白卓日記 ‘19 3月 前月へ! 次月へ!   
3月31日(日)
TSP高校オープン③
 年度末です。

 今日は男女とも1位リーグの残り試合です。

 男子は別府溝部、尽誠学園、近江と対戦。

 いずれも勝利し、全勝で優勝することができました。

 全国選抜に出場したチームにも5勝するなど結果を出すことができました。

 しかし課題は山積。

 技術的な問題はもちろん、精神的にも甘さを感じました。

 初めての指摘なら「伸びしろ」と言えますが、毎度毎度の指摘だと「成長していない」と言わざるを得ません。

 「結果が出たから」と満足していると…。

 女子は通算で1敗で1位と同率2位に。

 ベンチに入っていただいた西飯先生によると、「結果はともかく中身が…。」とのこと。

 三日間を通じてたくさんの試合を経験することができました。

 全国選抜のように3試合だと、その結果や内容は”たまたま”なのかと思ってしまいますが、今回のように10試合前後を行うと、良いところも悪いところも浮き彫りになります。

 日々の練習でも同じですが、現状を把握するのに直接自らの目で見ないと分かりません。

 本気で集中して見るのはとても疲れます。

 上手くいかないプレーを見たり、頑張れない選手を見るのは大変なストレスを感じます。

 しかしそれを”見て見ぬふり”をして本番で失敗するのは、もっと大きなストレスです。

 指導者として大した才能もなくカリスマ性もない凡人の私が、他より成果を挙げるには、他より努力するしかありません。

 たかが練習会ですが、12試合を全勝で終えタオルの商品をもらって喜ぶ選手たちを見ると、また明日から頑張ろうと思えます。

 明日から新年度のスタートです。

3月30日(土)
TSP高校オープン②
 昨日の予選リーグ1位という結果を受けて、今日から順位リーグが行われます。

 男子は8試合、女子は6試合が予定されています。

 男子は札幌龍谷、敦賀、高田、鳥取敬愛に勝ちました。

 結果はともかく、内容的には今ひとつの試合もあり勉強になります。

 「ゲーム力はゲームでしか養えない」という昨日の仲村錦二郎さんの言葉を頭に取り組みました。

 朝から休みなくゲームが続くと、勝っても負けてもついつい”軽く”取り組んでしまいがちです。

 軽くやると肩の力も抜けて好プレーが出たりしますが、実際の試合とほど遠い雰囲気になってしまいます。

 今日もそんな感じの選手には注意を促しました。

 集中力を切らさずに思い切ったプレーをするのと、何も考えずに軽いプレーをするのは似て非なるものです。

 高校生はこういった軽いプレーが格好良いプレーに見えてしまいます。

 本質を見失ってはいけません。

 選手たちにどう思われようと、それを伝えるのが指導者の仕事だと思います。

3月29日(金)
TSP高校オープン①
 今日から3日間、サオリーナにてTSP主催の全国高校卓球研修会が行われます。

 昨年は和歌山で、それ以前は大阪で行われていましたが、今年は地元三重開催です。

 例年より参加校は少ないようですが、北は北海道、南は沖縄まで全国から男女合わせて80校近い学校が集まりました。

 今日は予選リーグが行われ、男子は5戦全勝で明日からの1位リーグでやれることになりました。

 同じリーグには全国選抜にも出た京都の福知山成美もいましたが、大森汰佳人が昨年全国選抜シングルスで優勝した相手エースを破る活躍でした。

 試合開始前の開会式でVICTASの仲村錦二郎さんが「ゲーム練習でしか養えない”調整能力”と”ゲーム力”をこの試合で意識して下さい」と話をされました。

 なるほど。

 簡単に言えば「点数を取るために考えてプレーする」ことですが、これを習慣にしている選手は勝負強い。

 この話を聞いて、選手たちはどう感じたか?

 こういう話をしっかり聞けた選手は、考えてプレーできる選手なのだと思います。

 私が常々選手たちに言う、「成功する者は何をやっても成功するし、成功できない者はなにをやっても成功できない」です。

3月28日(木)
一夜明けて
 昨夜遅くに帰ってきました。

 やはり故郷はいいですね。

 学校は年度末でてんやわんやの状態です。

 午前中は来年度の時間割や、試合の事後処理等で忙殺されました。

 一休みしたいところですが、1か月後にはインターハイシングルス予選が控えています。

 今日はゆっくりめの午後14時スタート。

 見ている限り、疲れはそれほど感じませんでした。

 さて。

 全国選抜に出場したメリットは、自分たちの卓球が全国のどの辺りにあるのか?を感じられるところです。

 勝ち負けでの”順位”としての立ち位置も感じることができますが、自分たちのプレースタイルが通用するのか?も感じることができます。

 勝てば「通用する」、負ければ「通用しない」という単純なものではありません。

 「これが進むべき道」と信じて進んできた道が間違っているのか、いないのか。

 本当に勉強になりました。

 選手たちの目にはどのように映ったのでしょうか。

 休む間もなく明日から3日間、サオリーナで、VICTAS主催の全国規模の練習会が行われます。

 余韻に浸っている暇はありません。

3月27日(水)
全国センバツ③
 北九州は最高気温22℃。

 予選リーグ最終戦、決勝トーナメント8決定、準々決勝が行われました。

 男子は昨日2勝を挙げ、同じく2勝の近畿チャンピオン上宮とベスト16を賭けて対戦しました。

 トップは伊藤実。コントロールよく出された巧みなサービスにレシーブが安定しません。少しでも甘く入ると鋭い両ハンドドライブが飛んでくるので、厳しくレシーブしようとすると益々レシーブが不安定に。丁寧につなぎにいくとカウンターを浴びるという苦しい展開で勝機を見いだせず万事休す。

 続く久保田大輝はカット選手と対戦。肩の力の抜けた強烈なフォアハンドドライブが相手コートに突き刺さります。サービスもよく効き、1,2セット目は相手につけ入るスキを与えません。3セット目は競り合いになりましたが、崩れず我慢して振り切って嬉しい勝利。

 ダブルスの阪拓海・久保田大輝。勢いよく出足から飛び出すと、互角の展開に。強気に攻めまくって相手のミスも誘います。怒涛の攻めで7本で完勝。しかし相手が徐々に落ち着いてくると、ビックリするようなスーパーショットを決められます。チキ-タレシーブでも度々エースを決められて2,3,4セット目は完敗でした。

 4番は今大会初出場の疋田兼也。昨年の最終戦も4番で起用されて勝利を挙げています。緊張で体が動かず持ち前の思い切ったプレーができません。ダブルス直後でキレのある相手と対照的なプレーでなす術なく敗れます。2セット目になると少しずつナイスボールが入り出しますが、レシーブが安定しないのでポイントが伸びずにストレートで敗退。チームも予選リーグ敗退が決まりました。

 残念ながら目標としていた”予選リーグ突破”には一歩及ばず。しかし昨日の2試合は、冬の練習をしっかり取り組んできた成果が出ました。選手たちも大きな自信になったと思います。ただ、今日の試合でも感じましたが、全国の中位以上のチームとはまだ大きな差があると思います。まずは何が足らないかを考え、しっかりと計画を立てて課題の克服に努めたいと思います。

 女子は予選リーグ敗退は決まっていましたが、今日勝って勝ち越して終えたいところ。姫路商業と対戦。

 トップは白神ひかる。相手エースとの対戦は一進一退の攻防に。1-2と追い込まれながら粘ってセットオールに。つないだボールを狙われる苦しい展開でリードを許したまま後半へ。10本を取られてからも冷静に追い上げます。10-9から勝負にいった回り込みを詰まらされて痛い先取点を許します。

 負けられない2番は口地恋菜。積極的なプレーとサービスが効いて快調に2セットを連取。3セット目をもう少しのところまで迫りましたが9本で落としましたが、結果的にここが勝負どころでした。4セット目を4本、5セット目を8本で落としてチームも王手をかけられます。

 後のなくなったダブルスは白神・日口実咲。昨日は今ひとつのプレーでしたが、今日は相手との相性も良く、持ち前の変化と粘り強いプレーで圧倒。ポイントは11,8,8と競りますが、見ていて安心感のあるプレーでした。

 4番は日口。以前より動けるようになりプレーも安定感が増したように見えました。ダブルス同様、変化の激しいプレーに加えて、動かされても簡単には崩れない力強いプレー、そして迷いのない思い切ったプレーが噛み合ってストレートで快勝。ラストにバトンをつなぎました。

 ラストは古沢夏姫。積極的なプレーで出足から圧倒して4本で先取。その後の競り合いでセットを取り合い2-1とリードします。しかし4セット目を完敗すると、流れは変わらず5セット目の前半を0-5とリードされる最悪のスタートで戦意喪失。うなだれてチェンジエンドしますが、ベンチからの大声援に背中を押され再び気持ちを奮い立たせます。しかしポイントは伸びず4-10で万事休すと思われましたが…。諦めずにチェイスすると相手も焦り出します。8-10と追い上げたところで相手がタイムアウト。しかし動揺を見逃さずに大きなサービスを2本出して追いつきます。最後まで攻撃の手を緩めずに一気に押し切り奇跡の8本連取で歓喜の勝利。

 目標としていた”ベスト8”には及びませんでしたが、最後は意地を見せました。2年生中心のチームだけに最後のインターハイでは目標を達成してもらいたいと思いますが、そこまで戦う気持ちを作ることができるかどうかがポイントです。有終の美で終れるかどうかは選手たちの気持ちひとつで決まります。

 遠方の大会で、しかも年度末の平日開催にも関わらずたくさんの保護者の皆様が応援に駆けつけて下さいました。更には宿舎と会場との送迎もしていただきました。ご自分のお子さまが試合に出ていなくても駆けつけて下さった方も見えました。

 本当にありがとうございました。

 これで今年度の公式戦はすべて終了しました。

 来月末には始まるインターハイ予選に向けて再スタートを切りたいと思います。

3月26日(火)
全国センバツ②
 気持ちよく晴れた一日。

 全国選抜予選リーグが始まりました。

 男子の初戦は九州4位の日南学園(宮崎)。

 トップは大森汰佳人②が中国人留学生と対戦。全国大会初出場の大森は緊張もあり持ち前の丁寧なプレーができません。レシーブも乱れて、ラリーになっても相手のバック表に苦しみます。その後もリズムに乗れずストレートで敗れました。

 伊藤実①は負けられない試合となりました。ブロックとカウンター主体の戦型の相手に対し、ムキになって攻撃ミスを繰り返し5本で落とす苦しいスタート。緩急をつけることを意識するとリズムが出てきて5本で取り返します。その後は伊藤のプレーで流れが目まぐるしく変わりセットオールに。出足で思い切って攻めて一気に離します。最後は当たれば入る感じで1本でシャットアウト。

 ダブルスは阪拓海①・久保田大輝①。レシーブで苦しみますがサービスからの展開、ラリーなどで優位に立ってセットを先取。2セット目以降もリードしても追いつかれることもありましたが、崩れず要所を締めます。途中からは練習しているレシーブも見事に決まって8,9と抑えてストレートで勝利を挙げました。

 4番は阪。相手エースとの対戦。9-7とリードした1セット目を逆転で落とす嫌なスタート。しかしサービスがよく効き主導権を握ります。全体的には先手を取っていますがチャンスボールをミスしたり、相手のブロックにあったりと離すことができません。それでも我慢して冷静さを保ち、1-2からは打っても守っても素晴らしいプレーを連発して6,5で逆転して決勝点。

 強敵に対しても一歩も引かずに、かつ冷静さも失わないプレーには自分のチームながら驚きました。素直に喜べる勝利でした。

 二戦目は北海道3位の札幌龍谷。

 トップの伊藤は回転量の多い相手のドライブに手こずりますが、サービスを活かして徐々に挽回して10で逆転勝ち。そうなると一気に加速して、攻めの速さと台上処理で圧倒して快勝です。

 二番は阪。出足は悪く少しずつペースを上げますが及ばず12本で落とします。しかしレシーブが安定してくると持ち味の速いプレーが出始めて、相手を押し込み始めます。多少レシーブが不安定でしたが、それ以外の部分では相手を大きく上回って逆転勝ちで王手をかけます。

 ダブルスの阪・久保田は完璧な立ち上がりで1本で先取。続く2セット目は相手の好プレーもあって苦しみますが10本で取って流れを掴みます。3セット目は攻守ともに素晴らしい出来で5本で勝ってチームも勝利。

 初戦より肩の力の抜けたプレーで、ほぼ理想的な試合運びだったと思います。

 女子の初戦は中国4位の岩国商業(山口)。シード校のいない混戦グループですが初戦が勝負と見ました。

 トップの白神ひかる②はAICHIフェスティバルで負けている相手エースと再戦。両面表の速攻選手に真っ向勝負です。思い切って攻めた1セット目を5本で抑える好スタート。しかし鋭いしゃがみ込みサービスに苦しみ2,8で奪われて後がなくなります。接戦の4セット目も粘り切って9本で望みをつなぎます。勝負の5セット目、後半リードを許す苦しい展開。しかし相手が弱気になったところを見逃さず怒涛の攻めで9本で振り切って大逆転勝ち。

 一気に行きたい2番は古沢夏姫②。バック対バックでは押していましたが、相手のフォアハンドドライブに対しボールが合いません。接戦の2セット目を11本で落としたのが痛く無念のストレート負け。チームもタイに戻されます。

 ダブルスの白神・日口実咲①はAICHIフェスティバルで勝っている相手との再戦。1セット目を10本で取るも、2セット目を10本で失い勝負のポイントとなった3セット目。7-3とリードしますが、そこからジワジワ迫られて7-7になります。その後は競りますが11本で取られる痛恨の逆転負け。最後も8本で取られて1-3で敗退。

 四番は口地恋菜②。AICHIフェスティバルで負けている相手です。前回は効いていたしゃがみ込みサービスを最初から狙われる展開。それでも粘り強くプレーしますが、無理をせずに中陣からつなぐボールに無理を強いられポイントが伸びません。徐々にリードを広げられてストレートで敗退。

 4試合中3試合が半年前の再戦でしたが、再戦だから有利になる点と、不利になる点があります。同じプレーだとやはり相手も慣れてしまいます。そういった点で、相手の新しい技術が一枚上手だったと言わざるを得ません。

 女子の二試合目は北信越4位の松商学園(長野)。

 トップは古沢。ペン表の相手に序盤からしっかりと攻めます。威力のあるドライブで押し込んで引き離します。2セット目になると相手のブロックが入りだして競り合いになり9本で取り返されます。3セット目を3本で取って勝負あったかに思えましたが、大接戦の4セット目を15本で取られて苦しくなります。しかし最後は力を振り絞って引き離し、5本で振り切り先取点。

 続くは白神。サービスがしっかりと効き、出足から圧倒し簡単に2セットを奪います。3セット目は競り合いになりますがキッチリ締めて11本でストレート勝ち。

 ダブルスの白神・日口。フリックレシーブを多用する相手にやり辛そうにプレーします。日口のバックハンド、白神のカウンターは効果的でしたが、なかなかポイントが伸びず7本で先取した後の2セット目を11で取られて苦戦を強いられます。2-1とリードした4セット目もジュースになりますが、粘る相手を振り切って10で抑えてチームもストレートで勝利。

 負けたら予選リーグ敗退の決まる試合で粘り強く戦えました。理想のプレー、とは言えませんが結果に結びつけるのが先決です。こういった試合でこらえることが次につながります。

 朝から男子・女子・男子・女子と連続で行なわれた試合でした。コートで戦う選手はもちろん、ベンチの声援、観客席からのチームメイトや保護者の応援と、チーム白子で頑張りました。

 明日は予選リーグ最終戦。男子は上宮と予選リーグ突破を賭けて対戦します。あくまでチャレンジャーとして臨みます。女子は残念ながら突破の目はなくなりましたが、意地を見せたいところです。

 最後までチーム白子で頑張りぬきます。

3月25日(月)
全国センバツ①
 北九州は朝から気温が上がらず肌寒い一日に。

 5年前のインターハイの会場である北九州の体育館。

 9時から始まった公式練習は場所を変え男女を変えて続きます。

 各校が1台ずつ使えるのは一日2時間。

 効率よくやらないとアッと言う間に終わってしまいます。

 まずまず集中して取り組めていたと思います。

 宿舎、練習会場、試合会場が離れているので車がないと大変です。

 今日は1台のワンボックスカーで選手23名、指導者3名が分刻みで移動します。

 私と村上先生で8時半から12時頃までずっと運転し続けました。

 午後からは組み合わせ抽選会と監督会議、そして開会式。

 全国選抜は各3~4校の予選リーグが16ブロックあり、1位の学校だけがベスト16として決勝トーナメントに進めます。

 本校の男子は上宮(大阪・近畿1位)、日南学園(宮崎・九州4位)、札幌龍谷(北海道3位)と本校のブロックです。

 女子は松商学園(長野・北信越4位)、岩国商業(山口・中国4位)、姫路商業(兵庫・近畿4位)と本校です。

 言うまでもなく全国から選抜された強豪校ぞろいなので「ラッキーな組み合わせ」はありません。

 相手が有名校やブロック上位校であろうとなかろうと、チャレンジあるのみです。

 開会式の途中で応援組を離れたホテルまで送り、その後も保護者の借りたレンタカーにも手伝ってもらってようやく宿舎までたどりつきました。

 夕食をとり、明日に向けてのミーティングを終えて長い一日が終わりました。

 さあ、勝負です!

3月24日(日)
北九州へ
 晴れましたが風の冷たい一日。

 男子は他クラブとの関係で、早朝7時から10時まで調整練習を行ないました。

 選手たちは概ね好調です。

 男女とも午前中の練習を終え、全国選抜開催の地である福岡・北九州市へ向かいました。

 男女総勢23名となる本校選手団。

 今回は電車組と車組とに分かれての出発です。

 電車組は近鉄→新幹線→在来線を乗り継ぎました。

 正午頃に出発し、18時前に宿舎に到着。

 車組も後を追うように出発です。

 練習はしっかり積んできました。

 あとは心のコンディションと体のコンディションさえしっかり整えば、力は発揮できるはずです。

 出場するからには結果を求めてファイトしてきます。

3月23日(土)
祝 ご卒業
 3年前の卒業生の樋口桃佳さんが、専門学校の卒業と鈴鹿中央病院への就職の報告をしてくれました。

 選手時代から頑張り屋だった樋口さん。

 今や伝説となった「セットオール0-10からの奇跡の大逆転勝ち」の当事者です。

 私の指導哲学のひとつである「奇跡は偶然ではなく必然」を確信させた出来事でもありました。

 病院就職後も苦しいこともあるでしょうが、彼女なら間違いなく頑張り続けられると思います。

 おめでとうございます!

 そして今日は別の卒業生に関するニュースも舞い込んできました。

 白子高校卓球部創設者のおひとりである昭和30年代前半卒業の伊澤淳一さん。

 写真がご趣味だった伊澤さんは2006年から2009年にかけ、本校卓球部の数々の試合を撮影して下さって立派なフォトブックまで作って下さいました。

 当HPもリンクしている伊澤さんのHP「写真の絵本館」にはその当時の写真も多く残されています。

 HP右側の「素晴らしい青春(卓球)」をクリックするとたくさんの写真を見ることができます。

 この度、そのHPを閉鎖されるとのご連絡をいただきました。

 長い間、管理人として更新を続けてきたものの体力的にもキツくなり閉鎖するに至ったとのこと。

 その前に是非一度ご覧頂けたらと思います。

 伊澤さん、お疲れ様でした!

 卒業生の皆さん。

 人生の節目節目で近況をお知らせいただけたら幸いです。

 さて。

 伊澤さんより六十数歳若い現役高校生たちは、明日出発する全国選抜北九州大会に向けて最後の調整に汗を流しました。

 コンディションは上々です。

 練習後のミーティングで、明日からのことを確認しました。

 遠方であり20名近い選手で移動することもありミスは許されません。

 選手がそれぞれ自覚と責任を持って行動することが必要です。

 最高のパフォーマンスができるのは、当たり前のことができているのが前提です。

3月22日(金)
東京選手権ダブルスの部
 東京・駒沢体育館にて平成30年度第71回東京卓球選手権大会一般シングルス・ダブルスの部が開催されました。

 本校からは予選を勝ち抜いた男子ダブルスの阪拓海①・久保田大輝①、番条晃大さん・岡田理志さん、女子ダブルスの白神ひかる②・日口実咲①、口地恋菜②・古沢夏姫②がエントリーしました。

 白神・日口は淑徳大学と対戦。初見の相手に対してはは変化プレーに出足は戸惑ってくれるのですが、しっかりと待たれて左右からの鋭いドライブに苦しい出足に。その後もきっかけを掴めないまま試合は進みストレートで敗退。

 経験豊富な相手と対戦すると脆さを見せてしまうのが敗戦パターンです。次のステップをどうするのか?正念場です。

 口地・古沢は群馬のクラブチームと対戦。出足からリズムに乗れず攻撃も単発になります。0-2と追い込まれてからようやく反撃開始。9本で奪い返します。しかし4セット目は出足からリードを許して7本で万事休す。

 コンビを組み続け丸二年で互いの特徴は把握しています。ここから劇的に変化するものではありません。”相手より1本余分に返す”という基本に立ち返ることができるか?

 阪・久保田は和歌山のクラブチームと対戦。左ペンの台上プレーに戸惑いながら逆転した1セット目が勝負でした。以後も苦しみながら要所を締めてストレート勝ち。

 続く試合は東京ガスとの対戦。丁寧にプレーする相手に浮足立って1セット目を簡単に奪われます。落ち着きを取り戻して2セット目を9本で取り返して波に乗ります。3セット目は取られますが、慌てず冷静にプレーしてセットオールに。5セット目の前半で相手の好プレーにポイントが伸びずに、取り返そうと無理をして離されて2-3で惜敗。

 全体としては悪くない内容でした。”自分たちはもっとできるはず”と感じたのが最大の収穫か。ダブルスの肝であるサービス・レシーブの正確さが高まれば、更なる高みを目指せるはずです。

 卒業したばかりの番条晃大さんは先輩の岡田理志さんと組んでの出場。初戦の群馬・鶴谷病院にセットオールジュースで辛勝。続く専修大には完敗でしたが、社会人選手としてスタートを切りました。

 シングルスより経験が必要とされるダブルスで、大学生や社会人との対戦は厳しいものとなりました。

 しかしこの経験を活かさなければ東京まで遠征した意味がありません。

 遠方にもかかわらず応援に駆けつけて下さった、たくさんの保護者の方々の期待に応えるためにも、振り返りが必要です。

 休む間もなく帰路につきました。

 明後日には全国選抜に向けて出発です。

3月21日(木)
東京へ
 桜の開花も間近です。

 今日から春休みです。

 学校体育館が使えなかったので男子も卓球場での練習です。

 明日から東京選手権ダブルスの部が始まります。

 今年は東京オリンピックに向けて東京体育館が改修工事で使えないため、ジュニア・カデットとその他の種目と分離開催です。

 すでにジュニア・カデットは12日に終えており、今回はダブルス予選を勝ち抜いた番条晃大・岡田理志(NTN)さん、阪拓海・久保田大輝、白神ひかる・日口実咲、口地恋菜・古沢夏姫がエントリーしています。

 今日は午前中に上記の選手を中心のメンバーで、他のメンバーは午後からの練習でした。

 約3時間ほどしっかりと汗を流して調整していました。

 午後から東京に向けて出発し、暗くなったころに宿舎に到着しました。

 ハイレベルな東京選手権で、大学生や社会人選手と同じカテゴリーのダブルスの部です。

 思い切ってぶつかっていきながらも、しっかり結果も残せるよう頑張ってほしいところです。

3月20日(水)
修了式
 良く晴れた一日。

 今日は平成30年度の修了式。

 それに先立って今年度で本校を転勤、退職される先生方の離任式もありました。

 15年間本校に勤務された先生から昨年見えたばかりの講師の先生まで10名近い先生方からご挨拶をいただきました。

 淡々と語る先生もいれば、アツく語る先生も。

 それぞれのお人柄が出ていましたが、いずれの先生方も心に深く刻まれるお話でした。

 お疲れ様でした。

 練習は午後から。

 明後日に行われる合格者登校日の会場づくりのため、16時までの練習でした。

 卒業生の古市真暉さんが来て下さって胸を貸してくれました。

 私は今日も会議で、冒頭の1時間と終わり間近しか見られなかっただけに助かりました。

 16時からは体育館の会場づくりを頑張りました。

 私の仕事はここからでした。

 明日出発する東京選手権と24日に出発する北九州全国選抜の最終確認に追われました。

 何度も確認しながら準備をしていたつもりでしたが、改めて確認するとミスも見つかり、冷や汗をかきました。

 夜遅くまで村上先生と連絡を取り合いながらの作業でした。

 試合が終わって帰着するまで慎重にいきたいと思います。


3月19日(火)
祝 合格
 昨日は県立高校の合格発表でした。

 卓球部入部予定者たちはすでに前期選抜で合格内定はもらっていましたが、晴れて合格通知書を受け取りました。

 男女3名ずつと、例年に比べると少ないですがいずれも実力者ぞろいです。

 今後の活躍が楽しみです!

 参考までに去年のものも貼っておきます。

 さて。

 高校生たちは来週の今日に全国選抜初戦を迎えます。

 好不調はそれぞれですが、コンディションは悪くありません。

 団体戦ということもあり、大切なのは気持ちです。

 全員で力を合わせて勝ち取った代表の座です。

 全てを出し切る準備が必要です。

 妥協せずに取り組みたいと思います。

3月18日(月)
迫ってきました
 肌寒い一日。

 午前中はクラスマッチの続き。

 グラウンドで、体育館で、教室で歓声が沸き起こっていました。

 卓球部員たちも各種目で楽しんでいたようです。

 午後からの練習は、今日のクラスマッチで張り切り過ぎた者、昨日の遠征で疲れが残っている者。

 少し重そうな雰囲気でした。

 打球練習は少し早めに切り上げてフィジカル講習会。

 疲れてはいるものの、厳しくも楽しく取り組めるので最後まで頑張れたと思います。

 とうとう全国選抜まで1週間となりました。

 直前には阪拓海と久保田大輝は東京選手権ダブルスに出場します。

 さあ、いよいよ迫ってきました。

3月17日(日)
福井商業へ
 早朝に鈴鹿を出発し一路福井へ。

 男子6名は、橋辺先生率いる北信越2位の強豪・福井商業にお邪魔しました。

 福井の最高気温は9℃、霰(あられ)も降る寒い一日でした。

 フットワークを活かしたラリー戦に強い選手が多く、しっかりと鍛えられている感じがしました。

 全体としては四分六分?

 勝てた試合も負けた試合も必然。

 全国で勝つことを考えればまだまだです。

 全体終了後に福井商業の選手に、「全国選抜の目標は?」と聞くと、「ベスト8です」とキッパリ。

 「予選リーグ突破(ベスト16)」の本校より一枚上手でしたが、それも納得の一日でした。

 男子が練習試合を行っている傍らで、十数年ぶりに全国選抜を逃したという女子も練習に取り組んでいました。

 基本的な技術を時間をかけて朝から一日、黙々と取り組まれていました。

 昨年の地元福井国体でベスト4に入ったり、インターハイ団体でも5位入賞を果たしたチームですが、新チームでは苦戦を強いられています。

 しかし恐らく、全国で勝っている時も同じように地道な反復練習に取り組んでいたのだと思います。

 本校と同じ県立高校ながら全国のトップを窺う福井商業。

 率いる瓜生先生と橋辺先生は私の目標でもあります。

 勉強になりました。

3月16日(土)
スタッドレス
 今日の男子は午後からの練習。

 空いた午前中の時間を使って車のタイヤをスタッドレスからノーマルに交換しました。

 今年の冬はスタッドレスの威力を発揮することなく終わりました。

 唯一、雪が降った1月27日は大阪に遠征する予定でしたが名阪国道が通行止めになったので中止になりました。

 ということで一度も雪道や凍結道路を走らずに終わりました。

 まあ走らないにこしたことはないのですが。

 さて。

 午後からの練習ということで元気よく取り組めたと思います。

 卒業したばかりの番条さんも「やっと自動車免許取れました!」と、参加してくれました。

 明日は遠征が予定されています。

 全国センバツ前、最後の遠征です。

3月15日(金)
滝川高校来校
 朝は冷え込むものの日中は穏やかな天気に。

 学校はクラスマッチ。

 練習は午後からでしたが、兵庫・滝川高校が来校して下さいました。

 短時間ながらガッツリとお相手をしていただきました。

 過去に何度もお手合わせいただいていますが、本校としては今日がいちばん勝ち星が多かったように思います。

 学年末テストが終わって1週間が過ぎましたが、ほぼテスト前の状態に戻っていると思います。

 会議続きでなかなか練習が見れませんでしたが、しっかりと取り組めているのだと思います。

 全国選抜まで残すところ10日となりました。

 ここからが追い込みです。

 参加するだけに終わるか、しっかりと結果を出せるか。

 勝負の10日間です。


3月14日(木) 
アップデート
 花粉の最盛期。

 今日も会議で練習はあまり見られませんでした。

 練習後にユニフォームの整理をしました。

 本校の公式戦用のユニフォームはチームで揃え、卒業時に部に残していく方式です。

 買い取り方式だと卒業後に持て余してしまうので、後輩たちに譲って代々受け継いでいきます。

 とは言うものの年月を経ると経年劣化し、紛失したりするうちに10年もすると自然消滅していきます。

 現在保有している最古のものと思われるユニフォームがこれです。

 15年ほど前になると思いますが、男子としては初めて揃えたオリジナルのユニフォームです。

 当時は白色もOKでした。

 胸に大きくチーム名を入れるデザインは当時としては画期的でした。

 デザインもさることながら、フォルムも幅広でゆったりめ。

 最近はボディラインにピッタリ目で、裾を出して着るのがトレンドですが、当時はショートパンツに裾を入れるのが前提のフォルムで、今ならブカブカのヒラヒラといった感じです。

 一枚だけしか残っていなかったので、選手たちに「欲しかったらあげるよ」と呼びかけましたが希望者はおらず…。

 こうやって流行もアップデートされていくのだと実感しました。

3月13日(水)
理想と現実
 晴れましたが冷たく強い風の吹く一日。

 夜になると嵐のような強風となりましたが、”春一番”ではないそうです。

 この時期は会議が多く予定されています。

 今日も練習途中から抜けて、終わった時間にはすでに自主練習も終わっていました。

 昨日の練習後に選手たちに話をしました。

 今月の下旬には全国選抜が控えています。

 それが終わると年度が変わり、そこから約1か月でインターハイのシングルスとダブルスの代表が決まります。

 現実的に考えると、現在ほとんどできない技術はインターハイ予選でも使えません。

 出来ないことを出来るようにするのが練習ですが、期限が決められている状態で取り組むのなら、計画を立てなければなりません。

 簡単に言えば、高校生にとって最大の目標とも言えるインターハイ予選で使えそうもない技術をこの時期に練習する意味はありません。

 使えそうな技術の水準を上げることに力を注ぐべきです。

 一生懸命練習するのは当たり前です。

 目標としている試合でポイントを取って勝つために、「今何をすべきか?」を考えなければなりません。

 理想と現実は同じではないのです。

3月12日(火)
東京選手権ジュニアの部
 最高気温16℃。

 今日も暖かな一日。

 まあその分、花粉も多いんですが。

 東京選手権のジュニアの部に参戦している白神ひかる、阪拓海、そして21クラブの中村華子さんの結果が入ってきました。

 白神は初戦の島根・明誠をストレートで退けて福島・桜の聖母学院と対戦。調子が上がらないまま0-3で敗れる結果に。

 会場はかなりの湿気があったようで、それを過剰に意識し過ぎたとのこと。技術的に大差がない選手と初見で対戦することが多い全国大会。ちょっとしたリズムの狂いは命取りとなります。この経験を活かしてもらいたい。

 阪は地元東京・実践学園と対戦。互いに緊張もありセットを取り合って1-1に。3セット目あたりから少しずつ雰囲気に慣れてきた阪がポイントを重ねて3-1 で勝利。続く2回戦は第4シードの野田学園。バックサイドに出したサービスを厳しいチキータで先手を取られて5本で失います。2セット目もリードを許しますが、チキータ封じのためフォア前に集めたサービスからの展開で逆転に成功11本で奪い返します。しかしその後はフォア前のサービスをストップされて一方的な展開になり1-3で敗退。

 技術の差は大きかったと思いますが、「一泡吹かせる」気持ちで臨んだ大会で得たものは大きかったはず。全日本予選で不覚を取って以来、捲土重来を期しこの冬の練習に取り組んできました。「全国大会で勝つ」という目標を持ち続けることが大切です。

 中村さんは明徳義塾と対戦。ポイントは競るもののセットは奪えず0-3で敗退。バックハンドが合わせるだけになったところを狙われました。しかしまだまだこれからの選手です。この世代で先駆けて東京選手権を経験できたことは大きいはずです。
 さて。

 今日は昨日の後期選抜の採点日。

 正確を期すため、あえて当日ではなく翌日に仕切り直して採点します。

 生徒の学校敷地内立ち入りも、14時以降しか認められていません。

 男子は午前中に卓球場で練習した後、学校に移動しての練習でした。

 例年、採点は夕方以降までかかるのですが、今回はスムーズに進み16時過ぎには終わりました。

 急いで体育館に駆けつけると、まだ最後の練習の真っ最中でした。

 気がつけば3月も中旬に差しかかっています。

3月11日(月)
後期選抜
 強い風の吹く一日。

 今日は三重県の県立高校の後期選抜検査。

 緊張の面持ちで5教科の選抜検査プラス面接と、朝から夕方まで頑張っていました。

 この日のために一生懸命、受験勉強に励んでいたことと思います。

 合格発表は18日月曜日です。

 ということで学校体育館が使えないため、男子も卓球場での練習です。

 全国選抜まで約2週間。

 晴れ舞台で最高のパフォーマンスを発揮するためには、この時期の練習が大きく影響するのは言うまでもありません。

 何年後かに、「あの試合は忘れられない」と思い返せるものにするためにも頑張ってくれていたと思います。

 東京選手権に参戦する男子の阪拓海、女子の白神ひかるは、今日の午後に出発しました。

 これまた「全日本よりレベルが高い」と言われている日本最高峰の試合です。

 まずは初戦、そして更なる高みにチャレンジしてもらいたいと思います。

 明日も後期選抜の採点日で私も村上先生も行くことができません。

 女子は西飯先生にお願いして、男子は卒業生の古市真暉さんに練習相手とベンチコーチをお願いしています。

 どうぞよろしくお願いします!

3月10日(日)
中瀬さん快挙
 昨年度本校を卒業し専門学校に進んだ中瀬雄斗さんが、全国専門学校卓球選手権大会で第3位入賞を果たしました。

 昨年12月に東京で行われた大会だったそうです。

 シングルスとダブルスの両種目での3位入賞。

 おめでとうございます!

 卒業生がそれぞれのステージで頑張ってくれていたり、幸せになってくれたりするのは本当に嬉しく感じます。

 まだ専門学校1年生が終わったばかりですが、すでに就職も内定しているとのこと。

 順風満帆な中瀬さん。

 今後の活躍も期待されます。

 さて。

 冷たい雨の降り続く一日でした。

 午前午後と学校体育館での練習でした。

 明日、東京選手権へ出発する阪拓海も自分のペースで調整練習に取り組みました。

 11月の予選を経ての出場です。

 三重県からジュニアの部の代表枠は「2」と、インターハイシングルスの「4」や、全日本ジュニアの「3」と比べても狭き門です。

 地元東京代表の選手との1回戦に勝つと野田学園の強豪選手との対戦が予定されています。

 大阪選手権に出場した久保田と伊藤も野田学園の選手に敗れています。

 まずは1回戦突破に向けて全力を。

 そして、”勝てば一気に有名に”なれる強豪選手に果敢に向かって行ってもらいたい。

 さてさて。

 明日は三重県公立高校の後期選抜検査です。

 受験生にとっては勝負の一日です。

 天気も回復傾向です。

 ご検討をお祈りいたします。

 明日と採点日である明後日は練習は見られそうもありません。

 全員で協力して雰囲気づくりを!

3月9日(土)
トヨタ自動車へ
 テスト後の週末。

 本格始動です。

 今日の男子はトヨタ自動車遠征、三重愛知交流会、卓球場での練習と、3班に分かれての活動でした。

 トヨタ自動車にお邪魔したグループはガッツリ4時間、お相手をしていただきました。

 打っても守ってもラリーが続くので非常に中身の濃い練習ができました。

 ゲーム後のアドバイスも的確。

 いつものことながら本当に有意義な一日となりました。

 社会人として当然のごとく週5日フルタイムで働き、その後に21時まで練習。

 土日を含む週6日の練習に取り組んでいるトヨタの選手たち。

 私たちはまだまだです。

 明日からまた頑張ろう。

 そう思わせてもらえた一日でした。

 トヨタの選手の皆さん、監督の大島さん、ありがとうございました!

3月8日(金)
試される
 スギ花粉はピークを迎えています。

 春を迎えるこの季節。

 花粉症が無ければさぞ…。

 さて。

 月曜日に後期選抜検査があります。

 土日を挟むので今日の放課後は生徒を校舎から締め出して準備に追われました。

 そのせいで練習は最初と最後しか見ることができませんでした。

 毎年この時期は、1年でいちばん練習を見ることができない時期です。

 新しいシーズンが始まる直前のこの時期は、1年で最も大切な時期とも言えます。

 正直、気が気ではありません。

 しかしこういった状況を想定して、自らの意志で練習に取り組む指導をしているつもりです。

 年中、誰がいてもいなくても集中力の高い練習ができるのなら指導者は必要ありません。

 でも、誰のために、何のために卓球に取り組んでいるのか?

 それが試される時期です。

 厳しくも重要な時期を迎えています。

 東京選手権、全国選抜、そしてインターハイ予選。

 この時期の練習をどのように取り組んだのかは、それぞれの試合の結果が示してくれます。

3月7日(木)
再スタート
 快晴・強風・雨上がり。

 花粉症にとって最高の条件が整いました。

 辛いです…。

 テストも終わり、今日から再スタートです。

 日中の気温は高く、プレーしていないこちらも薄着で十分になってきました。

 選手たちも昨晩ゆっくり休めたのか、テンションが上がっているのか、どの選手たちも悪くないパフォーマンスでした。

 テスト前、テスト中で約2週間。

 短時間ながら毎日、練習は欠かさなかったので打球感を失ってはいないと思いますが、体のキレや微妙な感覚を取り戻すのに数日かかると思っていました。

 もちろんまだテスト前の状態ではないにせよ、継続して取り組むことの大切さを感じました。

 私の事務手続きも順調です。

 東京選手権、全国選抜とビッグイベントが続きます。

 特に全国選抜は男女部員全員が北九州までの大移動となります。

 動くお金も大きいのでミスは許されません。

 選手たちが何のストレスもなく最高のパフォーマンスで臨めるよう、こちらも細心の注意を払わなければなりません。

3月6日(水)
全て同時に成り立つ
 テスト最終日。

 各学年1教科のみ。

 長かったテストが終わりました。

 テスト後に2年生の一部は本田技研の見学会に出掛けました。

 気がつけば2年生の進路決定も目の前に迫ってきています。

 高校の3年間は思ったよりも短いのです。

 卓球も勉強も両立させなければなりません。

 それと同時に、卒業後の進路についても考えなければなりません。

 その全てを成り立たせるのは至難の業ですが。成り立たせなければなりません。

 ”人生100年時代”と言われます。

 本校は卓球のことしか考えていない”卓球学校”ではありません。

 卒業後に卓球を続けても続けなくても将来、「白子高校の卓球部で頑張ったから今の自分がある」と思える3年間にしなければなりません。

 しかしそれは、「卓球で勝てなくても構わない」というものではありません。

 大好きな卓球で勝つことと、勉強で好成績を挙げること、そして卒業後の進路を満足のいくものにすること。

 それらは全て同時に成り立つと思います。

 それができるのが白子高校だと自負します。

3月5日(火)
サジ加減
 最高気温は17℃!

 もう春です。

 テスト4日目を終えました。

 残すはあと1日。

 体育館の点検整備のため、テストは11時には終わりましたが15時まで使えないとのこと。

 テスト後すぐに勉強会とし、練習は17時半からにしました。

 さすがにテスト後半となると疲れも溜まってきました。

 勉強会前半は、ほとんどの選手が仮眠にあてていました。

 さて。

 私は会議などやむを得ない時を除いて、必ず勉強会に同席します。

 ”監視”しているつもりはありません。

 「勉強しておけよ」で済むなら指導者は必要ありません。

 同じく「練習しておけよ」で済むなら指導者は必要ありません。

 常に選手と同じ立場にいることが指導者の矜持だと思います。

 指導においては、より合理的に取り組むことを目指していますが、ここだけは譲れないところです。

 「賢くやりたい」とは思いますが、「賢くやりたくない」とも思います。

 何十年やってもそのサジ加減は分かりません。

3月4日(月)
ゴール間近
 朝は雨が降っていましたが、天気予報通り徐々に晴れに。

 雨のせいか花粉をほとんど感じさせない一日に。

 テスト中日。

 選手たちも疲れが溜まってきています。

 月曜日恒例のフィジカル講習会が16時からという影響で、テスト後すぐに勉強会→練習→フィジカル講習会→勉強会という変則日程。

 ボールを打っていても、トレーニングをしていても、いわゆる”キレ”がありません。

 しかしそれは必然。

 練習量が落ちている状態でキレがあるプレーができるなら、練習は必要ありません。

 トレーニングもヒーヒー言いながら取り組んでいました。

 テスト後すぐの勉強会では居眠り(仮眠?)をする者もいましたが、練習後の勉強会では頭がスッキリしたのか高い集中力で臨んでいました。

 今晩を乗り切ればゴールが見えてきます。

 頑張れ!

3月3日(日)
テレビ放映
 朝から曇り空でしたが、パラパラと降ってきました。

 今日の体育館はテスト前日ということもあって卓球部の貸し切りでした。

 選手たちの集中力も高く、しっかりと練習できました。

 午後からの勉強会も、明日のテストに向けて妥協せずに取り組んできました。

 さて。

 勉強会終了後に何気なくテレビを見ていたら、19時からフジテレビでジャパントップ12を生中継で放映していました。

 地上波の全国ネットの民放で、しかも日曜日のゴールデンタイムに卓球の放映。

 驚きました。

 水谷選手と張本選手の決勝戦は凡戦に終わりましたが、卓球関係者以外で視聴した方の目にはどう映ったのでしょうか。

 卓球の放映と言えばテレビ東京が数年前から世界選手権などを独占放映しています。

 卓球というコンテンツが今後も通用するのかどうか。

 関係者としては大変興味深いところです。

3月2日(土)
目指せ自己ベスト
 驚くほどの快晴。

 最高気温15℃。

 朝9時からの練習も、ほとんどの選手が最初から半袖短パンでした。

 卒業式の関係で、1,2年生が揃っての練習は3日ぶりでしたが、短時間ながら最後のトレーニングまでしっかりと取り組めました。

 午後からは勉強会。

 テストの日程にゆとりがあるので、卓球的には辛い日程ですが、勉強的にはしっかりと取り組める日程です。

 ただしこれは卓球部員に限らず他の生徒も同じ条件です。

 自己ベストを更新するにはやはり妥協は許されません。

 成功する者は勉強でも卓球でも仕事でも全て成功できます。

 ほとんどの選手は恐らく今までで最もしっかり勉強に取り組んでいると思います。

 頑張れ!

月1日(金)
卒業式
 昨日の雨がウソのように晴れた今日は白子高校の卒業式でした。

 卓球部男子8名、女子2名が巣立っていきました。

 式後は卓球場に選手、保護者の皆様が集まり最後のお別れを。

 きれいにデコレーションされた卓球台型のケーキも作っていただきました。

 苦しかったことも楽しかったことも失敗したことも成功したこともあった3年間でしたが、どの選手たちも最後まで精一杯やり遂げました。

 この”濃い”経験はこれからの人生に絶対に活きます。

 恐らくどんな困難にぶち当たっても、きっとクリアできる自信とノウハウを身につけているはずです。

 卓球を続けようと続けまいと、またきっと顔を出して下さい!

 保護者の皆様。

 大変な3年間だったと思いますが、ご支援とご協力に心から感謝いたします。

 至らない点もたくさんおありだったと思いますが、何とか卒業までたどり着きました。

 「白子にして良かった」と思っていただけたでしょうか?

 白子を選択していただいた効果は、むしろこれから現れるはずです。

 楽しみにしておいてください!

 選手の皆さん、保護者の皆さん。

 卒業されても永遠にチーム白子のメンバーです。

 これからもよろしくお願い申し上げます!