黒野駅の車庫は静かだ。谷汲線、揖斐線の電車がたまに通る以外はゆったりとした時が流れる。
 この静かな雰囲気をイラストにしたかったため、このような構図をつくった。どアップの連結機から遠くの山までを凝縮させ、遠近感を感じやすくすることにより落ち着いた雰囲気を出せたのではないかと思っている。