★ 寂星のDrop in Site、  ★ 掲示板、  ★ おかあさんといっしょprivateカレンダー
 ★ おかあさんといっしょへの道→ ★ スタジオへ行こう
→★ 1998年 →★ 1999年旧メンバー →★ 1999年新メンバー →★ 2000年前半 →★ 2000年後半 →★ 2001年前半 →★ 2001年後半 →★ 2002年 →★ 2003年新メンバー →★ 2003年後半 →★ 2004年 →★ 2005年旧メンバー →★ 2005年新メンバー →★ 2006年 →★ 2007年 →★ 2008年旧メンバー →★ 2008年新メンバー →★ 2009年新メンバー
→☆ 2010年
→★ 2011年

横山だいすけお兄さん、三谷たくみおねえさん
小林よしひさお兄さん、いとうまゆおねえさん、ひなたおさむお兄さん、かまだみきおねえさん、田畑ゆうお兄さん

 2010年の「おかあさんといっしょ」。
 スタジオ収録の感想です。

スタジオ出演感想コーナー

ききちゃんさんの「大阪から収録に行ってきました10/12/11:40〜」

現在二人目妊娠中で、妊娠中は懸賞など当たりやすいと言われてるので当たるかも?と思い軽い気持ちで応募したら2回目で当選しました。いざ当たってみると、大阪からですし、すでに8カ月に入ってたので悩みましたが、みんなから絶対行くべきだと言われ頑張って行ってきました。
このサイトで勉強させてもらってたのでだいたいの流れは把握してました。大変役に立つサイトありがとうございました。
親の緊張とはうらはらに娘は泣くこともなくすんなり溶け込んでおり、お兄さんお姉さんの近所に座ってね!と言っていったのでしっかり座ってました。ですが、間に他の子を入れられてしまいましたー!ガーン!
手遊びが思ったより難しく、お姉さんさえもNG出してました!
途中で髪の毛のピンをはずして娘がそれで遊びだしたので、どうしよう!!と思っていたら、すぐさまエプロンお姉さんが気づいて、直して下さいました。良かったホッ!
娘はお兄さんお姉さんよりも、モノランモノラン目当てだったので最後の明日天気になあれ!のトンネルのところではプゥートから離れず、大渋滞がおこっておりました。。。
最後の風船もちゃっかり二つもらって大喜び、大満足の娘でした。
放送は11/19(金)でまだまだ先なのでブルーレイレコーダーを購入しようか迷ってます!


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


パイムーさんの「9月28日の収録に参加しました」

9月28日14時20分集合の回の収録に、3才半の息子と名古屋から参加しました!

9時20分の新幹線で名古屋駅を出発し、11時半過ぎにはスタジオパークに到着しました。
少しスタジオパーク内をぶらぶらした後、1回目の収録の様子を見学窓から見学し、スタジオパーク内のレストランで昼食を取りました。
昼食後、少し眠そうな息子。スタジオパークから西口までは少し距離があるんですが、息子の機嫌はどんどん悪くなり、抱っこ攻撃が始まり、西口に着いた時には寝てしまいました。
おにいさんおねえさん達がロビーに登場する前にはなんとか起きたものの、機嫌最悪。
そのまま収録へ。

2008年9月、まだ往復ハガキでの申し込みだった頃に娘が当選し、こちらのHPで勉強させていただき、だいたいの流れは分かっていたんですが、息子は私から全く離れられませんでした。
テレビに写っていない時に、だいすけおにいさんもたくみおねえさんも、よしおにいさんもまゆおねえさんも、代わる代わる息子に話しかけに来てくれて、少しでも参加できるようにって最後まで
何度も何度もあきらめずに誘ってくれました。嬉しかった!!
でも息子は全て無視・・・。
エンディングが始まって、みんなはプート達のトンネルをくぐって・・・
「あーせっかく来たのに、1秒も写れなかったなぁ」って諦めたその時、まゆおねえさんが息子の手をひいて、息子もスーッと自然に歩き出し、風船が落ちて終わるまでの数十秒、みんなの中に入れたんです!!!
もう1人、息子と同じように最後までママから離れられなかった女の子がいたんですが、その子もエンディングだけ輪の中に入ることができ、その女の子のママと一緒に良かったねーって喜び合いました。

放送は11月4日だったんですが、エンディングの最後の最後に、まゆおねえさんと一緒に、息子もしっかり写ってました(ほとんど横顔だったけど、アップでした♪)
その辺りから機嫌が良くなったようで、収録後の写真撮影は、バッチリ参加できました。

前泊して当日もっとゆっくり移動すれば、収録の時眠くなかったのかな、とか収録前に少し寝かせてあげれば良かったかな、とか後悔ばかりで、しばらくへこんでいましたが、放送を見てやっと元気になりました。
息子は放送を見て、「なんで最初から(ぼくは)写ってないの??」
なんてとぼけたことを言ってましたが、親子共々とてもいい経験になりました。

午後一で収録の方で、まだお昼寝が必要なお子さんは、当日の眠気対策を頑張って下さいね!!

寂星様、ありがとうございました!!


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


なくみさんの「本日(9/28)収録に行ってきました」

まず、当選はがきの現地地図は北が上でなく、縮尺も微妙なので自分で予想したよりも時間がかかりました。
ちょうど雨が強くなっていたので、余計に長く感じたのかもしれません。
(ルートは、自宅最寄りのバス停→渋谷区役所前下車→徒歩17分です。)

11:40の集合で、11:10ごろ西口から入ると左側にちょっとした待合スペースがあり、すでに椅子は先着の親子で埋まっていました。
そこからすでに飲食禁止でした。(警備員さんは、飲み物くらいならOKという感じでしたが。)
 おにぎりなど食べたい方は、玄関のあたりまで出ていました。

11:20ごろ「エプロンおねえさん」が迎えに来て、すぐ目の前の待合室に案内してくれました。こちらももちろん飲食禁止です。
部屋がいっぱいになったころに違うエプロンおねえさんが現れて、予定終了時間をおしえてくれました。約1時間半後の午後1時に、西口玄関に戻ってくるとのことでした。

トイレタイム終了後、こどもたちだけがエプロンおねえさんのまわりに集められ床に座ると、保護者への説明が始まりました。
 部屋を出る時にもらった紙に書かれた注意事項の確認とスタジオへの移動の流れでした。
エプロンおねえさんのリードでこどもたちが「おにいさ〜ん、おねえさ〜ん!」と呼ぶと、本物の(当たり前ですが)おにいさん、おねえさんが出てきて、その場がすごく盛り上がり、泣いてしまうお子さんもいました。
 うちの娘は来月4歳の保育園児なので母親と離れても全然平気でしたが、離れられないお子さんも何人かいました。
余談ですが、このときのエプロンおねえさん、保護者への説明はちょっとシドロモドロだったのですが、こどもたちに「実は、おにいさんとおねえさんたちが、みんなをすぐそこまで迎えにきてるんだよ〜!」と言った時の声の調子が別人のようにノリノリで、おもしろかったです。

よしおにいさんを先頭に、こどもたちとおにいさん、おねえさん、その後ろに親が続きスタジオまで移動しました。
 その後の流れは、みなさんが書かれているのと同じでした。
 番組のスタッフの方々、おにいさん、おねえさんたち、みなさんが一丸となってこどもたちを楽しませてくれようとする気持ちがすごく伝わってきて、とても温かな気持ちになりました。
 このような機会に恵まれて、娘は幸せ者だと思いました。
最初はぐずっていたお子さんたちも、ほとんどは番組に参加できたのですが、最後までお母さんから離れられなかった男の子が一人だけいました。 

記念撮影終了後は保護者だけが先に廊下に出て、こどもたちが出てくるのを待ちましたが、意外とすぐに出てきました。
出てきた娘はとてもいい笑顔をしていて、私も心から「楽しかったね!よかったね!」と言いました。 全員が出てきたところで、おにいさん、おねえさんたちとバイバイをし、スタジオの扉が閉められて終了。
 こどもと手をつなぎ、一列になってロビーへ戻りました。
1時間半は、あっという間でした。 

寂星様のHPで、ある程度の流れを知ることができたので不安や心配を抱えることなく、純粋に楽しむことができました。
本当に、ありがとうございました。 
ちなみに、放送日は11月5日です。


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


たつこうママさんの「9月8日に行ってきました」

9月8日の11時40分の回の収録に行ってきました。ネットでの申し込みになってから応募し始め、3歳11ヶ月の3回めで当選しました。

当日は雨男の噂がある子供のせいか、台風接近…。傘を持ちカッパを着て雨の中、電車で11時前に渋谷駅に到着し、西口ターミナルからバスに乗って放送センターまで行きました。バスの中にはお仲間らしい親子連れが2組いました。

放送センターの西口玄関から入ってゲートをくぐったところに待合室があり、時間が来るまでそこで待ちました。
お昼前ということもあり家から持ってきた小さいおにぎりを子供に食べさせましたが、食べさせた後で飲食禁止の張り紙に気付いてあせりました(-0-A)。

11時40分より前にエプロンお姉さんが来て、ここからは幼児と付き添い一人のみになりますと説明がありました。他の家族は待ち合わせの場所を決めてさよならになります。

トイレタイムが終わってから子供達が真ん中に集まって座り、まわりを親が取り囲む形になってエプロンおねえさんから収録等の説明がありました。
うちの子は幼稚園に行ってるせいか私とすんなり離れられましたが、中には嫌がってママにしがみ付いている子も。でも無理に離されたりはありませんでした。

話が終わってエプロンお姉さんに促され、皆で「お兄さ〜ん、お姉さ〜ん」と大きい声で呼ぶとご本人たちが登場!皆凄くテンションが上がりました。キャー!

だいすけお兄さんはものすごく良い声でした(響く様な)。たくみお姉さん、マユお姉さん達は細くてかわいい、意外だったのがよしお兄さん!。いつも子供に囲まれていて顔も小さいので、めちゃめちゃ背が高いと勝手に思い込んでいたのですが…。大介お兄さんより少し高いくらいで、やっぱり細かったです。

子供達は最初にお兄さん達と一緒に歌と体操の練習をして、そのまま続けて収録になりました。
うちの子は歌の本番のとき真ん中の席に座ろうとしましたが、そこはだいすけお兄さんの席だったみたいで空いていたマユお姉さんの方の左側の席に移動させられてしまいました。残念!

収録は子供が飽きない様にスピーディにTVと同じ順番(歌→ゴッチャ→体操)で行われました。
その間、ママから離れられない子供達には何度もエプロンお姉さんたちが話しかけて、少しでもTVに映させてあげようとされていました。スタジオから退場という事はなかったです。

見学席の前にはテレビが置いてあって、終わり頃には今日収録した場面がながれていました。後で「これがそのままテレビで放送されます」と言われました。
最後にお兄さん達と子供達で写真撮影があり2〜3枚撮った後に、離れられなかった子供達がママと一緒に入って撮影していました。この写真は有料で、後日郵便局で申し込みになります。

収録が終わると付き添いだけが先に出て廊下に並んで子供達が来るのを待ちました。
うちの子は出て来ると、「テレビと同じお兄さん、お姉さんだったよ〜」と言ってました。お兄さん達はスタジオ入り口で手を振ってお別れです。
あとは西口玄関まで列で歩いていって解散しました。言われていた1時間30分よりも少し早く終わりました。

この後、我が家はお土産を買うためにスタジオパークに寄りました。
教育TVのキャラクターグッズを売っていて、花かっぱのクッキーを買いました。(大人は入場料200円です)
スタジオパークは丁度撮影していて、タレントの土田晃之さんを見ました。

当選してから収録日が来るまではとても長く感じたのですが、その日になってみれば収録はあっという間に終わり、気を張っていた分ちょっとあっけなかった様な気もします。
でも、子供は帰りに「楽しかったね」と笑顔が出ましたし、とても良い経験になりました。

放送は1ヶ月後の10月8日です。もちろんDVDに録画するつもりです。


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


whomamanさんの「収録行ってきました」

3回目の応募で当たりました!!
7月20日 11時40分集合でした。

当たらないと思っていたのにびっくり!!
当の本人は、全く把握していない状態で、練習本番とも、泣き続け結局風船をとるために、少しだけ画面に映りました

うわさのエプロンお姉さんのお世話になりどおしでした。

風船で何度お誘いをされてもだめでしたが、スタッフの方の心遣いや、お兄さんおねえさんのお言葉に感謝、感謝でした。

あんなにないていたのに
子供には楽しかった思い出になったようです。

私も楽しかったです。
これから行く予定の方も、TVに出るというより、楽しむほうに気持ちを持っていくと、不安がないかと思いますよ。

放送は9月10日です


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


aikaママさんの「地方からの出演です。」

7月12日の収録に行ってきました。こちらで事前に学習していたので、当日、焦ることなく収録を楽しむことができました。

今回、3歳2カ月での参加でした。初めての応募で当選しました。

3日目、7月12日の14時半からの収録でした。錦糸町のホテルに滞在、大きな荷物は送り、11時にチェックアウト。錦糸町→渋谷駅(半蔵門線)で移動、渋谷駅→NHKスタジオパーク(タクシー)へ向かい、最初にスタジオパーク見学をしました。ここのお土産もけっこうかわいくて、たくさん買いました。すべてロッカーに預け、NHKスタジオパーク内のカフェでおひるごはん。
夫と次女を残し、徒歩で集合場所である西口へ。(意外と距離ありました。15分位?)お兄さんもお姉さんも優しくて、1時間半、とても楽しめました。
タクシーで西口からスタジオパークへ向かい、夫と次女を乗せ、そのまま渋谷マークシティの羽田行きリムジンバス乗り場へ。そこからはバスで羽田へ。午後7時の便で鹿児島へ帰りました。

地方の方へ、少しでも参考になればと思います。当選した方、準備等がんばってくださいね。とってもいい思い出になりますよ!


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


ななさとこさんの「7月7日の収録に参加しました。」

2回目の応募で当選しスタジオ収録に参加しました。
息子は3歳2ヶ月です。
7月7日14時20分にNHK西口集合でした。

当日は余裕を持っての行動をと思い、12時に渋谷駅到着、タクシーでNHK西口へ。
そこからスタジオパークまで歩き、トイレをすませショップでお土産を購入し外のベンチでお弁当を食べ(スタジオパーク内は持ち込み禁止でした)時間まですごしました。

集合場所に行った後は皆さんが報告されているような流れでお兄さん、お姉さんが登場しスタジオに移動します。
息子は私から離れられず最後尾から一緒に移動しました。最初にエプロンお姉さんからのお話で言われた「決して無理強いせず」を心がけ、リハーサルも息子と一緒に輪の外から様子を見ていました。
すると、たくみお姉さんが話しかけてくれ息子が私の手を離したので、私はそーっと保護者席に戻りました。
息子の場合、私の姿が見えないほうがいいので、保護者の方々が座るベンチの後ろに隠れるように収録の様子を見学しました。

オープニングは皆が座って始まるのではなく、前方にマットが敷かれ順番にでんぐり返しをしていくというものでした。
お兄さん、お姉さんは絶えず子供たちに気を配っていて、スタッフの方々も泣いている子や親から離れられない子を少しでも参加できるように声をかけている様子が印象的でした。
息子はまだ3歳2ヶ月だったので無事に参加できるのか不安でいっぱいでしたが、お兄さん、お姉さん、スタッフの方々のお陰で楽しんで参加することができたと思います。
なにより、私にとってはこちらのHPで事前に収録の様子を知ることができとっても助かりました。お陰で当日は落ち着いて行動できました。
ありがとうございます(^−^)


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


あんぞうさんの「NHK へ行ってきました」

 4月13日火曜日 11;30集合の回で収録を行ってきましたので報告させていただきます。
 この日は暑く、初夏の陽気、お天気も晴れでした。
 地方からの参加ですが新幹線で間に合う距離ですのでその日の朝、新幹線+山手線+渋谷駅東口からタクシーでNHK西口に行きました。
 入り口は関係者ばかり(当たり前ですが)、スタジオパークの入り口とは明らかに雰囲気が違う!緊張でした。
 朝9時半にでて到着が11時。30分も早かったのですが入り口には同じく出演するであろう親子がちらほら。入り口では入館証明なるものを書かなければならないのですが、お母さんといっしょの人は書かなくてもよく入り口横のソファーで待つことになりました。
 収録がちょうどお昼をまたぐため 軽食を食べていたり、お茶を飲んでいる親子もいました。我が家は新幹線内で朝を採るように時間設定したため、息子がおなかが空いたといったのは帰りの2時の新幹線内でした。
 待っている際にはちらほら芸能人が…。
 30分になると エプロンをつけた女性の方々の指示で、入り口からすぐそばの狭い会議室様の場所に移動し、ここでは飲食も禁止、携帯やカメラもすでに禁止でした。
 この女性スタッフさんたちは収録終わりまで私達の面倒をみてくれる方々です。
 この間に何度もトイレを薦められ、普段トイレが遠い息子も2回も行ってしまいました。
 そのあと子ども、親に別れてならびました。
 スタッフさんが「さあお兄さん、お姉さんと呼びかけて!」といい、子供達がいっせいによぶと、お兄さん達登場!親からも黄色い歓声があがったことはいうまでもありません。ただし廊下だったので皆控えめでした。
 だいすけおにいさんが子供達に手遊び唄をしてくれたり、子どもにお願いを話した後、よしおにいさんを先頭 だいすけおにいさんが後ろ、横にまゆおねえさんとたくみおねえさんに囲まれる形でスタジオまで移動。
 曲がりくねった狭い廊下、左右の部屋は衣裳部屋があったり、大道具部屋があったり、タレントさんの控え室は教育チャンネルの番組のものが多かったです。
 スタジオは思ったよりも涼しかったです。
 エアコンが効いていました。
 ただ、子ども達にはライトが当たっていたので暑かったのかもしれません。息子に寒かったと聞いても平気だったよといっていましたので。
 半そでにして正解だったかも。
 もう一人半そでの女の子がいましたが、後は皆、長袖1枚でした。
 リハーサル開始。
 といっても遊びを交えながら逆リハの方式で途中、モノランモノランの3人組も挨拶にきたりしながら、ぱわわぷ体操→エンディングの歌→オープニングの歌2曲を練習して本番突入。
 リハーサルの間は保護者からは離れられない子どもは階段状のセットに一緒に座って何度かスタッフが離れるよう努力を試みていたようです。
 本番は皆さんの報告ごとく、番組をみている視聴者と同じ様に進行。セットで2曲歌って、ビデオの歌があって でこぼこフレンズがあって 月曜だったので なーに君が出てきて、子どもはセットに座りながら運ばれてきたモニター2台を見つめていました。
 その間、ごっちゃに選ばれたお子さんがまゆおねえさんとリハーサルしていました。
 あっという間に体操、息子はこのラインより前には来ないでくださいというラインをオーバーして踊っておりました。カメラに映らない線のようで、スタッフの方に押し戻されていました。
 エンディングの歌が終わり、風船が落ちて終了!
 好きな色のハート型風船を一人ひとつお持ち帰りをしてよいのだそうです。
 ただし、しぼんだ状態で持ち帰ります。
 その後写真撮影。
 2枚撮って、帰宅後申し込みをすればよい映りの方を選んで送ってくれるようで楽しみにしているところです。
 先にモノランモノランの3人がスタジオ隅に消え、おにいさん達はスタジオでお別れでした。スタッフに先導されてNHK入り口に戻ってきたらちょうど1時、はがきに書かれているとおり、1時間半の収録はうそではないです。
 息子はお土産の風船までもらって大満足。楽しかった〜といい、自分の放映日を心待ちにしているようです。ちなみに5月17日月曜です。
 何も前へ行きなさいとか、お兄さんの隣へなんて言わなかったのに、気がつくと中央を陣取っている息子、いつの間にこんな子になったのか?息子の成長を変なところで実感した一日でした。


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


はすみんさんの「4月6日の収録に参加しました。」

運良く2回目での当選でした。
が、当選の喜びと同時に3歳2ヶ月という幼さ、地方からの参加など心配なこともでてきました。
特に心配だったのはいつ昼寝をさせるかということ。
(娘は眠いと機嫌が悪くなり、大声で泣き叫ぶため強制退場になるのでは・・・と思ったので。)

当日は早めに昼食を済ませ約2時間ほど寝させることができましたが、渋谷までの移動に疲れたのかまた眠たくなっていたようです。

16時5分頃に放送センターに着き、控え室で待ちましたが、娘のように眠たいのかぐずっているお子さんが数名見られました。

名前チェック、お土産をもらった後、最後のトイレタイムがありましたが、トイレが少ないため大変時間がかかりました。
(付き添いがほとんど母親で女子トイレ使用なので。)
待っているときに子ども達の「はーい!」という声が聞こえてきたため何が起こっているのか不安になったり、焦ったりしたため早めにトイレを済ませるべき・・・と反省しました。

トイレタイムが終わると、子ども達だけで座り、親はその周りを囲むような隊形に。

いよいよお兄さん達との対面です。
元気よくお兄さん達が現れると大きな歓声があがりました。
・・・が娘はテレビで見ていた人達が突然目の前に現れたことにびっくりし私の元に逃げ出してきました。

エプロンお姉さんが声をかけてくれましたが、なかなか離れられない娘。
そんな様子を見て、まゆお姉さん、たくみお姉さんがにっこりとほほえんでくれました。

お兄さん達からの説明を受け、スタジオへの移動。
たくみお姉さんを先頭に子ども達は移動を始めました。
エプロンお姉さんが再び娘に声をかけるとようやく離れ、みんなの後ろへ。
さらにありがたいことにだいすけお兄さんが娘と手をつないで移動してくれました。

リハーサルは「はーい」の声出し、ぱわわぷ、歌の練習・・・と進んでいきました。
元気いっぱいに動く子ども達が多い中、娘はただ立ち尽くすだけでした。
表情の固い娘の緊張がほぐれたのはスイリン達が現れたとき。
全く動かなかった娘が3人には積極的に触っていく様子を見て安心しました。

本番の収録が始まりましたが、土曜日の分の収録のため子ども達の出番はほんの少し。
子ども達はモニターで歌のクリップを見たり、「でかけよう!」の収録の様子を見たりしていました。
待っている間、娘はたくみお姉さんの近くに座ることができ、お話をしたり、ピン留めをなおしてもらったり幸せな時間を過ごすことができたようです。

ぱわわぷの収録ではよしお兄さんだけでなく、たくみお姉さん、まゆお姉さん、だいすけお兄さん、そしてスタッフが周りで踊り、子ども達を盛り上げてくれていました。
娘は壁際、もしくは端っこに立っているだけでしたが。。。

最後の「あした天気になあれ」ではスイリン達を触りたいが為に元気に動き回る子ども達が多く見られました。
お楽しみの風船が落ちてきたところで収録終了、記念撮影へと入っていきました。

なかなか親から離れられない子もいて、途中スタジオの外に出た子もいましたが、少しでも収録に参加できるようスタッフの方が声をかけ、参加できるよう配慮されていました。
また、リハーサルでは元気よく参加していても、本番の収録が始まる頃に親元へ戻ってきたり、収録途中で戻ってきたりする子どもも見られました。

娘は他の子ども達の元気な様子におされてしまい、なかなか動けませんでしたが、逆にお兄さんやお姉さんが気にかけてくれ、手を引いてくれたり話しかけてくれたりする機会が多かったように思います。
モニターに映ることはほとんどありませんでしたが、それ以上に娘の心にはお兄さん、お姉さんとの素敵な思い出ができたようです。

当選してからの心配事はたくさんありましたが、なんとかなるもんだな〜と思いました。
(昼寝が十分でなく帰りは不機嫌な娘でしたが、収録に最後まで参加できたのでよかったです。)

事前にこちらのサイトでたくさん調べさせてもらい本当に助かりました。
ありがとうございました。

放送は5月8日(土)と1ヶ月後ですが、どんな風に流れるか楽しみです。


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


さちゃんさんの「2/10に収録に行ってきました!」

4歳になる前の月に初めておかあさんといっしょに応募し、4歳になった次の日に当選ハガキが届きました。嬉しくて嬉しくて「あーみんなに喋ってしまいたい!!」と思いながらも「・・・いやいや、当日に体調崩して行けなかったじゃシャレにならない。」と思い友達にも話さずに一人でそわそわドキドキしていました。
とにかく勝手が分からないので、「あぁもうどうしよぉ〜!」と何度も頭を抱えていました。収録日の前日に「行ったことある人の感想とか載ってないかな〜?」と慌てて探したところ、こちらのサイトにたどり着きました。
みなさんの体験や感想を読んで、当日の流れや気を付けなければいけないことがわかってくるとやっと少し落ち着くことができました。
収録が終わったら絶対に寂星さんにお礼のメッセージを書こう!と意気込んでいましたが、忙しさにかまけてすっかり遅くなってしまいました。改めて、このサイトを作り維持してきて下さって有難うございます!・・そして遅くなってすみませんでした^^;

少し当日の感想を報告させて頂きます

2/10(水)16時25分の収録に行ってきました。

初めての場所では緊張して固まってしまう娘なので、ちょっぴり早めに出て収録場所が見れるというスタジオパークに行ってきました。
「あそこでみんなと遊ぶんだよ〜」というと心配とは裏腹にとても楽しみなようでした。
しかしいざ集合場所に着くと表情は硬く不安そう。トイレに行ったものの「まだでない〜」と言い続けて15分くらい篭っていました。(どうみても顔に行きたくないって書いてあるし・・・^^;)
そばで待っててくれたエプロンのお姉さんが優しく諭してくれたので何とかみんなと合流することが出来ました。
放送予定日の紙を貰って(゜Д゜)ガーン!・・・3月20日のどよう・・・び・・。土曜日って確か・・外で親子が体操とかしてる日よねぇ?と思い、案の定楽しみにしていた「すりかえ仮面」やお姉さんの隣を奪い合う歌のシーンの収録はありませんでした。トホホ・・
いやいや、ここに来てる時点で奇跡だよ?贅沢言っちゃいけませんよね(−−;
後はそう、無事に終わってくれれば・・・
みなさんの体験談に書いてあったようにとにかく凄かったです。
お兄さんやお姉さんのみならず、スタッフさん達も踊るわ歌うわ。
泣いている子もお母さんから離れられない子も、とにかく全員の子供たちを楽しませてくれようとしているのがすごく伝わってきました。
固まっていたうちの娘も次第に体を揺らし、どんどん楽しくなってきたのか積極的に踊るようになってきました。
練習の時はお兄さんに隠れて「どこにいるの?」状態でしたが、本番はバッチリ好位置をキープ。背が高いのでちょっとやそっとじゃ隠れなかったし
みんなが座ってTVを見始めたころ、よしお兄さんとまゆお姉さんに選ばれた子が隣のステージに移動して練習していました。「あー・・・やっぱりダメだったかぁ。」と思っていたらよしお兄さんに連れられて行った子が泣いて帰ってきました。よしお兄さんは次の子を探しているようで何人かに声を掛けていました。その時、何とうちの子にも声をかけているでは有りませんか!「よしいけー!!」と心の中で叫んでいたら・・・何か・・横に首振ってい・・る・・・
母は発狂するところでした。結局違う女の子がよしお兄さんに連れられていき楽しそうに踊っていました。まゆお姉さんと踊るかもしれないよ〜とは教えてきたけど・・・よしお兄さんは想定外でした☆
まだ4歳だし・・・仕方ないよね、うん(−− 
最後のトンネルでは「スイリンとタッチしたい!!」とか「ふうせんはピンクがほしいっ」と前々から言っていましたが、タッチは出来たもののピンクのふうせんは大人気で即完売・・・やっと赤色が拾えて、それでも嬉しそうにしてました。
あっという間に収録が終わり、記念の写真撮影も終わってほっと一息ついた頃
「たのしかったからまたここにきたい」とにっこり微笑みながら娘が言いました。
あぁ・・・ホントに来て良かった(T▽T)!
お兄さんお姉さん、スタッフのみなさんありがとー!
私もすごーく楽しかったです

実は前日に怖気づいて「行くのやめようかなー・・・」などと思ったりもしていました。(すみません小心者で^^;)
でも寂星さんのHPを見てみなさんの体験や感想を読んでいくうちに
「あぁ、楽しそうだなぁ」とか「みんな不安な気持ちは同じだったんだ」という事が分かって、すごく勇気を貰うことが出来ました。
とても素敵な居場所を、思い出をありがとうございます。
10年を超えられたそうですが、後に続く人の為にまだまだ頑張って下さい。(おめでとうございます^^)
少しと言いつつ長くなってしまいすみません(−−;
感謝してもしきれないくらいです。
本当にありがとうございました!!


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


大和の鮎さんの「2/1の収録に参加出来ました!!」

11月のハガキ(5回目)が当選し、2/1(月)14:25の回に参加しました。子供は3歳8ヶ月でした。

前日から宿泊し、当日朝から二月の歌もチェックして、スタジオパークで4時間(長!)過ごしました。渋谷消防署で消防車を見たりしましたが、14時までが長くて帰りたいと言い出し、ヒヤヒヤしました。

45名の参加で、親から離れない子は3組ほどでした。
お兄さん達が子供を連れてスタジオに入り、次に保護者、最後に私達3組の親子が入りました。スタジオまで、エプロンのお姉さんがずっと話しかけてくれていました。すでに他の子供達は元気にリハーサルしている中、3組だけ舞台側に通されてとっても恥ずかしかったです。
たくみお姉さんが話しかけに来てくれて、思わず私が「お姉さんと話せて、これだけで幸せです」と、大きな独り言を言ったので「ん?」って顔してにっこりしてくれたのがとっても可愛かったです。だいすけお兄さんも優しい声で、たくさんお話出来ました。「風船、何色にする?上見てごらん」と言われて見上げると、スタッフの方が持っている風船を振ってくれました。
ライゴーとプートのトンネルを一緒にくぐると自然に子供と離れてしまいました。泣かなかったので、後ろから保護者席へ誘導され、後は楽しんで見学しました。たくみお姉さんの歌声がテレビで聞くより透通っていてきれいだと感じました。よしお兄さんは細くてかっこいいし、まゆお姉さんも可愛かったです。だいすけお兄さんはそのまんまの印象でおちゃめでした。
得したな、と思う反面、楽しそうに踊る他の子供達が羨ましかったです・・・
たくみ・だいすけペアになってから、私は通勤の車内で毎日見ていますが、子供はモノランくらいしか見ていないので、ずっとひきつった顔をして手をくわえているうちの子をみて、私のエゴでかわいそうな事したかなと思いました。でも、最後に嬉しそうな笑顔で「風船取ったよ!楽しかった!!」と言うのをみて、私もすごく幸せに思いました。
たくみお姉さんに話しかけられているのも見てたし、だいすけお兄さんに「またね」とタッチ!したもらったのも見ていたので、大満足でした。スタッフの方もとっても親切でした。
放送は3/2(火)なので、あとは録画をちゃんとするだけです。
上手に書けていませんが、以上で報告を終わります。


 この文に関する感想のメールは私までお送り下さい。責任を持って転送いたします。

●このページのトップに戻る
●”スタジオへ行こう”のページへ戻る
●”おかあさんといっしょへの道”ページへ戻る


メールアドレスはトップページにあります
寂星宛メッセージ