白卓日記 ‘18 2月 前月へ! 次月へ!   
2月28日(水)
部活動だけでなく
 いい天気。

 今日は明日に控える卒業式の予行、同窓会の入会式、優秀模範生徒の表彰がありました。

 卒業式での生活創造科総代は猿橋彩。

 優秀模範生徒として口地輝季と森本枝里が表彰されました。

 無遅刻無早退無欠席の皆勤賞にも、猿橋、大谷真美、中瀬雄斗も表彰されています。

 部活動だけでなく学校の様々な場面でも活躍してくれた3年生たちの卒業式は明日です。

 1年生は5限授業で、2年生は卒業式予行のため少し遅れて練習に。

 学校体育館は椅子が並べられているので卓球場で行いました。

 その後は再び学校に戻って勉強会。

 テストは明後日に迫っています。

※TOPICSに大阪選手権をアップしました

2月27日(火)
卒業してゆく3年生⑦
 口地輝季は小学校低学年の時から、妹の恋菜と二人で久居から電車に乗って卓球場に通っていました。

 幼い二人でしたが毎日のように熱心に通い続け、5年生の頃までは県内で負け知らずでした。

 しかし、同世代のレベルが高かったこともあり、少しずつ勝てなくなってきました。

 それでも高校入学後は、インターハイダブルス代表になると3年生が抜けた8月の高校選手権では「小学校4年生以来」というシングルス優勝を果たしました。

 その後も全日本ジュニア、大阪選手権、東京選手権の代表になるなど順風満帆と見えましたが、2年生になったあたりから再び勝てなくなってきました。

 そんな苦しい時期が続いても腐ることなく、地道にコツコツ努力を続ける姿勢が変わることはありませんでした。

 キャプテンになってからは一生懸命チームのことも考え、取り組む姿勢も”一人前”になってきました。

 勝負を賭けた最後のインターハイ予選でしたが、残念ながら目標を達成することはできませんでした。

 しかし誰にも負けない努力を重ねて目標を達成したり、あと一歩のところで達成できずに失意のどん底を味わったりした経験は、今後の人生に大きな影響を及ぼすはずです。

 明るく温厚で”いじられキャラ”な彼は、部内だけでなく教室でも愛される人気者です。

 中学時代より勉強も頑張って学年上位の成績を堅持しました。

 卒業後は地元人気企業への就職が決まっています。

 社会に出てからこそ彼の経験と人間性は生きるはずです。

※TOPICSに学年別大会をアップしました

2月26日(月)
フィジカルの重要性
 最高気温が15℃!

 厚着をしていると暑さを感じる気温です。

 さて。

 月曜日の今日はカリスマトレーナー磯部さんによるフィジカル講習会の日です。

 テスト前で勉強時間を確保したいところですが、これだけは外すわけにはいきません。

 本校卓球部にとって、プレーの土台を作る重要な取り組みとなっています。

 チームワールドカップの日本代表の躍進の陰に、伊藤美誠選手がフィジカルアップに取り組んだ成果が出たとの記事が掲載されていたことを磯部さんに教えてもらいました。

 今回は出番がありませんでしたが、平野美宇選手が全日本を制した時も基礎体力を上げるトレーニングに取り組んだとのこと。

 現代卓球にとってフィジカルアップは必要不可欠です。

 ぽっちゃり体型で入部してきた1年生の男子選手は、約10か月で17㎏も減量しました。

 しっかり食べて、しっかり運動して痩せる。

 理想的です。

 当然プレーもどんどん上達しています。

 しんどくても成果が出れば頑張れます。

2月25日(日)
ものは考えよう
 曇り空の一日でした。

 今日の男子は学校体育館が午前中使えなかったので、9時から勉強会。

 昼食後に練習。

 その後はまた勉強会。

 練習がちょうどよい気分転換(?)になって、午前も午後も勉強は頑張れたと思います。

 今回のテストは土日を挟んで行われるという、月曜日スタートが慣例の本校としては異例のスケジュールです。

 卓球のことを考えると2週にわたって土日が勉強に忙殺されるのは痛いのですが、勉強のことを考えるとしっかりと時間が取れるので良いスケジュールと言えます。

 ものは考えようです。

 しっかりと勉強に取り組んで結果につなげてもらいたいと思います。

 ピョンチャンオリンピックが閉幕しました。

 今回の日本勢の活躍は目を見張るものがありました。

 活躍した種目の勝因が報道されていますが、いずれも”長期的な強化策が結実した”とのこと。

 卓球の日本ナショナルチームも同様ですが、やはり計画的に物事を進めることが成功への第一歩です。

 ちょうどチームワールドカップがロンドンで開催中ですが、日本は男女とも決勝進出ですね。

 強い。

 女子は世界選手権で敗れた北朝鮮をシャットアウト。

 男子は水谷隼抜きで韓国ベストメンバーに競り勝ち。

 すごいです。

※TOPICSに、「東海新人戦」、「三重県選手権」、「全日本選手権」をアップしました。

2月24日(土)
ムズムズ
 朝晩はまだ冷えますが、日中は暖かくなってきました。

 と言うことは…。

 少し鼻がムズムズしてきました。

 部員の中でもティッシュの箱を抱えている者もいます。

 私の場合は2月下旬から4月上旬にかけて花粉症に悩まされます。

 症状も個人差がありますが、私は鼻づまりはほとんどなく、くしゃみと鼻水です。

 様々な治療法や予防法を試しましたが、最近の薬は副作用も少なくなってきているので、もっぱら買い薬です。

 さて。

 今日の男子の練習は午前中練習で終えました。

 集中力もあり、しっかりと取り組めたと思います。

 午後から夕方まで勉強会でした。

 1年生たちも勉強会のコツが分かってきました。

 最終的には自学自習になりますが、解らないところを聞いたりできるのが勉強会の利点です。

 そのメリットを最大限に生かしてもらいたいと思います。

2月23日(金)
テスト週間突入
 そろそろ手袋やネックウォーマーも必要ないかもしれません。

 今日は2年に一度のブラスバンド部によるミュージカル、「大黒屋幸太夫」の鑑賞会。

 2限授業後に鈴鹿市民会館に移動して鑑賞会。

 練習はいつもより遅めのスタートとなりました。

 また、来週の金曜日から学年末テストが始まるので、今日からテスト週間に入ります。

 練習は短時間とし今日から勉強会スタートです。

 高校生である以上、少なくとも定期テスト時は勉強を優先するのが当然です。

 選手たちにとってテスト前、テスト中の2週間は、苦しい時間が続きます。

 テストが終わると東京選手権、そして全国選抜が控えています。

 テスト後に気持ちよく強化練習に臨めるよう、ここは頑張りどころです。

2月22日(木)
卒業してゆく3年生⑥
 森本枝里は大宮町出身です。

 中学年生の時に番条さんのお宅に下宿して、本格的に卓球に取り組み始めました。

 以来、全国の舞台で活躍する選手に成長していきました。

 最初に全国大会でブレイクしたのが高校2年生のインターハイシングルスでした。

 1回戦でダブルス3位に入った選手に0-2後の3セット目をジュースで取って辛くも逆転勝ちしたのがターニングポイントになりました。

 ランク(ベスト16)決定戦もセットオール1-6からの逆転勝ちと、神懸かった強さでランクインを果たしました。

 その後は日韓交流戦の代表に選出されて海外遠征を経験し、全日本ジュニアでベスト16入り、そして最後のインターハイはダブルスで3位入賞と、一気に全国の階段を駆け上がる活躍でした。

 こうして見ると順風満帆な3年間だったように感じますが、度重なる故障で苦境に立たされることも少なくありませんでした。

 それを地道な努力で乗り越えて実績を積み重ねてきました。

 卓球を離れると温厚でおっとりした性格は三重県気質そのものです。

 人の良さがにじみ出る性格で彼女のことを悪く言う人は見たことがありません。

 卒業後は日本屈指の伝統を誇る関東の大学に進みます。

 これからもさらに厳しい環境に身を置くことになりますが、これまで同様、マイペースを崩さずに地道にコツコツと精進してくれるはずです。

2月21日(水)
学校・企業ガイダンス
 今日も暖かな一日。

 今日は午後から鈴鹿市体育館を借り切って、学校・企業ガイダンスが開かれました。

 本校恒例の行事で、200を超える大学、短大、専門学校、企業に来ていただいての合同説明会です。

 3年生が間近に迫ってきた2年生だけでなく、1年生も参加します。

 この説明会がきっかけで進路を選択することになる者も少なくありません。

 卓球部員の特に2年生たちは、進路選択を絞りつつある時期です。

 今日の説明会は参考になったでしょうか?

 説明会の時間が押して練習開始時間も30分ほど遅くなりました。

 今日は水曜日。

 体育館も19時までしか使えない日です。

 ここ最近、会議続きで練習の最初から見れていませんでしたが、今日は最初からしっかりと見ることができました。

 練習後に卒業生の古市真暉さんのお父さんが顔を出して下さいました。

 お仕事の関係で中国に赴任していますが、この時期は中国のお正月である”春節”で、帰国されています。

 かねてから私がお願いしていた、日本で手に入りにくい中国製のラバーを買ってきて下さいました。

 色々と試してみようと思います。

2月20日(火)
地道な練習
 ん?暖かくなってきましたよね?

 今のところ花粉はまだ感じません。

 今日は高体連の理事会がありました。

 来年度は登録の方法、国体予選、三重県選手権が大きく変わりそうです。

 登録の方法や試合の形式が大きく変わるのは理由がある訳ですが、そうなっても選手や顧問の先生が大きなストレスを感じないようにしなければなりません。

 何事も最初が肝心です。

 津工業で行われた会議の直後には、すぐ近くのプラザ洞津にて、高体連主催のインターハイ女子ダブルス3位の表彰がありました。

 全国大会で入賞すると、様々なところから表彰をしていただけます。

 式自体は短時間で終わり、その後は学校に戻って練習に合流です。

 ほとんどの選手たちが公式戦がしばらくない状態ですが、練習の雰囲気は悪くありません。

 特に、今年度はあまり活躍できなかった選手たちが来年度に賭ける気持ちが伝わってきます。

 地道な練習に勝る上達法はありません。

 それができる選手たちに期待したいと思います。

2月19日(月)
卒業してゆく3年生⑤
 中瀨敬太は南が丘中出身。

 中2の頃から卓球場に通い始めましたが、今ひとつ熱は入っていないように見えました。

 中3の夏を終えて白子高校に進学を決め、春に入学すると目の色が変わりました。

 規定練習を終えた後も必ず毎日、しかもいちばん辛い動く練習を中心に取り組みました。

 身体能力もボールセンスも決して高くはない、というかむしろ低い方の部類の選手でした。

 じわじわと力を付け秋にはレギュラーの座をゲットすると県、東海と活躍するも全国には一歩及ばず。

 彼が最も全国に近づいたのが2年生のインターハイ予選でした。

 シングルスでは最終戦に勝てば代表のチャンスがあった試合を2-0リードから逆転を許し、ダブルスでは高田のエースダブルスを破る殊勲の星を挙げながら同士討ちで敗れ、団体戦ではラストの2-1リードの4セット目を9-9から失うと5セット目10-9から三球目攻撃後の五球目のチャンスボールを打ちミスして逆転を許してしまいました。

 その後も地道な努力を重ねるも、ことごとく跳ね返されて全国大会出場という目標を達成することができませんでした。

 それでも卓球への情熱を失うことなく、最後までチャレンジを続けました。

 卒業後は、「まだやり残したことがある」と、関西学生リーグの大学への進学が決まっています。

 同級生たちが部活動引退後の悠々自適な生活を送るのを尻目に、相変わらず地道に練習に取り組んでいます。

 勝っても負けても大好きな卓球を続ける姿勢は、まさに白卓スピリットの継承者です。

 その姿勢が今後も続くことを期待したいと思います。

2月18日(日)
大阪選手権③
 大会最終日。

 本校で残ったのはジュニア女子の白神ひかる。

 4回戦の相手は、昨年度の東京選手権で森本が敗れた四天王寺高校の選手。力強い両ハンドのドライブを武器とする選手です。攻めの速さと手数の多さで勝負したかった白神ですが、威力のあるボールで押されて苦しい展開が続きストレートで敗れました。

 長期療養から復帰を果たした全日本選手権から1か月。明らかに復調の兆しを感じさせてくれましたが、まだ万全には程遠い状況です。それでも昨日、全日本で敗れた選手を圧倒するなど地力の強さは証明できました。来月末の全国選抜では更なる復調が期待されます。

 色々と勉強になった大阪選手権でした。

 この三連休、鈴鹿に残って練習していた選手たちにも伝えたいと思います。

 選手たちの応援に走り回って下さった保護者の皆様。

 ありがとうございました!

2月17日(土)
大阪選手権②
 大会二日目。

 今日はジュニア1~3回戦、一般シングルス1~3回戦が行われました。

 ジュニア男子の西山天智②。松商学園(長野)との初戦を0-2とリードされてから徐々にペースを掴んでセットオールに。大接戦になりましたが、勇気をもって最後は10本で振り切って2回戦へ。続く2回戦は東山(京都)と対戦。力んで凡ミスを繰り返す悪癖が出てあっさり2セットを奪われます。3セット目は冷静さを取り戻し大きくリードをしますが、後半にバタついて痛恨の逆転負け。技術の進歩は明らかですが、試合運びはまだまだ工夫の余地があります。

 番条晃大②は初戦の2回戦で韓国の選手と対戦。手堅く来る相手に対し、動きも悪くペースを掴めないまま試合が進み精彩なくストレートで敗退。コンディション不良で普段のプレーにはほど遠い状態。ジュニア最後の大阪選手権を後味の悪いものにしてしまいました。来月に控える東京選手権、全国選抜での巻き返しを期待します。

 ジュニア女子の口地恋菜①は宮城の中学生と対戦。互いに凡ミスが多く淡泊な試合に。攻めにいった分だけポイントを奪われる機会が多く、0-2とリードを奪われます。3セット目は返すものの、接戦となった4セット目を10本で落として万事休す。緊張の全国大会初戦で初めての相手と対戦するという難しいシチュエーション。それなのに強攻を繰り返し、相手は何もしていないのに失点を重ねるという、今回の彼女に限らず見られるパターンです。ちょっとしたやり方の工夫で勝てる試合は増えるはず。

 古沢夏姫①は朝一番の試合で常翔学園(大阪)のカット選手と対戦。緊張からモタつきますが、要所を締めてストレートで勝利。続く2回戦は明徳義塾(高知)と対戦。苦戦が予想された通りあっさり2セットを奪われますが、3セット目を返す意地を見せました。以前のように、試合となると別人のように消極的になることは影を潜めるようになっています。

 白神ひかる①は初戦の高岡西(富山)を合計15本でシャットアウト。続く試合は1か月前の全日本ジュニアで苦杯を舐めた明徳義塾と対戦。最悪のコンディションで臨んだ先月とは打って変わって軽快なプレーで接戦をモノにしてストレートでリベンジ。明日の4回戦にコマを進めました。

 一般女子シングルスにチャレンジの森本枝里③は2回戦で新潟大を危なげなく退け、3回戦で静岡のクラブチームの選手と対戦。互いに左からの強打で接戦となりました。2-1とリードした4セット目を落としたのが響き、セットオールで惜敗。高校3年間でインターハイシングルスランク入り、ダブルス第3位入賞、全日本ジュニア16入りと輝かしい戦績を引っ提げて大学卓球にチャレンジします。丁寧なプレーと勝負強さで勝ってきた彼女ですが、ここから上のレベルに対して何が必要かは自覚できているはずです。その課題を克服してジャンプアップしてくれることを期待します。

 明日の最終日には白神がチャレンジします。

2月16日(金)
大阪選手権①
 穏やかに晴れた一日。

 今日から三日間、大阪・エディオンアリーナ(大阪府立体育館)にて「第57回大阪国際招待卓球選手権大会」が行われます。

 本校からはジュニア男子に番条晃大、西山天智、女子シングルスに森本枝里、女子ダブルスに森本・白神ひかる、ジュニア女子に白神、口地恋菜、古沢夏姫が出場します。

 今日は女子ダブルスと女子シングルスが行われました。

 森本枝里・白神ひかるが1回戦シードの2回戦にチャレンジ。相手は石田卓球クラブ。1セット目を5-0とリードしましたが、徐々に挽回されて失うと、そのまま2セット目も奪われ後がなくなります。丁寧にプレーした3セット目を取りますが、4セット目は相手ペースのまま進んで1-3で敗れました。

 インターハイダブルスで3位入賞した後は精彩を欠く試合が続きます。自己ベストを大きく上回った後はどうしても、自ら求めるものも大きくなり苦しんでしまいます。しかしそれが大きく成長するチャンスでもあります。前向きな気持ちがある限りチャンスは続くはずです。

 女子シングルス1回戦に臨んだのは森本枝里。金城大学の選手と対戦。出足からしっかり攻めて主導権を奪うと、激しいラリーでも打ち負けずにストレート勝ち。

 白子のユニフォームを着て臨む最後の試合です。全国の舞台で活躍し続けた3年間の有終の美を期待します。

 明日はジュニア男女の試合も始まります。

2月15日(木)
明日から大阪OP
 最高気温13℃。

 今日も日中は暖かったです。

 明日から大阪国際招待卓球選手権大会が始まります。

 本校からはジュニア男子に番条晃大、西山天智、女子シングルスに森本枝里、女子ダブルスに森本・白神ひかる、ジュニア女子に白神、口地恋菜、古沢夏姫が出場します。

 卒業生も山本雄飛さん、岡田天志さん、岡田理志さん、古市真暉さん、堀津有貴さん、長澤玲奈さん、桒村菜月さんが出場します。

 鈴鹿から2時間弱の大阪です。

 地元大阪の選手も多数参加しますが、強豪選手が目白押しの全国オープン大会。

 コンディションが今ひとつの選手もいるので心配ですが、かつてはこの大会がきっかけでステップアップしていった先輩たちも何人もいます。

 一つ勝つごとに全国への扉が大きく開いていく大会でもあります。

 明日は先発隊として女子ダブルスと女子シングルスに出場する二人が出発します。

2月14日(水)
バレンタインデー
 暖かな一日。

 今日はバレンタインデー。

 放課後、女子卓球部員がわざわざ職員室まで届けてくれました。

 女子部員の気遣いに感謝です。

 前期選抜を終えましたが、その選抜会議は長時間に及びました。

 ”白子で学びたい”というアツい思いをどう受け止めるか?

 責任の重い作業です。

 今日の練習も卒業生の堀津有貴さんが来てくれました。

 大阪選手権に出場する者は唯一である大会使用球のTSPで練習をしています。

 ボールのブレなどの品質はともかく、著しく耐久性に欠けます。

 カドに当たるとまず間違いなく割れてしまいます。

 今日も新品スリースター1ダースをおろしたのですが、アッという間に4個も割れてしまいました。

 TSPのボールはニッタクなどと比べて1個当たり80円ほど安いのですが、これでは”安かろう悪かろう”です。

 メーカーにとってはドル箱のボールですが、消費者にとってはあまりに酷い状況です。

2月13日(火)
先輩たちからの金言
 三連休明けの火曜日。

 今日の練習には昨年卒業の堀津有貴さんと阪亮輔さんが来てくれました。

 堀津さんは週末から始まる大阪選手権に向けての帰省です。

 二人とも練習の途中、ゲーム練習からの参加だったので時間はそれほど長くはありませんでした。

 しかし二人の真骨頂は規定練習後。

 高校時代も規定練習後の自主練習で力をつけた選手たちです。

 後輩たちに捕まって練習相手を務めても、親身になって一生懸命相手をします。

 また、乞われてなくても気が付いたことがあれば積極的にアドバイスをしてくれます。

 自分の事で精一杯だったはずの高校時代からも、他人に対する気遣いのできる二人でした。

 現役バリバリの先輩だからこそできるアドバイスを聞かない手はありません。


2月12日(月)
卒業してゆく3年生④
 猿橋彩は会場のどこで試合をしていても、その雄叫びですぐに分かる”ファイター”です。

 阿児卓友会伝統のアグレッシブなハイリスクハイリターン速攻プレーで活躍しました。

 入学当初はその不安定さばかり目立っていましたが、豊富な練習量と前向きな姿勢は終始一貫。

 心技体のバランスがとれ始めた2年生秋からレギュラーに定着しましたが、全国選抜東海予選で団体戦の重圧に厳しい洗礼を浴びました。

 最後のインターハイに向け努力を重ねた彼女の集大成は、団体県予選でライバルチームのエース選手に対し気迫で圧倒してチームの勝利を決定づけた一戦です。

 個人戦ではシングルス5位、ダブルス3位と代表まであと一歩と、心が折れても仕方ない状況からの復活勝利は彼女のスタイルを象徴する一戦でした。

 自分に厳しい人は、他人には優しいものです。

 厳しくも優しい彼女の言葉で救われた選手も少なくないはずです。

 文武両道の彼女は学業も学年トップクラスを3年間維持し、卒業後は愛知県の日本一の自動車メーカーへの就職が決まっています。

 世の中に出てこそ、彼女の真価は発揮されるはずです。

2月11日(日)
NTNへ
 今日の男子は月に一度のNTN練習会に参加させていただきました。

 4名の選手を連れて、会場であるデンソー大安製作所体育館へ。

 この体育館は私が学生の頃に合宿した懐かしい場所です。

 NTNには、卒業生の南翔太郎さん、岡田天志さん、岡田理志さん、大谷崚介さんがいます。

 他にもNTNではありませんが、卒業生の山本雄飛さん、村上稜二さんらも集まって盛大に行われました。

 午前中は課題練習、午後はゲーム練習と、朝の9時から16時過ぎまでガッツリとお相手をしていただきました。

 簡単に凡ミスをしてくれない堅実なプレーはさすが社会人。

 手抜きのない全力プレーに高校生たちも引っ張られ、最後までしっかりと集中できました。

 練習後は高校生もグッタリの中身の濃さでした。

 NTN卓球部のみなさん、ありがとうございました!

2月10日(土)
男子・新日鐵住金名古屋へ
 今日から三連休。

 男子4名は新日鐵住金名古屋へ、女子は松阪の練習会に。

 新日鐵住金名古屋は2007年卒業のキャプテン・重田直彦さんが所属しています。

 今日も重田さんの取り計らいで初めてお邪魔させていただくことになりました。

 巨大企業・新日鐵住金名古屋の本社のすぐ近くの練習場は、昨年から専用の練習場となったとのこと。

 この時期はオフシーズンで練習参加選手は少なかったのですが、本来は10代の選手から60代の選手まで数十人が所属しています。

 午前中のみの練習でしたが、ゲーム練習中心に中身の濃い練習をしていただきました。

 余談ですが、重田さんは5月にご結婚が決まっているとのこと。

 おめでとうございます!

 午後は学校体育館に移動して合流。

 明日も企業への遠征が予定されています。

2月9日(金)
卒業してゆく3年生③
 安田泰紀は三つ上の兄の佑紀も本校卓球部卒業生です。

 それもあって早い段階から本校への進学を決めてくれていました。

 実直で努力家だった兄と同様、決して恵まれた才能はありませんでしたが、地道にコツコツと精進するスタイルでした。

 流行のプレースタイルに憧れて個性を失う選手が多い中高生の中で、客観的に自らを見ることのできる選手でした。

 身体能力に恵まれない分、丁寧なプレーと守備に磨きをかけ、”取りこぼしの少ない”選手として活躍してくれました。

 それは言い換えると大きな飛躍も期待しづらいともなりますが、それを律する芯の強さも身に付けました。

 中学生の頃の彼は、ちょっとしたことですぐに涙を流す選手でした。

 叱責した訳でもないアドバイスでも涙を流し、ゲーム練習で負けては涙を流し。

 しかし、彼の涙を見たのはいつが最後だったでしょうか。

 決して涙が枯れた訳ではなく、セルフコントロールのできる大人になったということでしょう。

 卒業後は、ここ数年本校から受けた者が不採用となっていた人気企業に見事採用され、本校卒業生の伊藤俊介さんや内田芽人さんが待望していた期待の新人となりました。

 彼ら同様この地域に生まれ育って、どっしりと根を張って生きていってくれる力強さを感じます。

2月8日(木)
前期選抜検査
 今日は前期選抜検査、いわゆる推薦入試が行われました。

 本校の倍率は普通科3倍、生活創造科2.7倍と、昨年ほどではありませんが、それでも高倍率となりました。

 天気には恵まれましたが、1年でいちばん寒い時期で寒さと緊張で強張る受験生たちには、「頑張って」と声を掛けたくなります。

 3年前から本校卓球部では前期選抜時にスポーツ特別枠選抜という選抜方法を導入しています。

 調査書、面接、学力検査(国語)の他に、卓球の技術を検査する実技検査があります。

 受験生たちは朝から一日、緊張の連続だったと思います。

 来年度、我々の仲間となるのはどんな選手たちなのでしょうか?

 楽しみです。

 在校生たちは学校体育館が使えなかったので、西飯卓球センターでの練習となりました。

 極寒の体育館と比べ、暖房も入っている卓球場です。

 頑張って取り組めたことと思います。

2月7日(水)
卒業してゆく3年生②
 小学生の頃から卓球場に通う大谷真美は中学生になると南牟婁に転校していきました。

 ピッチの速い卓球で将来を嘱望された彼女です。

 中学に上がると同時に、お父さんの故郷である熊野に転校。

 もう戻ってこないかと思いましたが、高校は本校で卓球を頑張りたいとの連絡がありました。

 もともとフィジカル面に課題を持っていましたが、高校入学後もそこで苦労をしました。

 しかし体力が技術力に追いついてきた2年生で、結果に結び付くようになりました。

 安定して県内の試合も結果を出せるようになりましたが、圧巻は地元三重で行われた東海選手権。

 両ハンド速攻の手堅いプレーで勝ち上がり、レベルの高い東海地区でランク(ベスト16)入りを果たしました。

 その後もチームの主力として活躍しました。

 良くも悪くもマイペース。

 自分のペースを守り、自分の中での線引きは”キッチリ”とするタイプの選手でした。

 「高校3年間は卓球を頑張る」という目標を達成した後は、将来に向けて方向転換。

 卒業後は栄養士を目指して名古屋の専門学校に進みます。

 なんだかんだあっても最後は自分のペースに巻き込む卓球同様、将来も目標を達成する姿が容易に目に浮かびます。

2月6日(火)
練習環境
 寒い日が続きます。

 三重県ではワンシーズンで”積雪”と言える日は、せいぜい2~3日です。

 今日は北陸、特に福井では記録的な積雪だったようです。

 来月末の全国選抜、そして来年度の国体が行われる福井の福井商業高校の橋辺先生と連絡を取ると、昨日から明日まで休校だそうです。

 写真は橋辺先生のご自宅前。

 「夜の体育館は極寒で…」という内容の日記を書こうと思いましたが、申し訳なくてやめました。

 練習環境を整えるのは我々指導者の仕事のひとつです。

 寒ければ暖房を、暑ければ冷房を、高湿度ならば除湿を、暗ければ照明を、眩しければカーテンを。

 その他にも狭い、うるさい、ボールがない、ボールの質が悪い、果ては指導者が…。

 「昔はこんなもんじゃなかった」は禁句です。

 効率的な練習をするには、そういった様々な練習環境を整え、選手たちがストレスなく取り組めるようにすることも重要です。

 豪雪がなくても、寒冷地の冬場の練習は大変だと思います。

 日が落ちてからの練習は、体育館にも暖房を入れているのでしょうか。

 そうなると灯油代だけでも大変なはず。

 そういった想いを巡らせながら、練習環境を整えることについて考える今日この頃です。

2月5日(月)
卒業してゆく3年生①
 いよいよ今年も始まりました。

 大木中学出身の中瀬雄斗の中学時代は”鈴鹿市でそこそこ”という戦績でした。

 口数が少なく、何事も消極的な印象だった新入生時代。

 もちろん卓球は大好きなのでしょうが自己主張ができなかったので、様々な場面で乗り遅れていた印象があります。

 過剰な自己主張は周囲からひんしゅくを買いますが、自己主張がなさすぎるのも結局は自分の立場を苦しくしてしまいます。

 しょっちゅう私に怒られながらも少しずつ自分を周囲に理解してもらい、自分も周囲に合わせることを覚え始めてからは卓球も勉強も軌道に乗り始めました。

 規定練習後も黙々と自主練習に取り組み、少しずつ自分のスタイルを確立していきました。

 入学当初はかなり下位の方だった勉強も、いつの間にか順位を上げ、気が付けば結構な成績を挙げるまでになりました。

 卒業後は将来のことと卓球のことを両立させるべく、卓球部の活動が盛んな自動車整備士を目指す専門学校に進みます。

 勝った負けただけでなく、失敗を重ねながら少しずつ成長した3年間だったと思います。

 何年後になるか分かりませんが、「口数は少ないが職人肌の腕の良い整備士がいる」と評判になることを期待します。

2月4日(日)
トヨタ遠征&朝日新聞社杯
 よく晴れました。

 今日の男子はトヨタ自動車遠征と朝日新聞社杯の二つに分かれての活動でした。

 トヨタ自動車には5名でお邪魔しました。

 力の差は歴然としていましたが、いつものことながら手を抜かずにビシッとした雰囲気でお相手をしていただきました。

 選手たちの年齢層は十代から二十代半ばと、高校生たちとそれほど離れている訳ではありませんが、卓球の力以前に雰囲気が”大人と子ども”だと感じさせられます。

 選手たちも9時から13時までほとんど休憩なくやっていただきましたが、トヨタの選手たちの真剣さに引っ張られて最後まで集中力を切らさず取り組めました。

 昨日は練習に来ていた中学生の集中力が切れると、高校生たちも同じようになっていた様を見ると、このあたりが全く足らないと感じました。

 練習相手の集中力が切れるのは、相手が「気を抜いてもいい」と思わせるスキがあるのだと思います。

 高校生相手に、勝っていても気を抜かず、負けていても最後までファイトする。

 できそうでできないことを、いつ来ても実行できるトヨタの選手たちの質の高さを感じました。

 いつかは高校生たちもあんな大人の選手になってもらいたいと強く感じました。

 監督・コーチの大島さん、山田さん、トヨタの選手の皆さん本当にありがとうございました。

 朝日新聞社杯は鈴鹿市協会主催の個人戦です。

 シングルスの優勝は疋田兼也、ダブルスの優勝は疋田・大森汰佳人。

 ローカルな大会ですが、こういった経験を積むことは非常に大切です。

 勝った選手も負けた選手も収穫はあったはずです。

 トヨタ遠征組も朝日新聞社杯組も、明日もう少し掘り下げてみたいと思います。

2月3日(土)
最後の準備
 暖かな一日。

 気温が上がると体も心も解きほぐされます。

 今日は学校体育館を一日使ってガッツリ練習できました。

 中学生もたくさん来てくれて刺激になりました。

 現在男子の高校1,2年生の選手は合計15名。

 毎日しっかりとそれぞれの選手を見ているつもりです。

 体調が悪そうで精彩のない選手、表情も明るく朝いちばんの練習から覇気あふれる選手、練習はしっかり頑張れるのにゲームになると結果ばかり気にしてしまう選手、以前から見違えるように前向きに練習を頑張る選手等々。

 全員の選手がいつも積極的に意欲的に根気よく粘り強く体調も良く取り組んでくれれば良いのですが、そうそう上手くはいきません。

 こっちの選手が頑張れるようになったと思ったら、あっちの選手が凹んでいたり、モグラ叩きゲームのようです。

 しかし高校生ともなればそういった試練を自らの力で乗り越えなければなりません。

 高校を卒業すれば親からも自立して一人の力で立ち上がり歩けるように求められます。

 高校3年間はそのための最後の準備期間です。

 卓球部の活動は厳しく、結果は時として残酷なこともあります。

 でもそれを自分の力で乗り越えた時に、本当の”自信”が身につくのだと思います。

 もちろんその手助けをするのが我々指導者の仕事なのですが、手取り足取り何から何まで世話をするのが指導者のあるべき姿ではないはずです。

 そんなこんなで胃の痛みが休まる日はありません。

2月2日(金)
教えることは教わること
 大寒波も少し落ち着いてきたような。

 長くこの世界で生きていると様々な出会いがあります。

 今日は教え子を連れて来てくれた”教え子”が来てくれました。

 現役時代は天才的な能力で大活躍した選手でしたが、今や指導者として知る人ぞ知る存在です。

 ちょくちょく試合会場では顔を合わせてはいましたが、実際に膝を突き合わせて話をしたのは初めてかも知れません。

 驚いたのはその人間力です。

 選手としては一流でしたが、それ以外の部分では「?」だと思っていました。

 ところが様々な経験を経て、彼曰く「一周まわって」現在に至ったとのこと。

 最近、歳をったせいか”縁”や、”運命”や、”人生”や、”巡り合わせ”などの言葉が頭をよぎります。

 不景気とは言え、死なない程度には生きられる日本です。

 周囲の誰ともかかわらずにいても死ぬことはありません。

 しかし、豊かな人生を歩もうと思えば人間関係を無視してはいけません。

 またひとつ教えられました。

2月1日(木)
意識の低い者は体調を崩す
 一年でいちばん寒い季節。

 明日も積雪が心配されます。

 学校ではインフルエンザが猛威を振るっています。

 入れ代わり立ち代わり、クラス単位で”パンデミック”の兆候が。

 さて。

 幸い卓球部員のインフルエンザは単発で治まっています。

 しかし体調不良で練習に出られない者が散見されます。

 ”寒い時期に風邪をひく”

 当たり前のことだけに、あってはならないことです。

 この時期の体調不良は、”油断”に他なりません。

 体調を崩して学校を休んだり、練習を休んだりしても周囲には大して迷惑をかけません。

 そこが学生の”甘さ”です。

 社会人になって世の中に出ると、休むことで周囲に大きな迷惑をかけてしまいます。

 おちおち休んではいられません。

 3年生は卒業間近ですが、本校の皆勤賞は年々増加の一途をたどっています。

 休まない者は”体が丈夫”なだけではありません。

 何事も、意識の高い者が成功するのです。