白卓日記 ‘15  2月  前月へ!  次月へ!  
2月28日(土)
明日は卒業式
 二月最後の日。やっぱり二月はアッという間です。

 明日は卒業式です。

 三重県の公立高校の卒業式はほぼ全校が3月1日に卒業式を挙行しますが、日曜日にあたるとずらしてやるのかどうか?

 気になって過去卓日記を調べてみると…。

 六年前も3月1日が日曜日でしたが、その年は翌日の月曜日にずらしていました。

 天気予報では残念ながら明日は朝から雨だそうです。

 雨の卒業式も記憶にない、と思って調べてみると…。

 九年前の卒業式が雨でした。

 主役の三年生たちですが、男子の古市と楠井は今日も後輩たちと一緒に練習に汗を流しました。

 女子の大西も練習を続けていますが、昨日38℃の熱を出して学校を早退してインフルエンザかと心配しましたがどうやらそうではなかったとのこと。

 休部中の村上、武馬、勝山はここのところ顔を合わせる機会があまりありませんが明日が楽しみです。

 三月の声が聞こえてくると寒さも和らいできているように思います。

 テスト直前の土曜日ですが午前中短時間の練習の後は勉強会を頑張りました。

 今日は20時までとしましたが、それぞれいまのところ順調に取り組めていると思います。

 期末テストは五日間の長丁場です。

 余裕のあるうちに貯金をしてほしいと思います。

2月27日(金)
毎日見ているからこそ
 二日振りの晴天。

 明後日の日曜日に卒業式が行われる関係で学校体育館には椅子が並べられ、今日から三日間は使えません。

 男子も久し振りの卓球場での練習でした。

 これまた久し振りに西飯先生ともお話ができましたが、お互いに日頃のストレスが溜まっているのか愚痴の言い合いみたいになってしまいます。

 まあ、現場の最前線で指導する人にしかわからない部分もあるのでついつい…。

 女子の練習を間近で見るのも久し振りということになるのですが、良い部分も悪い部分も久し振りに見るからこそ違いが分かることもあります。

 ん?前はもっと真摯にひた向きにやっていたのに、やけに淡泊な試合運びで悪い意味での成長なのかな?と感じたり。

 え?前はもっと簡単にミスしていたのに、一歩余分に動けるようになってきているな、と感じたり。

 私が毎日見ている男子も、毎日見ているから分からない変化もあるのだと思います。

 大阪選手権、東京選手権に出られない選手が大半であるこの時期は、刺激も少なくついつい緊張感がなくなりがちです。

 男子は全国選抜もないので尚更です。

 試合の結果ではなく、練習の中の目標や目的をはっきりさせないとダラダラした雰囲気になりがちな難しい時期です。

 4月になりインターハイ予選が目前に迫れば誰だって頑張ってやれます。

 それだけにこの時期に頑張った選手は大きなアドバンテージを得ることができるのですが…。

2月26日(木)
虎視眈々
 朝からしとしと雨が降り続きましたが、寒くはありませんでした。

 テスト前の短縮練習ですが中身は濃くできていると思います。

 男子は多球練習からスタートしますが、ノルマ達成の時間が日に日に早くなってきています。

 もちろん早く終わらせることが目標ではありませんが、ミスが少なくなることと試合で点数を取ることとはある程度リンクしているはずです。

 ただ、どんな練習をしても試合のことをイメージできてなければ「練習のための練習」になってしまいます。

 難しいところですが、そこだけは押さえなくてはならない部分です。

 さて。

 三月に行われる東京選手権の組み合わせが公表されました。

 ”全日本よりレベルが高い”と言われる東京選手権は、ジュニアの部は男子が147名、女子が125名とインターハイや全日本と比べても狭き門です。

 東京代表が多数を占め男子は40名ほど、女子も20名ほどいます。

 その他は関東地区がそれぞれ4名ほどの枠となっています。

 三重県も含めたその他は各2名と厳しい枠です。

 これは登録人数による割振りではないので、インターハイなら8名の出場枠である愛知県も基本的な割り当ては2名です。

 男子シングルスに出場する古市、ジュニアの部の男子の辻と女子の繿コは、いずれも東京代表との1回戦、男子ダブルスの辻・堀津は山梨との1回戦となっています。

 テスト明けから一週間での東京選手権ですが、出場する選手たちは勉強も頑張りながら虎視眈々と狙っているはずです。

2月25日(水)
捗る捗る
 一時期の極寒時と同じ厚着をしていると、汗ばんでしまうほどの暖かさでした。

 男子はテスト前モードの短時間練習です。

 スケジュールが違う中学生たちのことが気掛かりですが、西飯先生や内田さんのブログを見ると頑張ってやっているようで安心しました。

 こういう時に、「自分の好きな卓球を頑張る」のか、「怒られないように頑張らされる」のかの違いが出てきます。

 頑張れば自分も幸せみんなも幸せ。

 頑張らなければ自分も不幸みんなも不幸。

 さて、テストの一週間前から勉強会を始めるのがデフォルトになって二年ほど経つでしょうか。

 今日も男女部員のほとんどが参加しての勉強会でした。

 やり始めた頃の二年前は、「何となく、とりあえず残っている」という雰囲気の者が多かったように思います。

 しかし今は熱気を帯びた勉強会になっており、しかもエンジンがかかるのが以前より早くなりました。

 「やればできる!」という感覚を実感した者は頑張れますね。

 勉強の質疑応答は”元カリスマ塾講師”の山本先生に任せて、私はそれを横目で見ながら仕事をさせてもらっていますが…。

 選手たちに負けじと集中しているとサクサクはかどります。

 みんな頑張れ!

※TOPICSに「大阪選手権」をアップしました

2月24日(火)
皆勤賞
 温かい一日。寒さの峠は越えたのでしょうか。

 今日は月に一回の”朝の全校集会”があり、卒業を控えた3年生の表彰式がありました。

 卒業式は3月1日ですが、その日はスケジュールが立て込んでいるので各種表彰式は事前に行ないます。

 三年間無遅刻無早退無欠席だった生徒がもらえる皆勤賞。

 ここ数年の本校はこの皆勤賞が非常に多く、今年も八十余名が表彰されましたが、卓球部からも女子の武馬明穂、男子の村上稜二が表彰されました。

 何もなくても皆勤は至難の技なのに、卓球部のハードな生活にもかかわらず一度も体調を崩すことなく、いや、多少の体調不良でも頑張って登校し、授業のみならず放課後の練習もガッツリとこなしてきた二人には最大限の敬意を表します。

 さて、現役の1,2年生たちはテストモードに入りつつあります。

 今日の男子の練習は19時過ぎで終え、そこからは女子の選手も合流しての勉強会です。

 日程的にはまだ余裕があると考えているのか、それほど切羽詰まった空気のない者もいましたが、そういう者に限って直前でバタバタします。

 卓球も同じ。

 試合が遠いとリラックスして好プレーも出ますが、直前になると慌てだしてパニックになる醜態と同じです。

 この時期に慎重に丁寧に計画的に勉強をする者が好成績を出すのです。

 くれぐれも”アリとキリギリス”のキリギリスにならないように。

2月23日(月)
勉強会スタート
 はっきりしない天気でしたが、暖かかった!最高16℃、最低も11℃!

 今日は来月1日の日曜日に行われる卒業式の振替休日でした。

 何とも中途半端な時期ですが、朝から一日練習を行ないました。

 久し振りにしっかりと練習を見れる、と張り切ってスタートしましたが…。

 最初のコマにやった多球練習を間近で見ていたら、フルスイングで振ったラケットのカドに当たったボールが私のメガネを直撃。

 レンズが外れてしまいました。

 更に昨日から痛かった腰が、今日は朝から激痛が走り靴下を履くのに10分もかかりました。

 まあ、メガネはすぐに修理に出したし、腰痛も夜には痛みの峠を越した感じがあり一安心。

 来週月曜日から始まる学年末テストの一週間前ということもあり、練習は早めに切り上げ恒例の勉強会がスタート。

 「努力は必ず報われる」というのは卓球も勉強も同じです。

 初日から多くの選手が積極的に取り組みました。

 選手たちにとっては勉強と卓球のハードな日程が始まりました。

2月22日(日)
男子・天理大へ
 朝から雨が降り続きましたが、一頃の冷たい冬の雨ではなく、暖かい湿気を帯びた春っぽい雨です。

 今日の男子は6名で奈良県にある天理大学へお邪魔しました。

 天理大学は昨秋の関西学生リーグで2部優勝を果たし、来春のリーグ戦では1部復帰を決めています。

 一昨年度本校卒業の岡田天志さんもその中心メンバーとして頑張っています。

 午前中2時間、午後は2時間半を、たくさんの部員がいるのに本校の選手たちが独占して台に入らせていただきました。

 ほぼ休みなくゲーム練習をやってもらい、ほぼ負け続けにもかかわらず、大学生も手抜きすることなく相手をして下さったので、高校生たちも不思議なほど頑張り通すことができました。

 朝のうちは全く試合になりませんでしたが大学生のレベルに引っ張られ、最後の方は好ラリー、好ゲームになることも多かったように思います。

 辻を除く他の選手たちは大学に遠征した経験がなかったので、大学の広くて立派なキャンパスに驚いていました。

 こういった経験を卓球のみならず選手たちの視野を広げて、将来の進路選択の参考になればと思います。

 後輩たちと大学生の間に立って気を遣ってくれた天志さん、そして天理大学の皆様、ありがとうございました!

2月21日(土)
男女練習試合
 昨日の日記で、「文字化けした当HPの今月前半の分を解読できた」と得意げに書きましたが、すでに昨日の昼ごろに掲示板に同じ方法で解読したものをアップして下さった方が見えました。

 ありがとうございました!

 お陰さまで復活できました。

 さて、今日は男子は浜松商業を、女子は滋賀学園と浜松商業を迎えての練習試合を行いました。

 男子の浜松商業とは年に数回、お手合わせをお願いしているチームです。

 今回の新人戦ではお互いに全国選抜を取り逃して悔しい思いをしました。

 顧問の白須先生とはお互い公立高校ならではの悩みなど共感できる部分が多く、今日もたくさんの有益なお話を聞かせてもらうことができました。

 浜松商業の選手たちは相変わらず気合の入った雰囲気で、何となく締まりのない本校が気圧される場面が多々ありました。

 各選手とも10試合ほどを実施することができ、試合経験の少ない現チームにとっては勝っても負けても有意義なものとなりました。

 ただ問題は、この練習試合を終えた後をどうするかです。

 記憶が鮮明なうちに振り返り、明日以降の練習に生かさなければ今日の頑張りも徒労に終わります。

 今日の結果をもとに明日の遠征のメンバーも選考しました。

 また明日も頑張ろう!

2月20日(金)
ふっか〜つ!
 ほぼ諦めかけていたHP復旧ですが、「文字化け 解読」で検索してみると…。

 文字化けしたものをコピペするだけで、簡単に解読できました。

 う〜ん。

 デジタルの世界の難しさと便利さを再認識しました。

 ぼちぼちと復旧したいと思います。

 さて、男子はこの週末、久し振りの練習試合です。

 ほとんどの選手は実戦から遠ざかっているせいか、テンションが上がっているのが見て取れます。

 やはり勝負事のドキドキ感はアドレナリンが出るのでしょうか。

 「刺激」は何よりものモチベーションになることを改めて感じました。

 今日は嬉しいことが二つありました。

 ひとつは二年前の卒業生の坂口緑さんが学校を訪れ近況報告をしてくれました。

 四日市のユマニテク調理製菓専門学校に進み来春卒業予定の彼女ですが、四日市にある「ことよ」という和菓子屋さんに就職が決まったそうです。

 今日は自作の「いちご大福」を持って来てくれました。

 モッチモチの食感と、甘酸っぱいイチゴのコラボはお世辞抜きに美味しかったです。

 最初は洋菓子職人を目指した彼女ですが、途中で和菓子の魅力に触れて転身。

 三代目である社長さんはユマニテクの講師でもあり「とても優しい方」だそうです。

 高校時代は粘り強いプレーで活躍した彼女のことです。

 きっと厳しい職人の世界でもコツコツと頑張ることでしょう。

 もう一つの嬉しかったことは、卒業生の小川翔さんのお父さんがボールの差し入れと、全国選抜出場の女子にお志を頂きました。

 ボールについては大阪選手権前に「白子高校専用タイムテーブル」を作成して持って来て下さった時に、私がプラスチックボールのことを愚痴ったのを聞いて気を利かせて頂いたのだと思います。

 ありがとうございます!

 一球、一球心を込めて練習に取り組みます!

2月19日(木)
一分、一球
 救世主は現れず。

 HP復旧は絶望的です。

 しかし選手たちは元気です。

 自主練習時間確保のため、以前より一時間弱ほど短縮した男子の規定練習です。

 こちらは少し物足りなさを感じますが、どうなんでしょうか?

 選手たちの要望した自主練習が機能しているなら問題ありませんが、結果的に練習効率が低下したのなら問題です。

 しばらくは様子を見ようと思います。

 今週末の男子は久し振りに練習試合を組みました。

 実戦練習の前にやらなければならないことが多すぎてしばらく控えていたのですが、やはり定期的に実戦練習で確認しないといけないように感じました。

 練習の成果やいかに?

 こうやっている間にも時計の針は刻々と進んでいきます。

 私は焦るのですが選手たちも決してのんびり構えている訳ではありません。

 一分の練習時間、一球のプレーが惜しく感じます。

2月18日(水)
何卒!
 やってしまいました。

 当HPは「ホームページビルダー」というソフトを使って作成されていますが、先日の大阪選手権時に普段と違うパソコンで更新をしたところ不具合が出てしまい、2月1日から12日までの間の日記が文字化けし、それを上書きしてしまいした。

 サポートセンター等に復旧方法はないかを聞いたのですが、答えは「不可能」とということでした。

 以前にも一か月分まるまるを別のファイルに上書きしてしまい消失させてしまったことがありましたがその時は、自分の携帯がネット未接続のため日々の「白卓日記」を母親がコピーしたものをメールで受信していた選手がおり、それを元に復旧させることができました。

 皆様にお願いです。

 現在このページは「sirotaku1502x」という名のファイルで保存してありますが、2月12日までのファイルは「sirotaku1502」という名のファイルでした。

 皆様のパソコン等に「sirotaku1502」というファイルが残っていましたらお知らせいただけないでしょうか?

 ただし「sirotaku1502」でネット接続し再読み込みをしてしまうと文字化けしたページが出てしまうので、『2月12日以前に白卓日記を閲覧して以来、見ていない』方が見えましたら、『ネット接続せずにオフラインで開く』と残っている可能性があるかと思われます。

 またはプリントアウトしたもの、コピーしたもの、写メしたもの、スクリーンショットしたもの等があればお知らせください。

 または文字化けしたページを復旧させることができるスキルをお持ちの方はお助け下さい。

 何卒、何卒!

2月17日(火)
得るものは?
 朝から一日、中途半端な雨が降ったり止んだり。

 高校の年度末には入試もあり、ここのところ放課後に会議がない日の方が少ないのが現実。

 そういえば昨日は前期選抜の合格内定通知が出されました。

 今回初めてスポーツ特別枠選抜を実施した本校ですが、本校で卓球を頑張りたいと出願した中学生たちはどうだったでしょうか。

 総合的に判断されるので、卓球だけでも勉強だけでも評価はされません。

 内定通知をもらった選手は早速、”本気”で頑張ってもらいたいと思います。

 さて、来シーズンに向けて練習に取り組んでいる男子です。

 それぞれの課題を明確にして取り組んでいるはずですが、そこがはっきりしている選手と、曖昧な選手との練習内容の差が見て取れます。

 本気で考えて取り組むのか、とりあえず何となく取り組むのかが生死の境目です。

 相変わらず練習のための練習を漫然と繰り返す姿は滑稽にすら見えます。

 意識を変えなければ、ラバーが消耗し、シューズがすり減り、お腹が減るだけで得るものは皆無です。

 しばらく様子を見ていましたが、そろそろ介入しようと思います。

2月16日(月)
Happy Valentine
 よく晴れた一日でした。

 朝練に行くと女子部員から次々とチョコレートをいただきました。

 かつては買ったチョコレートが多かったように思いますが、今時はほとんどが手作りです。

 なかなか時間もとれなかったと思うのですが…。

 お母さんの作品でしょうか。

 いずれにしてもありがとうございました!

 さて、男子の練習ですが、先日のミーティングで自主練習の時間を確保してほしいとの要望を受けて、少し早く全体練習を終えることにしました。

 練習時間は、長ければいいという訳ではなく短ければいいという訳でもありません。

 「中身の濃い練習」はどんな時でも必須です。

 今日の練習は、今までより早く終わるということが分かっていたせいか、いつもより集中力が高かったように思います。

 我々指導者は練習時間が短いと不安になってしまいがちですが、時間より中身だということは頭では理解しています。

 選手たちの様子を観察しながら今後のことは考えていきたいと思います。

2月15日(日)
大阪選手権B
 最終日です。

 ジュニア女子で勝ち残っている繿コと森本さんが4回戦に挑戦です。

 繿コは島根・明誠の選手にストレート負け。昨日危惧していたとおり、強豪選手に立ち向かう気力が足りませんでした。経験豊富が故の”先読み”が悪い方向に出てしまいます。自らの限界を突破するにはそのリミッターを外さなければなりません。東京に期待です。

 森本さんは四天王寺の選手に1セット目を先取。2セット目も10-8とリードしながらレシーブミス2本で追いつかれました。その後もレシーブミスを連発して万事休す。「たら、れば」は勝負事では禁句ですが…。そこを逆転されるのも実力、逆転するのも実力です。しかし一時期の不調からは脱しつつあります。

 全国大会に出場するジュニアクラスの選手はそれぞれのレベルに応じて、@全国大会のトップを目指す、A全国大会のランクを目指す、B全国大会で一勝を目指す、C全国大会出場を目指す、という目標があると思います。

 自らの目標を達成した後、一つ上の目標を設定し達成するのは並大抵のことではありません。登れば登るほど険しくなるだけに、目標を見上げるだけで挫折してしまうのは分からなくもありません。

 この冬から春にかけてのシーズンは、全日本選手権に始まり、この大阪選手権、3月の東京選手権、全国選抜と大きな大会が続きます。

 出場する選手はそれだけに満足することなく、次の目標を明確にして臨んでもらいたいと思います。

 狙わなくては達成できない大きく高い壁を突破してもらいたいと思います。

2月14日(土)
大阪選手権A
 大会二日目の今日はジュニアシングルス3回戦までと、一般シングルス3回戦までが行われました。

 男子ジュニアは辻智貴が初戦の2回戦で島根・出雲北陵のカットマンと対戦。途中、リードしながらも逆転を許すなど接戦になりましたが3-1で押し切って3回戦へ。石川・遊学館の選手との試合は、出足はレシーブが甘くなり厳しく攻められますが、徐々に対応できるようになると好ラリーが続きますが、決まったと思われたボールをしのがれストレートで敗退。強豪選手に対する実戦練習不足を感じました。東京選手権での巻き返しを期待します。

 21クラブの口地輝季さんは2回戦不戦勝の後の3回戦で全日本ジュニアで8に入った兵庫・育英の選手と対戦。出足から臆することなくレシーブから果敢に攻めてリードを奪いますが逆転で先取されると、2,3セット目も接戦になり好ラリーも続きます。残念ながら競り合いでの勝負強さで押し切られて敗れますが、中学生ながら試合経験の豊富さを感じさせ次に期待を抱かせる内容だったと思います。春に向けて頑張りどころの2,3月です。

 女子ジュニアは尾ア佑菜が第1シードの下ながら朝一番の試合で和歌山・粉河の選手に快勝。続く2回戦は四天王寺の選手に完敗するも大舞台での経験は貴重な経験です。これを3月末の全国選抜に生かすことができるかどうかは、春までの地道な精進にかかっています。

 植村有華は初戦の固さもありながらも愛媛・済美の選手に完勝。2回戦は四天王寺のシード選手に積極果敢に挑んで激しい打撃戦となりますが、県内なら決定球となるボールをことごとく跳ね返されて万事休す。しかしながら潜在能力の高さを感じさせるプレーでした。試合の度に基礎体力のアップを望みますが、一朝一夕でどうにかならないのは承知の上です。今頑張っているトレーニングの成果が出るのは半年後か。

 繿コ菜月は宮城・聖和学園の選手に手堅く勝つと、3回戦でも兵庫・八景中の選手にスキを見せずに快勝。このあたりのラウンドでの勝ち方を熟知した彼女ですが、毎回この次あたりからのラウンドで淡泊な試合が目立ちます。自らの心の中にある限界を突破するのはエネルギーが必要ですが、残り少なくなった高校での全国大会だけに明日が期待されます。

 中学3年生の森本枝里さんは初戦で宮崎・日南学園の選手をセットオールで振り切ると、岡山・就実中の選手には快勝。初戦で見せた5セット目の強気なプレーは心身の充実を表しています。明日は四天王寺のシード選手ですが、その気で臨めばチャンスはあるはずです。

 男女とも初戦で簡単に敗れることにはならない安定性を感じたものの、やはり強豪選手との対戦には技術はもとより経験値がポイントの差になっているように感じます。やはり練習試合等で強豪選手との免疫をつける必要性を感じました。

 明日に期待をつないだ繿コと森本さんは見守る他の部員の励みになるような内容と結果を期待したいと思います。


2月13日(金)
大阪選手権@
 今日から三日間、大阪府立体育館改めボディメーカーコロシアムにて第54回大阪国際招待卓球選手権大会が開催されます。

 初日の今日はダブルスと一般シングルス1回戦が行われました。

 女子ダブルスの繿コ菜月・植村有華組は1回戦不戦勝の後、日本大学ペアと対戦。カットと攻撃の変則ペアに対し、カットを打ちあぐんだところを狙われてストレートで完敗。

 男子ダブルスの楠井瑠偉・村上稜二組は近畿大学ペアと対戦。いずれのセットも前半リードしますが、詰めを誤りストレートで惜敗。高校入学時より一度も組み替えることなく組み続けた名コンビも今日で解散です。お疲れ様でした。

 卒業生の南翔太郎さんと組んだ古市真暉は1回戦で大学生ペアにセットオールで辛勝した後、鳥取県のペアに完敗。それでも経験豊富な南さんとのペアは勉強になったはずです。

 遅れに遅れたタイムテーブルにより最終試合まで待たされたシングルスの古市でしたが、7-10から追いついた1セット目を奪われる嫌な立ち上がり。しかし慌てず2セット目を快勝すると、接戦の3セット目をラリー戦を制して取ると4セット目は完勝して明日へとコマを進めました。

 明日はシングルスの2回戦からと、ジュニアシングルスが行われます。



2月12日(木)
明日から大阪
 今日も温かい一日でした。

 前期選抜の前後は会議が毎日のようにあります。

 月曜日に検査が終わり来週月曜日が合格発表なので、休みを除くとほとんど日はありあません。

 慎重に慎重を期す検査なので間違いがないか、「これでもか」とうほど何度もチェックし直します。

 さて、結果やいかに。

 「暖かい」と冒頭で書きましたが、最高気温がフタケタになればそんな感じがする程度の暖かさです。

 寒さによるものか油断によるものか、体調を壊す者も出ています。

 明日から大阪選手権です。

 本校からは男子シングルスで古市、楠井、男子ダブルスで古市と卒業生の南さん、楠井と村上、ジュニア男子で辻、女子ダブルスで繿コと植村がエントリーしています。

 今日の練習終了後に大阪に向けて出発しました。

 さあ、明日から頑張りましょう!

2月11日(水)
女子・中京学院大へ
 久し振りに暖かい一日。

 今日は建国記念日で休日でした。

 女子は岐阜県中津川市にある中京学院大へお邪魔しました。

 朝から一日お世話になりましたが、詳細は西飯先生のブログにて。

 男子は朝から一日練習。

 卒業生で東洋大学で活躍する岡田理志さんが、週末に迫った大阪選手権に向けて帰省し、練習に参加してくれました。

 誰とやる時でも元気いっぱいに相手をしてくれる理志さんですが、レベルの高い関東リーグで揉まれているだけあって、粘り強いラリー戦は高校時代より磨きがかかっています。

 全体の練習が終わった後、彼の技術の中で際立っている中陣からのドライブについてミニ講習会を開いてもらいました。

 繊細で速い卓球の技術は”感覚”が重要ですが、それを人に伝えるのは難しいものです。

 終わってからそれを真似て練習する後輩たちですが、目の前で見てすぐにやったので数分すると、それっぽくなってきました。

 一生懸命教えてくれた理志さんのためにも、この技術をマスターしてもらいたいと思います。

2月10日(火)
卒業してゆく3年生たちE
 従姉で三つ上の本校卒業生の近藤亜紀さんの後を追うように、大西真由はラケットから戦型までそっくりでした。

 中学から卓球を始めたにもかかわらず、塩浜中学で剣持先生の薫陶を受け、県上位の戦績を引っさげ本校に入学してきました。

 高校入学後もインターハイダブルス予選で上級生の吉田礼楽さんと組んで優勝し、幸先良いスタートを切ったものの、その後の個人戦では鳴かず飛ばず。

 さらに2年生になってからは故障続きで精彩を欠き、8月の高校選手権で準優勝はするものの、それ以外の重要な試合では惨敗。

 新チームのキャプテンに指名され、秋の県新人戦団体で優勝しましたが、東海では一歩及ばず全国選抜の切符をつかみ損ねます。

 最後の年度もライバル皇學館に後れを取ったインターハイ個人戦でも惨敗して団体戦も絶望視されていましたが、勝負の神様は見捨てませんでした。

 前半で後輩たちが二点を先取すると満を持してダブルスに登場。

 今までのうっぷんを晴らすかのような獅子奮迅のプレーで強気のプレーを連発して、歓喜のまま団体戦20連覇の決勝点を挙げてくれました。

 朝練ではいつも一番にやってきて、卓球場の第1コートでサービス練習をするのが常でした。

 不器用ながら誰よりも地道に、誰よりも一生懸命ボールを追い、泣いて悩んで苦しんだ三年間。

 結果が伴わず苦痛だった高校三年間で卓球は終えるつもりでしたが、”努力は報われる”ことを知った彼女は大学での四年間に挑戦することを決意しました。

 関西の名門大学だけにこれからもまた茨の道は続きますが、その先にはきっと光り輝く道が待っていると信じて努力を続けることでしょう。

2月9日(月)
前期選抜
 冷たい風が吹き付ける真冬の天気です。

 今日は前期選抜(推薦入試)が行われました。

 教室にも暖房が入るようになったので以前ほど寒さと緊張で震えることはないと思いますが、中学生たちにとってはドキドキの一日だったと思います。

 本校を志望してくれた中学生は全員合格にしたい気持ちですが現状は普通科の倍率が3倍を超える狭き門です。

 先日の日記にも書きましたが、今年は本校で卓球部のスポーツ特別枠選抜が実施されました。

 なにぶんこちらも初めてのことなので、準備が大変でした。

 そして検査が終わった後も、選抜作業が大変です。

 中学生たちが人生を賭けて臨んでいるだけに、こちらもいい加減なことはできません。

 慎重に慎重を重ねた作業は深夜にまで及びました。

 さて、結果やいかに。

2月8日(日)
嫌いだからこそ
 小雨が降る寒い一日。

 女子は岐阜・富田高校が来場しての練習試合でした。

 詳細は西飯先生のブログにて。

 男子は今日も午後からの練習でした。

 ただ、午後からと言っても結局、練習時間は同じなのですが。

 今日もノルマ付きの多球練習をやりましたが、この練習をやると卓球に最も必要な、「我慢強く練習に取り組む」力が身につきます。

 「10本連続ノーミスを10セット」というノルマなのですが、内容自体はそれほど難しくありません。

 しかし5本目くらいまでは思い切ってラケットを振れるのですが、ゴールが見えてくると「ミスできない」気持ちが強く出てきます。

 9本目までいったのに最後の10本目でミスをすることが多いこと多いこと。

 でもよく考えてみてください。

 まさに本番の試合と同じです。

 試合の序盤は強気のプレーでラケットをしっかり振ってナイスボールも出ますが、後半になるとゴールを意識し過ぎてビビったり、力んだりしてコントロールが狂ってしまいます。

 あと少しのところでミスをすると平常心を更に失い後は…。

 今日の練習でも結局、ノルマを達成できずに最後まで卓球練習を続ける選手がいました。

 きっと悔しい思いをしたと思いますが、その選手にとっては非常に有意義な練習になったはずです。

 「逃げずに頑張る」

 基本中の基本です。

2月7日(土)
どうせやるなら
 穏やかに晴れた一日でした。

 女子は名古屋で愛知県の強化リーグ戦にお招きいたき参加してきました。

 愛知県内の大学・高校・中学が集まり、他県のチームも交えての団体戦でした。

 2チームで参加し、Aチームは上位チームとも互角の試合ったようで、貴重な経験をさせていたきました。

 男子は学校体育館で午後からの練習。

 今日から基礎的な技術を見直すために、夏休みに行なっていたノルマ付き多球練習を行ないました。

 夏休みの頃と比べると技術力のアップははっきりと認識できました。

 あとは個々の選手の取り組む姿勢がポイントになります。

 残念ながら、集中力が続かずたノルマをこなしているけのプレーも見られました。

 そういった選手に限って本番の大事な場面で力を発揮できないものです。

 意味のある練習になるのか、意味のない練習になるのかは、その選手の姿勢で決まります。

 不平・不満を漏らしても何も得るものはありません。

 どうせやるなら前向きで積極的な気持ちでやるべきだと思いませんか?

2月6日(金)
卒業してゆく3年生たちD
 本校卓球部に入部してくる選手のほとんどは、中学3年生の夏前には本校の学力検査を受検することを前提で競技に取り組んでいますが、村上稜二は入学式が終わってから卓球部の扉を叩きました。

 そういった生徒はあまり本校卓球部の事情を知らずに来るので、「休みもないし夜も遅くまでやるし、かなり練習も厳しいから難しいんじゃない?」と言うと、たいていの生徒は引き下がってしまいます。

 彼も2回ほど押し返しましたが、「絶対頑張ります」と言うセリフを信じて入部を許可しました。

 とは言うものの三日ももたずに辞めると思っていましたが思いのほか頑張り、その姿勢が他の部員に認められたのか少しずつ練習相手に選ばれるようになっていました。

 とは言うものの最後まで辞めずに続けられれば御の字と思っていましたが思いのほか頑張り、2年生の秋には団体戦のレギュラーになっていました。

 とは言うものの彼に”勝ち”は期待していませんでしたが思いのほか頑張り、新人戦県予選の決勝、全国選抜東海ブロック予選の重要な場面、インターハイ予選の決勝等々の団体戦や、インターハイシングルス予選でライバルチームの選手をことごとく倒して5位に入りチームメイトの予選通過を大きくアシストするなど大活躍する選手になっていました。

 入部時点では技術的には素人に毛が生えた程度でしたが何となく形だけは様になっており、森先生がよく「ボルっぽいですね」と言っていたのを思い出します。

 左のシェークハンドから繰り出す鋭いサービスからのキレの良い両ハンドドライブと、練習相手で磨いた粘り強い守備が彼の身上です。

 ところが彼の最も素晴らしいところは、緊張する場面でも常に冷静さを失わずキチッと”仕事をする”ところです。

 苦しい場面でタイムアウトを取り、「ここはどう戦おうか?」と問いかけると、はっきりと「○○でいきます」と答える冷静さと決断力がありました。

 簡単なようで卓球で最も難しいことを、平然とやってのけてしまいます。

 この冷静さと決断力は彼の今後の人生でもきっと役立つことがあるはずです。

 卒業後は地元自動車メーカー系の大手企業に就職が決まっています。

 今までのように卓球を中心に生活するのは難しいと思いますが、彼は今でも当たり前のように休むことなく練習を続けています。

 卒業してからも当たり前のような顔をして練習に来てくれる彼の姿を想像するのは、彼が来なくなることよりはるかに容易に想像できます。

2月5日(木)
前期選抜迫る
 雪こそ降りませんでしたが、朝方は雨がパラつきました。昼からは回復し晴天でしたが。

 来週の月曜日は公立高校の前期選抜です。

 学校によっては二日にかけて行われるところもあるようですが、本校は月曜日のみです。

 今年から、平成33年三重国体に向けての強化指定校になった公立高校は、その特色を生かした選抜を行うことができます。

 本校は男女卓球部が強化指定校になっており、前期選抜で「スポーツ特別枠選抜」が実施されます。

 中学三年間の調査書、面接、国語の学力検査、そして卓球の実技検査。

 実技検査は卓球の技術を検査しますが、なにぶん初めての試みけに、その準備で大わらわです。

 受験生たちは面接の練習、国語の勉強、そして卓球の練習と大変な時期を迎えていることと思います。

 本校を、そして本校卓球部入部を希望してくれた中学生たちと春には一緒にプレーできることを楽しみにしています。

 寒い時期でもありますので、まずはコンディションに注意して万全の態勢で臨んでもらいたいと思います。

2月4日(水)
先輩方からのアドバイス
 何年振りかに首を寝違えました。

 さて、今日の練習時、卒業生の小川翔さんのお父さんが学校体育館にお見えになり色々とお話をさせて頂きました。

 「卓球を頑張る意義」や、「社会人の心構え」などなど。

 ”隔絶された世界”である学校が職場だと、世間の常識が教員の世界の常識とは違うことが多々あります。

 だからよく教員による常識ハズレな事件が起こるのと思います。

 大学を卒業してすぐにこの世界に入った私にとって、一般的な世の中のことを聞くのは非常に興味があります。

 この不景気真っ只中の日本で、幸せに生きてゆくにはどうすればいいのか?

 こうやって毎日毎日朝から晩まで一年中、卓球に明け暮れていていいのか?

 試合で勝てればいいのか?

 偏差値の高い学校に入れればいいのか?

 そもそもこんなことが果たして選手たちにとって本当に必要なことなのか?

 最近よく考えます。

 今日の小川さんの話は勉強になりました。

 家に帰って小川翔さんの同級生の内田芽人さんのお父さんのブログを見ると…。

 「卓球でメシは食えませんが、卓球で人生を豊かに楽しくすることはできる」

 ありきたりのようですが、”本気”で卓球に携わった方からこそ言える深いセリフです。

 そして昨日の西飯先生のブログ。

 我々指導者が抱える苦しみが痛いほどよく分かります。

 それを選手たちはどう感じているのか。

 選手たちが孫ほど歳の離れている西飯先生が簡単に体調不良で練習を休みますか?

 選手たちが頑張れるようにするのが西飯先生の役割ですが、西飯先生に頑張ってもらうのは選手たちの役割だと思います。

 指導して頂けることに感謝の気持ちがあるなら、それを態度で示しましょう。

 人生の先輩方の激励と叱咤をいただいた一日でした。

2月3日(火)
持久走
 朝練、夜練は寒さとの戦いです。

 さて、厳寒のこの時期は日本中の学校で体育の持久走が行われていると思います。

 私の中高生の頃は体育の授業中にはなかったように思いますが、小学生の頃に全校児童でグラウンドを走って、走った距離で升目を埋めて「東海道を走破しよう」っていうのがあったような記憶があります。

 本校でもこの時期の体育の授業で持久走を行ないます。

 学校の西側周辺は田んぼや畑が広がる農地ですが、そこをぐるりと周るコースです。

 卓球部員にとって、100m走あたりの距離はいちばん中途半場で苦しい距離ですが、反復横跳びなど数歩のダッシュと長距離走は得意分野です。

 人間の筋力の”瞬発力”は先天的な要素が強く、訓練してもなかなか伸びませんが、”持久力”は訓練すればするほど伸びるそうです。

 その個人の上位記録は体育教官室前に貼り出されます。

 1,2年生の男女別で貼り出される記録ですが、男子は毎年卓球部と野球部が、女子は卓球部とバスケット部が上位争いを繰り広げます。

 3年生の古市は過去二年間、トップの座を明け渡しませんでしたし、女子の記録は現在も9年前の卒業生である森永愛里さんが保持しているはずです。・

 今年も、2年生女子で前田奈津子が現在でもトップ、1年生男子では福森日人が先日までトップでした。

 毎日ランニングをしている卓球部なので、その頑張りを見せる絶好のチャンスでもあります。

 体育の成績でも評価されるし、トレーニングにもなります。

 上位ランキングに名前のない部員は意地を見せてもらいたいところです。

2月2日(月)
独り立ち
 芯から冷える寒さです。

 昨日の試合後に選手たちだけでミーティングを実施しました。

 長時間に及ぶ、なかなか熱のこもったものったらしいです。

 今日の練習前にその内容を聞かせてもらいましたが、私が話そうと思っていたことがいくつか入っており、結構、的を得ている内容だったので感心しました。

 あとは実行あるのみです。

 頭で理解していても行動に移さなければ”絵に描いた餅”です。

 インターハイ予選までの課題と、その練習内容を具体的にするという宿題を出しました。

 こうやって自ら考え、自ら実行し、自らの力で成功させる力を養ってもらいたいと思います。

 少しずつ指導者から自立し、最終的には誰の助けも借りずに独り立ちするのが目標です。・

 う〜ん。

 まだ少し時間はかかると思いますが。

※TOPICSに全国選抜東海ブロック予選をアップしました

2月1日(日)
理事長杯
 二月が一年でいちばん寒い月ですよね。

 今日は第4回を迎えた理事長杯(団体戦)でした。

 昨日の日記でも書いた通り、男子はやはり全く精彩を欠いた内容&結果でした。

 まずはチーム全体に生じていた悪い流れを変えられなかった私に大きな責任があります。

 事あるごとに様々な場面で色々な方法で警鐘を鳴らしていたつもりでしたが、選手たちには全く伝わっていませんでした。・

 悪い芽は早め早めに摘むのが鉄則ですが、押し寄せる波を押し返すことができませんでした。

 来年度のインターハイ予選を考えても全く余裕のない状況にもかかわらず、”油断をしていた”では愚の骨頂です。

 抜本的な改革が必要ですが、性根を据えてかかっても茨(いばら)の道は続きます。

 一方で女子は決勝でライバル皇學館に競り勝っての優勝でした。

 エース繿コが先日の学年別での惨敗を払拭する活躍。

 エースのエースたるゆえんです。

 今日の試合で今年度の県内公式戦は終了です。

 あとは大阪選手権、東京選手権、全国選抜を残すのみです。

 男子のほとんどの選手は来春のインターハイ予選まで公式戦はありません。

 さて…。