集して作られた最高傑作である。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○ニッポンラガープレミアム

NIPPON LAGER Premium。2016年4月26日、サークルKサンクス限定発売。
飲み口はビール本来の持つ辛みが十分に表現されている。
「限定醸造」、「国産麦芽・信州早生ホップ使用」、「麦芽100%・熱処理製法」と書かれ、
キャッチコピーは「国産麦芽を80%以上、信州早生ホップを100%使用。
力強い旨みとコクをお楽しみください。」とある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約6%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・50kcal、たんぱく質・・・0.6g、脂質・・・0g、糖質・・・3.5g、
食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0mg。


○ヱビス・マイスター

YEBISU MEISTER。2016年5月17日発売。
飲み口は濃厚で麦芽に起因すると思われる重厚な味覚を十分に堪能できる仕上がりになっている。
「匠の逸品」と書かれている。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5.5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・46kcal、たんぱく質・・・0.5g、脂質・・・0g、糖質・・・3.4g、
食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。



9月



クリアアサヒの夏限定とグランドキリンの梅雨ビール

2016-09-02
テーマ:ビール

アサヒビールの「リキュール(発泡性)@」の代表格のクリアアサヒから、
初夏に向けて「夏限定」が発売された。
グリンドキリンはキリンビールのワンウエイ瓶で提供される限定ビールで、
コンビニ限定発売の生ビールである。
定番もあるが、限定発売のものもあり、
5月に発売になったのが「雨のち太陽のセゾンビール」である。
セゾンビールとはベルギーの農家が農作業の合間に飲むため、
農閑期の冬に醸造して農繁期に愉しむビールである。
以下、缶や瓶のデータと試飲の感想を記しておく。

○グランドキリン・雨のち太陽のセゾンビール

GRAND KIRIN SAISON BEER。2016年5月24日限定発売。コンビニ限定発売。
黄金色のまあまあ泡立ちの良い透き通ったビールである。
麦芽の放つフルーティーな香りが十分にして、
その飲み口はやはりフルーティーな香りが口から鼻に抜ける。
キャッチコピーには「『セゾンビール』とは、ベルギーやフランスの一部で、
冬に仕込み夏の農作業の合間に飲まれていたビール。
『雨のち太陽のセゾンビール』は、もぎたてのみずみずしい柑橘を思わせる
爽やかな香りを楽しめる軽快な1本です。」とある。

原材料/麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ。アルコール分約5%。330mlワンウェイ瓶。


○クリアアサヒ・クリスタルクリア

clear asahi。2016年5月24日発売。
飲み口はすっきりしていて「リキュール(発泡性)@」特有の
アルコール臭を感じさせる飲み口の悪さもなく、
暑い夏に一気に飲みたい。「夏限定」で、
「氷点下ろ過×澄みきり麦芽」と「澄みきった麦の味わい」ある。
また注意点として「冷凍庫に入れないください。凍結する場合があります。」と書かれている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約5%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー42kcal、たんぱく質0〜0.5g、脂質0g、糖質3.1g、
食物繊維0〜0.1g、ナトリウム0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


社告−「REI RINGONO Presents Beers」の更新終了

2016-09-05
テーマ:パソコン

平素は林檎乃麗配信コンテンツをご愛顧頂きまして誠に有り難う御座います。
予てから告知しておりました通り、「REI RINGONO Presents Beers」は、
9月4日日曜日の第155回更新をもちまして、更新を終了させて頂きます。
「REI RINGONO Presents Beers」は1998年1月8日に初めてホームページを立ち上げた時から、
既にこの名を使用し、更には1999年8月7日よりジオシティーズにコンテンツを移植し、
今日までほぼ月一のペースで更新を続けて参りましたが、
ライフスタイルやビールに関する考え方の変化により当初の目的を見失ったこともあり、
今回の更新終了の判断に至りました。
尚、年内を目処にページは存続し、来年になったらサーバから削除する予定です。
今までこのページに寄せられた多くのご意見、ご叱責、激励に感謝するとともに、
今後は他の林檎乃麗配信コンテンツへのご愛顧を重ねてお願い申し上げます。

               Semisweet Apple Company 林檎乃 麗


2つのリキュール(発泡性)@と僕、君の「よりみち」

2016-09-08
テーマ:ビール

サッポロの「リキュール(発泡性)@」の標準ブランド「麦とホップ」、
「プラチナモルト×プラチナホップ一部使用」した限定商品が登場した。
グランゴールドはCGCグループ限定発売の「リキュール(発泡性)@」である。
長野県の地ビールメーカーのヤッホー・ブルーイングが、
ローソン酒販店向けに誕生させた「僕ビール、君ビール。」に、
アメリカンウィートの新商品「よりみち」が誕生した。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○麦とホップ・プラチナクリア

Platinaum Clear。2016年5月31日発売。
飲み口はすっきりしており、暑い夏に一気に飲むにはいいのかもしれない。
「新・爽快系」と「プラチナモルト×プラチナホップ一部使用」と書かれている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・39kcal、たんぱく質・・・0.3g、脂質・・・0g、糖質・・・2.3g、
食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0〜8mg。


○グランゴールド

GRAND GOLD。2014年6月24日、CGCグループ限定発売。
飲み口はキレが美味く表現されていて、
「リキュール(発泡性)@」としては良くできている方だと思う。
「リキュール(発泡性)@」でありながらホップの苦味をちゃんと感じることの出来る仕上がりになっている。
「氷点ろ過」で「飲みごたえ爽快」である。
「CGC GROUPO」と書かれていて、
キャッチ・コピーには「粒選り麦芽使用、天然水100%仕込、氷点ろ過製法使用。
爽快な飲みごたえをお楽しみください。」とある。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約5%。
分類/リキュール(発泡性)@。
栄養成分表示(100mlあたり)/エネルギー42kcal、たんぱく質0.1〜0.3g、脂質0g、糖質3.0g、
食物繊維0〜0.1g、ナトリウム0〜7mg。


○僕ビール、君ビール。よりみち

2016年4月26日、ローソン酒販店舗で発売。
飲み口は果実を思わせるフルーティーで鮮烈である。
キャッチコピーは「ハッとする味と香り。これが僕らのビール。
/時代は変わる、ビールは変わらない。なんてことはない。
きょう、この時から、僕らの生活に色を加える、新しいビール体験がはじまる。」とあり、
また「ビアスタイル『アメリカンウィート』/柑橘やパッションフルーツを思わせる、
ホップが幾重にも香る軟らかい口当たりのビール。」とある。

製造/株式会社ヤッホー・ブルーイング。
原材料/大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ。アルコール分約4.5%。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


腰痛症

2016-09-12
テーマ:日記

朝起きたら腰がすごく痛かった。
以前、近所のかかりつけ医に貰ったロキソプロフェンテープを貼って少し楽になる。
主治医曰く、仕事の時の姿勢が良くないとのこと。
これは比喩的な意味でなく、仕事上で無理な姿勢で体を捻ることがあるため、
それが腰痛症の原因になるそうだ。

比喩的な意味ではないと書いたけれど、
同僚が見たら比喩的な意味でも仕事に対する姿勢が良くないと云われそうだ(^0^;)


千葉づくり、東京づくり

2016-09-14
テーマ:ビール

2016年から全国の都道府県別で、
地元一番搾りを発売している麒麟麦酒。
その千葉版と東京版が6月7日に発売されている。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○一番搾り・千葉づくり

2016年6月7日地域限定発売。
飲み口は比較的濃厚で、
じっくりとビール本来の持つ味わいを愉しむことが出来る仕上がりになっている。
「地元の誇りをおいしさに変えて」ということで「千葉の誇りを限定醸造」とある。
「取手工場製造」である。
キャッチコピーは「千葉LOVE/千葉の皆さま様と、地元のことを話し合いました。
おおらかな千葉の人あわせな時間に、
一番似合うビールをつくるために。
難しいこと抜きでワイワイ飲める、すっきりした味わいと、
目にも楽しい菜の花色の一番搾り。
千葉だけの一杯を、お召し上がりください。
               千葉支社長 重田吉浩」

原材料/麦芽、ホップ、米。アルコール分約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・40kcal、たんぱく質・・・0.3〜0.6g、脂質・・・0g、
糖質・・・2.8g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。


○一番搾り・東京づくり

2016年6月7日地域限定発売。
飲み口は思ったより濃厚で、ビールの旨みを十分に堪能できる仕上がりになっている。
「地元の誇りをおいしさに変えて」ということで「東京の誇りを限定醸造」している。
「横浜工場製造」である。
キャッチコピーは「つねに、新しくありたい。それが東京の人。
/東京の皆様と、地元のことを話し合いました。
東京の人のしあわせな時間に、一番似合うビールをつくるために。
目指したのは、夢に燃える東京の人を応援する、世界に誇れる一杯。
香りもうまみも十分な、東京のための一番搾りです。
               東京支社長 高橋正富」

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・43kcal、たんぱく質・・・0.3〜0.6g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.0g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


「鉄道ファン11」購入

2016-09-23
テーマ:本・雑誌

9月21日水曜日の仕事の帰りにくまざわ書店で、
「鉄道ファン11」を購入した。
特集は「私鉄通勤形電車新図鑑」だった。
製造メーカーの工法別に分類しているなど興味深い記事だった。
新車情報では豪華列車の新造がメインで、
JR東日本では「TRAIN SUITE 四季島」の実車、
JR西日本では「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の実車の一部が完成。
JR九州の成功を受けて東日本や西日本でも臨時列車を投入することになった。
またJR九州でも蓄電池電車を完成させ若松線に投入するようだ。
デザイン的には817系を踏襲しているが、
電池の電車ということで「DENCHA」と名付けられている。
また東京メトロ13000系も登場、03系を置き換えるようだ。
渡部史絵さんと結解学さんの共著の「首都圏通勤電車ガイド」では、
中央・総武緩行線が取り上げられていた。
地元の路線だけに知っていることだらけだが、それでも面白かった。



10月



#126と6月発売のリキュール(発泡性)@

2016-10-05
テーマ:ビール

ヱビス#126はセブン&アイ・ホールディングス限定で発売された、
ヱビスビールの派生商品で、すっきりした飲み口が特徴の商品。
その他、アサヒ、麒麟、サッポロの新商品を紹介する。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○ヱビス#126

YEBISU #126 DUAL SMOOTH。
2016年6月21日、株式会社セブン&アイ・ホールディングスのグループ各社酒類取扱い店舗
及び同ショッピングサイトで限定発売。
ヱビスにしては飲み口がすっきりしていて、
濃厚で重厚な飲み口をウリとしていたヱビスの派生商品にしては
本家と一線を画す飲み口になっている。
【デュアルスムース】と書かれている。
商品名の「#126」とはサッポロビールのホームページによると
SNSなどで使用されている“#(ハッシュタグ)”と
ヱビス誕生から126年を迎えたことを表しているのだという。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約6%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・49kcal、たんぱく質・・・0.6g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.4g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0mg。


○スタイルフリーパーフェクト

STYLEFREE。2016年5月31日発売。
健康系ビール類の宿命なのかもしれないが、プリン体ゼロ、
糖質ゼロと大きな足枷を填められて開発せざるを得ないため、
どうしても飲み口が犠牲になってしまっている。
「New!」とあり、「プリン体0※1」「糖質1※2」「人工甘味料0」「食物繊維入り」と書かれている。
またその説明として「※1 100ml当たりプリン体0.5mg未満を『プリン体0』と表示しています。」と
「※2 栄養表示基準による」とある。

原材料/麦芽エキス、ホップ、カラメル色素、アルコール、食物繊維、米乳酸発酵液、酸味料、
香料、乳化剤、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)。
炭酸ガス含有。麦芽使用率25%未満。アルコール分約6%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー36kcal、たんぱく質0g、脂質0g、糖質0g、
食物繊維1.8g、ナトリウム15〜30mg。プリン体 0mg。


○のどごし・サマースペシャル

2016年6月21日期間限定発売。
飲み口はすっきりしていて飲みやすいが、コクはあまり再現されておらず、
品名通り暑い夏に一気に飲むにはいいのかもしれない。
「アメリカンホップ一部使用」と大きく書かれ、
さらに詳しく「アメリカ産カスケードホップ一部使用。」と書かれている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、糖類)、大麦スピリッツ。
炭酸ガス含有。アルコール約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・45kcal、たんぱく質・・・0.2〜0.5g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.3g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。


○クリスタルベルグ

CRYSTAL BELG。2016年6月21日数量限定発売。
飲み口はホップに由来すると思われるフルーティーな香りと味覚が口の中に広がり、
飲んだあとも清々しさが鼻を抜ける感じがする。
「柑橘系ホップの香りと爽やかな後味」と「限定醸造」と「ベルギー産麦芽使用」と書かれ、
キャッチコピーには「SAPPORO クリスタルベルグ/ベルギの夏の風物詩セゾンビールをモデルにした、
爽やかで華やかなホップの香り、今だけの夏にぴったりの上品で華やかな味わいをお楽しみください。」とあり、
「本製品はビールではありません。リキュール(発泡性)@の商品です」と書かれている。
さらに「麦芽のうちベルギー産麦芽を50%以上使用。無濾過ではありません。
サッポロビールの日本国内の工場で製造しています。『国産』」と書かれている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約4%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・35kcal、たんぱく質・・・0.3g、脂質・・・0g、
糖質・・・2.6g、食物繊維・・・0〜0.2g、ナトリウム・・・0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


工事中のJR千葉駅と千葉市民会館

2016-10-11
テーマ:鉄道・旅行

2011年から既に5年間続いたJR千葉駅の工事だが、
今年11月20日に新駅舎が開業予定である。
10月7日金曜日に整備管理者研修のために千葉市民会館に行った時、
JR千葉駅から歩いて行ったのだが、既に一部養生が外され、外壁が見えていた。



JR千葉駅は高架上の2階部分にホームが設置されていて、
現在の駅舎は高架下の1階部分に改札が設置されているが、
これを3階に変更し、さらに駅ナカ店舗も一部開業する。
これによって千葉都市モノレールとも平行移動で乗り換えることが出来るようになる。

JR千葉駅は国鉄時代の1963年4月に現在地に移転したが、
その前は現在の千葉市民会館のある場所に設置されていた。



千葉市民会館の駐車場の一角には、
「ここに千葉駅ありき 千葉鉄道管理局 浅井武」と記念碑がある。



千葉市民会館のあった場所に千葉駅があった時代には、
京成千葉線が今のJR千葉駅の前を突っ切るように敷設され、
今の千葉中央公園の辺りに当時の京成千葉駅があった。
そして銚子方面から伸びた総武本線は旧千葉駅を出て二股に分かれ、
両国方面の総武本線と房総線(現・外房線)方面に分かれる線形になっていた。
そのため両国方面から房総線に直通する場合はスイッチバックしなければならなくなっていた。
これを解消しようと京成電鉄と交渉し、総武線本千葉駅を木更津よりの現在地に移転させ、
その跡地に京成千葉駅(現・千葉中央)を移転させることによって京成本線とのクロスオーバーを解消、
現在の東京方面から千葉駅で分岐して総武本線銚子方面と外房線方面に分岐する線形に変更させた。

ちなみに駅ナカは3階の一部店舗のみで、
全面開業するのは追加工事が完了する2018年夏の予定である。


赤星とクラフトセレクトの新作

2016-10-19
テーマ:ビール

“赤星”はサッポロラガービールの別名で、
サッポロビールのラベルに描かれた北海道開拓史のシンボル、
北極星をデザインしたものだといわれている。
そのサッポロラガービールが7月に数量限定で発売された。
またサントリーのクラフトセレクトシリーズの、
7月の新作は“セゾンビール”で、
他社でもセゾンビールの限定商品が発売されている。
最近のは流行りなのだろうか。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○サッポロラガービール

SAPPORO LAGER BEER。2016年7月12日、数量限定発売。
現在は熱処理を施していない生ビールが主流だが、
明治の黎明期に誕生したこのビールは熱処理によって、
瓶内の雑菌を殺菌するという方法が取られている。
古くから飲まれていたビール本来の苦みを堪能できる仕上がりになっている。
キャッチコピーは「サッポロビールの歴史は、今から140年前、
1876年、北海道の開拓使麦酒醸造所からはじまりました。
翌年に生まれた『札幌ビール』(サッポロラガービール)のラベルに掲げられた赤い星は、
開拓史のシンボルである北極星です。
その後、ラベルの赤い星から、『赤星』という愛称で呼ばれ、
日本で最も歴史のあるビールブランドとして、長く愛され続けています。」とある。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・40kcal、たんぱく質・・・0.3g、脂質・・・0g、
糖質・・・2.9g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。


○クラフトセレクト・セゾン

CRAFT SELECT SAISON。2016年7月5日発売。
飲み口は独特の味覚があり、香りも十分に楽しめる仕上がりになっている。
「香り彩るビール」と書かれ、「限定醸造」である。
キャッチコピーには「パッションフルーツを思わせる香りと爽快な後口。」とある。
また味の評価として実際にはビールグラスのデザインでその評価が以下のように書かれている。
「旨み ●●●●●
 香り ●●●
 苦み ●●●
 ボディ ●●」
さらにシリーズの説明として「クラフトセレクトは世界の多彩なビアスタイルを通じ、
個性的な味わいをシリーズでお届けします。」とある。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約5.5%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー45kcal、たんぱく質0.4〜0.6g、脂質0g、糖質3.1g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜7mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


千葉駅新駅舎開業あと31日

2016-10-20
テーマ:鉄道・旅行

通院のために有休を取り、JR千葉駅を利用したが、
改札のど真ん中に新駅開業のカウントダウンパネルが設置されていた。
10月20日木曜日現在あと31日になっていた。
既に養生の隙間からは階段やエスカレーターも垣間見えていた。
工事に合わせて駅構内のレイアウトがコロコロ変わっていたが、それも漸く終わる。
今から楽しみである。


「鉄道ファン12」購入

2016-10-24
テーマ:本・雑誌

10月21日金曜日の仕事の帰りに津田沼で下車して、
くまざわ書店で「鉄道ファン12」を購入した。
今月の特集は「新幹線700系」で、700系からN700系の流れを紹介していた。
N700系は改良型のN700Aが登場、既存の車両も改造が進んでいるが、
既に2017年には後続のN700Sの製造がアナウンスされており、
それに合わせるように東海道新幹線からは700系が引退するという。
1997年に最新型新幹線として登場した700系も既に引退の文字が見えてきた。
山陽新幹線ではまだひかりレールスターなどで活躍しており、
まだ今後の動向は不明だが、やがて0系のように完全引退する日も近いうちに来るのだろう。
新車情報ではJR東日本の「TRAIN SUITE 四季島」用のE001形の実車が登場、
既に試運転に開始されているという記事が載っていた。
E001形はEDC方式という電化区間ではそれまでの電車と同じように架線から集電し、
非電化区間では搭載した発電機で発電した電気でモーターを動かすという、
日本で初めての方式を採用している。
10両編成で17室、定員はわずか34人という豪華寝台列車である。
2017年5月1日から運行を予定しており、上野駅には専用のラウンジも造るという。
JR九州では運用区間の短い気動車の置き換え用に蓄電池車BEC819系が登場、
10月19日から若松線にて運用を開始しており、今後も増備の予定だという。
そのほか土讃線の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の計画や、
東武鉄道でのSL復活プロジェクトなども気になる。
来年の夏には東武鉄道でJR北海道から借り入れたC11形207号機が走るようだ。


今年のグランドキリン・ギャラクシーホップ

2016-10-31
テーマ:ビール

2015年7月にコンビニ限定で発売された、
グランドキリンのギャラクシーホップが今年も発売された。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○グランドキリン・ギャラクシーホップ

GRAND KIRIN GALAXY HOP -2016 SESSION IPA- 。
2016年7月19日発売。コンビニ限定発売。
泡立ちの良い黄金色の透き通ったビールである。
麦芽の放つ香りがして、
その飲み口はホップに由来すると思われる華やかなフレーバーが堪能できる仕上がりになっている。
キャッチコピーには「パッションフルーツを思わせる希少な『ギャラクシーホップ』を使用し、
広野に輝く、溢れんばかりの星々のように華やかな香りを実現しました。」とある。

原材料/麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ。
アルコール分約4.5%。330mlワンウェイ瓶。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。



11月



グランアグリの「駅弁屋 祭」限定ビール

2016-11-09
テーマ:ビール

東京駅の中央コンコースにある「駅弁屋 祭」は、
全国の有名駅弁を取りそろえるその名の通り駅弁専門店である。
NREが経営する「駅弁屋 祭」が石川県の地ビールメーカー、
(有)わくわく手づくりファーム川北とタッグを組み、
北陸新幹線金沢延伸を記念して造ったのがグランアグリであり、
グランアグリに副原料として石川県産の米を作って醸造したのが、
このコシヒカリエールなのである。

以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○グランアグリ・駅弁屋・コシヒカリエール

GRAN AGRI。2016年3月12日発売。
飲み口には副原料の米に由来すると思われる、
すっきりとした味わいを感じられることの出来る仕上がりになっている。
キャッチコピーは「石川県産コシヒカリが生み出すクリーンな味わいと、
自家製麦芽の芳醇な香りを見事に調和させた、
爽やかな飲み口の地ビールです。」とある。

製造者/(有)わくわく手づくりファーム川北。
原材料/麦芽、米、ホップ。アルコール分約4.5%。
栄養成分表示1缶(350ml)当たり/エネルギー 133kcal、たんぱく質 1.5g、脂質 0g、
炭水化物 7.2g、ナトリウム 7mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


千葉駅新駅舎開業あと9日

2016-11-11
テーマ:鉄道・旅行

11月11日金曜日は運行管理者一般講習参加のため千葉を訪れたが、
「千葉駅新駅舎開業」のデジタルパネルが「あと9日」になっていた。
いよいよ来週日曜日が新駅舎開業である。

その一方で悲しいお知らせもあった。
高校の頃からずっと愛用していた千葉駅東口の駅蕎麦店が、
新駅舎開業の前日をもって閉店することになったようだ。
もともと国鉄時代は「万葉軒」という地元の企業が蕎麦店を出していて、
分割民営化後もNREとの合弁会社が運営していたが、
万葉軒が撤退してNRE単独の店舗「菜の花そば」となっていた。
ここは内房線沿線に通勤していた時代には朝食代わりに毎日利用していた。
カレーうどんが大好きで、常連になって少し多めにカレーをかけて貰った思い出もある。
時代の流れで仕方がないのかもしれないが、
鉄道の駅には駅蕎麦店があって欲しい。
ちなみに西口の駅蕎麦店「湾岸そば」は、
この機会に「菜の花そば」の名を受け継ぐらしい。


盛者必衰の理をあらわす

2016-11-14
テーマ:食べ物、飲み物

11月11日金曜日は運行管理者一般講習に参加した。
会場は千葉県教育会館で、場所は千葉地方裁判所の道を挟んだ反対側にある。
JR千葉駅から見ると少し先には千葉県庁、手前にはきぼーるがある場所である。
近くには「幸福軒」という九州ラーメンの店があり、
同じ場所で運行管理者基礎講習を3日間連続で受けた時は、
3日間のうち2日も「幸福軒」にいってしまった。
しかし今回は昼休憩開始が0:00p.m.ちょうどになってしまい、
また雨が降っていたことから外に並ぶのはしんどいと思ってこの店は断念、
別の店を探して千葉銀座通りをJR千葉駅方面に向かって歩いた。
以前一度入ったことのある「ガキ大将」は既に閉店しており、
隣の「らーめん鐵・千葉分店」は平日にもかかわらず既に満席になっていた。



そこでそのまま千葉銀座通りを中央公園にむかって歩いた。
そう云えば千葉パルコも今月末で閉店が決まっている。



隣にあったセントラルプラザと並んで、千葉の中心的存在だったが、
それも長い歴史に終止符を打つことになったようだ。
千葉県民としては寂しい限りである。
そのまま歩いて千葉中央公園の前にある「横浜家系ラーメン吟家」に行ったが、
ここも既に閉店していて空き店舗になっていた。



仕方がなく、以前から何度か行っていた「豚骨ラーメン彩」に行くことにした。
しかしここも既に閉店していて、全く別の店が入っていた。



「豚ポタラーメン劇場」という看板が掲げられており、
以前の店主が業態変更したのか、それとも居抜きで別の店主が入ったのかは分からないが、
どうも「豚ポタ」なるものが今ひとつ分からないのでこの店の入店も断念した。
結局、「一風堂」に入り、白丸元味790円にランチセットの半チャーハン150円を喰う。
千葉駅の新駅舎開業に浮かれている一方で、昔からの馴染みの店がどんどん閉店していく。
時代の流れで仕方がないのかもしれないが、寂しさは隠しきれない。


11月の雪

2016-11-24
テーマ:戯言

今日は全国的に雪に見舞われたようで、
地元でもかすかな積雪を観測した。
11月に雪が積もったのは50年以上も前の出来事で、
ここ最近では珍しいことのようだ。
2月くらいなら雪が積もってもある程度覚悟はあるけれど、
まだ紅葉の季節にいきなり雪の心配をしなければならないとは、
この冬の寒さは例年以上に厳しいのだろうか。
とほほ・・・。


インフルエンザ今年も流行の兆し

2016-11-29
テーマ:日記

新聞によると厚生労働省は今月25日にインフルエンザの流行入りを発表した。
例年より2〜3週間早く、新型インフルエンザを除くと最も早い流行入りだという。
今のところ周りでインフルエンザに罹患したという話は聞いていないが、
用心することに越したことはない。
24日木曜日に会社の近くの病院で予防接種を受けたが、
もちろん予防接種が万能というわけではなく、型の違いや体力の消耗などの条件により、
予防接種を受けていてもインフルエンザにかかる可能性は残っている。
日頃から感染予防としてうがいや手洗いは欠かせないと思う。


7月発売の琥珀の時間

2016-11-30
テーマ:ビール

今年7月に発売された「琥珀の時間」は飲食店で提供されている、
琥珀色のプレミアムビールである。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○琥珀の時間

-Dunkel Style Premium Beer-。2016年7月26日発売。
飲み口には褐色系ビールに良くある焙煎された麦芽に由来する渋みを、
上手く感じることの出来る仕上がりになっている。
キャッチコピーは「こだわりの飲食店が認めたプレミアムビール」とあり、
また「欧州伝統の琥珀ビール」と書かれている。「限定発売」である。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約5%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー46kcal、たんぱく質0.1〜0.5g、脂質0g、糖質3.6g、
食物繊維0〜0.1g、ナトリウム0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。



12月



8月発売のカンパイエール

2016-12-02
テーマ:ビール

サッポロビールがビール愛好家をsnsを使って集め、
意見を集約して開発した商品づくりは「百人ビールLabo」と名付けられている。
8月発売のカンパイエールもその「百人ビールLabo」の商品だ。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○カンパイエール

2016年8月2日発売。
飲み口にあまりコクは感じられず、
どちらかというと暑い夏に一気に飲むのに適しているのではないかと思う。
キャッチコピーは「思わず笑顔になる、華やかな香り。驚くほどスムースな、飲みやすさ。
ビール愛好家とともに『日本一笑顔になれるビール』を目指した、乾杯の輪をつなぐエール」とある。
「限定醸造」と「百人ビールLabo」と書かれている。
「百人ビールラボ」とはサッポロビールとビール愛好家がSNSで意見を出し合って
新しいビール開発を行うという2012年に始まったプロジェクトである。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約5.5%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・45kcal、たんぱく質・・・0.4g、脂質・・・0g、糖質・・・3.3g、
食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


留萌本線留萌−増毛間廃止

2016-12-05
テーマ:鉄道・旅行

JR北海道留萌本線は函館本線深川から増毛までの66.8kmの区間だったが、
2016年12月4日をもって留萌から増毛の区間が廃線となった。
この区間は既に乗車済みだが、それでも鉄路が消えていくのは悲しい。
それに今回の廃線だけでなく、JR北海道は経営が逼迫しているとして、
全路線の約半分となる区間の廃線を含む営業の見直しを検討している。
北海道新幹線の開通で明るいニュースがある一方で、
多くの区間が赤字で苦しんでおり、沿線自治体の支援を要求しているが、
北海道の自治体も人口減少による税収の減少で支援できる体力もなく、
この先の見通しは非常に暗いと云わざるを得ない。
雪の多い北海道では除雪費用も馬鹿にならず、
国鉄を分割民営化した段階でこうした未来は予測できていた筈である。
これは鉄道の問題だけでなく、道州制を見据えた地方自治、地方都市のあり方を、
きちんと考える直に来ているのかもしれない。


2016年秋のビール類その1

2016-12-14
テーマ:ビール

夏の暑い時期から秋に向けたビールが各社から出るが、
その中でも麒麟の秋味は今年で26年目のもはや定番商品。
アサヒビールの秋の琥珀は新ジャンルの“クリアアサヒ”から、
秋季限定でロースト麦芽を使用した商品である。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○秋味

2016年8月23日発売の秋味。
飲み口は芳醇でビール本来の持つコクや辛みを十分に堪能できる仕上がりになっている。
【秋だけの限定醸造】で「麦芽たっぷり1.3本分」である。
キャッチコピーは「●麦芽1.3本分使用した(当社キリンラガービール比)、コクのある味わい。」とある。

原材料/麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ。アルコール分約6%。
100ml当たりの栄養成分/エネルギー・・・49kcal、たんぱく質・・・0.4g、脂質・・・0g、
糖質・・・3.4g、食物繊維・・・0〜0.1g、ナトリウム・・・0mg。


○クリアアサヒ・秋の琥珀

clear asahi。2016年8月17日発売。
飲み口にはローストされた麦芽に由来すると思われる香ばしい香りが感じられる仕上がりになっている。
「限定醸造」である。
「大麦1.5倍※で贅沢な味わい」と「ロースト琥珀一部使用」と書かれている。
さらにその説明として「※発泡酒をベースとした当社『リキュール(発泡性)@』」と書かれている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ)、スピリッツ(大麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約6%。
栄養成分表示(100ml当たり)/エネルギー50kcal、たんぱく質0.1〜0.5g、脂質0g、糖質3.6g、
食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜8mg。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。


2016年秋のビール類その2

2016-12-26
テーマ:ビール

サントリーの秋ビールは新ジャンルで食事にも合うように造られている。
今年の麒麟は定番の秋ビール「秋味」に加え、
麒麟得意のチルト瓶ビールである「秋味・堪能」も発売された。
以下、缶のデータと試飲の感想を記しておく。

○秋の旬味

2016年8月16日発売。
飲み口には少しカラメル麦芽に特有の苦みを含んでいるように感じられる。
「食事とよく合う」と「秋の味覚に合う、芳醇な味わい」と書かれている。

原材料/発泡酒(麦芽、ホップ、糖類)、スピリッツ(小麦)。
炭酸ガス含有。アルコール分約6%。
栄養成分(100mlあたり)/エネルギー49cal、たんぱく質0.2〜0.4g、脂質0g、
糖質3.4g、食物繊維0〜0.2g、ナトリウム0〜7mg。リキュール(発泡性)@。


○秋味・堪能

2016年8月23日発売。泡立ちはまあまあ良い褐色のビールである。
麦芽の放つ香りが十分にして、その飲み口は濃厚で少し渋みも強く出ている。
「麦芽たっぷり1.5本分(当社品比)」である。
キャッチコピーは「飲むほどに広がる華やかな香りと麦の甘み。
新たな秋夜の濃い時間をかみしめたい。
とっておきの夜に、ご堪能ください。」とある。
さらにその説明として「●当社キリンラガービール製品比較」と書かれている。

原材料/麦芽、ホップ。アルコール分約7%。

※尚、このデータは推敲の上、
拙作「REI RINGONO Presents Beers」に転載済みである。



※サイバーエージェントのブログサービス「アメーバブログ」に発表してきたものを、
 更新情報、鐵軌などを除外して原文のまま収載しました。



REI RINGONO Blog
All rights reserved,
Copyright (C) Semisweet Apple Company and REI RINGONO 2017