白卓日記 ‘14  8月 前月へ! 次月へ!   
8月31日(日)
夏休み打ち上げ
 昨日の久し振りの晴天もつかの間、晴れたり曇ったりの最高気温30℃前後に戻りました。でも大歓迎です。

 女子は自主練習三日目最終日です。相変わらず、男子が練習をやっていない早朝から練習する者、空いた台を狙って日中に来る者、男子が練習を終える夕方から来る者などモチベーションの高さを感じさせます。

 男子は夏休みの練習の打ち上げでした。

 今日も根気の要る多球練習三昧でしたが、この練習を始めて2週間。選手たちは良い意味でも悪い意味でも慣れてきました。技術的には明らかにアップしています。それは多球練習後のゲーム練習を見ても明らかで、以前は自分から攻めて自滅するパターンを繰り返していましたが、簡単にミスをしなくなってきています。恐らく本人たちは自覚はないと思いますが、時間的に余裕のあるボールを打つ際に的確な打法を選択する”判断力”が身についています。その半面、特にノルマになかなか達せない時に妥協してしまうシーンを目にすることが多くなってきています。それを「選手の自覚不足」と切り捨ててしまえばそれまでですが、そこを”鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス”の心境で何とかしようと思います。

 夏休み40日。前半の20日はインターハイに向けての準備期間と総決算のインターハイ。後半の20日は国体へのチャレンジと新チームの旗揚げ。

 終わってみれば毎年のごとく、アッという間の夏休みでした。ただ最後の2週間は、これほど明確にかつ根気よく反復練習に取り組んだ年は珍しいと思います。

 これを「夏休みだけの思いつきの練習」で終わらせる気はありません。後々、「あの時期のあの練習があったからこそ」と言えるものにしたいと思います。

8月30日(土)
本気だからこそ
 久し振りの晴天。何日、いや何週間振りでしょうか?

 夏休みもいよいよ終盤です。今年の3年生は男子4名、女子3名ですが、それぞれの進路に向けて大切な時期に差し掛かっています。

 卒業後に就職を希望する選手は男女で4名。ある者は一般的な学校斡旋の就職先でなく、自分の夢である仕事に就くため昨日まで南の島に就業体験に行ってきました。他の学校斡旋の就職希望者は来月中旬から始まる就職試験に向けて、山本先生の指導で休日返上で朝から一日勉強会です(写真参照)。高校生の就職試験は大学生のように掛け持ちで他社を併願することができません。一社しか受験できず落ちたら次はほとんど期待できない一発勝負です。卓球部員は成績も良い者が多く人気企業を受験できる半面、他校から受験する生徒も優秀な者が多く難関です。

 卒業後に進学を希望する選手は男女で3名。今年はいずれも卓球を使っての推薦入試となります。推薦入試はちょうどこの月末あたりから10月にかけて出願が始まります。昨日はある者が出願に必要な資料づくりや自己推薦書づくりに奔走しました。学校と卓球場を5往復はしたでしょうか。もちろん本人も初めての入試だけに勝手が分からず右往左往。進路の先生、担任の先生、私や山本先生の助けを借りて、全てを作り終えたのが夜の9時前でした。当然のことながら期限の遅れや書類のミスがあれば取り返しのつかないことになります。自己推薦書などは何度も添削を受け推敲し、下書きから清書まで慎重に慎重を重ねて準備したので大変だったと思います。以前はあまりに手がかかるので、部員の出願の準備の多くを私が手伝っていましたが、やはり自分の一生を決める準備を自分の手でやらないといけないと思い、時間はかかりますが極力本人にやらせるようにしています。

 今日の練習前に1,2年生たちにそういった進路についての話をしました。今は頭の中は卓球のことだけでしょうが、近い将来、自分の人生について考えなくてはならない時期が来ます。

 卓球を通して学んだことを生かして今後の人生を切り拓いていかなければなりません。

 だからこそ中途半端な姿勢で卓球に取り組んではいけないのです。

 本気で取り組めば、失敗も含めて学ぶことはたくさんあります。

 夏休みも残すところあと一日です。

8月29日(金)
やり切れない
 相変わらず不安定な天気。でも最高気温が低いのは練習する環境としては申し分ありません。

 今日から男子は規定練習再開です。女子は三日間の自主練習のスタートです。男子の練習が始まる前を狙って朝の7時ごろから練習をやっている女子選手もいたようです。

 男子は引き続きサービス練習と多球練習です。

 練習前には再三再四ではありますが、「なぜこの練習が必要なのか」を説明しました。ただ単に、「しんどい練習に取り組み、根性を…」なのではありません。

 しかしノルマが累積制度なので、練習前半で周囲の選手と競ってノルマをクリアできるといいのですが、なかなか上手くクリアできないと徐々に諦めムードになってきます。そうなると、「累積で減ることはないから、いつかそのうち終わる」といった雰囲気になり、こちらが求めている緊張感のあるギリギリの雰囲気とは程遠いものになってしまいます。

 「選手の意識」と言ってしまえばそれまでですが、何とか全選手に意識を高く持ってもらいたいと思います。

 選手たちにとっては目の前のことで精一杯だとは思うのですが、「その取り組み方ではいつまで経っても…」と思うとやり切れません。

 気が付けば夏休みもあと二日。焦ります。

8月28日(木)
強化指定校研修会
 男子自主練習最終日。今日は「強化指定運動部指導者研修会」が行われました。

 平成30年三重インターハイ、平成33年三重国体に向けて、三重県では中学・高校・クラブチーム・企業チームの強化指定運動部・チームを指定し、強化策を始めています。

 卓球の強化指定校は男女とも本校が指定を受けています。

 今日はその指定校の第1回指導者研修会が行われました。

 強化指定校制度は昨年から始まっており、昨年は女子のみが指定を受けましたが、今年からは男女が指定を受けました。各競技の強化指定校の研修会は頻繁に行われており、種目は違うものの同じ志の指導者との交流は大きな刺激になります。

 今日はオリンピック代表を輩出する大塚製薬陸上部監督、今年のインターハイの女子ソフトテニスで優勝した三重高校の監督、四日市中央工業高校サッカー部の監督によるパネルディスカッションでした。

 指導論そのものはそれほど画期的なものではなく日頃から意識する内容だったのですが、やはり中央で成功する指導者はその”温度”が高いように感じました。

 こういった研修会では他競技の指導者とお話しする機会があり、今日も女子バスケットボール、男子ソフトテニス、男子ボクシングの指導者の方々と意見交換をすることができました。やはりそれぞれの指導者が持つ悩みは共通です。

 今回の研修も現場に還元したいと思います。

8月27日(水)
ハプニング
 男子は自主練習。女子はその分、ガッツリとやっていたようです。

 今日は夏休みに行われた大会や練習会などの会計処理をやりました。特にインターハイ前後は間をほとんど空けずに遠征が続いたので、この時期にずれ込んでしまいました。

 我々の仕事は選手たちの指導だけでなく、こういったマネージャー的な業務が大半を占めます。大会や遠征の申し込みや準備には大変気を遣います。「うっかり」では済まされないので、細心の注意を払っているつもりですが、それでもミスが出てしまうこともあります。選手たちが毎日一生懸命練習してきても、こちらのミスでそれが台無しになるリスクもあるので気が休まりません。そして試合や遠征後の会計処理も非常に煩雑で時間と手間がかかります。特にインターハイなど男女で十数名の正選手、応援組も合わせると二十名を超える選手たちの宿泊費や交通費、その他にかかる費用の清算は半端な額ではありません。こちらもミスは許されません。

 夏休みは試合のない時も朝から一日練習です。意外に思われるかも知れませんが、授業のある時の方が”スキ間”の時間を使って事務的な仕事ができます。しかも次から次へと試合や遠征が続くので、こういった時間を使わないと追いつきません。

 さて、愚痴はこの辺にして日記では書ききれなかった夏休みのこぼれ話を少々。

 今年の山梨インターハイは選手組と応援組の宿舎が同じでした。食事が朝夕ついているので、我々も選手たちと一緒に食事をとりました。普段は選手たちと食事をする機会はほとんどないので、選手たちの食事の様子を興味津々で観察していました。

 現地に着いて三日目あたりだったでしょうか。山梨は果物の名産地なので、初日は桃が一つまるごと、二日目はぶどうの巨峰が出てきました。そして三日目は現地産かどうかは分かりませんが、こぶし大のグレープフルーツを半分に切ったものが出てきました。食事が始まり少し経った時のことです。私の隣に座った男子選手を見ると、そのグレープフルーツを一生懸命絞っています。ジュースでも作るつもりかと聞くと、「レモンじゃないんですか?」と。周囲も大爆笑でしたが、「レモンにしては大きいと思いました」とのこと。

 そんなハプニングが毎食のように飛び出し、夕食は毎日一時間ほどかけて食べていました。心身ともに疲れ切って帰って来た夕食がよいリフレッシュになったのは言うまでもありませんでした。

8月26日(火)
歴史の上に
 夏休みも終わりが見えてきました。

 今日から三日間、男子は自主練習としました。本来ならインターハイが終わった直後にしたかったのですが、AICHIフェスティバル、国体東海ブロック予選、高校選手権などの遠征が立て込んでいたのでこの時期になりました。

 ここのところガッツリと練習をやり込んでいたので気分転換にもなると思います。女子は男子と入れ替わり、自主練習になります。今日からの三日間は自主練習に取り組もうとも、女子の休憩中、または練習後にしか卓球場は使えません。いつも「当たり前」のように練習ができる環境に慣れている選手たちにとっては、これも良い経験になるはずです。

 練習がないとこちらも何か変な気分です。

 今日はインターハイ前にご厚志を頂いた卒業生の皆様に向けてのお礼状の準備をしました。単にお金が有り難いというだけでなく、卒業後も母校のことを想い助けて頂いているという”お気持ち”が何よりものバックアップとなっています。

 ここ最近の卒業生の方々だけでなく、古くは五十年以上前の方々から、あるいは三重から遠く離れて在住の方々からも寄せられています。ご恩返しする方法はほとんどありませんが、この日記で現役選手たちの頑張りをお伝えすることもその一つだと思っています。

 白子高校卓球部は五十数年の歴史を誇りますが、恐らく千人近くのOB・OGの方々が創り上げてきた歴史の上に我々が活動させて頂いていることを忘れてはなりません。

8月25日(月)
地道な反復練習
 今日も曇り空+ゲリラ豪雨。

 ここのところ日記のネタがありません。男女とも朝から一日、練習練習練習。

 お盆も終わった平日だけに卒業生が訪れる訳でもなく、地道な練習が続きます。

 選手たちのモチベーションが下がらないよう、こちらも必死で練習内容を工夫したり叱咤激励を繰り返します。

 男子は例の多球練習です。決められたノルマを達成できないと次の練習へは進めません。根気の要る練習だけについつい”流して”しまいがちです。何度チャレンジしてもノルマを達成できず、ノルマを達成するだけのプレーに走ろうとする自分の甘い心と、それではいけないと自制する自分の厳しい心との葛藤が見て取れます。妥協しようとする自分の隣の台では、必死で取り組む仲間がいます。

 こちらも余程のことがない限り我慢して様子を見るようにしています。怒鳴り倒してやらせれば練習効率は上がるかも知れませんが、それは所詮、「怒られるからやる」だけのものです。

 やらせる方も根気が要ります。選手たちが気持ちよくやれる練習にすればお互いに楽になれますが、それは実際には役に立たない場合が多いと思います。

 練習でストレスを感じ、試合で勝つ。

 練習で気持ちよくやり、試合では負ける。

 もちろん100%そうなるとは限りませんが、そうなる可能性は高いと思います。

 「効果的な練習は、基礎的な練習の反復」という定説は間違いないと思います。

8月24日(日)
徐々に
 まるで梅雨時のような天気でした。明日以降もグズついた天気が続きそうです。

 徳島全中にチャレンジした森本枝里さんの結果が入ってきました。

 初戦で長野県の選手と対戦。緊張でガチガチだったようですが、セットオールジュースで何とか切り抜け二回戦へ。第8シードの四天王寺羽曳野の選手には完敗だったようです。やはり東海ブロック予選の順位の影響で厳しい組み合わせになったのが響きました。しかし久々の全国で戦える三重県の選手だけに、今後も大きく伸びてくれることを期待します。

 高校生はアツい練習が続きます。

 男子は継続して多球練習メインの練習ですが、少しずつノルマをクリアする時間が短くなってきました。そろそろ次のステップへ進むことを考えなくてはなりません。

 ただ、多球練習後のゲーム練習ではまだその効果がはっきりとは見えてきません。多球練習の内容も基本的なことが多いので、ゲームのような総合的な実戦練習だとまだ上手く使えません。

 徐々に実戦に近づけていきたいと思います。

8月23日(土)
夢の時間
 ここのところ連日の雷雨。今日も昼ごろの雷雨は激しかったです。

 全中県予選で優勝し、東海ブロック予選も勝ち抜いた21クラブの森本枝里さんが徳島に向けて出発しました。卓球場関係では唯一の全中出場者だけに期待が集まります。簡単に勝ち上がれるほど甘くはありませんが、最後の全中を精一杯戦い抜いてもらいたいと思います。朗報を待っています。

 女子はミーティングからスタートです。事実上の新チームのスタートだった高校選手権はまずまずの出来でしたが、ここからの一年はライバル校とのデッドヒートになりそうです。「抜きつ抜かれつ」になるのか、どちらかが差をつけるのか?

 中学時の実績は圧倒されていますが、少しずつ盛り返してきていると思います。秋の全日本ジュニア予選から新人戦にかけて、一気の寄りを見せることができるか?残り数日の夏休みの練習は無駄にできません。

 男子もガッツリと多球練習に取り組んでいます。じっとしていると肌寒いほどの冷房を入れても選手たちは汗まみれです。ノルマ多球練習の順番とノルマ数を変えましたが、午後のゲーム練習までにノルマをクリアしようとどの選手も必死です。クリアできた後のゲーム練習の楽しさは格別です。「自然と体が動く」感覚だと思います。

 朝から一日練習しても全然時間が足りません。やればやるだけ強くなれるので、やらずしていられません。

 このまま夏休みが続けばと思いますが、夢の時間はあと一週間で覚めてしまいます。

8月22日(金)
我々の任務
 晴れたり曇ったりと不安定な天気。午後からは雷雨もありました。

 高校選手権から一夜明けて、夏休み残り10日をラストスパートです。

 男子は夏休み中盤から取り組んでいる「ノルマ多球練習」にひたすら取り組んでいます。高いモチベーションがないと惰性になってしまいがちな内容ながら、選手たちは必死でボールを追っています。もっと早くから取り組んでいれば良かったと思うほどの成果が出ています。小林美幸さんにも、「これは良い練習だと思う」とお墨付きももらい自信が持てました。ただマンネリにならないよう、個々の選手のレベルに応じて内容は工夫をしなければなりません。これは私の重要な仕事です。腕の見せ所です。

 女子も昨日の反省を踏まえて各自が個々の課題に取り組んでいました。「なぜその練習をするのか?」、「その練習は実戦でも役に立つのか?」という疑問を常に持ちながら取り組めば効果は画期的に表れるはずです。

 どんな練習をしても、選手たちが頭と心を使わなければ体力とラバーとシューズの底の無駄遣いになってしまいます。今までの卒業生たちを見ても、運動能力が高いだけとか、ボールセンスが良いだけで、頭と心を使わない選手は強くなれませんでした。ただ、頭と心を使うよう選手たちに働きかけてその気にさせるのは我々指導者の仕事です。

 選手たちをいかにその気にさせるか。

 難しくも重要な任務です。

8月21日(木)
高校選手権A
 少し秋の気配が漂ってきています。

 高校選手権二日目はシングルスの部が行われました。

 女子シングルスは繿コ菜月Aが優勝しました。インターハイシングルスでも3回戦に進出するなど安定した戦績を残せるようになってきました。入学当初は技術の不安定さもさることながら、厳しい練習に積極的に取り組めない心の弱さも露呈していましたが、ここにきて心身ともに安定してきています。持ち前の勝負度胸に加え攻守ともにバランスのとれたプレースタイルは、県下では独走態勢に入っています。まだ2年生ということも考えれば、取り組み方次第では全国の舞台で活躍する選手にもなれるはずです。それには高い志が求められます。新キャプテンに指名された彼女の伸びが、チームの浮沈をも握っています。

 準優勝には1年生の植村有華が入りました。準決勝では国体選考会で全勝優勝した皇學館の選手にセットオールで競り勝ちました。繿コとよく似たプレースタイルは完成度は低いものの伸びしろは魅力です。ただ、競り合いになると相手のミスを期待する消極的なプレーに走るところが気掛かりです。今日の準決勝でも勝負どころで逃げのプレーに終始し、”運よく”逃げ切ったものの県外大会の強豪相手なら通用しない戦い方でした。それでも結果につなげる潜在能力があるだけに、早急な改善が求められます。

 三位には大西真由B。第三シードながらベスト8決定戦でセットオールと苦戦するものの、準々決勝では2-1リード後の4セット目を大量リードされながらも粘り強いプレーで逆転勝ちして準決勝に進出。植村には敗れたものの、高校生同士の最後の大会で意地を見せてくれました。慎重なプレーと消極的なプレーは紙一重です。チームイチの努力家はその慎重さゆえに時として消極的なプレーに振れてしまいがちですが、努力を続ける姿勢が崩れない限り、大学でのブレークへの期待感は薄れません。

 その他では尾ア佑菜Aがベスト8入りしたものの2-1リードからの逆転負けを喫し、またしてもブレイクスルーならず。

 男子の優勝は昨日のダブルスに続いて辻智貴Aが二冠達成。ジュニアポイントランキングで他を引き離して第一シードで臨んだ大会でしたが、準々決勝で悪癖のスタートの悪さにより2セットを先行されるものの、そこから闘志に火がついて逆転勝ち。準決勝、決勝は出足から積極的にプレーし、危なげなくポイントを重ねました。技術的には課題は残るものの、このレベルでは崩れないプレーが身についてきたことを証明する内容でした。”田舎のチャンピオン”で終わるか、”全国でも戦える三重県の星”になれるかの分岐点に立っている彼がどちらの道を選択するか?

 優勝はゲットしたものの、続く本校の選手は大谷崚介A、堀津有貴@、福森日人@のベスト16まで下がります。しかし着実に力を付けている彼らの試合内容は、次につながるものだと思います。次回に期待です。

 三つの優勝カップを返還しましたが、結果的には同じ数のカップを持って帰ることができました。全体的に見て手応えを感じた試合が多かったように思います。やはり努力は裏切りません。残り十日となった夏休みですが、やればやるほど強くなれる、やればやるほど勝てることを体感した選手たちは、更に積極的に練習に取り組むことと思います。

 平日にもかかわらず、たくさんの保護者の方が応援に駆けつけて下さいました。「チーム白子」のご協力に感謝です。ありがとうございました!

※写真は左から大西、尾ア、植村、繿コ、辻、堀津

8月20日(水)
高校選手権@
 今日と明日は伊勢の県営競技場体育館にて平成26年度三重県高等学校卓球選手権大会が開催されます。

 この大会は年に三回(インターハイ予選、高校選手権、新人戦)行われる高体連主催の大会です。県大会以上の予選は兼ねていませんが、今年度の高校生のランキングを決める大会となっています。

 今日は男女ダブルスが行なわれました。

 男子ダブルスの優勝は辻智貴A・堀津有貴@組でした。準々決勝ではセットオール、準決勝、決勝も出足を大きくリードされてからの逆転勝ちは粘り強さを感じさせてくれました。3年生が抜けた後の新チームの新ダブルスですが、練習を始めたのはインターハイを終えてから10日ほどです。ほぼぶっつけ本番で臨んだAICHIフェスティバルでたくさんのゲーム練習ができたのが幸いしました。実戦を通じてお互いのプレーを知ることができ、徐々にダブルスらしくなってきました。ただし技術的な部分はまだ全く未熟で、ダブルスの難しさが分かるのはこれからと言ったところです。幸先良いスタートは切れたものの不安な気持ちは拭い切れません。いずれにしても「これから」です。

 女子ダブルスの最上位は3位入賞の尾ア佑菜A・植村有華@組でした。第二シードから順調に勝ち上がり、準決勝も悪くない試合でしたがラリーが続くと相手に動き負けてしまいます。フットワークを鍛えないと粘り強い試合はできません。今後に期待です。ベスト8には大西真由B・畑中みう@組と繿コ菜月A・樋口桃佳A組が入りました。いずれもほとんど練習なしで臨んだだけに、まだダブルスの形までいきついていませんでした。しかし時折見せるプレーは今後に期待を抱かせるものがありました。こちらも男子同様「これから」です。

 昨年は男子シングルスの優勝は逃したものの、他の三種目のカップを返還しました。今日のダブルスでひとつとり逃したので、明日のシングルスで二種目を取って昨年の数はキープしたいところです。

8月19日(火)
現役卒業生選手
 相変わらず雷がゴロゴロと鳴る日が続きます。今日も一瞬パラパラと降りましたが、一瞬でした。

 お盆も終わり、卒業生の方々が来て下さるのも終わりかな、と思っていた矢先、昨年卒業の金城大学・室井まどかさん、名古屋商科大学・山本雄飛さん、岡田泰典さん、権蛇佑輔さんが来て下さいました。

 それぞれ大学で頑張っていることを証明するプレーを見せてくれました。後輩たちも「強くなった自分を見て下さい!」と言わんばかりの張り切りようでした。

 勝っても負けても、強くなってもなれなくても、それぞれのステージで頑張ってくれればOKです。社会に羽ばたく直前の準備をしっかりとやってもらいたいと思います。

 貴重な休みに来てくれてありがとう!

 現役プレイヤーとして卓球を競技として取り組んでいる卒業生の方々は、この夏にほぼ全員が後輩たちの練習に顔を出してくれました。みんな元気そうで安心しました。

 あなたたちのマイホームはいつでもあなたたちを歓迎します。

 さて、現役高校生たちは明日から始まる高校選手権に向けての練習に取り組みました。

 基礎的な力が圧倒的に劣る男子は、今日も多球練習に取り組みました。心身ともに体力の要る練習は、相当の覚悟がないと「消化するだけ」の練習になってしまいがちです。

 技術がないのは見ていて深いため息が出てしまうほどですが、救いは高いモチベーションで取り組んでいることです。

 ゲーム練習を見ていても少しずつですが、以前なら簡単にミスしていたボールを粘り強く返球できるようになってきています。

 わずか5日目ですが確実に効果は出てきています。

 ただしこの効果がすぐに試合に表れるほど甘いモノではありません。5日で勝てるなら、本校からすでに世界チャンピオンが数人出ているはずです。

 明日からの高校選手権に選手たちがどのような心構えで臨むのか?

 読めません。興味津々です。

8月18日(月)
地道に…。
 久々の晴天らしいです。「暑い!」とは言うものの一時期の猛暑日はもう来ないかも。

 今日から平常モードに戻ります。

 夏休みは期間が長いものの大きな大会や練習会が目白押しなので、意外と腰を据えて練習する期間は少ないのが現状です。

 中学時代にこれと言った戦績を残していない男子新チームのメンバーにとって、この夏休みは力をためる絶好のチャンスです。

 「基礎的な力を上げる多球練習メニュー」に取り組み始めて今日で四日目です。

 ”古い”、”非合理的”なのは承知の上です。

 レベルの高いフィールドで活躍している選手も、こういった地道な練習をクリアしてきたからこそファインプレー、ファインショットがあることを見逃してはいけません。

 まずは地道に「一本でも多く」相手のコートにボールを入れることから始めようと思います。

 今日の練習を見ても、主力選手に限って簡単なノルマを達成できずにいます。

 基礎的な練習を侮るなかれ。

 おごれる者は久しからず

 猛き者もついには滅びぬ


8月17日(日)
国体東海予選A
 夕べは雷を伴う豪雨。今日の岐阜北部は記録的な豪雨だそうです。

 今日は四県によるリーグ戦の最終戦が行われました。

 三重県少年男子チームは上位二県に与えられる長崎国体出場権は失いましたが、同じく二敗で最終戦を迎える静岡と意地をかけての戦いです。

 トップの高田高校の選手は破れましたが、2番で出場の古市真暉は多少の固さはあったものの要所を締めて3-1で快勝。しかし続く辻智貴はテンポの速い相手に後手後手に回り簡単に2セットを先取されます。昨日同様、ようやくリズムが出てきた3セット目の中盤を大きくリードするものの、後半になると動きが止まり得点もピタリと止まります。サービス・レシーブの大小のコントロール等、”やってはいけない”失点を繰り返す悪癖が顔を出し逆転で敗れました。4番で再び登場の古市は相手エースとのエース対決。昨日ほどの思い切りはなかったものの、1-2とチームが追い込まれた状況でも大きく崩れず持ち前の、見ている者を安心させる堅実なプレーで得点を重ねチームを2-2の振り出しに戻します。ラストの高田高校の選手もファイトを前面に出すプレーで2-0リードと健闘しましたが、競り合いでも崩れない相手に攻め込まれて無念の逆転負け。最終的には四県中最下位に終わりました。

 有望選手が県外に流出することはあっても県外から有望選手が流入することのない本県男子にとって、強豪私学が幅を利かす東海ブロックはかなり厳しい状況です。古市のように強豪私学と互角に渡り合える選手は毎年のように現れる訳ではありません。

 全国選抜や国体のように、東海予選を勝ち抜かないと全国に駒を進めることのできない大会は三重県にとってはかなり高いハードルです。

 有望な選手が三重県に残ることがその選手のキャリアに大きなマイナスになるのか?

 この三日間、コーチを務めてくれた高田高校の松生先生とも随分話をしましたが、今回の古市や高田高校の選手のように地道な努力さえ怠らなければ決して越えられない壁ではありません。

 高校野球同様、県外から有望選手をかき集める強豪私学をギャフンと言わせたいと思います。

 ”寄らば大樹の陰”ではなく、自ら大樹を育てる気概で取り組む気持ちは失いたくありません。

8月16日(土)
国体東海予選
 朝から雨がパラパラ降る蒸し暑い一日。夜には激しい雷雨。

 国体東海予選が始まりました。初日の今日は四県によるリーグ戦3試合のうち2試合が行われました。

 少年男子代表として参加いる古市真暉Bと辻智貴A、そして高田高校の選手は上位二県に与えられる長崎国体を目指します。

 初戦は岐阜県。強豪富田高校の選手2名に加エリートアカデミーのエース級の選手を加えた布陣です。トップは古市とエリアカの選手。インターハイで不完全燃焼に終わった古市でしたが、今日は肩の力が抜けて高い集中力で臨めました。鋭いサービス、キレの良い攻撃に押されますが、堅実かつ要所で思い切りの良い本来のプレーで対抗し2セット目を奪う健闘を見せます。3セット目の接戦を落として万事休しますが、高いレベルでも通用するプレーを見せてくれました。2番の高田高校の選手が快調なプレーで1点を奪い3番の辻につなぎます。AICHIフェスティバルで好調だった辻に期待が集まりましたが、動きが重く後手後手に回ります。ようやくペースを掴んだ3セット目は10-8とリードしますが、ここから勝ちを意識して4本連取され無念の逆転負け。この逆転負けのスパイラルを抜けるには相当の覚悟が必要です。4番も高田高校の選手がエリアカの選手に敗れてチームも1-3で敗れました。

 二戦目は愛知県。ここもスター揃いの強豪です。トップの高田高校の選手が敗れた後に古市が昨年の全国中学チャンピオンと対戦。次世代の日本のエースと将来を嘱望される選手に対し、初戦同様堅実なプレーで対抗します。1セット目は変化の激しいサービスに苦しみ先取されますが、徐々に慣れてきた2セット目を素晴らしいプレーで奪い返します。3セット目を取られた後の4セット目は接戦に。ジュースになってからもアドバンテージを掴みますが押し切れず13-15で惜敗。しかし可能性を感じさせるプレーでした。3番の辻は初戦の反省を生かし積極的に先手を狙うプレーで臨みます。しかし初戦同様0-2からの10-9でセットポイントを握るも凡ミスでチャンスを逃しストレート負け。勝負どころのプレッシャーのかかる場面でも正確に攻めることのできる選手になるにはまだ修行が足りません。

 これで二敗となり、明日の静岡県戦に勝っても上位二県に残る可能性はなくなりました。狙っていただけに悔しい結果ですが、全敗で終わる訳にはいきません。明日も最後までファイトしたいと思います。

8月15日(金)
改革
 終戦の日です。こうやって好きな卓球を存分にできることを幸せに思う日でもあります。

 男子9時から、女子11時からの練習でした。

 男子はAICHIフェスティバルの反省をもとに、練習内容を大きく変えて取り組むことにしました。基本を重視し、「勝つために、点数を取るために何が必要か」を再考し、やるべきことを妥協せずにやることにしました。

 当たり前と言えば当たり前なのですが、AICHIフェスティバルで惨敗しなければ選手たちも素直には取り組めなかったと思います。実際にやってみると、今までの練習がいかに”表面的”であり本当の中身が伴っていなかったことが分かったはずです。

 練習とは一生懸命やればOKというものではありません。結果につながらない練習はただの自己満足です。

 苦しくても妥協せずにチャレンジできるか、逃げ出してしまうか。大切な試合の大切な場面と同じです。練習で逃げる選手は、試合でも必ず逃げます。

 さて、国体代表チームは午後から集合し調整練習に取り組みました。おおむね順調と言えると思いますが、激戦区東海で代表になるのは並大抵ではありません。

 東海予選なしで代表となる少年女子と一緒に長崎に行けるよう頑張ってきます。

8月14日(木)
男女練習会B
 蒸し暑く、朝から降ったり止んだりの一日でした。

 男女とも練習会三日目、最終日です。

 女子は午前中で練習会を終えたようです。冷房の効かない会場での練習会は湿度も相まってかなり過酷なものだったようです。しかし強豪選手とも好ゲームを演じるなど収穫はあったようです。こういった厳しい取り組みが後々になって生きてくる時が来るはずです。

 男子は朝から14時ごろまででした。白子高校チームは三日目になってようやく”闘う姿勢”を見せることができた選手が目につきました。試合を”こなす”のに精一杯だった初日に比べると、多少たくましくなってきたように思います。とは言え、技術的にはまだ初心者に毛の生えた状況です。こんな状況から他校の選手に追いつくことができるか不安で仕方ありませんが、意欲だけは可能性を感じさせます。半年後、一年後にどこまで成長しているか?全くの未知数です。

 国体チームはまずまずの出来でした。他県の国体チームとも数試合行いましたが、内容・結果ともに悪くありませんでした。2年生の辻が強豪選手に勝つなど結果を残しました。これまでもこういった練習会では成長の跡を見せたこともありましたが、本番の試合になるとバタバタしてしまいます。冷静に自分の心をコントロールするのは簡単ではありませんが、今回掴んだヒントを完全に自分のものにするには、徹底的に体に覚えさせなくてはなりません。頭で理解しながらも中途半端な取り組みに終わっていましたが、ラスト一年で腹をくくって取り組むことができるのかどうか?本人次第です。

 新チームになってすぐの遠征でしたが、厳しい現実とわずかな望みを感じることができました。やはり外に出ないと分からないことがあります。三日間続けて他流試合を朝から晩までやっていると、はっきりと見えてくるものがありました。非常に有意義な練習会でした。

 国体チームは明日の夕方には東海ブロック予選が行われる岐阜へと出発です。

 やるからにはチャレンジしたいと思います。

8月13日(水)
男女練習会A
 今日も曇り空。男子AICHIフェスティバルの会場は冷房が効いているので天候は関係ありませんが。

 国体代表チームは今日も好調でした。

 国体はダブルスがないのでダブルスだけは本校新チームのダブルスである辻・堀津を出しています。直前までインターハイがあったので全く準備なくぶっつけ本番でしたが、今のところ悪くない状況です。「ビギナーズラック」的なところもあるので、勝負はここからでしょうが。

 昨年もそうでしたが、三重県の少年男子のレベルは年々上がっているように思います。今年のチームは少なくとも昨年よりレベルアップしているように思います。今年の東海ブロック通過枠は2県です。愛知、岐阜のレベルが高いだけに容易ではありませんが、やるからには…。

 一方、白子高校チームは今日も苦戦の連続でした。予選リーグで10チーム中9位となった午後からの順位リーグも大接戦です。だからこそ意味のある練習会なのですが、なかなか勝てない試合の連続は選手たちの自信をそぎ落とし、気力まで奪っていきます。ここが頑張りどころです。我慢しきれず逃げ出すか、歯をくいしばって耐えるか。

 明日は最終日。勝てばよし、負ければダメというものではありません。意味のある一日にしたいと思います。

8月12日(火)
男女練習会
 朝から土砂降り。でも昼前には上がって涼しい一日でした。

 今日から男子はスカイホール豊田で全国規模の練習会「AICHIフェスティバル」に参加、女子は杜若高校練習場をお借りして合同練習試合に参加しました。インターハイが終わった直後ですが、男女とも新チームのスタートとなる最初の練習会です。

 女子は浜松商業、龍谷大平安、済美、県岐阜商、名経大高蔵、そして本校と、湿度が高く厳しい環境の中、40名近い選手らでアツく練習会が行われたようです。

 男子のAICHIフェスティバルは北海道から沖縄まで70チームが参加する大規模なものです。本校からは三重国体代表として古市真暉、辻智貴が、白子高校として大谷崚介ら1,2年生の新チームが参加しました。

 国体代表はさすがに強く、10チームによる予選リーグを6戦全勝で終えました。一方の白子高校チームは辻を国体代表に出しているとは言え6戦全敗と散々なものでした。

 接戦にはなるのですが、実力もさることながら実戦経験の不足が”あと一本”を取らせてくれません。負けることは仕方ありません。しかし勝負どころの大切な場面で怖がって逃げることだけはいただけません。負けても負けても逃げずにチャレンジし続けることが成功へつながる唯一つの道です。選手たちには「絶対に逃げるな」とだけ伝えました。

 明日は予選リーグ残り試合と順位リーグと6〜7試合が予定されています。

 貴重なこの経験を無駄にしないようチャレンジしたいと思います。

8月11日(月)
皆で考える
 台風一過。しかしそれほどカラッと晴れた訳ではありませんでしたが。

 インターハイ後の事実上の再スタートです。男子はミーティングからスタートしましたが、スッキリしない形で時間切れとなってしまいました。上手く仕切れなかったことに自己嫌悪を感じました。中途半端なスタートとなってしまい残念です。

 午後からは高校選手権の組み合わせ会議でした。

 3年生の出場できる高校生どうしの最後の試合ですが、時期が時期だけに3年生はほとんど出場しません。今回も女子は本校を含めて4名しか出場しません。男子に至っては本校はゼロ。他校を含めても1名のみの出場です。

 確かに時期的に中途半端なので、出場権は1,2年生のみとしてもいいのかも知れません。

 今日の会議は組み合わせだけでなく、今後の三重県の高校卓球のあり方について様々な意見交換がなされました。高体連の事業は競技力アップだけではありません。底辺を拡大するという大きな命題も抱えています。競技力のことだけを考えても、底辺拡大のことだけを考えてもいけません。全体のバランスを見て的確な”落としどころ”を探らなければなりません。

 今日も来年度の試合運営について様々な意見が出されました。10名顧問の先生がいれば、10通りの考え方があります。「これが正解」というものがないだけに難しい問題です。

 三重県はこうやってそれぞれの立場の方々の意見を聞き、全員で話し合って落としどころを探ります。

 そこが三重県高体連、三重県卓球協会の良いところだと思います。

8月10日(日)
出端をくじかれ
 インターハイから帰って来たのに合わせたような台風来襲でしたが、ちょうど良い骨休みになるとプラスに考えていました。

 しかしこの台風の速度が遅いの何のって。しかも県下初の「大雨特別警報」まで発令される始末。この警報は「数十年に一度の降水量が予想される」とのことですが、確かに風雨ともに強かったと思いますが「数十年に一度」って言うのは…。

 でもまあ、これくらい厳しめに出してちょうどいいのかも知れません。しかしあまり乱発すると”オオカミ少年”状態になってしまうかも。

 さて、朝からの暴風雨だったので9時スタートの練習をまずは二時間遅れのメールを部員全員に発信しました。しかしとても収まる気配がないので更に一時間遅れのメールを発信。それでも難しそうだったので無期限延期、やれそうだったら再度メールするとの連絡を発信。結局最後に、保護者の送り迎え等の安全が確保されている場合のみ自主練習可との連絡をしました。

 15時を過ぎる頃、ようやく風雨が収まりました。私は夕方に卓球場に行きましたが、男女何人かの選手はすでに汗を流していました。

 再スタートの出端をくじかれる形となりましたが、台風が去るのを待っていた選手たちの意欲に勇気づけられました。

 何よりも大切なのはこの”意欲”です。

 新チームの1,2年生のみならず、インターハイを終えたばかりの3年生も当たり前のように練習していた姿には感心しました。

 彼らの中ではすでに次の戦いは始まっています。

8月9日(土)
台風最接近
 夕べ遅くに試合が終わってすぐに帰って来ました。心身ともに疲れました。

 今日は久々の自主練習でした。

 台風11号が最接近した本日は朝からずっと強い雨が降り続いていました。いつもなら台風が近づいても風雨は数時間だけですが、今回ほどの長時間の降雨は珍しいのではないでしょうか。

 17時過ぎには「大雨特別警報」が県下に発令されました。これは「これまでに経験したことのないような大雨となっているところがあり、土砂災害や低地の浸水、河川の増水やはん濫に最大級の警戒をする必要がある」という深刻な警報です。

 私の住んでいるところは近くに河川もなく比較的高台にあるのでそれほど深刻なものではありませんが、地域によっては「命を守るための行動をとることが必要」とされるレベルだそうです。

 さて、インターハイは今日が最終日でした。

 シングルスの優勝は男女とも”本命”とされる選手が優勝しました。ベスト16あたりまでは意外な選手が進出するゾーンもありましたが、ベスト8以上は実力者たちが顔を揃えました。

 かつては上位選手の多くが中国人留学生でしたが、今回はベスト16以上に男子は2名、女子は1名とすっかり影を潜めました。日本人選手のレベルが上がってきていることと、中国も以前ほど力のある選手を出さなくなったことも影響していると思われます。しかし相変わらず個人戦の組み合わせには「留学生ブロック」が存在します。もうそろそろ必要ないように思いますがどうでしょうか?

 明日から本格的に練習再開です。男女とも新チームにリニューアルされますが、それぞれかなり厳しい状況です。

 当の選手たちの意識やいかに?

8月8日(金)
山梨IHC
 大会4日目。シングルス2回戦から5回戦(ベスト8決定)までが行われました。

 勝ち残っているのは男子の古市、楠井、女子の繿コの3名です。

 昨日の初戦で神奈川県単複優勝の名門・湘南工大附属のエースに快勝した楠井は広島商業の選手と対戦。昨日の勢いそのままに臨んだこの試合でしたが、相手が一枚上手でした。決して悪い出来ではなかったと思いますが、サービス・レシーブ、ラリー等、全ての技術で相手の方が上回り、流れを引き寄せることができませんでした。しかし、中学時代は県大会にすら出場することができなかった彼が、個人戦でインターハイに出場するとは、インターハイで活躍するとは入学当時は夢にも思いませんでした。気持ちの波はあるものの、卓球が好きで強くなりたいという気持ちは入学当時から変わっていません。大成功も大失敗もあったこの三年間を今後の人生にどう生かすか?勝負はこれからです。

 昨年のインターハイで2年生ながら3回戦に進出した古市は、最後のインターハイで上位進出を狙います。1回戦シードの古市にとって今日の福井商業の選手との試合がシングルス初戦です。初戦に苦手意識を持つ彼にとって立ち上がりが不安視されましたが、まずまずのスタート。逆に相手の方が固く、幸先よく5本で先取。しかし気持ちを切り替えた相手の猛攻にあった2セット目は2-8とリードされます。しかしここから丁寧にプレーしたのが功を奏して一気に逆転し110本で王手をかけます。3セット目も出足好調で5-1とリードしますが、開き直った相手にジワジワ追い上げられ7本で奪われます。4セット目は接戦になりますが、あと一本が遠く8本で取られてセットオールに。こうなると流れは相手側に。焦ってミスを繰り返す古市に対し、堅実に粘る相手になすすべなく6本でジ・エンド。こういった競り合いには滅法強い古市ですが、今回は相手が崩れてくれませんでした。高校三年間の総決算となる最後のインターハイでのこの内容・結果は痛恨の極みですが、卒業後も大学で競技を続ける彼には高校でなし得なかった全国大会での上位進出を是非達成してもらいたいと思います。

 繿コは昨日のヒヤヒヤものの1回戦を切り抜けての2回戦でしたが、今日は別人のようなプレーを見せてくれました。2回戦の相手は神奈川・横浜隼人の選手との対戦。しゃがみ込みサービスを得意とする相手でしたが、丁寧なレシーブで相手の攻めをガッチリと受け止め、サービスを持った時には積極的に攻め7,9,5とシャットアウト。

 「3回戦進出」という自ら設定した目標を達成した繿コは一昨年度優勝の福岡・希望が丘の選手と対戦。格上の相手だけに積極的なプレーで対抗しナイスボールもたくさんありましたがそのボールを何本もブロックされ、攻められると簡単にポイントを許す展開が続きます。サービス・レシーブの差は圧倒的ではありませんでしたが、その後のラリー戦では手数の多い相手にポイントが伸びません。結局、6,8,6とストレートで完敗でした。もともと試合時のメンタルの強さは持ち合わせていた彼女ですが、ここのところ技術的にも大きく伸び、丁寧さと力強さのバランスが取れてきました。台上処理等の課題はありますが、向上心がある限り克服できるでしょう。まだ2年生だけにここからの一年間でどこまで伸びるか楽しみでもありますが、気の緩みによる失速も懸念されます。加速するか失速するか?キャスティングボードは彼女自身が握っています。

 繿コの敗戦で本校のインターハイは終了しました。高校生にとって最大の舞台であるインターハイです。初日の団体戦では男女とも初戦敗退と目標を達成することができませんでしたが、男子ダブルスの古市・辻組の3回戦進出。男子シングルスの楠井の金星。女子シングルスの繿コの3回戦進出と個人戦では盛り返すことができたと思います。このインターハイに賭ける気持ちはどこの学校、どこの選手も同じです。紙一重のギリギリのところでの勝負となるので、選手たちの心の揺れも尋常ではありません。期待以上だった試合も、残念な試合もありましたが、次のチャンスには今回以上の内容と結果が得られるよう冷静に振り返らなければなりません。

 インターハイ前の練習にはたくさんの卒業生の方々に胸を貸して頂きました。卒業生父母や卒業生の方々からたくさんのカンパや差し入れもしていただきました。大会期間中もたくさんの保護者の方々が山梨まで駆けつけて下さり、アツい応援や宿舎から会場までの送り迎えをしていただきました。いつものことなので選手たちはそれほど驚かなくなってしまっていますが、もう少し歳を取って振り返った時に、周りの方々のサポートがあってこそのインターハイだったと痛感するはずです。

 それを伝えるのも我々指導者の仕事だと思います。”チーム白子”の皆様、ありがとうございました!

8月7日(木)
山梨IHB
 インターハイも中日です。今日はシングルス1回戦が行われました。

 本校から県予選を突破してシングルスに出場するのは男子が古市、楠井、辻、女子が繿コの4名です。今日は1回戦がシードになっている古市以外の3名が初戦突破にチャレンジしました。

 先陣を切ったのは楠井瑠偉。相手はシングルス、ダブルスで神奈川を制した湘南工大附のエースです。ラブオールからの一本目を素晴らしいプレーで先制して波に乗りました。相手の固さにも乗じて1セット目を7本で先取。続く2セット目も接戦を制して9本で一気に王手をかけます。3セット目の後半に勝ちを意識して取られて嫌な雰囲気になります。セットオールに持ち込まれると苦しくなるので4セット目に勝負をかけます。出足から気合を入れてリードを広げます。相手のタイムアウト後も臆することなく強気のプレーで立ち向かいます。9-7となったところでタイムアウト。そこからは作戦通りの見事なプレーで8本で振り切り金星ゲット。

 続くは繿コ菜月。福島県・桜の聖母学院の選手と対戦でしたが、出足から快調に飛ばし8本、6本で簡単に追い込みます。一気に決めたい3セット目でしたが、なかなか止めを刺せなずにモタつく間に13本で失うと、明らかに焦りが出始め、サービスミス、レシーブミス、チャンスボールの打ちミスなど別人のようなプレーになってしまいました。続く4セット目も12本で奪われ流れは一気に相手側に。5セット目はリードはしますが、2本差以上には広げられず苦しみに苦しんで最後は何とか8本で振り切りました。ベンチに入った西飯先生も「あんな焦った菜月は見たことがない」と言わせるほどの有様でした。

 最後は辻智貴。長野・松商学園の選手との対戦。お互いに緊張した立ち上がりでしたが、焦って凡ミスを繰り返す辻が1セット目を8本で失います。2セット目になっても流れは変わらずリードを奪えないまま8本で取られて追い込まれます。ようやく開き直った3セット目に流れが良くなってきます。彼本来のフォアハンドドライブも要所で決まってリードを広げます。しかし後半になって逃げきろうとする気持ちが強くなり再び苦しい展開に。リードを守れずにジュースにされると必死の思いも届かず12本で万事休す。

 高校生たちにとってインターハイは最高の舞台です。それだけにそこで結果を出したい気持ちは強くなります。そこが選手たちの気持ちの揺れ幅を大きくしてしまいます。普段なら何でもないプレーが恐ろしく難度を増し、自らの気持ちをコントロール不能にしてしまいます。勝負の難しさと厳しさを思い知らされる半面、本日の楠井のように最高のプレーを生み出すこともあります。

 明日はシングルスの2回戦から5回戦までが一気に行われます。勝ち残った3名がどんなドラマを演出するか。本校のインターハイは佳境に入ります。

8月6日(水)
山梨IHA
 連日35℃を超える猛暑日です。

 今日はダブルスの1回戦から3回戦までが行われました。

 男子ダブルスに出場した古市・辻組が健闘しました。1回戦は広島商業と対戦。このペアとは過去に練習会で2回対戦しており1勝1敗という結果でした。チキータが上手でラリーで粘り強い印象があったのですが、お互いに緊張で固いプレーとなり、持ち味を出せないまま試合は進み、相手より多少手堅くプレーできた分だけ、1セット目を8本、2セット目を9本で勝つことができました。3セット目の後半もリードしながら勝ちを意識して消極的になる悪癖が出て7本で失いますが、気持ちを切り替えて臨んだ4セット目を7本で押し切って初戦を突破しました。

 続く2回戦は栃木・青藍泰斗と対戦。キレの良い両ハンドドライブを武器にする相手でしたが、初戦同様固いプレーのスタート。相手も凡ミスが多かったのですが、全く持ち味を生かせず8本で奪われます。2セット目も同じような展開で、リードしてもすぐに力んでミスを繰り返しますが何とか9本で取り返し1-1に。3セット目になると更にリズムが悪くなり、相手の調子も上がってきて6本で取られて追い込まれます。ようやく開き直ってきた4セット目の後半、リードをキープし迎えた10-8のセットポイントでしたが、まさかのレシーブミス2本で追いつかれます。その後は11-10、11-11、12-11、12-12となかなか押し切れない展開でしたが、最後は強気のプレーで突き放し14-12でタイに戻しました。勝負の5セット目は追いつ追われつの接戦に。6-6からこちらが勝負をかけた積極的なプレーを更に上回る好プレーで逆襲されて6-8と離されます。タイムアウトを取ったものの、7-10と絶体絶命のピンチに。ここで辻が強気のレシーブで相手のフォア側を突き、流れが変わりました。相手も必死に逃げ切りを図りますが焦ってミスも出て遂に10-10に追いつきました。更に11-10とマッチポイントを奪い、辻の三球目が決まったかに思いましたが、相手の好ブロックに阻まれ11-11に。しかし粘り強く戦い続け、最後は相手の攻撃がコートを割り13-11で熱戦に終止符を打ちました。

 3回戦(ベスト16決定戦)は兵庫・滝川第二との対戦。さすがにここまでくると肩の力も抜け、本来のプレーに戻ってきました。凡ミスも減り、積極的なプレーで接戦に持ち込みます。1セット目後半で相手のサービスを思い切って強く払った辻のレシーブが決まって13-11で奪う好スタート。しかし全くひるまず強気のプレーを仕掛ける相手が徐々に力を発揮し始め、2セット目を4本で奪われると相手ペースで試合が進みます。何とか流れを変えたいところでしたが、無理に攻めに行き自滅を繰り返す悪い流れに。結局、ダブルスの基本である台上技術の差が出て3,4セット目を7本、7本で失い万事休す。

 1、2回戦を大接戦で切り抜けたものの、やはり大舞台で力を発揮するのは大変だと痛感しました。しかし苦しい試合を結果に結びつけたのは立派です。いつも選手らには言いますが、運よく勝てたとか、運が悪く負けた試合はないと思います。ギリギリながら勝てたのは、その試合に勝ちたいと思う気持ちが相手を上回っていたからだと思います。技術が互角なら気持ちが勝敗を分けるのは必然です。そういった意味でも今日の二人はよく頑張ったと思います。昨年のインターハイが終わってから一年間、上手くいった試合の方が少なかったようにも思いますが、徐々に力をつけてこのインターハイ前には”一皮むけた”感がありました。それだけに昨日の団体戦での敗戦はショックでしたが、今日の頑張りで昨日の分を取り返したと思います。観客席からの男女の選手全員と保護者のアツい応援はとても心強かったはずです。これも間違いなく「チーム白子」の勝利です。

 明日からシングルスが始まります。まずは明日、1回戦のみですが男子の楠井、辻、女子の繿コが初戦突破を目指します。

8月5日(火)
山梨IH@
 いよいよ競技が始まりました。

 初日の今日は学校対抗1,2回戦でした。

 男子は東京代表日大豊山との対戦。

 トップはエースの古市真暉です。入学以来チームの大黒柱として数々の大会で活躍してきましたが今回が最後のインターハイとなります。力がありながら過剰に意識して力が発揮できなかった入学当初からすると堂々としたプレーで相手を全く寄せ付けず快勝でチームに勢いをつけます。

 続く2番は村上稜二。この一年間、団体戦では無類の強さを見せてくれ、特にセンバツ、インターハイの予選では貴重な星を挙げてくれました。今日も相手エースに対し、出足からまったく臆することなく果敢に攻め1セット目を完勝。2セット目は奪われましたが3セット目は6-1とリードしたところでチャンスボールをしのがれてから流れが変わりました。一気に逆転されたもののジュースで追いつきセットポイントも奪いましたが逃げ切られて痛いセットを落としました。4セット目は出足から一気に話されますが粘りに粘って挽回します。しかし最後は押し切られて8本で惜敗。

 ダブルスは古市・辻智貴組。直前の長野遠征では好調だっただけに期待がもたれました。お互いにミスの目立つ立ち上がりでしたが、何度もリードするチャンスを凡ミスで潰して1セット目を9本で失うと今一つ波に乗れないまま試合は進み、9,8,9で敗れチームも1-2と追い込まれます。

 4番は楠井瑠偉。この一年間、後半起用が多く試合数は多くありませんでしたが、昨年12月の東海新人戦の静岡学園との3位決定戦、3月の全国選抜の千葉経済大附との試合などで大きな仕事をしてくれました。今日の相手も全日本ジュニアに出場している強豪でした。しかし両ハンドのドライブとカウンターでアッという間にリードを広げられ苦しいスタート。ところが雑になった相手の打ちミスにも助けられ、逆転で1セット目を9本で先取。そこからは一進一退の展開が続きファイナルセットに。粘り強く得意のブロックでしのぎ、チャンスを逃さず果敢に攻めるプレーがうまくハマり大きくリードを広げます。8-6と追い上げられたところでタイムアウト。冷静さを取り戻しキッチリ締めてラストにバトンをつなぎました。

 ラストは辻智貴。相手はダブルスにも出場していた選手だけにリベンジを果たしたいところ。しかし足を使って台から出たボールを愚直にフォアハンドで攻め続ける相手に対し、なかなかリズムが掴めません。時折放つドライブでポイントするものの単発に終わり、相手ペースのまま試合は進みます。サービスの大小、レシーブの大小のコントロールと判断の差が、そのままポイントの差になってしまいました。ラストの重責を果たせず悔しい敗戦だったと思いますが、新チームでの大黒柱になる彼の奮起が待たれます。

 一方の女子は栃木代表の真岡女子と対戦。西飯美幸、由香さんを擁した平成3年の静岡インターハイ、そして平成19年度の佐賀インターハイと敗れている歴史があります。本校は今年で20年連続出場ですが、真岡女子は通算50回出場という伝統校です。同じ公立高校でもあり何とかしたい一戦です。実は直前に行われた長野遠征では国体代表チームとしてほぼ同じメンバーで対戦しており、その時は2-3で敗れていました。そして奇しくも順番こそ違うものの5試合中4試合が同じ相手との再戦でした。

 トップは繿コ菜月。相手も栃木ナンバーワンの選手で、長野では敗れていました。やはり出足は両ハンドの強打を厳しく攻められ4本で失いますが、ここから猛然と反撃に転じます。2,3セット目を9,8の接戦で取り返し4セット目を7本で失い勝負は5セット目に。出足は競り合いますが後半リードし8-6、8-7でタイムアウト。しかし8-8で追いつかれます。そこから奮起し10-8とマッチポイントを握りますが、追いつかれジュースに。11-10、11-11、11-12、12-12、13-12からバックハンドドライブが決まり熱戦に終止符を打ちました。

 2番は植村有華。トップの勢いそのままの押せ押せムードに乗って出足を圧倒します。特にフォアハンドサービスがよく効いて主導権を握り2セットを連取。そのまま押し切るかに思われましたが、植村もレシーブがコントロールできず押し切れません。3,4セット目を5,7で失います。5セット目は序盤は0-3というスタートながら5本連続ポイントでチェンジエンド。5-5で追いつかれ、その後もリードを広げられますが8-8で追いつき勝負も佳境に入ります。しかしここでまさかのサービスミス。焦りが隠せず大きく浮いたレシーブを打ちミスし、マッチポイントを握られます。最後はレシーブミスであっけなくジ・エンド。

 ダブルスは大西真由・繿コ組。長野では勝っていた試合でしたが、出足は大きなラリーでポイントできず苦しい立ち上がり。簡単に1,2セットを失いますが、丁寧にパートナーの繋いだボールをもう一人がキッチリと決めてペースを掴みます。6,8で奪い返して三試合連続のセットオールに。勢いで行きたいところでしたが、出足でうまくサービスから攻められ離されます。その後もペースを取り返せず7本で万事休す。痛いポイント失いました。

 4番は萩里佳子。この試合も長野の再戦で、カット対カットの促進ルールで快勝していました。1セット目は全く相手を寄せ付けず打ってよし守ってよしの2本で完封。ところが2セット目からは相手の攻撃のミスが少なくなり守勢に回ります。1セット目は決まっていた攻撃も徐々に精度を失い、2セット目以降は8,5,5で敗れてチームも1-3で敗退。

 並行して行われていた5番の大西は、長野で敗れていた相手に1セットを取っていただけに…。直前の試合の結果は選手たちに様々な影響を与えます。勝っている選手は「負けられない」気持ちになり、負けている選手は「今度こそ」と向かっていけます。今回も見事に長野の試合結果と逆の展開になりました。残念な結果になりましたが、必死の思いで勝ち抜いた県予選の気持ちは持続できていたと思います。1,2年生が3名出場していただけに新チームでの奮起に期待します。

 男女ともチャンスがあっただけに悔いが残らないといえばウソになりますが、全力を尽くした結果なので力不足だったと素直に受け入れなければなりません。そして明日から始まる個人戦に向けて気持ちも切り替える必要があります。

 インターハイは始まったばかりです。

8月4日(月)
開会式
 山梨二日目です。

 今日は朝8時半から練習会場へ。昨日はまだ山梨入りしていない学校もあり、空いている台も多かったのですが、今日はさすがにどの学校も朝から練習しており、交代しながらの練習となりました。ややもすれば集中力が欠けがちな交代での練習ですが、厳しい暑さの中でも選手たちの集中力は欠けず、上手に休憩も交えながらガッツリとやり込めたと思います。

 練習は14時まででしたが、今日は盛りだくさんのスケジュールでした。

 14時半からは監督会議でした。この仕事を長くやっていると顔見知りの先生が多くなります。ご挨拶をしたり近況を話し合ったり、試合の情報交換をしたりと、これはこれで忙しい時間となりました。

 ようやく監督会議が終わったと思ったらすぐに開会式です。

 最近では当たり前となった開会式前のアトラクションは、これも当たり前となったチアガールの演技。開会式は着座形式で北から順に各都道府県代表を紹介していきます。学校名を呼ばれると各校、返事をするのですが、男子声が小さい!女子シャキッとしろ!

 応援団も合流しました。山本先生の運転ではるばる白子からやってきた7名。1年生が中心ですが、ほとんどの選手は全国大会を見るのも初めてだと思います。きっと刺激的な三日間となるでしょう。

 保護者の方々も続々集まりました。3年前の卒業生、内田芽人さんのご両親も開会式だけを見に駆け付けてくださいました。「女子の20年連続表彰を受ける西飯先生を見に来ました」とのことでしたが、実は校長先生が被表彰者でした。でも本当にありがとうございました!

 校長先生もわざわざこの表彰を受けに三重県から来て下さいました。明日は大切な会議があるとのことで、開会式後は三重にとんぼ返りでした。ありがとうございました!

 公立高校での20年連続出場という偉業を達成できるとは、20年前には夢にも思っていませんでした。選手たちの頑張りはもちろんですが、支えて下さった数十、数百人の方々との共同作業だったと思います。皆様のおかげです。ありがとうございました!

 長かった一日がようやく終わりました。選手たちもクタクタだったと思いますが、夕食は今日もゴージャス!帰りの車中ではグッタリとしていた選手たちも夕食時には元気を取り戻していました。

 明日からはいよいよ競技が始まります。まずは団体戦1,2回戦です。2か月前の県予選を必死の思いで切り抜けた全員の努力の結晶です。明日も全員で力を合わせてチャレンジしたいと思います。


8月3日(日)
山梨へ!
 ぐずつき気味の曇り空でしたが、早朝からインターハイが開催される山梨に向けて出発しました。

 本来ならJR中央本線で向かうルートですが、7月上旬の大雨で岐阜県内の線路が被災し不通となっているため、静岡から身延線を使って甲府まで北上します。白子を7時前に出発して甲府に到着したのが12時過ぎ。5時間の長旅でした。

 甲府につくとすぐに練習会場へ。

 練習会場は試合会場近くの小学校の体育館です。覚悟はしていましたが暑い!曇り空ながら室温は35℃を指していました。晴天だったらと思うとゾッとします。それでも選手たちはほとんど休みなく3時間ほどの練習に汗を流しました。

 16時からは学校対抗の組み合わせ抽選会でした。

 男子は2年生の大谷崚介、女子は3年生の武馬明穂が抽選を引きました。

 男子は1回戦が東京代表の日大豊山。勝てば昨年優勝で第一シードの福岡代表の希望が丘と対戦となりました。

 女子は1回戦が栃木代表の真岡女子。勝てば全国選抜で3位入賞の岩手代表の大野という組み合わせとなりました。

 いずれも初戦から厳しい戦いになりそうです。何とか初戦突破し、強豪校との対戦に漕ぎつけたいと思います。

 今回の宿舎は和風高級旅館です。夕食は炭火焼の豪華版でした。しっかり食べてゆっくり休んで疲労回復に努めます。

 明日は三重県から応援団も駆け付けてくれます。

8月2日(土)
出発前日
 朝から曇り空で、昼前から雨が降り始めました。

 昨夜の19時頃に長野から帰ってきましたが、明日には山梨に向け出発です。

 長野遠征組は正午スタート。三日間はゲームばかりだったので基本的な練習を中心に調整をしました。

 男女とも主力選手たちの調子は上々です。今日の練習も明るく活気のあるものでした。

 私は午前中、明日からの遠征に備えて事務的な仕事をこなしました。その中でカンパをして下さった卒業生の方々へのお礼の準備も行いましたが、今年は例年以上にたくさんの方々からご厚志を頂きました。そのご恩に報いるには最大限のファイトをしてくるしかありません。

 今日の練習中も何人もの卒業生の方々が、「明日出発と聞いて飛んできました」とカンパや差し入れ(昨年卒業の常深亜美さんからスイカの差し入れ)を頂きました。

 また県外大会前恒例の、卒業生保護者の小川さんから「白子高校専用タイムテーブル」も受け取りました。

 夏休みに入ってからは何人の方からカンパや差し入れや練習相手を受けたでしょうか。

 県予選では先輩たちの絶大な応援で代表の座を得たのを皮切りに、物心両面での支えは言葉に尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。

 「ご恩は結果で」と言うほどの力はありませんが、少なくとも「これ以上は頑張れない」ところまでの最大限のファイトで報いようと思います。

 ”チーム白子”の夏祭りであるインターハイは目前です!

8月1日(金)
NAGANOフェスティバルB
 最終日です。

 選手たちは昨日の疲れも残っていたと思いますが、午前中三試合を妥協することなくファイトしました。

 インターハイ主力メンバーを中心としたAチームは上々の仕上がりです。もちろん不安要素もありますが、この三日間で”三重県モード”から”全国モード”に切り替えることができたと思います。

 一昨日は普段のプレーが通用せずに慌てていましたが、三日目の今日は落ち着いて対処できるようになっています。「目が肥えた」とも言えます。

 正直なところ、今回のNAGANOフェスは全国上位のチームが来ていなかったこともあると思いますが、少なくとも我々が普段取り組んでいるプレーよりはレベルは高く、”基準”が上がったことによる戸惑いを修正することができました。

 明日一日練習したら、明後日には山梨に向けて出発です。直前だっただけにこの効果も持続できそうです。

 一方で、”次世代メンバー”を中心としたBチームは、厳しい洗礼を浴びましたが、だからこそ非常に意味のある遠征になりました。

 何よりも”経験不足”が共通した課題でした。

 三重県内限定のローカル選手だった者ばかりです。技術的に大差のない相手でも、他県のゼッケンを付けた選手と対戦するだけでアタフタしてしまいます。技術不足もさることながら、こういったハードな遠征が選手たちのたくましい心を育てます。

 果たしてこれが数か月後にモノになるのか?

 しかし思い起こしてみても本校の選手の大部分のスタートはこんなものです。一部の選手を除いては、本格的に卓球に取り組み始めたは高校入学後です。それでも何とかなっています。

 今でこそ主力メンバーとして肩で風を切っている者も、一年前、二年前はこんなものでした。

 三日間を通じて、時間とお金と労力のモトを十分に取りました。

 このような機会を与えて下さった主催者である方々に心より感謝します。

 ありがとうございました!