計算式一覧

指定のワークブック内に仕込んだ計算式の一覧を作成する機能です。計算式の「入れ忘れ」や「誤り」を発見する一助としてお使い下さい。
ブック内に使われている計算式の一覧が作成できます。 よく、聞かれることですが、外部リンクされている式がどこにあるのか判らないなどと聞かれます。外部リンクは計算式だけではありませんが、このツールで計算式の一覧は取り出せますから、一覧を見るだけでも外部リンク式は見つけられると思います。
「計算式一覧」を再作成しました。   元々2004年から改訂していなかったものです。
古いばかりではなく「*.xls」しか指定できないものだったので201411月に全面的に再作成しました。
従来版は目的ブックから計算式を取得させてから、元の原紙ブックに上書きさせないように名前を付けて保存させるような構造でしたが、 今回の新バージョンはテンプレートでの提供とした上で処理結果のワークブックはマクロを含まない新規ワークブックに転出させる方法に変更しました。



さらに201912月に改訂を行ない、*.xlsx、*.xlsm、*.xlsbの対応や64ビット版Officeへの対応を行なっています。

このような一覧が作成されます。
計算式一覧の処理結果サンプル
(この画像をクリックすると、ダウンロードができます。)
シート名は、指定されたワークブックのシート名と同じです。どのシートのどのセルにどのような計算式がセットされているかが一覧になります。画面では見えませんが、この右には「ロック」の項目があり、この計算式がセットされたセルがロックされているかどうかも確認できます。

処理は、「計算式一覧.xltm」又は「計算式一覧.xlt」を起動します。
(使用中のExcelのバージョンで使い分けて下さい)

まず、「一覧を作成するExcelブックを指定して下さい。」のダイアログが表示されます。
計算式一覧の起動(ファイルを開く)
ここでは、処理するExcelワークブックを選択します。

次に計算式の表示形式(A1形式またはR1C1形式)を選択します。シートを保護している場合は解除パスワードも指定できます。
表示方式の選択(R1C1/A1)
ここで指定した表示形式で計算式がシートに表示されます。

一応、A1形式をデフォルトにはしてありますが、計算式が正しくセットされているかのチェックなどで「計算式一覧」を利用されるのであれば、普段A1形式しか使わない人であってもR1C1形式で出力してみることも必要だと思います。 例えば、伝票的なシートだとして各明細行の横合計が全部の行に正しく登録されているかを見るとすると、R1C1形式であれば先頭行の式をオートフィルタで選択すると全行とも同じ式になるので誤記があればすぐに見つかります。

これで処理が開始されます。シートごとに処理状況が表示されます。
コンピュータのスペックやシート内の計算式セルの件数によっては「応答なし」が表示される場合がありますが、基本的にはそのままお待ち下さい。
保存先の指定
完了すると「終了しました。」が表示されます。
処理終了で計算式を抽出したワークブックが表示されますが、このワークブックは「Book1」などとなっている新規ワークブックですので必要に応じて保存させて下さい。 起動した「計算式一覧」テンプレートや計算式を参照するために指定したワークブックは全て閉じられています。

ダウンロードはこちら。

←ListFormulas.zip
      (43KB)