「埼玉県川口市」の紹介です。

当サイトの管理人が在住している「埼玉県川口市」です。   もう、20年以上住んでいるのですが、このような形で紹介しようとすると子供のころから住んでいるわけでもないので「歴史」的な話はできず、うまくまとめられそうにはありませんので「軽く」紹介しておきます。
埼玉県は東京都の北に隣接していますが、その中でも川口市は最も南にあり荒川を渡ればすぐ東京都に入るところにあります。 地図の上での場所はこちら(Googleマップにリンクします)です。
皆さんにも関係があるところでは、マイクロソフト製品を購入して製品登録を行なう場合で郵送で登録することはあまりないのかも知れませんが、添付されている登録ハガキの送り先は「埼玉県川口市」になっていると思います。といってもそれらしい建物を見たことはないのですが....
あと、元SMAPのメンバーだった森且行さんや、GPライダーだった青木治親さんが、レースを行なっているのは、「川口オートレース」です。
まずは、JR川口駅の駅前風景です。
ごく普通の住宅街の駅前風景です。ポケットテッシュ配りのお姉さんもいつもいます。
JR川口駅前の風景
かつては「鋳物の街」と言われたそうですが、現在では鋳物工場はほとんど姿を消し、駅前も住宅マンションに囲まれるような状態になっています。
本来は「古い町並み」であった場所なのか、自動車文化になった現代では駅近辺は道路が狭く、自動車から見ると通行に不便です。 ですが、それが逆に作用してかこの駅近辺であれば、自動車がなくてもショッピングなどには全く不便を感じません。スーパーでも飲食でも専門店でも徒歩で充分にこなせる街です。 憶測ではありますが、駅近辺に高層マンションが乱立する状態のなかで、居住する若い人などは自家用車を所有しない人も増えているのではないでしょうか。居住可能な室(世帯)数の増加の割には駐車場は全く増えてはいないように見えます。
JR川口駅前の風景
JR川口駅前の風景
写真の中央、左のプラットホームは「JR川口駅」のホーム北寄りの部分です。 この「JR川口駅」は京浜東北線で東京都から埼玉県に入る最初の駅です。東京駅までは30分程度の所要時間であり、隣の赤羽駅で埼京線に乗り換えて池袋、新宿にも30分以内というところです。秋葉原は東京へ行くより手前なので、乗り換えなしで25分程度です。パソコンまわりの専門的なものでも買い物に困らない便利さもあります。

上の写真の駅のホームや線路を隔てて反対側の向かって右側の「緑」の部分は公園なのですが、今ではここは隠れた(?)桜の名所でもあります。
JR川口駅前の公園は桜の名所
4月初頭はこんな感じです。

年末年始の駅前の夜景もご紹介しておきます。
JR川口駅前の年末年始の夜景
これは駅前ロータリーの中央にある木に施されたイルミネーションです。
JR川口駅前の年末年始の夜景
中央の画像は川口駅の改札方向の向かって撮影したものです。路面に上からスポットで文字が照れされて不規則にクルクル回ります。
JR川口駅前の年末年始の夜景
これは上の画像とは駅の反対側の駅前公園の樹木に施されたイルミネーションです。色合いが違っています。

日本一高い住宅専用マンションがあります。
これは現在の「名物」なのかも知れません。「エルザ55」という1998年建設の住宅専用としては日本一高い(らしい)55階建てのマンションです。この他にも30階を超すマンションが数棟建っています。
55階建ての住宅専用マンション
この写真は、24ミリクラスの広角での撮影ができるデジカメが手に入ったので上の駅前の写真と同じ日に真っ先に撮影したものですが、良い天気すぎて高層マンションというイメージではなく生活感がある(ふとんが干してある)画像になりました。

大型ショッピングセンターの出店も活発です。
これは、2005年11月にオープンした「アリオ川口」という「JR川口駅」からも私の自宅からも徒歩数分の所にある大型ショッピングセンターです。 大型ショッピングセンターが次々に出店するのは、マンションがどんどん立ち並ぶ状況なので、人口増が見込めるのでしょうか。
アリオ川口
アリオ川口 アリオ川口
このショッピングセンターは、サッポロビール川口工場の跡地の一部に建っています。イトーヨーカドーの他、専門店街があり9つの映画館もあります。内部の写真は専門店街部分で、イトーヨーカドーは右下の写真の奥の方なので写っていません。 それでもこのショッピングセンターは、「大型ショッピングセンター」としては小さい方のようで、ここから車で10分と掛からないところにある「イオンモール川口キャラ」は2000年オープンですが店舗面積は「アリオ川口」の2倍程度もあり、隣のさいたま市になるとさらに大きいものもあるようです。

アリオ川口の前は公園と美術館
「アリオ川口」は自宅からも数分のところなので紹介する写真も多くなってしまいましたが、サッポロビール川口工場の跡地利用としてはショッピングセンターやマンションだけではなく公園などにも利用されています。 この写真は「アリオ川口」の正面側にある公園で、向かい側に見えるマンションなどは敷地外に以前からあるものです。 公園敷地内の右に見える高さが低く横に広い建物は「美術館」です。

さらにこの「アリオ川口」のすぐ裏側にちょっと珍しいスケートボード専用の「公園」が2006年4月にオープンしました。
スケートボード専用の「公園」 スケートボード専用の「公園」
この写真はオープン初日で「プロ」の方の演技をディスクジョッキー付きで披露しているところを観客の頭越しに撮影したので見にくいですが、実際は小さい公園ですが、完全にスケートボード専用といった構造です。 これでも川口市が管理している「公園」であって、子供が道路でスケートボードで遊ぶことを禁止することへの代替策なのでしょう。「夜遊び」に配慮してか、夜間は施錠されるそうです。 この他にBMX(自転車)専用の「公園」もあります。

といった、どこにでもありそうな「近郊」の街でした。
※最近、撮った写真でまとめてしまいましたが、 詳しくは、「川口市ホームページ」へどうぞ。
※このページの写真が広角レンズを使用していることに気がつくと思いますが、ほとんどを24mmからの広角ズームを持つDSC-R1で撮影しています。