LINUX上で Soundmodem, AGW_OnlineKiss を動作させる方法



● (No.1038) LINUX上で Soundmodem, AGW_OnlineKiss を動作させる方法 (2019年2月11日)
 --------------------------------------------------------------------------------

[Soundmodem settings on LINUX]

LINUX_Ubuntu上で、Soundmodem を動作させる方法を何度か記述している。今回、
ESEO衛星用の HS_soundmodem_eseo を例に、LINUX上で動作させる方法を 改めて
解説する。 なお事前に、Wine および PulseAudio は、インストールしておく。

http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/90104ln2.htm
http://www.pe0sat.vgnet.nl/decoding/unix-tlm-decoding/
http://www.pe0sat.vgnet.nl/decoding/tlm-decoding-software/dk3wn/

 1. ~/.wine/drive_c/ フォルダ以下に、eseoフォルダを作成する。
 2. home/eseoフォルダ内の hs_soundmodem.exe と rseseo.dll を、
 3. 作成した eseoフォルダ内にコピーする。
 4. $ gedit ~/.bashrc として、bashrc をエディタで開く。
 5. 図中⑤ように、alias構文の設定をする。
 6. PC再起動後、図中⑥のように Terminal から入力すると、
 7. HS_soundmodem_eseo が簡単に起動する。
 8. LINUX -> settings -> Sound で、Output Input設定をする。
 9. PulseAudio -> VolumeControlで、Playback Recording設定をする。
10. 特に、図中印の Monitor設定が重要である。この設定で、
11. GQRX で受信した衛星信号が、Soundmodem に流れていく。

   


[AGW_OnlineKiss, Tlm_forwarder2 settings on LINUX]

AGW_OnlineKiss、および Tlm_forwarder2 も同様に LINUX上で正常に動作させる
ことができ、SatNOGS_DB に受信データを自動的に送信できる。それには、gedit
により、事前に agw_onlinekiss.ini、および online_conf.ini を編集しておき
それぞれ AGW_OnlineKiss、Tlm_forwarder2 と同じフォルダ内に置く必要がある。
次図は、UniSat-6, LituanicaSAT-2 を受信している様子である。

   


[AGW_OnlineKiss_Plus settings on LINUX]

AGW_OnlineKiss_Plus も Wine を使い同様の設定を行うが、agw_onlinekiss.ini
の FILE_PATH, TLEPATH のパスを丁寧に書く必要がある。 LINUX上では、うまく
設定をすれば、AGW_OnlineKiss, AGW_OnlineKiss_Plus の両方とも動作し、衛星
からの信号は画面上にはデコードされることを確認した。KISSファイルとしては
保存されていないことが判明した。
AGW_OnlineKiss_Plus のままでも kissファイルは、.wine/drive_c内に保存され
ていたが、せっかく GetKISS もインストールしたので、そちらで得られた kiss
ファイルを使って、LINUX上の wine と aausat4.exe で解析してみた。

   

   


[WXtoImg installing on LINUX]

LINUX_Ubuntu 上に、WXtoImg をインストールして、NOAA-15衛星をデコードした。
wxtoimg-amd64-2.11.2-beta.deb を次からダウンロードし、この debファイルを
LINUX上で解凍したが、これが何処に解凍されたのか、最初 全くわからなかった。
http://wxtoimgrestored.xyz/beta/

$ dpkg -L wxtoimg  として、ようやくそれが /usr/local/bin/ フォルダに解凍
されていることがわかった。しかし今度は、起動ファイルがどれだかわからない。
試行錯誤の末、それが xwxtoimg (ブルーファイル名で、左端に x 付き) である
ことがわかった。一旦起動してしまえば、こちらのもの。サクサクと初期設定を
行い、NOAA-15衛星が飛来するのを待機し、試しに GQRX経由でデコードしてみた。
なお、PulseAudio Volume Control "Recoding" は、WXtoImg作動直後に反映する。
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr444.htm

 1. 自局緯度経度設定  Options - Ground Station Location
 2. 記録フォルダ設定  Options - File Names and Locations
 3. 画像種類記録選択  Options - Auto Processing Options
 4. 画像品質設定      Options - Image and Movie Options
 5. 衛星仰角設定      Options - Recording Options
 7. 各設定保存        Options - Save Options
 8. 軌道要素更新      File - Update Keplers
 9. 受信開始          File - Record - Auto Record

下の WXtoImg受信図の段差は、スクリーンショットを撮った際のキー操作の瞬間
にできたもの。信号受信中には、PCキー操作はすべきではない。

     

 

 


[AAUSAT-4 Decoder settings on LINUX]

難しく考えずに、シンプルに localhost 127.0.0.1 を、conf.ini に書き込めば
AAUSAT-4 Decoder の TCP_client が、瞬時に "Connected" になって繋がった。

  TCP_SERVER = 127.0.0.1
  TCP_PORT = 8100

Audacity + HsSoundmodem + AgwOnlineKiss + AAUSAT4_Decoder と信号が流れる
には、事前に Wine + PulseAudio の設定が必要だ。 これで、LINUX 上における
衛星受信デコードを、ひと通り構築することができた。(14 Mar 2019)



(Previously posted)

数日前から、AAUSAT-4 Telemery Decoder を LINUX上で起動させることを試みて
いる。Soundmodem, TlmForwarder の起動の時と同様に、Wine 経由で簡単に起動
させることはできた。恐らく、KISSファイルを指定すれば解析はできるであろう。

難儀している箇所は、TCP client のチェックを入れて、TCP_SERVER にコネクト
してリアルタイムで衛星からの信号をデコードできるかどうかである。 LINUX上
のコマンドの ifconfig を実行すると、IPアドレスは自局環境では 192.168.0.8
であるらしいことがわかった。LINUX上で ping も通ることを確認した。 Ubuntu
上では、TCP_PORT は 9000 に設定せよ ということであるが、Wine経由で実行し
ているので、一応 8100 に設定して実験している。 前回は IPアドレスの先頭に
IPv6 向けの ::ffff: を付加してうまく解決したが、今回はそれでも駄目である。

通常、Decoder の TCP client にチェックを入れると、隣りの小窓が瞬時に緑色
になって Connected となるはずであるが、ここが黄色のまま というのは気持ち
のよいものではない。こんな実験をしているのは自局だけだと思うが、もう少し
様子を見てみたい。(上記のとおり解決)


[QSSTV compiling]

表題の QSSTV を、JH4XSY局に触発されてコンパイルしてみた。
すばらしいソフトのような予感がする。受信実験は後日。

http://github.com/davidhoness/sstv_decoder
http://jh4xsy.asablo.jp/blog/2019/04/14/9059686
https://www.chonky.net/hamradio/decoding-sstv-from-a-file-on-a-linux-system

Refer Manual and Installation on QSSTV
http://users.telenet.be/on4qz/qsstv/manual/index.html
http://users.telenet.be/on4qz/qsstv/manual/installation.html

Download "qsstv_9.3.1_beta.tar.gz"
Copy and Extract it in Home\qsstv folder
http://users.telenet.be/on4qz/index.html
http://users.telenet.be/on4qz/qsstv/downloads

$ sudo apt-get install g++ libfftw3-dev qt5-default libpulse-dev
$ sudo apt-get install hamlib-dev libasound-dev  libv4l-dev
$ sudo apt-get install libopenjp2-7 libopenjp2-7-dev
$ cd qsstv_9.3
$ qmake
$ make
Go make a cup of tea/coffee.
$ sudo make install
$ qsstv

 


[Simulcast Ver6.1 on LINUX]

米国地球観測気象衛星 Terra/Aqua/Suomi-NPP/JPSS-1(NOAA-20) を自動的に追跡
し、リアルタイムで描画する NASA_Simulcast ソフトの LINUX 対応版Ver6.1 を
Ubuntu18.04 にインストールして、本日(2.Jun.2019)の全衛星を捉えてみた。

1. Access to NASA Direct Readout Laboratory
   http://directreadout.sci.gsfc.nasa.gov/

2. Get a password from this NASA_DRL site.

3. Download Simulcast Ver6.1
     SIMULCAST_6.1.tar.gz
     SIMULCAST_6.1_testdata.tar.gz
     Simulcast_6.1_Users_Guide.pdf

4. Make a new directory, $ mkdir simulcast
   Install these packages in this directory.
   Then 'sc' directory will be generated automatically.

5. Make the basic configuration.
   $ cd ~/simulcast/sc
   $ ./install.sh

6. Run Simulcast Viewer.
   $ cd ~/simulcast/sc/bin
   $ ./sc-viewer.sh

7. Input Simulcast Server Port over Japan.
   202.26.153.215:3502

8. If you input at Terminal like below, you will be
   connected to the server immediately.
   $ ./sc-viewer.sh 202.26.153.215:3502

 



Reference
http://www.asahi-net.or.jp/~ei7m-wkt/numbr858.htm
http://www.ne.jp/asahi/hamradio/je9pel/terraqua.htm


トップ へ戻る.
前のページ へ戻る.
次のページ へ移る.
ホームページ(目次) へ戻る.