JOJO広重インタビュー


M:非常階段の結成は「エアウェイ」や「不失者」の影響があると、G−モダンの「非常階段ストーリー」に美川さんが書いてましたが、そこら辺から教えて下さい。

J:違うんですけどねー。そのころエアウェイも不失者も音を聞いた事無かったし。エアウェイと非常階段は同時期ぐらいに始めてると思うし、確か非常階段のリハーサルのテープを坂口さんが聞いて「似てる」と言って、聞いたのが始めてだったし。エアウェイと似てる所もあると思うけどライヴ盤以外はコラージュ系で違うしね。

M:TAPESの1曲目「ANGEL DUST」のヴォーカルは灰野さんぽいと思ったんですけど。

J:そうですか?そんなつもりでは無いんですけど。あのテイクは2度目のリハーサルの時のもので、アクセント的にリズムマシーンを使い、日本語の歌詞を歌ってるんですよ。

M:えっ、そうなんですか。それどんな歌詞なんですか?

J:んー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

M:恥ずかしくなるような歌詞?

J:そうですねぇー。まあ、よくCD聞いてください(笑)。

M:それ、社長が詞を書いたんですか?

J:あれは当時の僕の彼女か友達の女の子だったかに頼んで書いて貰ったものです。

M:そうですか。まぁ、エアウェイや不失者の影響で始めたものでは無く、いつも雑誌なんかで書いてる「インプロビゼーションが大音量の為、ノイズに至った」とゆう事ですね。

J:そう、インプロに影響されて始めた。「ノイズ」とゆうジャンルも無かったしね。

M:いわゆる「ノイズ」とゆうジャンルが出てきてから、そこらのもの聞いてました?

J:一通り聞きましたけど自分からすすんでレコード買ったりしてないんですよ。大体、美川くんが気に入ったものをカセットに録音して持って来たのを聞いてたんですよ。どれも良かったですけどね。それで、その中でも特に気に入ったものだけレコード買ったりして。

M:そこら辺のフェイバリット・アルバムって何ですか?

J:僕のですか?

M:ええ。

J:ホワイト・ハウスのピーターキュルテンとかエアウェイのライヴ・アット・レース、N.W.W.の初期とか・・・・・ホワイト・ハウスは始めの3枚も良かったですね。

M:ホワイト・ハウスとか今聞くと、ちゃちいし情け無いものありますよね。特に1stなんか。

J:そりゃまあ今と昔じゃ感じ方変わるでしょ。フーとかだって今聞くとスカスカだし。まぁロックでゆう所のグランド・ファンクやツェッペリン、パープルみたいな感じですかね。

M:ノイズ・クラッシックスですね。MBとかは、どうでした?

J:MBとかはあまり・・・・・。エタン・ドネの初期は面白かったね。あとラムレーは、まあまあかな。

M:ニューブロッケーダーズは?

J:あれ聞くんだったら、インキャパシタンツの方がいいよ。すべての点において優れてると思うけど。

M:社長の1番好きなノイズ・アーチスト又はグループは?

J:インキャパシタンツ。ライヴ、録音作品共、すべていい。他にもいいバンドもあるけど、時々つまらなかったりすることあるしね。コレッてゆうのはインキャパだけかな。内容濃いから。

M:美川さんとは、どうゆう切っ掛けで知り合ったんですか?

J:僕がウルトラ・ビデをやってた時、いつもライヴを1番前で、でっかいラジ・カセ持って来て録ってる変な奴がいて。それが美川くん。

M:最近のライヴで非常階段は毎回1つのテーマを決めてやってましたよね。ファンダンゴでパスト・モンスターズと対バンした時「琵琶湖」がテーマだとか言ってて、ジュンコさんの「ビワコー!」の絶叫で演奏が始まったんですけど、あれはテーマを毎回叫んで始めるだけのことですか?

J:あれはメンバーみんなテーマを頭の中に思い込んでやってるからテーマも変われば音も、まるで変わるんですよ。ただ始めに叫んでるだけじゃない。

M:ほんとに音も変わるんですか?

J:ええ。ぜんぜん違いますね。最近は、その方法もライヴでやってないんですけどね。

M:非常階段のアルバムの中で1番気に入っているのは、どれですか?

J:やっぱりモダーンですね。

M:モダーンのタイトルはモダーン・ミュージックから、きてるんですよね?

J:モダーン・ミュージックに敬意を払って付けたものです。

M:ロマンスには何か意味があるんですか?

J:あれはねぇー、テーマがあるんですよ。岩崎宏美のロマンスから、きてるんですよ(笑)。

M:えっ、そうなんですか。じゃあウインダムにも何かあるんですか?

J:ええ、それはウルトラセブンのカプセル怪獣からなんです(笑)。

M:非常階段の次のリリース予定は?

J:決ってないです。1つアイディアがあったんですけど新作の。誰かからレーザーディスクに絵を入れずに音だけだと片面6時間、両面で12時間収録できるって話聞いて、メンバーもみんなやるって事になってたんですよ、6時間ノンストップを2テイク、レコーディングするって。で、録音する前に念の為プレス会社に確かめてみたら「そんな事は、できません。」と言われボツになりました(笑)。

<以降、次回搭載>

J.....JOJO/M.....MASO


|Noiselectro Japana 2| |Bibliography| |homepage|