白卓日記 ‘19 2月 前月へ! 次月へ!   
2月28日(木)
祝 ご出産
 一昨年の9月にご結婚された平成20年卒業の牧野(旧姓濱村)香名さんに第一子の女の子がご誕生されました。

 エンジニアの旦那さんと、現在は埼玉県在住の香名さん。

 お子さんのお名前は「心春」と書いて「こはる」ちゃん。

 とっても元気、とのことです。

 おめでとうございます!

 またぜひ遊びに来て下さい!

 さて。

 高校生たちはテスト二日目を終えました。

 1年生、2年生ともに2教科のテストでしたが、明日に控える卒業式を前に、出席する2年生は卒業式の予行に、1年生は大掃除にと、昼過ぎまで時間を費やしました。

 練習も卓球場に移動して行ない、勉強に取り掛かれたのが13時過ぎ。

 それでもしっかりと取り組めました。

 テスト前半二日間を終え、明日から1年生は3連休、2年生は卒業式出席後の2.5連休。

 後半の三日間に向け、重要な週末となります。

 油断せずしっかりとっ取り組みたいと思います。

 
2月27日(水)
桒村さん来校
 最高気温12℃。

 朝晩は少し冷えますが、日中は穏やかな暖かさです。

 学年末テストが始まりました。

 1年生は初日から3教科。

 「手応えありました!」と言っている部員もいましたが果たして…。

 体育館は卒業式用の椅子が並べてあるので、男子は今日も卓球場での練習でした。

 女子は13時から朝日大学の選手を招いての練習ということで、男子の練習はそこまでの短時間練習。

 3年前の卒業生の桒村菜月さんが朝日大学の選手の一員として来てくれましたが、練習前に学校に寄ってくれて、わざわざ職員室に顔を出してくれました。

 エースとして活躍した彼女でしたが、持ち前の明るく屈託のない性格は変わっていません。

 大学でも卓球で活躍し、単位もしっかり取っているとのこと。

 短い時間でしたが楽しく話をさせてもらいました。

 お土産の大きなシュークリームを持って、「お世話になった他の先生の所にも挨拶に行ってきます!」と出て行きました。

 このあたりが彼女の人間的な魅力なんだと思います。

 大学卒業まであと1年。

 頑張ってください!

2月26日(火)
三人寄れば
 テスト前日です。

 卒業式は三日後ですが、明日からテストなので今日は体育館に椅子を並べました。

 私は会議で顔を出せませんでしたが、男子も久し振りに卓球場での練習でした。

 短時間の練習後に学校に戻って勉強会です。

 前日ということもあってか、それぞれで問題を出しあったり、出題傾向を話し合ったりと確認勉強に追われていました。

 もちろん最終的には自分の力で頑張らなくてはなりませんが、一人だとできないことも「三人寄れば文殊の知恵」です。

 今回のテストは長丁場なので、無理をせずに睡眠時間を確保してもらいたいところですが、背に腹は代えられません。

 妥協せずに徹底的に取り組んでもらいたいです。

 私も予定より早く仕事が進んでいます。

 だからと言って妥協せずに早めに終わらせようと思います。

2月25日(月)
卒業してゆく3年生⑩
 番条晃大は小学生の頃から卓球場に通っていました。

 柔らかなボールタッチはその当時から目を引きましたが、とにかく諦めが早く周囲からは「もったいない」と言われていました。

 中学生の頃はベスト4には入るものの、代表を決めるそこからのリーグ戦では初戦に敗れると気持ちが切れてしまいます。

 中学2年生になった頃に、「白子高校で卓球をやりたい」と言ってくれましたが、勉強の成績が一定の基準に満たなかったら断念すると決心しました。

 そのあたりから少しずつ取り組み方の本気度が増し、最後の中体連では自己ベストの県2位までステップアップ。

 勉強の成績も見事ノルマをクリアしました。

 高校入学後も最初のインターハイダブルス予選で優勝するなど順風満帆なスタートでしたが、その後はなかなか結果が出せずに苦しみます。

 そんな彼のターニングポイントになったのが2年生夏にキャプテンに任命されてからです。

 持ち前のボールタッチに加え、力強さも身につけて全日本ジュニアの代表になると、そこから県代表の座を譲ることはなくなりました。

 エースとして臨んだ団体戦でも、団体戦でも全国選抜代表の原動力となるなど中心選手として活躍しました。

 最後のインターハイ予選も団体こそ代表を逃しますが、シングルスとダブルスでは堂々の代表に。

 目標としていた全国大会初戦突破はなりませんでしたが、全ての全国大会に代表となる活躍を見せてくれました。

 ラケットを持つと目の色が変わる彼ですが、普段はクラスでも部活動でも笑いの中心にいます。

 小中時代の彼を知る人は、「これがあの晃大?」と驚かれます。

 卒業後は本校卒業生も多数在籍する”なんてなめらか”な実業団に進みます。

 「白子高校に入学できなかったら寿司職人になる」と言っていたのが3年前。

 3年先の彼はどうなっているのでしょうか?


2月24日(日)
何が良くて何が悪い?
 今日も暖かな一日。

 午前中練習でした。

 昨日はゲーム練習を時間の関係で3セットマッチにしたのですが、今ひとつ盛り上がらず覇気のないゲーム練習でした。

 今日はいつも通り5セットマッチに戻したら、昨日より雰囲気よくできました。

 選手たちの心身のコンディションは日々変わります。

 体調もあるでしょうし、スケジュールの関係も影響すると思います。

 何が良くて何が悪いのか。

 決まった公式がないので頭を悩ませます。

 さて。

 今回のテストの日程は変則的であることは一昨日に書きました。

 テスト期間中に土日が2度あることは、卓球的にはマイナスですが、勉強的にはプラスです。

 たっぷりと時間の取れる土日は、勉強することにとっては大きなプラスです。

 今日も半日しっかりと時間が取れました。

 私も仕事がはかどります。

 学期末はこちらも忙しい時期ですが、テスト後の部活動になるべく影響が及ばないよう、しっかりとできることはやってしまおうと思っています。

2月23日(土)
勉強と卓球の関係
 花粉、来てます。

 ここからふた月は花粉症持ちには厳しい季節です。

 水曜日から始まる学年末テストを控えて、午前中短時間の練習です。

 やはり練習量が落ちると選手たちの動きも目に見えて悪くなります。

 ある程度は仕方ありませんが、打球感覚と体力は落とさないようにしなければなりません。

 午後からは勉強会です。

 今日は約6時間。

 帰ってからも3時間はできるはず。

 私の長年の経験から、テストで好結果を出した選手は、その後の試合でも好結果が出る確率が高いと思います。

 これ、結構な確率です。

 もちろん入学時の勉強の力は個人差があるので、「テストで好結果」というのは、「その選手が持っている力からすると好結果」と言う意味です。

 「6時間勉強会をした」と言っても、手を抜こうと思えばどれだけでも手を抜けます。

 私もずっと同席していますが、監視している訳ではありませんので、周囲に迷惑を掛けないのなら仮眠をとっても構いませんし、休憩をとるのもOKです。

 でも集中して取り組んでいるかどうかまではチェックしません。

 「やりたくないけど、やらなくてはならない」こと。

 ほとんどの選手にとって、勉強はそうだと思います。

 こういうことを頑張って取り組める精神状態なら、卓球も頑張れるはず。

 「やりたくないので、一生懸命やらない」という選手は、卓球も難しいことやシンドイことから逃げます。

 だから私はテスト後に団体戦があるなら、好結果を出せなかった選手を出すのはためらいます。

 全国選抜では全員を出したくなるようなテストの結果を期待します。

※TOPICSに「全日本選手権」、「学年別大会」、「大阪選手権」をアップしました

2月22日(金)
卒業してゆく3年生⑨
 西山天智は中学時代、どこのクラブチームにも属さず、中学校の練習のみで県下トップクラスの実力を誇っていました。

 本校入学後もすぐにインターハイダブルスの代表になるなど順風満帆なスタートでした。

 しかしその後はダブルスでは結果を出せるもののシングルスとなると足踏みが続き、2年生になると県大会でも上位に勝ち上がることが難しくなってきました。

 新チームとなり必然的にダブルスに起用される立場となり闘志に火がつきました。

 それまでは億劫に感じた練習も、「やらずにはいられない」気持ちになり、授業中も「早く練習したい」とウズウズするようになってきました。

 そうなると元来、のめり込みやすい性格が上手く回り始め、練習での集中力はチーム1となりました。

 すると全日本ジュニア予選、県新人戦と、ダブルスだけでなくシングルスでも結果を出せるようになってきました。

 2年生後半から3年生にかけては、大阪選手権、全国選抜、インターハイと全国大会で活躍できるまで復活を遂げました。

 普段は明るく温厚な性格で、チームではむしろ甘んじて”いじられ役”に徹します。

 卒業後は愛知県の実業団への就職が決まっています。

 3年生の夏が過ぎても後輩たちに混じって練習に取り組みますが、地道に腐らずコツコツと取り組む姿勢で後輩たちからも信頼される存在です。

 一度地獄を味わったからこそ、人間にとって一番大切な”我慢”を身につけたのだと思います。

 強さと優しさを兼ね備えた彼に死角はありません。

 彼の人生の絶頂はここから始まります。

2月21日(木)
成功するためには
 暖かい日が続きます。

 体の芯から冷え込む日はもうないのかも知れません。

 テストまで6日。

 今回のテストは本校にしては珍しく水曜日始まり。

 しかも金曜日は卒業式なので、水木テスト→金土日休み→月火水テストという変則日程。

 前半2日、後半3日と分かれているので今まで以上に計画を立てて臨まなければなりません。

 勘違いしてはいけないのは、「来週の火曜日までは前半の勉強。金土日で後半の勉強」という計画を立ててしまうこと。

 勉強が苦手な者にはそうならないよう伝えました。

 勉強も卓球も成功のノウハウは同じです。

 成功できない者は、「まだ時間があるから今やななくても後でもいいか」と考えます。

 成功できる者は、「まだ時間があるうちにどんどん先に進めよう」と考えます。

 「卓球は頭を使うスポーツだから勉強のできる者が成功する」は間違いです。

 勉強できるから成功するのではなく、成功する者は何をやっても成功するのです。

 卓球を通じて成功へのノウハウを学んでもらいたいです。

2月20日(水)
卒業してゆく3年生⑧
 長谷川蒼はとにかく強い気持ちを持った選手でした。

 私の大学の先輩が指導者であるクラブチームの出身。

 その先輩曰く、「卓球はまだまだだけど、とにかく熱心だから」という言葉を今でも覚えています。

 その言葉に偽りはなく、上の学年も下の学年も力のある選手に挟まれながらも、そのモチベーションは下がることはありませんでした。

 それでもやはりなかなか勝てず、キャプテンを任命された2年生夏以降も苦戦が続きました。

 ライバルの高田の同学年の選手たちにも後れを取り迎えた学年別大会。

 16シードという位置にいながら次々と上位シード選手を破り準優勝に輝きました。

 県内常勝で緩みがちなチームの雰囲気をリーダーシップを発揮して締めたことが、当たり前のように勝ち続けているチームの基盤を支えたことを知る者は多くありません。

 誰よりも頑張っている自負があるからこそ、気持ちで引くことなくチームを牽引してくれました。

 勉強も妥協することなく学年上位を堅持し、卒業後は地元大手自動車メーカーへの就職が決まっています。

 卒業後の人生も、どんな困難にも強い気持ちで立ち向かい、バイタリティ溢れる行動力で次々と問題を解決しながら突き進む、彼女の姿が想像できます。

2月19日(火)
皆勤賞
 久し振りのまとまった雨。

 11月以来とのことです。

 今日は2月に入り自宅学習となっていた3年生の登校日。

 始業前に体育館で朝の全校集会を行ない、その際に3年生の表彰も行われました。

 メインは3年間、無遅刻無早退無欠席の皆勤賞。

 今年は71名、3年生の約4名に1名が表彰されました。

 卓球部からは長谷川蒼、鈴木暖人、堀津周汰、上山颯斗が表彰されました。

 雨の日も風の日も、身体が重い日も気持ちが重い日も、朝早くから終業まで休むことなく学校に出てきました。

 ましてや3年間ほぼ休みなくハードに活動する卓球部に在籍しながら、です。

 試合で活躍することも、勉強で好成績を得ることも大切です。

 しかしこの皆勤賞もそれらに勝るとも劣らない偉業です。

 さて。

 テスト8日前。

 今日から勉強会を始めました。

 徐々にギアを上げていきたいと思います。

2月18日(月)
卒業してゆく3年生⑦
 堀津周汰が本校への入学を希望したのは中学2年生の後半でした。

 二つ上の兄である有貴の後を追い入学してきましたが、不器用ながら地道にコツコツと取り組んできた兄とは対照的な選手でした。

 長身左腕から繰り出すプレーは力みもなく、正に”スマートな”プレースタイル。

 しかし兄のようにガツガツとしたところがないのが仇となり、なかなか結果につながらないスタートでした。

 その彼が覚醒したのが2年生のインターハイ予選。

 第4シードの選手を倒してベスト8に進出するジャイアントキリング。

 ストイックに取り組むことが成功への道であることを体験し、目の色を変えて練習に取り組むようになってきました。

 その後はそれを上回る結果を出せずに終わりましたが、あの成功体験は今後の人生に生きるはずです。

 プレーを離れると明るくリーダーシップのとれる性格。

 キャプテンの番条をサポートし、裏方でチームを支える存在でした。

 卒業後の進路は迷った末に、何かを”創造する”仕事に就きたいとの思いで工業系の専門学校に進みます。

 バランス感覚に優れた彼のこと。

 きっとこちらが想像もしない活躍を見せてくれるに違いありません。

2月17日(日)
大阪選手権③
 最終日の今日はジュニアシングルス4回戦からが行われました。

 本校で勝ち残っているのは白神ひかると口地恋菜。

 口地は石川・遊学館と対戦。厳しい攻めに対応できずストレートで敗退。しかし今大会は好調で、村上先生によると「いつも全国大会では攻めに行くと得点できないが、今回は攻撃でポイントを取れていた」とのこと。

 白神は福井商業に出足から飛ばして3-1で勝利。続く5回戦は兵庫・三田学園のカットマンと対戦。ペースを掴めないまま試合は進んで1-3で敗退。ベスト32に終わりました。相手の力を利用するプレースタイルだけに、相手の戦型によって得意苦手が分かれます。課題が残りました。

 やはりハイレベルな全国大会だけに簡単に勝ち上がることはできません。

 しかし転んでもタダで起き上がる訳にはいきません。

 東京選手権、全国選抜へと続く今年度後半戦に向けて再スタートです。

 たくさんの保護者の皆様のバックアップで選手たちも頑張れました。

 ありがとうございました!

2月16日(土)
大阪選手権②
 二日目の今日はジュニアシングルスの3回戦までが行われました。

 ジュニア男子の伊藤実①は、初戦の香川・尽誠学園に対し1セット目を失うものの落ち着いてペースを掴んで3-1で逆転勝ち。続くシードの野田学園には鋭いサービスに翻弄され、2セット目の9-9をモノにできずにストレートで敗退。ここ最近の充実したプレーを見せることはできたものの、さらに高いレベルでの課題も見つかりました。

 久保田大輝①は初戦の2回戦で野田学園と対戦。伊藤同様、厳しいサービスにレシーブがコントロールできずにストレートで敗れました。なかなか課題を克服できずに苦しんだ1年間でしたが、真価を問われる来年度。正念場です。

 ジュニア女子の白神ひかる②は上位進出を狙っての2試合です。いずれもストレートで降して明日へ駒を進めました。

 健闘したのは口地恋菜②。初戦、2戦目ともにしっかり攻めて快勝。積極的に攻めると自滅する傾向にありましたが、今日は文句なしのプレーで勝ち抜きました。新境地へ?明日の試合に注目です。

 古沢夏姫は初戦でセットオール9本で惜敗。5セット目を0-6と出足リードを許すも、じわじわと挽回。8-10、9-10と詰め寄りますが、最後の1本を焦って自滅は残念でした。残された時間は多くありません。有終の美に向けてスタートです。

 簡単には勝ち上がれないからこそ、価値のある全国大会。

 勝ち残った二人には上位進出を期待します。

2月15日(金)
大阪選手権①
 今日から三日間、エディオンアリーナ(大阪府立体育館)にて第58回大阪国際招待卓球選手権大会が開催されます。

 本校からは男子シングルスの番条晃大③、男子ジュニアの久保田大輝①、伊藤実①、女子シングルスの西口凜②、女子ダブルスの白神ひかる②・日口実咲①、口地恋菜②・古沢夏姫②、西口・猿橋凜①、ジュニア女子の白神、口地、古沢がエントリーします。

 今日はダブルスのベスト8までとシングルスの1回戦が行われました。

 女子ダブルスの口地恋菜②・古沢夏姫②組は初戦敗退。練習試合などでは結果を出せるのですが、こういった大きな公式戦になるとなかなか力を発揮できません。集大成のインターハイでは…。

 白神ひかる②・日口実咲①組はインターハイ以来の快進撃を見せました。島根・明誠高、広島・日野自動車・中央大という強豪を連破して16に進出。8決定の愛工大にも1セット目を逆転で取られるも2セット目を取って、”もしや”と思わせましたが…。しかし今日は二人の丁寧な変化プレーと思い切った攻撃が噛み合いました。

 女子シングルスの西口凜②は大阪の大学生に1-3で敗退。

 男子シングルスでは3年生の番条晃大が高校最後のシングルスのエントリー。残念ながら有終の美を飾ることはできませんでしたが、気持ちよく最後の試合を終えることができました。

 明日はジュニアの部。

 強豪しか出ていない大会ですが、しっかりとチャレンジしたいと思います。

2月14日(木)
バレンタインデー
 最近のバレンタインデーは一時期ほどの勢いはない、とのことです。

 今日がバレンタインデーと知ったのは、昼休みに女子部員がチョコレートを持って来てくれた時です。

 ありがたいことです。

 しかし、断続的に職員室に女子部員が訪れる度に、申し訳ない気持ちになりました。

 「義理チョコを強要するのはパワハラになる」と言われる時代です。

 もちろん強要はしていませんが、部員たちが「顧問の先生だから…」と感じたならパワハラなのでしょうか。

 「今年から要りません」と言うのもおこがましいですし…。

 難しい時代です。

 さて。

 明日から大阪国際招待卓球選手権が始まります。

 三重県からは全日本選手権予選が、この大阪選手権予選も兼ねています。

 本校からは男子シングルスの番条晃大③、男子ジュニアの久保田大輝①、伊藤実①、女子シングルスの西口凜②、女子ダブルスの白神ひかる②・日口実咲①、口地恋菜②・古沢夏姫②、西口・猿橋凜①、ジュニア女子の白神、口地、古沢がエントリーします。

 全国オープンであるこの大会は、年々レベルが上がってきており、勝ち上がるのは容易ではありません。

 しかしそれだけに、1勝の価値は大きなものとなります。

 勝てば一気にスターダムへ登りつめるチャンスも含んでいます。

2月13日(水)
実は正念場
 徐々に気温が下がりますが、今がピークかも知れません。

 連日、入試関連の会議が続きます。

 なかなか練習を最初から見ることができません。

 例年、この時期はこういった状態です。

 昨年はこの時期に頑張った者と、頑張れなかった者との差が出ました。

 選手たちは、昨日と今日の差は自覚できないと思います。

 しかし、日々積み重ねたものの差は、気がつかないうちに大きな差となって結果に表れます。

 卒業時に、「あの時にもう少し頑張っていたら…」という後悔だけはさせたくありません。

 私の力だけで成功させることはできませんが、私の力がなくても成功できるという無責任なことは言えません。

 来シーズンに向けて、実は今が正念場です。

2月12日(火)
卒業してゆく3年生⑥
 鈴木暖人は松阪の久保中学卒業です。

 粗削りながら体の強さを生かした積極的なプレーが持ち味です。

 卓球を始めたのが中学入学後ということもあってか、”イマドキ”なプレーではありませんが、それがかえって個性として生きました。

 器用にバックハンドを使いこなすことはできませんが、バックは手堅くブロック中心で、しっかり足を使った強いフォアハンドで2年生になった頃から結果が出始めました。

 他の選手が苦戦したライバル校の選手たちに高い勝率を挙げ、秋の新人戦ではレギュラーの座を勝ち取りました。

 県新人戦決勝では起用されるも相手のオーダーミスによる決勝点となるなどラッキーボーイ的存在で、全国選抜進出への原動力となりました。

 プレー同様、普段の彼もとにかく積極的。

 テスト前の勉強会の時など、いつも中心となって「教え役」を買って出てくれました。

 とにかく前に出たがる性格で、アグレッシブ過ぎていつもチームメイトからイジられる存在でした。

 勉強も上位を堅持し、卒業後は大手石油会社への就職を勝ち取りました。

 社会に出て生きるかれの積極性が評価されるのは間違いのないところです。

2月11日(月)
米田杯
 今日はサオリーナで第8回米田杯争奪三重県団体卓球大会が行われました。

 本校からは男子4チーム、女子3チームがエントリー。

 この試合は3名による3シングルス2点先取という試合方式です。

 男子は疋田兼也②、大森汰佳人②、板倉大成①のBチームが準優勝。準々決勝で高田Bを、準決勝で北伊勢上野信金を破っての進出でした。決勝は高田Aに敗れましたが、大森がJPRランク上位の2選手を、疋田が1選手を破るなど活躍を見せてくれました。

 阪拓海①、久保田大輝①、伊藤実①のAチームは高田Aに敗れて第3位。接戦にはなりましたが一歩及ばず。

 女子は白神ひかる②、口地恋菜②、古沢夏姫②のAチームが三重国体少年女子候補の中学生チームに敗れて準優勝。中学生たちの思い切ったプレーに受け身に回ってしまいました。

 Bチームの西口凜②、打田千尋②、日口実咲①も三重国体少年女子候補に敗れました。

 今年度最後の県内大会でした。

 大きくステップアップした選手もいれば、今ひとつ精彩を欠く選手も。

 約ひと月半後には全国選抜が、ふた月半後にはインターハイ個人戦予選です。

 ここからの数週間が非常に重要な時期になります。

 まずは今日の試合の検証をしっかりとしなければなりません。

2月10日(日)
先輩たちからの刺激
 三連休二日目。

 朝から一日練習でした。

 今日の練習には4年前の卒業生の古市真暉さんと安田佑紀さんが来てくれました。

 卒業後の進路は違っても、連絡を取り合って後輩たちのために駆けつけてくれました。

 いつも同じメンバーで練習を続けているとマンネリ化は否めません。

 こうやって先輩たちが来てくれると、後輩たちにとって大きな刺激となります。

 「勝った負けた」が、「価値がある価値がない」ではありません。

 先輩方の力を貸していただきたい!

 先輩方から刺激を受けたのは選手たちだけではありません。

 お昼を食べながら二人とは色々な話ができました。

 大学に進んだ古市さん、地元に就職した安田さん。

 進んだ道はそれぞれですが、この4年で得た経験談は重みも深みもありました。

 二人が口を揃えて言うのは、「高校での経験が今に生きている」ということでした。

 現役の高校生たちはピンとこないと思いますがそれは当然です。

 卒業してから実感するのに何年かかるか分かりませんが、いつかきっと…。

 先輩たちから得た刺激もあって、今日は張りのある練習ができました。

 明日はサオリーナで米田杯。

 今年度県内最終戦です。

2月9日(土)
浜松商業来校
 三連休初日。

 今日は浜松商業が練習試合で来校して下さいました。

 昨年末の全国選抜東海予選で本校と対戦し、3-2の激戦だったチームです。

 午後からの練習試合でしたが、全体としては勝ち越したと思います。

 この2か月近く取り組んでいる課題を試す絶好の機会でした。

 練習→ゲーム練習→練習試合と、ステップを踏んでの取り組みです。

 練習試合終了後、選手たちに「その取り組みに手応えを感じた者」を聞いたところ、半分近くの者が「手応えを感じた」とのこと。

 更なるステップアップを図ろうと思います。

 さて。

 浜松商業のエース選手は激戦地の静岡予選を突破し、全日本ジュニアに出場し、3回戦まで進んだ選手です。

 その選手に対しては1勝10敗という結果でした。

 ほぼ休みなく続いたゲームでしたが、最初の試合から最後の試合まで集中力が途切れることなくプレーしたその選手には脱帽でした。

 楽に勝てる相手にも一切手抜きせず、苦しい場面でも決して逃げることなく戦い続けた姿勢は正に目指すべき姿でした。

 その選手からすると本校の選手たちはまだまだです。

 本当に良い刺激をありがとうございました!

2月8日(金)
卒業してゆく3年生⑤
 力を入れることは誰でもできますが、力を抜くことはとても難しい。

 ”力を抜く”ことはスポーツ選手にとっての永遠のテーマです。

 辻村知大はそれを自然にできる選手でした。

 伊勢のクラブチーム”サイズミック”出身で中学時は県でベスト8。

 センスあふれるプレーで注目を集めました。

 入学後すぐの国体予選でベスト8に入るものの足踏みが続きます。

 ベスト8の壁を破れずに苦しんでいましたが、チャンスは2年生夏の高校選手権。

 同士討ちの連戦を快調に勝ち抜いて決勝進出。

 相手もダークホース的存在で勝ち上がった高田の1年生で、ついに殻を破ったかに見えましたが…。

 その後も全国大会に”あと一歩”の試合が続きました。

 普段は温厚で周囲を笑わせるムードメーカー。

 クラスの室長を務めるなど積極的な面も持ち合わせ、とにかくソツのないバランス感覚が持ち味でした。

 卒業後は卓球部の先輩たちも多く在籍する人気企業に就職が決まっています。

 競技も続けながら仕事も抜かりなく。

 酸いも甘いも経験した高校3年間の経験をもとにスイスイと歩き続けるはずです。

2月7日(木)
前期選抜検査
 この季節からするととても暖かい日となりました。

 今日は前期選抜検査が行われました。

 普通科3倍、生活創造科2.7倍の狭き門にたくさんの中学生がチャレンジしました。

 卓球部での活動を希望するスポーツ特別枠選抜では卓球の実技検査もあります。

 明日の白子高校を支える生徒を選抜するために、検査後も時間をかけて慎重審議を重ねます。

 在校生部員は卓球場で午前午後の練習でした。

 さすがに今日は顔を出せませんでしたが、しっかり取り組んでくれていると思います。

 もう少しすれば新たな後輩も入ってきます。

 少しずつ”春”が近づいて来ています。

2月6日(水)
明日は前期選抜検査
 朝方はパラパラと雨も降りましたが、徐々に天気は回復してきました。

 明日は前期選抜検査です。

 授業は短縮で、大掃除や会場準備など慌ただしい一日でした。

 練習後には部員たちも協力して、明日の集合場所となる体育館の会場づくりをしました。

 思い起こせば現1年生は、つい1年前にこの検査を合格して入学してきました。

 現2年生は、あれから2年。

 時間が過ぎるのはアッという間です。

 今日も練習を見ながら、「随分成長した」と感慨にふける反面、「まだまだ甘い」と感じるところも多々あります。

 明日は夢と希望を持った中学生たちの大一番です。

 普通科の倍率は約3倍。

 狭き門です。

 寒さと緊張で厳しい一日となるでしょうが、今まで積み重ねた頑張りを発揮するチャンスだと思ってもらいたい。

 受験生の皆さん、頑張って!

※TOPICSに「東海新人戦」と「三重県選手権」をアップしました

2月5日(火)
さあ、どうする?
 暖かい日が続きます。

 練習開始時に気温が高いと気持ちよく練習に入れます。

 昨年末以来、様々な技術や戦術のチーム課題に取り組んでいます。

 今までも大きな大会が終わると選手たちに一つだけ提案して取り組んでいましたが、今回は数回に分けて複数の提案をしています。

 一つだけの提案は、消化不良にならないようにと考えて取り組ませました。

 今回も年末から約1か月、一つのことを徹底して取り組み、かなりの選手が成果を挙げることができました。

 一方で、その気になって取り組みましたがフィットしなかった選手もいました。

 そこで、成果を挙げた選手には次の課題を、フィットしなかった選手もいつまでも固執せずに次の課題に取り組ませました。

 「出来るようになるまで取り組む」のも悪くないと思います。

 もちろん、ろくろく取り組みもせずに諦めるのは論外ですが、ある程度のところで見切りをつけるのも必要です。

 いずれにしても選手たちには一生懸命考えてもらいたい。

 どうやったら出来るようになるのか?

 出来るようになったことを試合の中でどのように生かすのか?

 そうやって身につけた成功に導くノウハウは、卓球以外の全てのことに共通するのですから。

2月4日(月)
卒業してゆく3年生④
 松阪市の久保中学入学後に競技を開始した上山颯斗。

 それでも中学の頃からボールタッチと足の速さは際立っていました。

 入学直後のインターハイ予選で中瀬敬太さんと組んだカットペアのダブルスで、第1シードを破って鮮烈なデビューを飾りました。

 カットマンという戦型からか個人戦で上位進出はなかなか果たせませんでしたが、カット打ちに難のある強豪選手に勝つなど地道に実績を重ねました。

 彼がいちばん輝いたのは、2年時の全国選抜東海予選の代表決定戦。

 勝った方が代表という岡崎城西戦は一進一退の攻防の末、2-2のラストへ勝負の行方は託されました。

 相手ツインエースに対する上山は、激しいラリーの攻防の末に劇的な勝利でチームを全国選抜へと導きました。

 普段の彼は、一歩引いたところから全体を見渡して要領よく物事をこなすタイプです。

 勉強も常に学年トップクラスの成績を堅持しました。

 マイペースで周囲のことには我関せず、といった彼が選んだ進路は理学療法士。

 病気やケガや高齢などで衰えた運動機能を回復させる手助けをする仕事です。

 地元大学の”難関”と言われている理学療法を専攻する学科に本校で初めて合格しました。

 成功も失敗もあった高校3年間の経験に加え、この仕事を通じて様々な経験も積んで、立派な理学療法士として成功する日を楽しみにしています。

2月3日(日)
切磋琢磨
 気温は高めながら曇り空の一日。

 夕方からは雨がポツポツと。

 午後からの練習でしたが、今日は中学生が6名も参加してくれたので大いに盛り上がりました。

 やはり毎日同じ顔ぶれだとマンネリ化してしまいます。

 練習も、ゲームも新鮮な気持ちで取り組めたと思います。

 小中高校生は無限の可能性を秘めています。

 ちょっとしたきっかけで思った以上の力を発揮します。

 その”ちょっとしたきっかけ”の一つが”環境”です。

 事実、練習開始時は高校生たちのプレーについていけなかった中学生たちも、時間が経つにつれ対応し始め、ゲーム練習では高校生たちもタジタジの好プレーを連発していました。

 高校生、中学生ともに切磋琢磨して充実した練習となりました。

 お疲れ様でした!

2月2日(土)
ホームタウン
 暖かな一日。

 午後から練習だった今日は選手たちも気持ちよさそうに汗をかいていました。

 夏が終わった後も練習に参加し続けていた2名の3年生は、今日から自動車学校です。

 彼らのお陰で下級生たちは、この秋に力をつけることができました。

 自分たちの大きな試合は終わってからもモチベーションを保つことに心配していましたが、その心配は全くの杞憂に終わりました。

 時には試合直前の下級生たちより高い集中力で練習に臨み、下級生が私から厳しく叱責されることも。

 夏までと全く変わらず休みなく規定練習に参加し、苦しいトレーニングも一切の特別扱いもなく取り組み、後輩たちの自主練習の相手をしたり、アドバイスをしたり。

 お世辞抜きに彼らがいなかったら、全国センバツ出場はあり得なかったと断言できます。

 卓球に取り組むことが”義務”でなく、”権利”だった彼らの高校生活は誰よりも充実していたものでした。

 昨日、「自動車学校があるので、なかなか来られないかも知れませんが、時間のある時はまた練習に入れて下さい」と申し出てきました。

 もちろん、ここで卓球をすることはあなたたちの”権利”でもあるし、後輩たちを育ててくれることにもなります。

 是非卒業まで、いや、卒業後もここがあなたたちの故郷です。

 いつでも大歓迎です!

2月1日(金)
卒業してゆく3年生③
 橋南中学から来た山井蛍。

 顧問の先生からの「真面目で頑張り屋です」という評価は間違いないものでした。

 上級生も下級生も自分より実績も経験もある者ばかり。

 一切の手抜きなく頑張っても頑張っても、チーム内で浮かび上がるのは容易ではありません。

 それでも彼女が諦めたり、ふて腐れたりした姿は見たことがありません。

 地区予選を突破できたのは1年生秋の学年別予選。

 しかし県大会ではなかなか勝ち上がることができませんでした。

 そんな彼女の一世一代の晴れ舞台は2年生で出場した福井・全国選抜。

 県も東海も出場機会はありませんでしたが、いきなりの全国デビューでした。

 卓球の神様の与えたご褒美だったのかも知れません。

 入学当初は美容師を志望していた彼女でしたが、いつしか警察官になりという夢を持つようになりました。

 難関の警察官だけに”厳しい”との予想でしたが、それを覆して見事に合格を勝ち得ました。

 苦労に苦労を重ね、努力に努力を重ねた3年間が彼女にもたらした経験は無駄にはなりませんでした。

 恐らく本校卓球部初の警察官。

 社会に出てからも彼女の活躍に期待です。