白卓日記 ‘18 4月 前月へ! 次月へ!   
4月30日(月)
本番前の実戦練習
 3連休3日目。

 今日は午後から北伊勢上野信用金庫の田辺さん、愛知大学の学生7名、卒業生の阪さんが練習に来てくれました。

 それほど長い時間ではありませんでしたが、ゲーム練習をやっていただきました。

 やはり普段やっている部内のゲームとは勝手が違い、戸惑いながらのゲームとなりましたが、だからこそ本番に近い内容となりました。

 現時点で好調の者もいれば、そうでない者もいます。

 ただ、練習は気持ちを込めて質・量ともにやり込んでいます。

 あとは心身のコンディションの管理だけです。

 特に今回は、”競り合いをイメージしての勝つための練習”を選手たちに求めてきました。

 実際にはどれくらい効果を発揮するかはフタを開けてみないとわかりませんが…。

 練習後は磯部さんに、試合前の食事についてや、試合前のウォーミングアップについての講習をしていただきました。

 予選まであと3日です。

4月29日(日)
先輩の志し
 3連休2日目。

 今日は今春卒業生の口地輝季さんが練習に来てくれました。

 地元人気企業に就職した口地さんですが、研修を終えようやく現場での仕事が始まったばかりとのこと。

 もちろん仕事は大変とのことですが、「まあ、今まで大変なことは色々あったので全然大丈夫です」という言葉からも切迫感はありません。

 これが”本当に”頑張った者だけが言える余裕なのだと思います。

 3スターボールを2ダース差し入れてくれました。

 1球300円で2ダース24個で7000円超。

 彼が必死の思いで朝から1日働いて手にすることのできる金額です。

 「ラケットのカドに当たったから割れました」と、簡単には言えない1球です。

 さて。

 インターハイ個人戦予選前。

 昨日よりは多少暑さは感じなかったものの、今日の練習は最初から最後まで脱落した者はほとんどなく頑張れたと思います。

 口地さんも朝から夕方までガッツリと相手をしていただきました。

 ちょうど前日、昨年のインターハイ個人戦予選の話を選手たちにしたところで、口地さんの話もしたところでした。

 インターハイ予選は、毎年様々なドラマがあります。

 代表を手中にする寸前で取り逃した悲劇の舞台。

 絶望的な状況から奇跡的に代表となった歓喜の舞台。

 その勝者と敗者の境目は越えられない壁があります。

 絶対的な本命が敗れ去ったり、ノーマークのダークホースが勝ちを奪い取ったり。

 ”運”という一言では片付けられない重さがあります。

 さてさて。

 その予選まであと5日です。

4月28日(土)
女子・福井へ
 ゴールデンウィークが始まりました。

 女子は福井へ遠征。

 体育館を借り切って福井商業、金沢学院東との合同練習試合でした。

 この遠征は村上先生のデビュー遠征でもありました。

 首尾はどうだったでしょうか。

 男子は学校体育館で1日練習。

 この3連休は他のクラブが試合のところが多いので、3日間とも体育館を1日使えることになりました。

 今日も頑張って取り組むことができましたが、気温も上がった午後のゲーム練習後半では、疲れから集中力を欠いてしまう場面もありました。

 県予選も朝から1日、気の抜くことのできない試合が続きます。

 こういった普段の練習で、疲れた場面を我慢して頑張り抜く習慣がついている選手は有利です。

 何事も積み重ねです。

 規定練習後もダブルスを中心に自主練習に取り組む選手が目立ちました。

 苦しくても頑張る習慣は一生の財産となります。

 こちらもそういった選手たちのサポートを精一杯努めたいと思います。

 インターハイ個人戦県予選まであと5日です。

4月27日(金)
逃げたら負け
 朝方はパラパラと雨が。

 しかし天気予報通り午後からは晴れ間も見える天気に。

 今日も緊張感漂う練習になりました。

 特にゲーム練習はまさに”真剣勝負”。

 斬るか斬られるか。

 見ている方がドキドキするようなゲームがあちらこちらの台で繰り広げられました。

 現段階での好不調、勝ち負けは大したことではありません。

 毎年のように繰り返される、”逃げたら負け”というチキンゲーム。

 人生の縮図とも言える濃密な時間が流れます。

 普通の高校生がこんな刺激的な経験ができるでしょうか?

 だからこそ頑張る意義があります。

 明日から3連休。

 慌てず騒がずじっくりと取り組みます。

4月26日(木)
卓球の神様
 朝晩は少し冷え込みますが日中は半袖でもいける寒暖差。

 学校も年度当初の慌ただしさも一息つき、少しずつ落ち着きを取り戻しています。

 1年生は疲れも溜まってきていると思いますが、必死でついてきている感じです。

 さすがに2,3年生は落ち着いて自分たちのペースで取り組んでいます。

 ”本番をイメージ”する練習が要求されるこの時期。

 本番とかけ離れたリラックスした雰囲気での好プレーは無意味です。

 むしろ”過剰な緊張”出て当然とも言えます。

 緊張しても、相手コートにボールが入れば得点になります。

 「緊張したからミスした」

 これは普段の練習の質の低さを表す言い訳です。

 緊張し慣れていないからミスをするのです。

 本番じゃないところでは余裕のあるフリをして軽いプレーをする選手に限って…。

 卓球の神様はいつもあなたたちのプレーを見ています。

4月25日(水)
理想と現実
 結構激しく降っていた雨は徐々に弱まり昼ごろには止みました。

 その後は強い風が吹き、湿気も吹き飛ばしてくれました。

 練習開始時には快適な環境に。

 インターハイ県予選の組み合わせも決まり、選手たちも対策練習を具体的にイメージできるようになりました。

 水曜日の今日は学校体育館が19時までしか使えません。

 それぞれの選手が、「その練習は何のために取り組んでいるのか?」という意思が伝わる練習になっています。

 この時期の練習で大切なのは、「本番で起こりえる状況をイメージする」ことです。

 理想通りのプレーができることは期待できないと考えるべき。

 理想通りのプレーにならなかった時に、「ヤバイ!想定外!」とパニックを起こすようでは成功は期待できません。

 理想通りのプレーにならなかった時に、「大丈夫!想定内!」と冷静に対処できれば苦しい試合を切り抜けることができます。

 勢いだけで勝ち抜けるほど甘くはありません。

 県大会まで練習できるのはあと1週間です。

4月24日(火)
IH予選組み合わせ決まる
 天気予報通り、午後からはポツポツと雨が降り始めました。

 今日は5月3日、4日に行われるインターハイシングルス予選と、6日に行われるインターハイダブルス予選の組み合わせ会議が行われました。

 高校生が出場する試合は大きく分けて二つに分かれます。

 ひとつは高体連主催の試合。

 もうひとつは卓球協会主催の試合。

 卓球以外のほとんどの競技は高体連主催の試合のみですが、卓球は試合数から言えば卓球協会主催の試合の方が多いです。

 しかしやはり高校生たちにとってインターハイは”特別”です。

 多くの高校生たちがインターハイを最終目標にして取り組んでいます。

 それだけに今日の会議も慎重に進められました。

 組み合わせ会議を終えて学校に戻ると、選手たちの表情も違って見えました。

 ジュニアポイントランキング制度が導入されてからは、組み合わせもほぼ予想されるものとなっています。

 予想通りながら、実際に発表されると身が引き締まる思いだと思います。

 練習後には選手たちに残り10日となった練習の心構えを話しました。

 「しっかりと準備をしてないのに、目標を語る資格はない」

 イチローの言葉です。

 しっかりと準備したいです。


4月23日(月)
まだ1年生だから?
 新学期が始まって3週間目です。

 学校もようやく少しずつ落ち着きを取り戻しつつあります。

 しかし事務仕事は山積しており、授業の空き時間をフル稼働してもなかなか追いつきません。

 練習には最初から顔を出すことができました。

 のんびり気質の選手が多い3年生もさすがにピリッと引き締まった雰囲気で練習ができています。

 地道にコツコツ頑張れる選手が多い2年生たちもペースを乱すことなく取り組んでいます。

 一方で1年生たちは疲れが見え始めています。

 経験豊富な選手が多い今年の新入生たちですが、さすがにこの新生活に対応するのには時間がかかります。

 一日24時間のうち、一息つける時間はごくわずかです。

 例年、「慣れてきたな」と思わせるのは1学期末あたりでしょうか。

 それでも入学間もないインターハイ予選で結果を残す新入生は珍しくありません。

 「まだ1年生だから」と考えるのは、競技開始年齢が”全員中学入学後”と遅かった過去の話。

 たった3回しかないインターハイのチャンスです。

 貪欲に狙ってもらいたいと思います。

4月22日(日)
お見事
 地区予選から一夜明けて、今日も体育館内は30℃くらいまで気温が上昇したと思います。

 練習前に改めて昨日の試合のことを話しました。

 参加した男子の選手が次々と予選突破を決める中、最後に残った2年生の今村優仁が敗者復活戦に臨みました。

 1‐1から3セット目を競り合いで落として苦しい展開。

 積極的に攻めても点が取れないと判断して、ここから徹底して守備的な戦術でいくことを決断します。

 相手のフォアサイドにしっかり切ってツッツき、相手が持ち上げてきたところをブロックからバック対バックの展開に持ち込む戦術です。

 攻撃型の今村からしたら決して見栄えの良い展開ではありませんが、競り合いになってもブレることなく押し進めて、最後は相手が根負けした形でセットオール8本で勝利をもぎ取りました。

 苦しい場面でも磯部さんに教えてもらったセルフコントロール術で冷静さを失いませんでした。

 判断と決断。

 いつも選手たちに話していることですが、それを見事に体現した試合でした。

 勢いや流れだけで試合を進めず冷静に判断する。

 簡単なようで、テンションも上がってしまっている本番の試合ではなかなか難しいことです。

 だから普段のゲーム練習時から「考えて」プレーすることを求めます。

 判断したらそれを実行に移す決断力。

 いくら素晴らしい戦術を思いついても決断力がなければ全くの無意味です。

 勇気を持って決断するには、普段の練習をしっかり頑張って取り組んでいる自信がないと心がブレてしまいます。

 だから普段の取り組みの甘い選手は、本番の試合になると焦ってビビッて弱気になってグダグダになってしまいます。

 20名いる男子部員の中ではなかなか勝てない彼ですが、入学以来1年間、地道に練習に取り組んできました。

 入部の条件に体を絞ることを求めましたが、この1年間で20kg近く減量しました。

 自主練習の取り組みも部員の中でも上位に入ると思います。

 技術はまだまだですが、この勝負強さには感心しました。

 卓球の神様は努力した選手を見逃すことはありません。

4月21日(土)
IH地区予選
 汗ばむような陽気の中、津市久居総合体育館にてインターハイ地区予選が行われました。

 三重県を4地区に分け、本校は鈴鹿市・亀山市・津市・伊賀市・名張市が属する”中勢地区”になります。

 中勢地区は4地区で最も加盟登録者数の多い激戦区でもあります。

 本校からは男子シングルスで番条晃大、辻村知大、西山天智、上山颯斗、男子ダブルスで番条・西山、女子シングルスで白神ひかる、口地恋菜、古沢夏姫、日口実咲、女子ダブルスで口地・古沢が地区予選免除でした。

 予選免除者を除く男子シングルス16名、男子ダブルス9組、女子シングルス9名、女子ダブルス5組がエントリー。

 男子シングルス16名、男子ダブルス9組、女子シングルス7名、女子ダブルス5組が予選を突破して県大会に進みました。

 男子はエントリーした選手が全員突破できました。

 敗者復活戦のセットオールの試合や、セットオールジュースの試合もありましたが、観客席からの大声援も後押しして乗り切ることができました。

 部内ではなかなか勝てない選手たちも腐ることなく地道に練習に取り組んできた成果だと思います。

 県大会はシングルスが5月3日、4日、ダブルスが6日です。

 それぞれが思い描く目標を達成できるよう、あと2週間弱の練習に取り組みたいと思います。

 今日もたくさんの保護者の方が応援に来て下さいました。

 ありがとうございました!

4月20日(金)
シーズン開幕
 暖かいというより、暑い一日。

 今日から平常6限授業となりました。

 上級生は慣れたものでいつもと変わらない雰囲気でしたが、新入生は明らかに疲れの見える様子。

 しかし上級生たちもこの関門を潜り抜けて今があります。

 さて。

 明日は津市久居体育館にて今年度の開幕戦である、「平成30年度全国高校総体兼東海総体三重県予選会中勢地区予選会」が行われます。

 いわゆる”インターハイ地区予選”です。

 団体戦は地区予選がなく、今回の地区予選はシングルスとダブルスのみです。

 予選といっても女子のシード選手は1回も勝てなくても地区予選突破となります。

 男子もほとんどの選手が1回勝てば地区予選突破と、ハードルは低いものとなっています。

 ただやはりそこは開幕戦。

 今日の練習は短めにしましたが、いつもと少し雰囲気の違うものでした。

 もちろん緊張感もありますが、試合前独特の”胸が高鳴る”雰囲気でした。

 新入生たちにとってはデビュー戦でもあります。

 予選突破はもちろんですが、県大会に希望を持たせる戦いを期待します。

4月19日(木)
頑張れ新入生
 快晴の一日。

 湿度も低く、一年を通して最も卓球を頑張れる季節です。

 午後から出張がありましたが、練習開始時に間に合いました。

 3年生の気持ちの入った練習に、後輩たちが刺激されている雰囲気です。

 新入生は疲れも出始める頃です。

 スケジュールに余裕があった頃に比べるとキレがありません。

 恐らく中学時の”倍”の練習時間だと思います。

 練習時間が長ければ良い、というものではありません。

 しかし、他競技から比べると練習時間が長くなるのが卓球の特性です。

 練習中盤から気持ちがキレはじめる新入生と比べると、上級生は最後までしっかりと頑張れます。

 その後の自主練習も余裕を持って取り組んでいます。

 これが新入生と上級生の圧倒的な差です。

 だからと言って決して規定練習を流している訳ではありません。

 来る日も来る日もコツコツと休みなく頑張れば、この程度の練習量が大変だとは思わなくなります。

 毎年のことですが、「この新入生が上級生になった時に、果たして現上級生のように頑張れるのか?」と不安になります。

 練習後に明後日に控えたインターハイ地区予選のことについての事務連絡をしました。

 いよいよです。

4月18日(水)
存在感
 朝方は雨が降っていましたが、天気予報通り午後からは晴れてきました。

 昨日インターハイ地区予選の組み合わせが決まり、選手たちも「いよいよ」という気持ちになってきていると思います。

 それにしても高校のインターハイ予選の日程は早すぎます。

 本校の部活動は年々熱気を帯びてきています。

 体育館では卓球部の他、バスケットボール男女、バレーボール女子が練習をしています。

 グラウンドではサッカー、ハンドボール、テニス、ホッケー、野球が毎日汗を流しています。

 しかし各部ともこの時期はテンヤワンヤです。

  一足先に新入部員を迎えた卓球部はまだそれほどではありませんが、新入部員獲得と、3年生にとっては”引退試合”となるインターハイ予選が重なっている他の部は大変です。

 思い起こせば私も高校入学時、ほとんどの3年生の先輩とは数週間しか顔を合わせていませんでした。

 高校3年間とは言うものの、ほとんどの高校生は実質2年とほんの少しというのが実態です。

 入学したばかりの新入生も、あとたった2年で最後のインターハイ予選に臨まなければなりません。

 気持ちの入った練習をする3年生たちに引っ張られるように後輩たちも頑張っています。

 悪くない雰囲気です。

4月17日(火)
地区予選組み合わせ
 午後からパラパラと雨が。

 夕方からは結構な雨に。

 寒くて夜練習ではダウンまで動員しました。

 今日は午後からインターハイ中勢地区予選会の組み合わせ会議でした。

 三重県のインターハイ予選の団体戦は、地区予選がありません。

 一昨年まではダブルスも地区予選がありませんでしたが、現在はシングルスとダブルスについては地区予選を経て県大会へと進みます。

 ジュニアポイントランキングでシード選手を決めるのは県大会と同じです。

 地区予選のハードルはそれほど高くありません。

 ただし、負けたら終わりのトーナメント戦であることに違いはありません。

 さて。

 思ったより早く組み合わせ会議が終わり、練習の序盤で顔を出せました。

 緊張感のある規定練習&自主練習でした。

 この時点で緊張感のある練習ができなければ論外ではありますが。

 地区予選まであと4日です。

4月16日(月)
何に一生懸命?
 少し肌寒さを感じます。

 新学期が始まり2週目になります。

 少し学校も落ち着きつつあります。

 逆にインターハイ地区予選を5日後に控えた卓球です。

 昨日まで行われたSSK練習会に参加した選手たちには話しましたが、今日の練習時に全体にも話をしました。

 「一生懸命練習に取り組む」ことは一年中変わりなくしなければなりません。

 試合直前のこの時期には、「何に一生懸命に取り組むのか」が大切です。

 その話を理解できたのか、そもそも理解できていたのかは分かりませんが、非常に質の高い練習ができました。

 ここからは自分との闘いです。

 私も精一杯応援したいと思います。

4月15日(日)
SSK練習会②
 二日目です。

 団体戦形式の練習試合は午前中の2試合のみ。

 午後は関商工の練習場に場所を移しての申し合わせゲームでした。

 本校も含め、どのチームも新戦力の選手が注目を集めていました。

 最近は高校入学時で、卓球歴10年という選手も珍しくありません。

 しかし中学で活躍した選手も、練習量という点ではそれほど多い選手はいないと思います。

 練習量、練習内容、練習意識がアップすることによって劇的に強くなるケースもあります。

 さて。

 今日もたくさんのゲームをすることができました。

 私も朝から一日ずっと選手たちの様子を見ました。

 期待を上回るプレーだったり、その逆だったり。

 選手たちの普段の練習時の様子。

 今回のような練習試合時の様子。

 そして公式戦での様子。

 それらを観察すると、「だから成功(失敗)するんだ」という、過程と結果が結び付きます。

 それを振り返り次につなげます。

 ついつい一喜一憂してしまいますが、冷静に判断して次へのノウハウにすることが大切です。

 新学期2週目に入ります。

 土曜日には地区予選が始まります。

 最善の準備ができるよう、今回の反省を伝えたいと思います。

4月14日(土)
SSK練習会①
 今日と明日、岐阜県にて関商工高校主催の練習会が行われ、本校男子が参加しました。

 今日は大垣城ホールという会場で3シングルス団体戦が行われました。

 本校からは2チームと、関商工との混成チーム1チームがエントリー。

 各県代表クラスのチームや大学生や社会人チームと対戦することができました。

 全体としてはまずまずの内容。

 競り合いを勝ちに結び付けるのが課題でしたが、概ね順調といったところか。

 競り合いでのプレーは、普段の練習に取り組む姿勢が顕著に表れます。

 そこはじっくりと見させてもらいました。

 試合数としては多くなかったので、体力的に問題はありません。

 明日はメンバーを半分ほど入れ替えて臨む予定です。

4月13日(金)
正念場
 昨日からグッと冷えて風の強い肌寒い一日。

 始業式・入学式から5日。

 ようやく1週間が経ちました。

 特に新入生にとって怒涛の5日間だったと思います。

 1年生担任の私も疲れ果てました。

 配る→集める→確認する→元に戻る、の永遠のループが続いています。

 新入生の緊張感があるので文句も言わずに従ってくれますが、慣れているはずのこちらもウンザリする繰り返しです。

 我慢しながら従っている新入生たちのストレスも相当のものだと思います。

 さて。

 今日も何だかんだで体育館に駆けつけたのはちょうど練習終了時でした。

 自主練習が始まる時には再び職員室へ。

 明日と明後日は遠征です。

 今日やらないといけない仕事は山積しています。

 こんな時こそチーム力が問われます。

 自分たちの意志で、自分たちのために頑張る。

 そういう気持ちが強ければこんな時の練習、そしてその後の試合の結果に如実に表れるはずです。

 互いにしんどい時期が続きます。

4月12日(木)
まだまだこれから
 暖かい一日。

 選手たちはもう最初から最後まで半袖短パンです。

 今日の午後は”部紹介”。

 各部が新入生に向けて部員獲得を目指してアピールする催しです。

 体育館に新入生を並ばせて、各部の代表が前に出て説明・パフォーマンスなどを繰り広げます。

 卓球部は昨年までは卓球台を出してパフォーマンスをしましたが、今年は説明だけで終わりました。

 すでの練習に合流している新入生は男子5名、女子6名。

 さて…。

 練習は16時頃にスタートしました。

 16時スタートと言えば、6限授業後の練習開始時間と同じです。

 自主練習を終えたのが21時。

 2月下旬以来、久し振りの夜練習でした。

 選手たちの状態は、「非常に良い」と言えます。

 インターハイ予選までまだ少し間もあり、気持ちは充実しているものの気負いもなく無駄な力が抜けた状態です。

 あちらこちらでスーパーショットが連発しており、こんな状態で本番の試合もできれば言うことなしですが実際はそうもいきません。

 個人戦地区予選の申し込み締め切りは明後日。

 地区予選は21日です。

 まだまだこれからです。

4月11日(水)
その時
 まだ水曜日。

 そう感じている学生、社会人は多いはず。

 新年度が始まってまだ2週目ですが、そろそろ疲れも見え始める時期です。

 まだ授業が始まっていない段階ですが、1年生たちの中には心身ともに重くなってきている者もいます。

 ”習うより慣れよ”という言葉があります。

 理屈よりもまずその環境に慣れることが大切、という意味です。

 思い起こせば今は余裕で練習に取り組めている2、3年生も、入学したばかりのこの時期は青色吐息でした。

 いつの間にか、当たり前のようにハードな日々を軽くこなせるようになってきています。

 大切なのは生活のメリハリです。

 疲れが溜まり頑張れない時は休む。

 元気があり頑張れる時には頑張る。

 当たり前のことですが、このメリハリが大切です。

 疲れているのに無理をして故障をしたり充実した練習ができなかったりする負の連鎖。

 頑張れる時に中途半端な取り組みで、強くなれるチャンスを失う。

 結果論かも知れませんが、”その時”を見逃さないようアンテナは張り巡らせなければなりません。

4月10日(火)
それぞれの事情
 朝晩は少し冷えます。

 新入生はまだ元気です。

 元気なうちに生活を軌道に乗せて欲しいと思います。

 昨日も書きましたが、今年の私は1年生の担任をしています。

 今日のHR時に、「白子高校へ入学して」という内容の作文を書いてもらいました。

 本校の生徒は中学3年生までは地元の保育所・幼稚園・小学校・中学校と自動的に進級してきた者ばかりです。

 しかし中学卒業後はそれぞれの事情で多種多様な進路を選択することになります。

 昨日、入学式を終えましたが、1学年の275名が白子高校に入学するに至るまで、275通りのドラマがあったはずです。

 作文を読むと、「第一志望校を諦めてやむなく」、「自宅から近かったから何となく」、「体験入学に参加して気に入って」、「父と兄の母校で当たり前のように」。

 そして、「部活動のことを考えて」という者も卓球部員を含めて数人いました。

 ほとんどの生徒は身近に気の許せる仲間がおらず、「うまくやっていけるだろうか」という不安を抱えています。

 それとともに、「制服を着て、入学式に出て”いよいよ高校生だ”とワクワクした気持ちだった」とも感じています。

 卓球部員たちも同じだと思います。

 人生の喜怒哀楽を凝縮したような3年間のスタートです。

 ある者は成績優秀ながら地元の進学校を選ばずに。

 ある者は親元を離れて身の回りのことを全て自分でやってでも。

 ある者は卓球の実力が届いていないと自覚しながらも。

 夢も希望もありますが、それを上回る不安を乗り越えて本校を選んでくれました。

 卒業した先輩たちのように、喜怒哀楽の全てをひっくるめて白子を選んで良かった、と言える3年間のスタートです。

4月9日(月)
始業式&入学式
 いよいよ新学期のスタート。

 今日は午前中が始業式、午後から入学式が行われました。

 今年度の卓球部新入生は男子5名、女子6名。

 新たなメンバーを加えて本格スタートです。

 私は1年生の担任でした。

 この歳になってもやはり最初は緊張します。

 しっかりと準備して臨んだつもりでしたが失敗もありました。

 しかし希望に満ちた40名の顔を見るとやるきが湧いてきます。

 しばらくは慌ただしい日々が続きますが、部活動の方に支障のないよう時間を作って頑張りたいと思います。

 入学式後の行事も終えた最後に、恒例の卓球部新入生と保護者の説明会を行ないました。

 卓球部の目標は「卓球部の活動を通して、社会に出ても通用する人間を育てる」です。

 今日から3年間、辛いことや苦しいこともあると思いますが、逃げずに負けずにチャレンジしてもらいたいと思います。

 卒業後の人生の節目節目で、「今の自分があるのも高校時代の経験があったから」と思える3年間にしてもらいたい。

 説明会後は早速フィジカル講習会。

 シャトルランの記録測定でした。

 心も体もひと回り大きくするための活動のスタートです。

4月8日(日)
滝川来校
 今日も肌寒い一日。

 兵庫・滝川高校をお招きしての練習試合でした。

 今年の滝川は有望な新入生が多数入学して一段とパワーアップしていました。

 激戦区兵庫で長らく苦戦を強いられてきていましたが復活の雰囲気があります。

 春休み中に数回の練習試合や練習会に参加してきましたが、今日も悪くない内容・結果でした。

 本気で取り組んでいる者たちが、少しずつですが準実戦練習である練習試合で力を出せるようになってきています。

 競り合いでの勝負強さがひとつのバロメーターになると思います。

 接戦を演じていても最後の数本でバタバタと独り相撲になってしまう選手は、やはり本番を見据えての練習ができていない証拠です。

 普段の練習を軽く取り組んでいる者は、本番に近い練習試合になると馬脚を現します。

 少しずつそういった差が出てきています。

 失った時間は取り戻すことはできませんが、その気になれば巻き返し可能な時間は残されています。

 練習後にインターハイ個人戦予選があるゴールデンウィークまでの心構えを話しました。

 特に3年生。

 集大成である最後のインターハイ予選で、自己ベストのプレーができるよう準備してもらいたい。

 頑張ってきた成果を最後の最後で発揮してもらいたい。

 彼らに伝えてきたことを最後の最後に見せてもらいたい。

 切なる願いです。

4月7日(土)
それでもつい…。
 寒かった!

 昨日より5℃低く、最高気温15℃。

 4日前は27℃だったのに…。

 でも選手たちにはこれくらいがちょうどプレーしやすいのかも知れません。

 春休みも残すところ2日。

 今日の午前中練習の終盤、最も神経を遣うべき練習で集中力を欠き雑な練習になったために中断して注意しました。

 卓球は繊細な競技です。

 本番の試合では絶対に雑なプレーはできません。

 練習は試合と同じ雰囲気でやらないといけないのは頭では分かっているはず。

 「それでもつい…。」となるのはある程度やむを得ないとは思いますが、そこを見過ごしていてはいつまでも勝てない(成功できない)まま終わってしまいます。

 願わくば選手たちの意識の高さでコントロールしてほしいと思います。

 午後のゲーム練習は白熱したゲームがほとんどの台で見られました。

 「絶対に勝ちたい」という気持ちこそが本番の試合と違わぬ雰囲気を出します。

 勝って歓喜、負けてガッカリ。

 いいと思います。

 練習後、明日の国体成年の部選考会に出場するため練習に参加してくれた卒業生の堀津有貴さんと色々と話をしました。

 後輩たちのことを暖かくも厳しく見守ってくれています。

 指導の参考になることをたくさん教えてもらいました。

 また彼自身の意気込みも聞かせてもらいました。

 ありがとう。

 明日は頑張ってください!

4月6日(金) 
新シーズン
 朝から曇り空でしたが、夕方からはポツリポツリと雨が。

 これで残っていた桜は散りそうです。

 昨日の日記でアップした桜は「八重桜」という品種です。

 本校の桜はほとんどが「ソメイヨシノ」ですでにほとんど散っていますが、自販機の横には「八重桜」と「しだれ桜」が一本ずつ並んでいます。

 「八重桜」は今が満開。

 「しだれ桜」はまだ開花していません。

 入学式後の卓球部新入生集合写真は「八重桜」か「しだれ桜」か。

 さて。

 小中学校は今日が入学式・始業式だったところも多かったと思います。

 本校は月曜日の午前中が始業式、午後が入学式です。

 いよいよ新学期が始まり、学校内もにわかに慌ただしくなってきました。

 今日は2,3年生の”新クラス発表”です。

 春休み中ですが、渡り廊下に貼り出される本校独自の制度です。

 担任は始業式で発表されるので生徒たちはクラスメイトまでしか分かりません。

 ドキドキワクワクの新学期です。

 練習は朝から一日学校体育館です。

 明後日に三重県国体成年選考会を控えた卒業生の堀津有貴さんが練習に来てくれました。

 東洋大学2年生になる堀津さんですが、春季リーグのベンチにも入れることが決まったそうです。

 真摯に卓球に取り組む姿勢は変わっていません。

 新しいシーズンが始まります。

※写真は大学入学式の森本枝里さんと中瀨敬太さん

4月5日(木)
本気なら
 桜もギリギリです。

 入学式の頃には残念ながら”葉桜”か?

 春休みも終盤です。

 午前中は卓球場、午後は学校体育館に場所を移しての一日練習。

 サービス・レシーブに重点を置いて取り組むことが最近のテーマです。

 男子の選手にとって気持ちの良い練習ではありませんが、だからこそ本気で取り組んでいる者といない者との差は広がります。

 午後はゲーム練習。

 暑かった昨日よりも10℃低い気温だったので、ほとんどの選手が集中力の高いプレーを見せてくれました。

 多くの選手は具体的な課題を持って取り組んできた春休み。

 悪戦苦闘しながらも少しずつ克服しつつあります。

 本気の選手は規定練習後の自主練習にも積極的に取り組みます。

 春休みも残すところあと3日です。

4月4日(水)
暑いのはピンチ?チャンス?
 最高気温27℃。夏日です。

 午後の学校体育館は熱気を感じる気温でした。

 湿度こそ低いものの少しずつ春が本格化してきます。

 選手たちもアゴから滴る汗を拭きながらの練習です。

 当然汗をかくと体力も消耗します。

 体力を消耗すると集中力も低下してしまいがちです。

 快適な環境でプレーできるに越したことはありませんが、現実はそうもいきません。

 暑かったり寒かったり、湿気があったり、床が滑ったり、眩しかったり暗かったり、ボールの品質が悪かったり。

 快適な環境なら誰もが頑張れて、練習効率も上がります。

 しかし、そうでない環境でこそ頑張り方に差が出ます。

 「暑いから頑張れない選手」と、「暑くても頑張れる選手」。

 結局のところ、「我慢」ができる選手が強くなる。

 「我慢」ができる人間が成功を掴むことができるのです。

 どんな過酷な環境でも「我慢」をして成功を掴みとった経験が、卓球をやめてからも長い人生で活き続けるのです。

 これからどんどん暑くなり、本校に限らず頑張れない選手が出てきます。

 環境悪化をピンチと考えるか、チャンスと考えるか。

 明日は一気に10℃ほど気温が下がるようです。

 ここで体調を崩すようでは…。

4月3日(火)
岡崎城西来校
 最高気温23℃。

 今日の男子は岡崎城西高校が来校してくださっての練習試合でした。

 選手12名を連れてきてもらいました。

 午前中は学校体育館が使えず卓球場で練習を中心に。

 午後は学校体育館に場所を移して4時間ぶっ続けでゲーム練習。

 湿度は低めでしたが館内気温は恐らく30℃近くあったと思います。

 人数的にはこちらが1.5倍。

 しかし岡崎城西の選手たちは体力が落ちることなく最後までガッツリと相手をしていただきました。

 この時期の高校生は全国的にインターハイ予選直前です。

 互いに最後まで緊張感ある練習となりました。

 今年のインターハイは愛知県開催。

 もともと学校対抗で2枠ある愛知県は、プラス地元枠で3枠。

 実力的には間違いなく入ると思いますが、3番目ではなく2番目を狙える力があります。

 ここからの1か月が勝負です。

 それは本校も同じことが言えます。

 愛知インターハイで再会できるよう頑張ります。

4月2日(月)
祝・入社
 昨日が日曜日だったので、今日が新年度の仕事始めだったところが多かったと思います。

 昨日、「村上悠馬さんが母校に赴任」という内容を書きましたが、「エープリルフールの冗談じゃないか?」という声が上がっていたそうです。

 間違いありません。

 確かに今日、白子高校で転任者として紹介されていました。

 夜には先月卒業したばかりの猿橋彩さんから、「今日、入社式でした!」と連絡がありました。

 今日入社式だったのは猿橋さんの他、口地輝季さん、安田泰紀さんだったはず。

 間もなく写真も送られてくると思われます。

 今日は会議のハシゴでした。

 それが終わると居室の引っ越し。

 午前中の練習は出られませんでしたが、午後の後半から顔を出すことができました。

 暑さも感じる体育館内でしたが、文字通り白熱したゲーム練習の最中でした。

 年度当初のドタバタした雰囲気を、体育館内には持ち込まないよう気を付けたいと思います。

 明日は練習試合が予定されています。

4月1日(日)
新年度のスタート
 快晴の一日。

 桜がきれいに咲き誇っています。

 今日から平成30年度、2018年度のスタートです。

 ビッグニュースが飛び込んできました。

 今朝の新聞にも掲載されていましたが、本校卓球部卒業生で稲生高校で教員をしている村上悠馬さんが本校に赴任します。

 村上さんは平成15年に本校を卒業され、愛知工業大を経て三重県の教員になりました。

 7年前に情報科の教員採用試験に合格し、伊勢まなび、稲生を歴任されて今年度より母校に赴任します。

 大学卒業時より西飯スポーツの卓球場で選手たちの指導にもあたり、3年前からは三重国体の強化スタッフとしても活躍中です。

 選手たちにとっても、私にとっても心強いことこの上なしです。