トド

トド
トド

イオニー島は、オホーツク海でトド最大の繁殖地。毎年約千頭の新生児が生まれる。

トド

まさに”海のライオン(Sea Lion)”! ハーレムをめぐって雄同士の闘い。



トドの親子

トドの親子

トド

トドは見事なロッククライマー



トドの群泳

トドの群泳(イオニー島)

コルサコフ

コルサコフ(サハリン)の沖合



セイウチ

タイヘイヨウセイウチ

タイヘイヨウセイウチ

タイセイヨウセイウチ

タイセイヨウセイウチ

コマンドル諸島の海獣

コマンドル諸島の海獣

巨大海獣ステラカイギュウが棲んでいたコマンドルスキー諸島と海獣たち

オットセイ

オットセイ

雄雌では身体のサイズがちがう。

オットセイ

幼獣たちは群れをつくって活発に動きまわる。



オットセイのハーレム

多くの雌を従えるオットセイのハーレム

アオギツネ

コロニーのお溢れをねらう鋭い眼つきのアオギツネ



島の発見者ベーリング像

島の発見者ベーリング像

豊かな海の幸

豊かな海の幸

木枠

木枠に入って安全にオットセイに最接近

ラッコ

ラッコ
ラッコ

コマンドルスキー諸島の絶滅種(ステラ海牛)

ステラカイギュウ

巨大海牛、ステラカイギュウが絶滅したのは1768年以降。

ステラカイギュウ

ベーリング島博物館に残される海牛の図

コマンドル諸島の海獣

岸辺に繁茂するコンブを見れば、ステラカイギュウの最後の地だったことが理解できるだろう。

PAGE TOP