ヒグマ
シベリアには3種類のクマが棲息する
ヒグマ ツキノワグマ ホッキョクグマ
ヒグマとツキノワグマは沿海地方やハバロフスク州で同じ森に共存している。ただし、ヒグマの分布は北極圏まで広がっている。
ホッキョクグマは北極圏に棲むが、浮氷に流されて、カムチャツカやオホーツク海まで下ることもある。
シベリアのヒグマ 知床半島のヒグマ
おなじヒグマでも、狩猟の対象となっている個体と、保護区で手厚く守られている個体とでは、その表情もまったく違って見える。
ヒグマのような高等動物は、本能のみで生きているわけではない。生息地の文化、人情、経済環境、国情、そのすべての影響を受けている。
トップ