八問答(はちもんどう)

初代桂春団治

 八問答は上方小噺の「戎小判えびすこばん」、「おひいさんの宿」を連続せしめて、これに仏説八問遁甲はちもんとんこうを加えたもので、春団治が大正十二年頃に自作自演して現在いまでは自家薬籠中じかやくろうちゅうのものとしたのある。(花月亭九里丸記)

 莫迦者ばかもの同志が寄りましたお話を一席申し上げます。阿呆あほにつける薬がないといいまして、ここにあったのがとしも四十を過ぎてまだ人並足らぬ脳味噌を持った男で、さくさん。これを世間では「阿呆作あほさく」、「抜け作」と言いましたが、当人もまたこれで満足しているという厄介者、一日あるひの事、これも阿呆作より一枚上という徳さんのうちへ来て
作「ヘエ、今日こんちは」
植「ヲー作さんやないか。こっちへまあ上がれ。おい、もう他所よそへ行って仕様もない事をいわんようにせよ」
作「ヘーヘ」
徳「ヘーヘやあらへん。聞きや、この間おひいさんと走りごとしたというが、お前、そんな阿呆な事をしたんかい」
作「へ、ちょっとな」
徳「ほんまに、そんな事したんか、あほやな」
作「ヘーヘ、アリャモウ辛度しんどかった」
徳「辛度かったやないぜ。これ、おひいさんとマラソン競走なんて…この間、岩はんが来て笑うてたぜ。どうしておひいさんと競走なんぞしてん」
作「アリゃな。この間床屋へ遊びに行たら、床屋のよしさんが、おお、ええとこへ来た。お前に一遍たずねようと思てたんやが、日が永うなったり、みじこうなったり、寒うなったり、照ったり、降ったりして傘の心配やら、寒うなりや余計に着物を着んならん。暑うなりゃ脱がんならんと実際うるさいがな。これを、なんとかまとめて貰いたい、お前も随分顔がひろいさかい、おひいさんと心易いやろ。一つおひいさんに会うて、話をつけてくれと、床屋のよしさんがいうさかいな、わたいもいうたんや。別におひいさんと心易うはしとらんけど、朝晩に顔を見合わしてるというたんや」
作「そんな阿呆な事をいうさかい、よしさんにお前なぶられるねん、それからどうしたんや」
作「ほたら、床屋のよしさんがいいますねん。朝晩顔を見合わしてるのんやったら、おひいさんに会うて、日が永けりゃ永い、短けりゃ短いで一つにまとめて貰うように頼んで来てくれ、とこうよしさんがいうもんやさかい、そら、わても、おひいさんに会わぬ事はねえけども、朝晩に顔を見合わしてるだけで、うちがわからんと」
徳「ほたら、床屋のよしさん、何ちうたんや」
作「床屋のよしさんが言いますねん、うちが分からんというたかて、毎日西へ西へ行きなはるねんさかい、どうで西やったらあんまり遠いとこでもなかろう。こないよしさんがいやはるさかい。そんならわても一遍神戸へでも行て来て見まへうかというた」
徳「馬鹿やな。そいで、お前は神戸へ行たんか」
作「そんで、わてもね、神戸へ行くにしても、神戸のどの辺で番地は何番地だすとよしさんに尋ねたらよしさんが、わいも朝晩に顔を見てるが、場所ところ番地はまだ聴いていない。押戸へ行てたずねて見、きに知れる、あんだけの顔のひろい人やさかい」
徳「そないな阿呆な事をよう聞いたな。そいでお前神戸へ行たんか」
作「さ、それがだす、そない言うさかい、一遍行て会うてうと思てな、翌朝あくるあさ弁当をこしらえて、西に向こうて、走った/\、ちょうど、心斎橋しんさいばしの橋の上へ来たら正午ひる時分で、おひいさんがわて頭部あたまの上へ来てますねん。あの人、足が速いさかい。もしわてと一緒に行かぬと見失うたらうちが判らんようになると思うて、下から呼んだのや」
徳「誰をいな」
作「おひいさんをな」
徳「何というてや」
作「上を見て、ひいクン、ひいクンと下から呼んだんだす」
徳「莫迦ばかやなお前は、心斎橋の上で、青天井眺めて、ひいクンでもないが、人がたかれへなんだか」
作「いえもう、それは、一ぱいの群集ひとだかり
徳「お前、どないした」
作「あなたがたはわて周囲ぐるりたかって、何ぞ御用事だすか、と訊くとな。たかってる人が、別に用事はおまへんけど、上を見て何をいうてなはると尋ねますさかい、わたいは、上を見てお日ひいさんを呼んでますねんと返答したら、皆が、到底とうてい今時の人やないと感心しやはった」
徳「阿呆やな。笑われてるのやがな」
作「ほたらな、周囲ぐるりの人が大分ここでは距離があるさかい、物干しへでも上がんなはれていわはりましてな」
徳「物干しへ上がったのか」
作「さあそれが物干しへ上がろとおもてると、おひいさんはずん/\と行きなはるらしい。コラ早う追いかけなんだらあかんとおもて、わたいも西を向いて走りましたんやけど、そのうちにが暮れると、おひいさんが西の山へ這入はいってしまいはったさかい、ははんもううちへ帰りはったな。今頃はオイかかあ今戻った。今日きょうは作さんとマラソン競走したさかい偉い疲れた。さあ一盃いっぱい飲もうと、嬶や子供と膳に向こうて飯を食うてる時分やなあと一生懸命西に走る。わたいはもう夢中で走って走って、追いかけるとな、もし、今度はわての背後うしろからニュウ…とおひいさんが首を出しますのや、そこでわたいは、ハゝア、こりゃ行き過ぎてるなァ…とおもて…」
徳「まあ、ようそんな阿呆な真似をしたなあ、徹夜よどおしも走ってからだはどないもなかったか、大分たいぶんお前足らんな」
作「へイ、えろう疲労くたびれて三日寝ました」
徳「三日位で済んで、まだ幸福しやわせや、…それからお前この頃神信心を始めたという声、真実ほんまかいな。信あれば徳ありというて、ええ事やが、お前の事や、一体何様を信心してるねん」
作「あっ、もう知ってるのか、早いなあ、ビリケン様になあ」
徳「ちょっと変ってるな」
作「さあ、それが床屋のよしさんが悪いんだす。何ぞ福神様ふくがみさまでハイカラなもんがないかと聞いたらな、ビリケンさんにせいというもんだすさかいな」
徳「お前もお前やな、神さんにハイカラな神様というてあるかいな、お前が悪いねん」
作「まあ、そのビリケンさんを一廻りやって見ようと」
徳「おい、ええかいな。売薬ばいやく見たいに。それで、どうしたんや」
作「一遍かかった、ところがだすせ、神と例えられる人が、わてもう愛想が尽きた、裸で足を前へ出して行儀の悪い、こりゃ見込みがない。ばくち場でも足を出すといえば縁起でもないのに、まして神様で足を出すとはと、もう信心をめて日本橋筋をブラ/\歩いてると、ほら。日本橋筋三丁目に毘沙門様びしゃもんさんがおまっしゃろ。コレャええ人に当たったわいと、七日のがんごめをしてな、毎日一銭ずつ上げてましたのや。ところがな、もし、拍子のええことには、七日の願上がんあがりの日にな、毘沙門様があらわれはってな」
徳「おい作さん、真実ほんまかいな」
作「いいえ、真実ほんまだっせ。日の暮れ小前こまえにお賽銭を一銭上げて、どうぞ福に有りつけますようにと、一心に拝んでますと、わての夢から、作兵衛、作兵衛と呼ぶ人がおますねん。誰やなァと背後うしろを向くとな。もし、毘沙門様が立ってはるやおまへんか。わても、はっと思て、こりゃ毘抄びしゃはんだっというたんや。向こうも、おう作はんか、なつかしいッ」
徳「嘘つけ、毘沙門様が、そんな事をいうか」
作「ああ、ええとこや。毘沙はん。毎日一銭ずつ上げてますが、福は一体どうなりますねんというと毘沙門様は、ああ作さん面目めんぼくない。お前に福を授ける位なら、前へ賽銭箱はおいて置かぬ」
徳「毘沙門様に理屈をいわれてるねん。それからどうした」
作「それから、わて、毘沙門様にいうてやった。福が授けられぬようなら、初日に何故なぜそれといわぬ、七日の間一銭ずつコンミッションを取っておいて」
徳「お前のいう事、えげつないね」
作「七日の間一銭ずつ取っておいて、今更返さぬとは丸切まるきり詐欺や。出る所へ出なはれと、わていうたんや。すると毘沙門様顔色を変えて、なるほど作さん、お前の言葉は重々じゅうじゅうごもっともや。わしもこんな日本橋の三丁目、長町裏に住みとうない。もっと、金持ちの多い船場か島の内へ行きたいが、先立つ物は金や。お前も働いて金を儲けて、せめて敷金しきだけでも寄付をしてくれといいますのやろ。もう阿呆らしなって来て」
絵「お前でも阿呆らしゅうなる事があるか」
作「松島へ女郎買いに行てやれとな」
徳「お前のいう事、まるでスカタンや。それからどうしたのや」
作「ブラ/\と四ツ橋の交叉点まで来るとな、米俵二俵にひょう持ってうろつく親父がありますさかい、行き過ぎて顔を見ると、わてもよう顔見た事のある人やなあと思うと、これがもし、木津の大黒さんや」
徳「これ、真実ほんまかいな」
作「わても思たんや、米が上がる下がるというさかい、こりゃ、大黒さんがお米を売りに行くと見えると思うてナ、背後うしろへ廻って…これだいちゃんちうたら、オゝ作さん面目ない」
徳「ふうん、大分変わってるな」
作「大ちゃんの親爺おっさん、どこへ行きなはると聞くとな。俵二俵を売りに行くといふさかい。あんたもねずみで儲けなはったのに何米を売りなはる。いや鼠もこの頃は丸切まるきり金にならぬ。二銭や三銭では金高きんだかが上がらぬ、ペストがはやれば十銭にも売れるが、今はあかぬといやはるさかい、ぺストになったら何故なぜ相場が上がります。いやペストはすべて倍金ばいきんやと」
徳「二輪加にわかやがナ」
作「それでも年々お賽銭が上がりますやろというと、先月あとげつも百姓が参詣に来て、一心不乱に拝んでるさかい。一体どんな事をいうて拝んでるのかと、扉の口からわしもソット顔を出して聞くと、米が一升が五両になりますようにとの願いに、あんまり慾どしいと七日間はほっておいてやると、まだ一生懸命に拝んでるさかい、わしは扉を開けて飛んで出て、相場の下がらぬうちわしの米も売ってくれ」
徳「これ、もうチョイ/\二輪加にわかをすない、お前、神信心するなら八幡やわた八幡様はちまんさんを信仰しい」
作「テキよろしいか」
徳「ばち当たるぞ。テキ≠ネんて。八という字は結構やな、有難い、そうして出世する数やぜ」
作「そない八という字は、あらたかだすか」
作「あらたかか?とたずねるより、マァ考えて見た方が早いやないか…世間の人が、よう言う通り、天の高さが、八万由旬ゆじゅん、地の深さが八万だら、嘘八百に、神様が八百萬神やおろずのかみに、八十萬神ばんじん八万地獄に、女でも、あばづれ女を八兵衛というし、ややこしい遊びに八々はちはちがあれば、同じややこしい巣に蜂の巣、大阪が八百八橋、京都はお公卿くげさんが多ので八百八公卿、江戸は八百八町で旗本八万騎、近江の湖水が八百八ながれ長命寺ちょうめいじの石段が八百八段、狸の睾玉きんたま八畳敷」
作「もし狸の睾玉八畳敷て真実ほんまだすか」
徳「嘘つくものか。この間、雨の降る晩、心易い狸が坊主になってころもを着て、徳利とくりを提げて酒を買いに行くのに出遇うてな」
作「そう/\、狸は衣を着てますな」
徳「おいたぬちゃん、一遍睾玉を見せて。皆が八畳敷あるというのやが真実ほんまか、というと、狸がはずかしそうに前をまくるとナ、八畳敷どころかたった一畳位しかないので、おい小さいな、あとの七畳はと聞くと、狸が気まり悪そうに、ハイ七畳は袈裟けさにかけています」
作「あんたかて二輪加にわか這入はいりますね」
徳「お前との話は二輪加にわかを入れぬと頼りない。役者でも屋号というて成駒屋、松島屋、河内屋、芸者でも富田屋とんだやの八千代、女でも外国までも名が通っておる。盗人ぬすびとでも蜂須賀小六はちすかころくは大名になって今は何位という位を頂いてる。エライもんやろがダ…八の上は身分に過ぎて、九と十とは及びもつかぬ。王はは十善、神は九善、物はすべて八分目に限る。王の十善、神の八善は及びもつかぬ人間五倫五体の上がくび、頸から一段下がって巻くから鉢巻はちまき
作「あんたのいう事は皆、理屈攻めや、待ちなはれや。頸の下が鉢巻、鉢巻の下に巻いて首巻くびまき
徳「ありゃ首巻やない、襟巻が真実ほんまじゃ。そらが空中、その下がむねの棟の下が質屋」
作「そう下げて行きゃ質屋のうちでカブしたら六方で、そこのうちに後家はんで、世取りがない、隣りが産後で悩んでる。向こうの二階借りして名前が市兵衛」
徳「どこまで下げるねん。昔から名高い人には皆八の字が付いてる。弓矢の名人、鎮西ちんぜい八郎為朝ためともに」 
作「ちょっと待った、牛若丸には八の字が付いておまへんなァ」
徳「牛若丸には八の字が付いてのうても八の字に因縁がある。牛若丸の習うた剣道が鞍馬八流、一人前の義経になって八艘はっそう飛び…どうや八が二つもあるがな」
作「弁慶には、八の字がおまへんな」
徳「弁慶には、八の字がない代わりに、背中に七つ道具をうて、よう言う弁慶の一番勝負、どうや合わすと八になるやないか」
作「ハゝン寄せ算もおますな。しかし、泥棒の大将石川五右衛門には五ほかおまへんが、あれはどうなりますのや、もし、あの五右衛門は」
徳「五右衛門は京の南禅寺なんぜんじの山門に住んでたよって五に三たして八やないか」
作「おうち算盤そろばんおまへんか、…成程そういうと皆八の字が付きますな。しかし曽我兄弟、兄が十郎で弟が五郎、どっちにも八がおまへんな。二人合わして十五だすがなァ、こりゃ一体どういう都合で」
徳「弟が五郎で、兄が十郎や、兄弟合わすと十五郎、親のかたきが工藤祐経すけつね、十五と九とで二十四…どうや三八、二十四、八が三つもあるやないか」
作「こりゃ段々ややこしなって来た、算盤を早う出しとくなはれ」
徳「算盤やあらへん、当然あたりまえやないか、あれが夜中やちゅうに行くさかい世間では夜討やうちというやろう」
作「もし阿呆な事はいいなはんなや。無茶苦茶や、ありゃ夜討やうちやおまへん、ようち≠セすがナ」
徳「さあそのようち≠ノ二人か行くよってやうち≠竄ネいか」
 無学者、論にけず、ヘイおあとと交代致します。





底本:名作落語全集・第二巻/頓智頓才篇
   騒人社書局・1929年発行

落語はろー("http://www.asahi-net.or.jp/~ee4y-nsn/")