白卓日記 ‘12   8月 前月へ! 次月へ!    
8月31日(金)
やるもやらぬも
 午前中の練習を終え東京へ向けて出発です。

 居残って練習する選手たちが気がかりでした。出発と入れ替わりに居残り組の午後の練習が始まりましたが、三年生とキャプテンの住田を中心に練習内容や相手を相談する姿を見て、安心して出発することができました。

 男子はインターハイ終了後に三日間の自主練習としましたが、女子は昨日の午後から自主練習です。

 「自主練習」は「休み」ではありません。もちろん練習をするのかしないのかも自主的な判断です。

 宿題をする、ゆっくり休んでリフレッシュする、練習に取り組む。

 練習をやらないことを咎(とが)めるのなら自主練習にはしません。結果的にその選手のプラスになればいいと思います。

 遠征組も明日から目いっぱい頑張ってきます。

8月30日(木)
いよいよ佳境
 夏休みもいよいよ佳境です。

 例年なら8月30日と言えば、「あと一日しかない!」と慌てるところですが、今年は9月1日、2日が土日ということもあり何となく安心してしまいます。特に宿題をやってない者にとっては”おまけ”のような二日間ですが、そんな者に限ってこの二日間を織り込み済みでサボっているんだと思います。

 学校によってはすでに始業式を終えているところもあるようですが、本校は3日が始業式です。

 そこで明日から土日を利用して夏休み最後の遠征に出掛けます。

 遠征は本校の都合、相手チームの都合が一致しないと実現しません。お互いに貴重な時間やお金を使って行うだけに、思いつきで行うものではありません。ある意味、公式戦より実現させるのには手間もかかります。

 できることなら多くの選手を連れて行きたいのですが、そうもいきません。

 選ばれた選手は是非そのことを理解して有意義な遠征にしてもらいたいと思います。

8月29日(水)
巣立ちの準備
 今日と明日は個人的な都合で練習に行けません。選手たちにはインターハイ後の三日間の自主練習時に、「この夏休みはこれが最初で最後の自主練習です。”お盆で親戚の家に行くので”とか、”宿題が溜まっているので”等の理由で休むことは一切認めません。ましてや体調不良などの自己管理不足での休みは論外です。」と話をしました。それなのに…。申し訳ありませんがやむを得ない事情です。ご理解ください。

 さて、インターハイを終えても男子の三名、女子の一名の三年生は引き続き練習に取り組んでいます。

 練習量が減ったとか、緊張感がなくなったということもなく、当たり前のように今まで通り練習しています。今まで通り自主練習にも取り組んでいます。

 そういえば以前よりも多少、表情が穏やかになったような気もしますが、例年の三年生に比べると変化は感じません。ただ以前より、後輩たちに対するアドバイスをしている姿をよく見るようにはなりました。

 卒業後の進路はまだ決定はしていません。それぞれの進路実現に向けて真っ最中です。やはりそれが決まるまでは心の中の一区切りがつけにくいのかも知れません。

 少しずつ巣立ちの準備をし始めている三年生を見ると、頼もしい反面、寂しくもあります。

 卒業まであと半年となりました。

8月28日(火)
達成感・充実感
 朝方の”豪雨”には驚かされましたが、昼前にはいつも通りギラギラ照りつける太陽が出てきました。

 今日は県内の中学生を対象とした、西飯スポーツ主催の「21杯」が鈴鹿市体育館で開催された関係で、西飯先生は不在でした。しかしながら女子はいつも通り互いに声を掛けあいながら、集中力の高い練習をしていました。

 男子も一週間前の反省が生かされているのか、雰囲気の良い練習が継続されています。規定練習後も多くの選手が多球練習、サービス練習など、目的・目標を持って取り組んでいるのが分かります。

 今日、たまたまラジオで、今年の甲子園に三重県代表として出場した松阪高校の松葉先生のインタービューが流れてきました。「選手たちに明確な目標を持たせるところから始める」という話が印象に残りました。

 目指すところがハッキリすれば、そのためには何をやらなければならないか、どれ位やらなければならないか等が具体的にイメージできます。本校の卓球部でも一生懸命、練習に取り組んでいる選手は具体的な目標を持っています。

 一昨日の日記にも書きましたが、目標は人それぞれです。特に卓球のような個人競技は、部全体の目標もありますが、個人の目標がまず第一です。

 目標を達成した時の達成感や充実感は、オリンピックだろうと地区予選だろうと同じです。

 一度しかない人生の貴重な青春時代を卓球に賭けたのなら、明確な目標を持って達成感や充実感を味わわなくては損じゃないですか?

8月27日(月)
ハッとさせられる
 長かった夏休みも残すところ一週間です。

 学校のある平常時は男子は学校体育館で、女子は練習場でと分かれて活動することが多くなってきています。しかし夏休みはほとんど、男女とも冷房の効く練習場で活動しています。

 ということで必然的に西飯先生とお話をする機会が多くなります。

 人数が多いので男子と女子とは時間を分けて練習するので、私は男子、西飯先生は女子の練習を中心に見ます。私も西飯先生もほぼ毎日、練習を見るので男子女子それぞれの様子は手を取るように分かります。しかし私は自分の主担当ではない女子の様子ははっきりと把握しているかと言われればそうでもないのが現状です。

 毎日欠かさずに選手たちに接していると、表情や仕草などを見ればその選手がどんな状態かということまで把握できている自信があります。しかしそれが”過信”につながることもあります。「この選手は○○な状態だから○○に違いない」と思い込んでしまいます。そんな時に別の視点から客観的な意見を聞くと「ハッ」とさせられる時があります。

 自信が持てなかった指導方針を肯定されると安心しますし、こちらが気が付かなかった点を指摘されると我に返ります。若かった頃は「自分のやり方は間違ってない」と大した根拠もないのに妙な自信を持っていましたが、年齢を重ねるうちに冷静に考えられるようになってきました。

 いずれにしても偏った考え方で暴走せずにいられるこの環境は、私にとっても選手にとっても良い環境だといえるでしょう。

8月26日(日)
ハプニング
 二日目の今日は一般シングルスとダブルスです。

 相変わらず女子の一般種目は出場者が少なく、更に地元開催で通過枠が多いこともあり本校から出場したダブルスの常深・室井組、吉田・大西組、佐藤・松本組、坂口・芥組、山岸・武馬組、北川・勝山組、シングルスの坂口緑と、全ての出場選手が本大会への出場切符を手にしました。

 一方の男子もダブルス一組を除く、岡田理・岡田天組、古市・平井組、権蛇・土性組、住田・里見組、楠井・村上組、今村・安田組、シングルスの岡田理志、岡田天志、岡田泰典が通過しました。

 ハプニングが一つありました。

 男子ダブルスは出場130余ペア中、64ペアが本大会への出場枠です。これは”1回勝ったら”通過する計算になります。一回戦で社会人ペアと対戦した今村天A・安田佑紀@組が私のところへ結果を報告に来ました。彼らの試合は本校の数ペアが同時に試合をしていたのでスコアは見えませんでしたが、試合の雰囲気から競っていることは感じていました。ただ結果は把握していませんでした。今村が号泣していたので、いつも「負けて涙を流すな」と話している私は少しイラッとしました。涙の訳を聞いたところ、「昨日のジュニア予選で安田だけが通過できなかったので、何とかしてダブルスで通過したいと思っていたので…」とのこと。

 しかし試合の結果を聞いて驚きました。

 なんと3-1で勝っていました。

 口数が少なく大人しい安田に、「いい先輩を持って幸せやな」と言うと、満面の笑みで、「はい」と答えていました。

 実は昨日のジュニアシングルス予選では男女一人ずつが通過できませんでした。地元開催ながらやはり「一人で留守番」はあまりにも酷です。今日のダブルスを何としても通過して欲しいと願っていましたが、二人とも予選を突破して本大会に進むことになりました。

 競争率二倍の地元での東海選手権にやっとの思いで通過したに過ぎませんが、彼らにとって県外の大会に出場することは入学以来の大きな目標だったと思います。オリンピックでメダルを狙う日本代表が勝負をかけたステージがロンドンでの準決勝だったのと同じように、彼らが勝負をかけたステージは今日の一回戦だったんだと思います。オリンピックと今日の試合を引き合いに出すのは極端に聞こえるかもしれませんが、目標を達成するために必死になることに関しては同じことです。ロンドンでの福原選手らが流した涙と、今日の今村が流した涙は同じ尊い涙です。

 インターハイなどの全国大会で活躍する選手がいることも本校の大きな誇りですが、こんな選手がいることも胸を張って自慢できるところです。

8月25日(土)
東海選手権予選
 今日と明日は、11月2日〜4日に三重県・サンアリーナで行われる「第52回東海卓球選手権大会三重県予選会」です。初日の今日はジュニアシングルスが行われました。

 今年は地元開催ということもあり予選免除の推薦選手(本校からは男子・古市真暉@、権蛇佑輔A、女子・常深亜美A、吉田礼楽A、松本ゆきみA、佐藤綾香A、室井まどかA)プラス、今日の予選で男女64人ずつが選出されました。試合自体はベスト16まで行いました。

 男子は土性祐成A、里見一真A、佐藤響A、平井陸@がベスト16、住田昂樹Aがベスト32、川北彩太A、今村天A、楠井瑠偉@、村上稜二@がベスト64で予選を通過しました。健闘したのは佐藤、今村、楠井、村上です。佐藤は初めての16入り。大きいシード選手が棄権した間隙をぬってチャンスをモノにしました。今村、楠井、村上は入学時の力を考えれば随分力を付けました。いずれも自主練習に積極的に取り組む成果が出始めています。今回をきっかけに更なる努力をすれば未来は明るいでしょう。

 女子は芥佳子A、大西真由@、山岸芽以@、武馬明穂@がベスト16、勝山莉奈@がベスト64で予選突破です。山岸は昨日に引き続き結果を出し、武馬もセットオールを二試合続けて制して嬉しい16入りです。強い二年生に必死でついていくうちに、一年生が力を付けてきたのが分かります。中学時代とは全く違う厳しさに徐々に慣れてきているはずです。次はついていくのではなく、追い越していくつもりで取り組めば更に次のステップに上がるはずです。

 明日は一般シングルスとダブルスの予選です。

 ジュニアと違って推薦出場はないので三年生の岡田理志、岡田天志、岡田泰典、坂口緑はシングルス予選に、それに一二年生を含めた男女合計27名プラス卒業生の後藤宏幸さんがダブルスに出場します。

8月24日(金)
高校選手権A
 今日はシングルスです。

 女子の優勝は常深亜美でした。今年度に入ってからはIH予選、国体選考会、そして今回と優勝が続きます。一発で抜けるボールはないのですが、とにかく手数では負けません。何より劣勢の時でも表情や雰囲気が暗くなることがないのが強みです。課題はやはり攻めの速さか。しかし同士討ちが多くなる県内の試合ではラリー戦になることが多く彼女の持ち味が生かされます。三位には吉田礼楽と坂口緑。吉田は準決勝で常深とのライバル対戦に敗れ無念の三位。この対決を制することが県外大会での飛躍につながるはずです。坂口は学年別大会を除いては三年生の最後の大会にして入学以来初めての賞状です。強い先輩と強い後輩に挟まれた厳しい学年でしたが、どんな辛い時もどんな苦しい時も不平不満を口にせず地道にコツコツ頑張りぬきました。卓球の神様がその頑張りを認めてくれたプレゼントです。ベスト8には室井まどか、松本ゆきみ、山岸芽以@が入りました。部内のゲーム練習では強さを見せる室井ですがどうしてもこの壁を破ることができませんが、慎重さが持ち味の彼女だけに、ちょっとしたきっかけで大きく飛躍する可能性は秘めています。松本は坂口に敗れました。今回の坂口、その前のIHと苦手のカットを克服できません。色々と工夫はしているのですが、最後は力負けしてしまいます。ただ向かっている方向は間違っていないと思います。根気よく体で覚えるしかありません。山岸は今回のMVPです。中学時代は県大会にも出場できなかった選手ですが、先輩たちに揉まれて力を付け、今回の結果に結び付きました。技術的、精神的な課題は山積していますが、努力すれば報われることを体験したことは今後に大きな影響を与えると思います。

 男子は古市真暉が優勝でした。ジュニアポイントランキングでは昨年の秋以来、1位を守り続けてきましたが、先輩との同士討ちを突破できず優勝とは縁遠い日々が続きました。巧みなサービス・レシーブやバックハンドも、慣れられた同士討ちではどうしてもラリー戦まで持ち込まれてしまいます。ラリー戦になると大きく速く動くフットワークや強く速いボールを打てなければポイントを挙げることができません。持ち前の細かい技術に加えて最近になってようやくプレーの力強さが出てきました。準優勝は岡田天志。ベスト8決定から4戦続いた同士討ちのセットオールの試合の最後に力尽きました。しかし準決勝、決勝は技術レベルの高さを感じさせるプレーを連発しました。勝負どころの詰めの甘さは本人がいちばん自覚しているところです。大学でのプレーを望んでいる彼の今後に期待です。三位には岡田理志。フットワークとキレの良いフォアハンドでファインショットを見せてくれましたが、試合運びにムラが出てしまうところが大学進学後の宿題です。まだまだ伸びしろ十分なだけにこちらも今後に期待です。ベスト8には岡田泰典、権蛇佑輔、土性祐成が入りました。岡田泰典は持ち前の気迫あふれるプレーで勝ち上がりましたが、最後は手数の多い相手に粘り負けでした。しかしクロスゲームになればなるほど力を発揮するプレースタイルは、見ている者に「何かやってくれそう」という期待を抱かせます。地力をつけて大学でも活躍してもらいたいと思います。権蛇は途中で危ない試合もありましたが、以前なら崩れてしまう場面で食いとどまるタフさが身についてきました。今年度に入って順調に伸びてきています。休まず頑張ってもらいたいと思います。土性はプレーの安定感が出てきました。古市との準々決勝も肉薄しましたがあと一歩。打点の早い両ハンドに力強さも加わってきました。時折出てしまう凡ミスも、具体的な目標を持って主体的に取り組めば克服できるはず。そうなると更なる飛躍も望めます。

 ベスト8には入れませんでしたが、女子の芥佳子、男子の住田昂樹、平井陸が同士討ちまで進みました。また、女子の勝山莉奈@と男子の村上稜二@、楠井瑠偉@がベスト32に入り、初めてのポイントゲットでした。

 夏休みの総決算と位置付けて臨んだ今回の高校選手権でしたが、全体とすれば成功と言えると思います。更に精進を重ね、9月の全日本予選、そして11月の新人戦へとつなげていきたいと思います。

8月23日(木)
高校選手権@
 早朝にパラパラ降っていた雨が止むとやっぱり暑い一日でした。

 今日と明日は、「平成24年度三重県高等学校卓球選手権大会」が伊勢の県営競技場体育館で開催されます。今日はダブルス、明日はシングルスです。

 上位は男女とも占めることができました。

 男子の優勝は三年生の岡田理志・岡田天志組です。インターハイ(IH)ダブルス予選に続いての優勝です。今回はIH予選の4ペアリーグで敗れた後輩ペアにリベンジしての結果で、この一年間エースダブルスとして頑張った締めくくりとしては文句なしでした。準優勝は一年生の古市真暉・平井陸組。IH予選で岡田組に勝ったものの、その後の試合で1ポイントが取れずIHを逃した悔しさをバネに頑張りました。出足の数試合はパッとしない出来でしたが、尻上がりに調子を上げて勝ち上がりました。先輩ペアとはサービス・レシーブの差が出ましたが、そこは今後の宿題です。三位には二年生の権蛇佑輔・土性祐成組が入りました。安定したプレーで準決勝までは危なげなく勝ち上がりましたが、後輩ペアとの対決ではサービス・レシーブが甘くなり一方的な展開になってきました。しかし安定感は後輩ペアを上回ります。エースダブルスの座をかけての争いはまだまだ続きそうです。

 女子の優勝は常深亜美・室井まどか組。IH予選で敗れた吉田礼楽A・大西真由@組に借りを返しました。レシーブ等にまだ甘さは残るものの、IH団体でも起用されたようにラリー戦での安定感では他を一歩リードしています。このままエースダブルスとして成長するかどうかは更なる努力が条件です。準優勝の吉田・大西組はIH予選より一歩後退しましたが、技術的な部分は3か月前とは見違えるようになりました。特に台上プレーは格段の進歩を見せ、ダブルスらしくなってきました。まだまだ強くなれるはずだと信じて今まで通り自主練習に取り組めばリベンジは可能です。三位には二年生の松本ゆきみ・佐藤綾香組。思い切ったプレーで準決勝の常深・室井組に2-0とリードしましたが、安定感で一歩及ばず。しかし元気の良さは次のチャンスがあることを感じさせました。

 明日はシングルスです。今日の勢いを継続できるか?楽しみです。

8月22日(水)
DVDのお知らせ
 今日の日中は久し振りに暑かったように思います。

 昨日は組み合わせ会議で練習をほとんど見ることができませんでした。今日の午後、卓球場へ行くと、掲示板代わりになっているクーラーに「DVDのお知らせ」と書いたボードが貼ってありました。

 最近、昨年度卒業の小川翔さんのお父さんが、選手や西飯先生から練習時のプレーをビデオ撮影してもらいたいというリクエストに応えて下さり、頻繁に撮影されていたのは知っていました。でもここまでこまめにやって下さっていたとは知りませんでした。

 撮影した動画をDVDにダビングして選手に渡し、新しく撮影した動画は更にDVDに追加更新するといった具合に、いつでも自分の最新のプレーを見ることができるようになっていました。

 保護者の方の中には試合の度にビデオ撮影される方も見えますが、ほとんどの選手は自分のプレーを見る機会がありません。随分前には部でビデオカメラを購入し、私が撮影して選手に見せていましたが、最近はそこまで手が回っていませんでした。

 このご厚意に応えるには、DVDをしっかり利用して自分のプレーに生かすしかありません。

8月21日(火)
全国屈指
 朝の8時過ぎに突然の激しい雷雨。その後は晴れましたが。

 今日は今週木・金の「三重県高校卓球選手権大会」と、土・日の「第52回東海卓球選手権大会三重県予選会」の組み合わせ会議でした。

 高校選手権は県内の大会ですが、地区予選を経たシングルスと参加制限のあるダブルスで争われます。東海予選はジュニアシングルス、一般シングルス、一般ダブルス等です。

 午前10時から始まった組み合わせ会議でしたが、それぞれの大会の種目別に一つずつミスの無いよう丁寧に進めていきました。昼食の出前をかき込みながら、全ての種目の組み合わせが完成したのが夕方の5時過ぎでした。

 以前にも書いたことがあったと思いますが、今の三重県高体連の組み合わせはジュニアポイントランキング制度を利用して作る、ほぼ完璧に平等なものとなっています。組み合わせに携わる者の主観は一切入っていません。どこに出しても後ろめたさのない作成過程です。

 組み合わせを作る先生方とよく冗談で、「この会議の様子をインターネット中継したいくらいだ」と話すほどです。

 また、三重県卓球協会の大会運営の手際の良さも自慢のひとつです。

 今年の東海選手権は三重県での開催です。こういった大きな大会も、抜群のチームワークと的確な状況判断でスムーズに運営する手際は全国屈指と言っても過言ではありません。今日の会議でも東海選手権の運営について各先生方から、最近の県外大会の運営の反省点の意見交換をする様子が見られました。

 こうやって”うまくいって当たり前”とされる組み合わせや大会運営を、何の見返りもないのに一生懸命取り組む先生方には頭が下がります。私は組み合わせには携わりますが、県外大会の運営はお任せすることが多いので心苦しく感じます。

 ただ、どれほど一生懸命やっても多少のミスは出てしまいます。それを重箱の隅をつつくようにクレームをつける人に限って、こういった舞台裏には一切関わらない場合が多いのが常です。

 人のふり見て我がふり直せ、ですね。

8月20日(月)
出帆
 天気予報では夜には雨が降る、とのことでしたが空振りでした。

 チームの幹部が3年生から2年生へ後退して女子は二週間、男子は十日が経とうとしています。

 女子の方は新体制のカラーを出そうとあれこれと試行錯誤しています。練習中の声出しや挨拶など、チームの雰囲気の基本となることを全体で見直そうとしている様子が分かります。上級生が下級生に指導しなければなりませんが、指導している自分が出来ていないと説得力がありません。人に言うからには”責任”が生じます。人を教えることは自分にとっても勉強になる、と言われますがそういうことです。

 一方の男子は憂慮されていた2年生の”優柔不断”さが出てしまっています。基本的に真面目な者が多いのですが、リーダーシップをとれる者がいません。自ら動こうとせず周りに合わせてしまう意志の弱さが全ての足を引っ張ります。7人中5人が「弟」という立場で、「後ろからくっついていく」ことが身に染みついてしまっているのかもしれません。

 リーダーに必要な資質は色々とあると思いますが、そのスタイルは一つではないと思います。周囲に有無を言わせず多少強引にでもガンガン引っ張っていくスタイルもあれば、表面的には静かだが存在感がある背中で引っ張っていくスタイルもあります。いずれにしても周囲に”一目置かれる”ことは必須だと思います。いずれにしても”強い意志”がないと一目は置かれません。

 出航したばかりの新チームですが、まずは帆を上げなければ動きません。何事も失敗を恐れていては明日は来ないのです。

8月19日(日)
三重県躍進
 朝晩は随分涼しくなってきました。

 国体東海ブロック予選ですが、三重県の少年男女は昨日すべての試合を終えたので、今日は成年女子の静岡戦の応援でした。

 残念ながら静岡には敗れましたが、成年女子の東海予選通過枠は2県。静岡に続いて2位で予選を突破しました。これで予選なしの全都道府県出場の成年男子、昨日予選を突破した少年女子、そして今日予選を突破した成年女子と三種目が岐阜清流国体に出場することになりました。その年によって予選通過枠は変わるし、もちろんメンバーも変わるので巡り合わせによって条件は異なりますが、三重県から三種目出場はこの三十年ほどで初めてとのことです。

 残念ながら少年男子のみが取り残された感じですが、全体のレベルとしてはこの数年の三重県少年男子は盛り返しつつあります。うつむく必要はありません。

 夏休みも残すところ二週間ほどとなりました。

 インターハイが終わってからの二週間経ちますが、練習試合等の遠征もほとんどなくじっくりと練習に取り組んできました。まずは23、24日にある三重県高校卓球選手権大会でその成果を発揮してもらいたいと思います。

8月18日(土)
少年女子突破
 曇り空が午後には豪雨に変わりました。

 今日は国体東海ブロック予選です。9月末から行なわれる岐阜清流国体の代表権目指して、愛知、静岡県と対戦しました。

 岡田天志、岡田理志、古市真暉の少年男子は初戦で愛知と対戦。トップの理志、2番の天志、3番の古市と、序盤でリードする場面もありましたが、変化の激しいサービスと威力のある攻撃に挽回されストレートで敗退。やはりサービスは”1球目攻撃”。この反省は持ち帰って全体にも伝えたいと思います。

 続く静岡戦は勝って終わりたいところ。トップの天志はブロックと機を見ての攻撃が決まり2-1とリードしポイントも7-5と押しますが、そこで出したサービスがフォルトと取られリズムが崩れました。その後も食い下がりましたが調子の出た相手に押し切られて無念の敗退。2番の理志は相手の巧みなサービスに最後まで対応できず完敗。追い込まれた三重県でしたがここから反撃です。3番の古市は左利きの相手に対して1セット目は積極的ながら空回りして奪われますが、2セット目は慌てず相手のサービスとレシーブが甘くなったところを狙ってジュースで奪い返します。すると3セット目からは本来の速い攻めが冴えて3-1で快勝。続く4番の理志は1セット目を奪われますが、2セット目からは両ハンドのドライブと思い切ったレシーブで相手に付け入るスキを与えませんでした。勝負はラストの天志に委ねられます。やはり相手のサービスに手を焼き1,2セットを簡単に取られます。しかし3セット目あたりから徐々に対応できるようになり、3,4セット目を取り返します。5セット目も7-2までリードを広げましたがここからまさかの逆転を許してしまい9本で涙をのみました。

 一方の女子。初戦の愛知戦はトップ起用の吉田礼楽が先月の中部日本でセットオールした相手に緊張からか思うようにプレーできず敗退。続く佐藤優衣さんは落ち着いたプレーでスキなくポイントして1-1に。ポイントとなる3番は常深亜美。インターハイ愛知予選で優勝した相手に一歩も引かず接戦に。バックサービスから先手を取り、カウンターで狙われても根気よく攻め続けます。セットオールの9-9となりましたが、そこからも回転量の多いドライブで攻めて押し切り値千金のポイントをゲットしました。4番は再び佐藤さん。サービスが冴えて相手に思うようにプレーさせず圧勝で試合を締めました。

 静岡戦はトップの常深、2番の佐藤さんが完勝。3番の吉田も冷静なプレーで危なげなく押し切り3-0で快勝でした。

 地元開催の岐阜県を除いて3県での予選でしたが、三重県少年女子は全勝で文句なしの通過でした。佐藤さんの強さはもちろんですが、中部日本でランク入りするなど常深と吉田の安定感も大きな戦力でした。

 実はこの18年間で三重県少年女子が東海ブロック予選を突破するのは初めてのことです。倉田ゆかさん、辻岡亜沙さん、森永愛里さんの時代に2年連続本大会でベスト8入りした時も予選なしの全都道府県出場年でした。戦力が整い東海予選で2位に入った年に限って1県しか出られない年だったり、3県出られる年に4位だったりと…。インターハイの県予選では18年連続で優勝していますが、やはり国体や全国選抜など、東海ブロック予選を突破しての本大会出場は格別です。是非本大会でも一つでも上に勝ち上がれるよう精進を続けたいと思います。

8月17日(金)
明日から国体東海
 相変わらず暑い日が続きます。

 明日から名古屋で始まる国体東海予選に向けて、三重県少年男女代表の岡田天志、岡田理志、古市真暉、常深亜美、吉田礼楽を中心に練習しました。

 今年の東海ブロック予選は、岐阜県が地元開催で別枠出場、それ以外の愛知・静岡・三重で争われます。少年男子は1県、少年女子は2県が予選通過枠です。

 男子は強豪愛知県がいるので大変です。どこまで食い下がれるか、そして昨年も敗れた静岡県にはリベンジしたいと思います。

 女子はスーパー助っ人の佐藤優衣さんを軸に戦います。静岡県にはもちろんですが、久しぶりに愛知県と互角に戦えるチャンスです。予選通過と言わずに1位で通過を目指してもらいたいと思います。

8月16日(木)
今やらずして…
 稲穂が頭を垂れてきました。少しずつですが秋の足音が聞こえます。

 卓球は技術の習得に時間のかかる競技です。特に新しいことや苦手なことは、かなり時間をかけてもなかなか身につきません。しかしこの夏休みはたっぷりと時間があります。

 女子は基本的な動きを中心とした多球練習に時間をかけて取り組んでいます。この暑さなので多球練習はかなり体力的に大変ですが、これを継続してやれば間違いなく力が付きます。西飯先生の考えた多球練習のメニューは、過去の先輩たちも汗を流して大きな成果を挙げています。

 男子はダブルスの練習に取り組んでいます。来週末は高校選手権、東海選手権予選とダブルスの試合が続きます。通常は団体戦で起用するエースダブルス以外は練習時間は割かないのですが、今回は初めての試みとして毎日継続して練習しています。この練習がダブルスの試合の結果のみならず、シングルスにも良い影響を与えてくれることを期待しています。

 規定練習後も競い合うように自主練習に取り組む選手がほとんどです。秋の試合が楽しみです。

8月15日(水)
恩師の言葉
 曇り空ながら蒸し暑い日でした。

 今日も午前午後とガッツリと練習でした。毎日休みなく目的を持って練習に取り組んでいると昨日より今日、今日より明日と上達しているのが目に見えて分かります。やはり継続して取り組むことは重要です。

 今日は三年生の岡田泰典、二年生の佐藤綾香が小中学生時代に指導していただいていた若草ジュニアの村上さんご夫妻が来場してくれました。村上さんご夫妻はともに名門高校、大学で活躍された選手でしたが、現役を退かれた後に後進の指導にあたられ、昨年卒業の長澤玲奈さんを筆頭に本校の主力選手として活躍する選手を送っていただきました。お仕事の都合で三年前からアメリカに転勤となり、今回久し振りの帰郷で顔を出していただきました。

 佐藤綾香は規定練習終了後に夜の9時まで練習を見ていただき、久しぶりに原点に戻って自分の卓球を見直すことができたと思います。

 村上さんと私は年齢も近く旧知の仲です。今日も随分長く話をしましたが、彼が繰り返して言うのは、「こうやって恵まれた環境で思う存分好きな卓球ができるのは幸せだなぁ」という言葉です。

 奇しくも今日は終戦記念日。私自身ももちろん戦争を知らない世代ですが、東日本大震災の時にも感じたのが上記の言葉です。

 景気が悪く先行きが不安視される現在の日本ですが、それでも美味しいものが食べられて、自分の家で柔らかな布団で寝ることができて、大好きな卓球を朝から晩までできることがどれほど幸せなことか。60億人を超える世界の人々の中でも、上から数えて何番目かの恵まれた環境に生活しているはずです。

 幸せの上に胡坐(あぐら)をかいてアクビをしていることに罪悪感さえ感じます。

 さあ、明日も頑張ろう。さあ、明日は頑張ろう。

8月14日(火)
アドバイザー
 時折雨がパラつく曇りがちな一日でした。

 最後のインターハイを終えた三年生ですが、卒業後に競技を続ける続けないにかかわらず卒業まで部活動を続ける選手が男子三名、女子一名います。

 インターハイが終わったとは言え、今週末の国体東海ブロック予選、三重県高校選手権、そして全日本予選と試合は続きます。

 しかしやはり大きな山を越えた達成感もあるのか表情には少しゆとりが出てきました。少し前までは自分のことで頭が一杯だったと思いますが、最近は練習中や規定練習後の自主練習で後輩たちにアドバイスする姿を見かけます。

 ついこの間まではチームの主力選手だった先輩に教えてもらう下級生の表情は真剣そのもの。声を掛けてもらえただけでも嬉しいんだと思います。

 下級生はこのチャンスを逃すことなかれ。せっかくその気になっている三年生を自ら掴まえて、練習をやってもらったりアドバイスを求めたりするべきです。

 また三年生にとっても”人に教えること”の難しさと楽しさを知る貴重な経験です。人に教えることは自分を成長させる絶好の機会でもあります。

 教える側、教えられる側ともに、自分を成長させるこの機会を逃すことなく積極的に動いてもらいたいと思います。

8月13日(月)
紙一重
 夕方にすごい勢いで雨が降りました。

 21クラブの中学生の全国中学県予選、東海ブロック予選のサポートのため西飯先生の長女である小林美幸さんと夫の小林仁さんが三重県に来ています。そして東海ブロック予選を見事に通過した宮本春樹さんのため、仕事で東京に戻った小林仁さんに代わって美幸さんが指導に入っています。

 一昨日に激戦を潜り抜けたばかりの宮本春樹さんは鈴鹿市役所に表敬訪問もあったようで少々疲れ気味でした。美幸さんを相手に基本練習を、高校生を相手にゲーム練習を2時間ほど行ないサーブ練習をして今日の練習を終えようとしていた宮本さんでした。

 以下はそれを見た美幸さんと西飯先生の会話です。

美幸さん 「最後に多球練習をさせるわ」
西飯先生 「ちょっと疲れ気味だし無理させない方がいいんじゃない」
美幸さん 「いやいや、ここでやめたら何のために昨日休ませたのかわからんやん」
西飯先生 「あんたも鬼やな」

 妥協を一切許さない鬼のように厳しい西飯先生に、「鬼」呼ばわりされた美幸さんですが、普段は仏様のように優しい人です。

 そのやりとりを聞いて少し笑ってしまいましたが、これが”成功できる人”の意志の強さなんだと感心させられました。

 指導者として、自分を満足させるための厳しさと、子どものことを思っての厳しさは全く違います。また、優しさと甘やかしは紙一重でもあります。

 勉強させていただきました。

8月12日(日)
一心同体
 最高気温は31℃でしたが、クーラー全開でも結構な暑さでした。

 男子は昨日の幹部交代で、7人の二年生にそれぞれ役割を分担しましたが、「その役割で自分がすべきこと・自分がしたいこと」を宿題にしていました。今日はそれぞれが考えたことを発表してもらいました。

 コンセプトは、「チームのために何ができるか」です。

 
なかなか面白いアイデアを出してきた者もいれば、これといったことが思い浮かばず、ありきたりなことしか発表できない者もいました。

 今までは私や上級生の指示に従うだけの”傍観者”だった者がほとんどでしたが、自分がチームの中心としての立場に置かれて戸惑っているのが現状です。

 今年の2年生男子は人数こそ多いものの、”帯に短しタスキに長し”です。強力にチームを引っ張れる者がいないのが悩みのタネですが、そこは7人それぞれが仲間の足らない部分を補い合わなければなりません。ここは人数が多い強みになるはずです。

 7人の誰が欠けても機能しないようなチーム作りが理想です。

 大いに悩んで大いにぶつかってもらいたいと思います。

8月11日(土)
幹部交代
 久し振りのまとまった雨です。明日以降も続きそうです。

 女子はインターハイが終わった直後でしたが、男子は今日、3年生から1,2年生へチームの幹部をバトンタッチしました。

 岡田理志、坂口緑らを中心とした3年生の選手たちはこの一年間、戸惑いながらもしっかりとしたチーム作りに心と頭を悩ませて、やり遂げてくれました。彼、彼女らの思いは必ずや後輩たちに受け継がれることだと思います。本当にお疲れ様でした。今後も卒業式まで部活動に取り組む坂口、岡田理、岡田天志、岡田泰典の4名は、まだまだ未熟な1,2年生を指導するお手伝いをお願いします。

 さて、男子は住田昂樹、女子は常深亜美が新しいキャプテンとなりました。今年の2年生は男女とも7名と大所帯です。これを一人でまとめて運営していくのは至難の業です。キャプテン以外の6名の協力が必要不可欠です。

 また人数が多いと、しっかりと役割分担をすればキャプテン一人にかかる負担は少なくなり、全体への目も行き届くようになるはずです。

 男子はキャプテン以外の6名の役割分担を決めて、分業制することにしました。

 個人競技である卓球ですが、個人戦の試合以外は全員で協力してチームを作らないと良い練習はできません。「自分のチーム、みんなのチーム」の意識をそれぞれが持つことが大切です。

 みんなのために骨を折ることが結果的には自分のためにもなります。

 先輩たちのように一年後には「さすが3年生!」と評価されるチームを作ってもらいたいと思います。

8月10日(金)
ステップアップキャンプ男子
 久し振りに雨が降りました。

 昨日に引き続きステップアップキャンプ男子の部です。

 本校からは8名が参加。石川、愛知、三重から42名の選手が集まりました。多くの選手は予選リーグで上位に入りましたが決勝リーグでは苦戦する試合が続出し、レベル的にはちょうどいい感じでした。

 やはり課題である守備力に問題のある選手が多いと感じました。

 ところで私は先月末の30日にインターハイに向けて出発して以来、全員が顔を揃えての練習は見ていません。明日は二週間ぶりに卓球場での通常練習になります。

 まずはミーティングからスタートです。インターハイで感じた技術的な課題や今後のチーム方針などを話そうと思っています。

 気が付けば夏休みも折り返し地点です。

8月9日(木)
ステップアップキャンプ女子
 「暑い日が続きます」以外に書くことがなくなってきました。

 今日は岐阜・羽島かんぽレクセンターにて西飯スポーツ主催の練習会、「'12summer stepup camp」が開催されました。今日は女子の部です。

 ステップアップキャンプは日頃、練習試合に行く機会の少ない選手を対象にした練習会です。

 個人戦で行われますが、各都道府県の1,2位校は「団体戦出場選手以外」という縛りがあります。「1,2位校ではあるが、主力選手として練習試合に行く機会が少ない」または、「練習試合を行いたいが、県外の学校につてがない」学校や個人を対象としています。

 今回は愛知県の地区予選と重なり参加校は少なかったのですが、その分、試合数は多く消化することができました。何より、日頃交流することのできない兵庫、福井、石川、静岡などの選手とたくさん試合をできたのは収穫です。

 やはり対外試合は自分の技術がどの程度通用するか?ということを知るために欠かせない”モノサシ”となります。

 今日は試合終了後に、「ドライブ技術の未熟さ」について話をしました。これも部内のゲーム練習ではなかなか気が付かないポイントです。

 明日は男子の部が行なわれます。

8月8日(水)
がんばれ!ニッポン!A
 私は睡魔と、大健闘の女子日本代表チームは中国と闘いました。

 大一番のシンガポール戦を素晴らしい試合で突破し、絶対女王の中国にチャレンジした女子日本代表チームでした。トップで出場した福原愛選手の試合開始直後の一本目のラリーを見て分かる通り、最初から全開でした。しかし日本選手の肩の力の抜けたファインショットを”当たり前”のように返球し、そのボールの数倍のボールで逆襲してきます。それが何本も何本も繰り返されるのでたまったものではありません。

 そもそも試合開始前に整列した時点での体格差に唖然とさせられます。

 救いは最後まで逃げずにチャレンジしてくれたことです。会心のプレーでも得点できないことが続くと諦めに似た気持ちになります。いわゆる”ギブアップ”です。しかし日本女子代表チームは最後まで”諦めの苦笑い”は出ませんでした。

 負けて悔しいという気持ちがある以上、望みはあります。現実的に今の日本と中国との差は圧倒的です。しかし勝負に携わる選手である以上はそれを簡単に認めて欲しくありません。

 オリンピックの決勝の大舞台でも地方の高校生でもそれは同じだと思います。勝利の喜びと敗戦の悔しさは次へのモチベーションとなるはずです。

 がんばれ!ニッポン!

8月7日(火)
がんばれ!ニッポン!
 厳しい暑さが続きます。

 ロンドンオリンピックの卓球女子日本代表チームが奮闘しています。

 強敵シンガポールに圧勝し決勝進出。今晩遅くに王者中国にチャレンジです。

 福原愛選手を中心に、心境著しい石川佳純選手、ベテラン平野早矢香選手のそれぞれが力を発揮し、チームとしてうまく機能していると思います。団体戦においては高校生のインターハイもオリンピックもやはりチーム全体の結束力が基本であることは同じだと思いました。

 男子はまさかの準々決勝敗退でした。水谷選手は二点取ったものの、シングルス4回戦でメイス選手に敗れるなど今ひとつ不安定でした。逆に岸川選手はシングルスで大活躍したものの団体戦では大ブレーキ。期待の丹羽選手もラストで完敗するなど、女子と比べてそれぞれの選手のピークがちぐはぐでした。

 言うまでもなくオリンピック日本代表チームは日本のトップチームです。そのトップチームが世界のトップまであと一つと迫っていることは、我々のような末端の組織であっても誇らしく感じ、ナショナリズムを掻き立てられます。

 がんばれ!ニッポン!

8月6日(月)
転んでも
 激アツ胸アツのインターハイが終わり、今日は自主練習でした。

 全国大会に出場すると、部内や県内の試合では気が付かなかったことを発見できます。技術的なことを始め、体力的なこと、精神的なこと、戦術的なこと等々。上手く対応できなかったことももちろんですが、思った以上に通用したことも発見することができます。

 今回の大きな発見は”守備力”でした。以前から少し気になっていたのですが今回で確信しました。本校の選手たちが勝てない相手との最も大きな差は”守備力”です。

 攻撃型の選手にとって「先手を取って主導権を握る」のは必勝法のひとつです。しかし現実的には力のある選手との対戦は、半分は守備に回ります。その際に簡単に失点をしてしまうと、自分が先手を取った時もプレッシャーを感じなければなりません。

 ただし”守備力”と一言で言っても様々な方法があります。そこは当然、「点数に結び付く可能性の高い」守備です。しっかりと見てきたことをまとめて、練習方法も合わせて選手たちに伝えたいと思います。

 せっかく出場できたインターハイです。ただ単に「いい思い出になった」だけで終わらせるのはもったいないです。

8月5日(日)
インターハイD
 相変わらずの猛暑の中、大会最終日です。

 シングルスの準々決勝から決勝までが行われました。

 さすがに日本のトップの高校生たちの試合です。思わず釘づけにされます。本校の高校生たちが一日に一本入るかどうかのスーパーショットを事もなげに連発します。

 試合終了後に長野を後にしました。

 組み合わせ抽選の30日の夕方に夕立がありましたが、その後は連日35℃前後の快晴が続きました。今回もたくさんの保護者の方が駆けつけてくれ、アツい応援で後押しして下さいました。会心の試合もあれば不完全燃焼の試合もありました。結果はどうあれ、それぞれの選手がこの日のために毎日何リットルもの汗を流してきた集大成です。世の中に無駄なものなどありません。「あれだけ練習してきたのに…。」と思う残念な試合も、今回は結果が出なかっただけで、いずれいつか花を咲かせる日が来ます。試合に出られず応援や練習相手などのサポートに回った選手たちも、日本の高校卓球の最高峰の舞台を目の当たりにできたのは、全員で一緒に力を合わせてこの舞台までたどり着いたからです。受けた刺激は何らかの財産になっているはずです。

 選手たちは電車で、私は選手たち27名の荷物を車に乗せて白子へと帰りました。

 昨年の青森インターハイからあっと言う間の一年でした。来年の福岡インターハイまでもあっと言う間なのでしょう。チームの目標だった「激アツ・胸アツな試合を!」は果たせたと思います。来年は更に激アツ・胸アツな大会にしたいと思います。

 たくさんの方々からのご厚志、声援に心より感謝いたします。ありがとうございました!

8月4日(土)
インターハイC
 朝夕は風もあるせいか涼しく感じます。インターハイ四日目です。

 今日はシングルス2〜5回戦が行われました。本校からは昨日の一回戦を勝ち抜いた男子の岡田理志、女子の常深亜美、吉田礼楽が出場しました。

 常深は遊学館(石川)の選手と対戦。左利きの相手のサービスと厳しいレシーブに苦しみました。なかなか先手を取れず鋭い攻撃を浴びてしまい、勝機を見出すことができませんでした。しかし今回の常深は団体戦の単複にフル出場し、個人戦のダブルスでも三回戦、そしてこのシングルスでも初戦を突破するなど、チームの主力選手として活躍しました。以前より攻撃に安定感が増し、持ち前のバックハンド投げ上げサービスがより生きるようになってきました。豊富な練習量に裏付けられたプレーは更なる飛躍が期待されます。

 吉田は大野(岩手)の選手と対戦。昨日の劇的な勝利の勢いは衰えていません。積極的なプレーで相手をグイグイ押しこみます。先手を取られても逃げずに前陣でのカウンターで応戦し、相手に付け入るスキを与えませんでした。続く3回戦では昨年準優勝の希望が丘(福岡)の中国人留学生と対戦。サービス・レシーブ等の台上技術、ラリー戦ともに相手が一枚上手でした。先手を取っても大きなラリーにされて威力のあるフォアハンドドライブで逆襲されてしまい打つ手がありませんでした。今回の吉田は何と言っても一回戦の激戦が全てでした。強気で向かっていくプレーができている時はかなり高いレベルで通用することが証明されました。やはりポイントはメンタル的部分のマネージメントと、細かいプレーでしょう。昨年度は全ての全国大会に出場し、飛躍が期待されていましたが、ここのところ足踏みが続いていました。この大会をきっかけに再浮上が期待されます。

 岡田理志は知念(沖縄)のペンドライブ型の選手と対戦。出足こそリードを許しましたが、相手のミスに乗じて追いつくと、以後は一度もリードを許すことなく快勝で三回戦へ。ベスト8シードの青森山田の選手との対戦では、厳しいサービスと打点の早い攻撃に付いていけず完敗でした。今回の岡田理志の良かったところは何と言っても積極的な試合運びでした。フットワークを生かした中後陣での粘り強いプレーは彼の持ち味ですが、レベルの高い全国大会ではなかなかポイントに結びつきませんでした。特に先手を取られた時の守備的な場面で無駄に後ろに下がってしまうのが欠点でした。今回は先手を取られても前陣でのブロックやカウンターで応戦し逆襲につなげました。高校最後のインターハイでの活躍は今後に大きな自信となることでしょう。

8月3日(金)
インターハイB
 相変わらずの猛暑の中、インターハイ三日目です。

 今日からシングルスが始まりますが、今日は一回戦のみが行なわれました。

 男子シングルスの岡田理志は米子高専(鳥取)の選手と対戦。大会三日目で、学校対抗、ダブルスと出場し、徐々に解除の雰囲気にも慣れてきたのか、剛柔織り交ぜた彼本来の良さが光る試合でした。苦しみながら1セット目をジュースで奪取すると、2セット目からは積極的な攻守が冴えました。攻められると下がってしまう悪癖を封印し、無理に攻めにいって自滅するプレーにならないよう攻守のバランスも気を遣いました。最後まで積極的なプレーで押し切り悲願の初戦突破を成し遂げました。

 1年生ながらシングルスの予選を突破した古市真暉は地元長野の松商学園のカット選手と対戦。苦手だったカット攻略に時間をかけて取り組み、以前より格段に進歩しました。前半から積極的に攻撃を仕掛けてくる相手に対し冷静にプレーしリードします。巧みなサービスと変化幅の大きいカットに戸惑い9本で失います。2セット目は一進一退の攻防でしたがジュースで失うと盛り返す力が残っていませんでした。技術はともかく、試合で勝つためには冷静かつ熱い心でプレーしなければなりません。心技体のバランスが取れて初めて勝利が手に入ります。期待の大器だけに今後に期待です。

 女子シングルスは4名がエントリーしています。

 佐藤綾香は富士河口湖の選手と対戦。得意のしゃがみ込みサービスが効きセットを先行します。しかし徐々に相手に対応されてきます。積極的に攻め2-1とリードし、接戦に持ち込み先手を取りますが攻撃ミスが出てしまい、4,5セットともにジュースで失う痛恨の敗退。下回転ボールに対するドライブ、しゃがみ込みサービスのバリエーションを増やすなど技術的な課題は時間をかけて克服しなければならないポイントです。ハイリスクハイリターンなプレーが身上だけに競り合いの場面でも強い心が求められます。試行錯誤を繰り返しながら地道な進歩を目指します。

 常深亜美は岩手・大野の選手と対戦。互いに前陣での攻撃を仕掛け合いますが、常深の手数と安定感が上回りました。終始優位に立ったプレーは危なげなくストレートで降しました。明日は団体戦でも敗れた遊学館高校のエース選手との対戦です。チャレンジする気持ちで臨んでもらいたいと思います。

 松本ゆきみは富山・高岡南のカットマンと対戦。苦手なカット打ちですがしっかり時間をかけて対策練習をしてきました。序盤からじっくりと粘り相手のミスを誘います。接戦になりますが、チャンスボールの攻撃ミスが響きジュースで失います。すると徐々に相手もミスが減り、打つ手がなくなってきました。結局、最後まで打開策を見いだせずストレートで敗れました。理想は正攻法でカットを攻略することですが、それ以外にもポイントを奪い勝ちに結びつける方法はあります。工夫することと困難にチャレンジすることは勝利へのカギとなります。”あと一歩”を打開するには本人の努力しかありません。

 トリで出場したのは吉田礼楽。相手は中越(新潟)の中国人留学生。本校出場6選手中、最も厳しい相手と見られていましたが、激アツ・胸アツな素晴らしい試合となりました。挑戦者として積極的に攻める吉田に対し、やはり相手は固さが見られます。快調に飛ばす吉田は難なく1セット目を奪取。サービスとボールの威力を生かして対抗する相手選手に対して気持ちで引かない吉田との攻防は互いにセットを取り合う接戦に。奇数セットを取った吉田ですが、勝負の5セット目は出足から相手が飛ばして1-5とリードを奪われます。その後も点差は埋まらず4-8となり絶体絶命に。しかし諦めずに地道にプレーする吉田に相手は徐々に焦り始めます。ジリジリ追い上げ遂にジュースに。その後はアドバンテージを奪った選手が思い切れずに追いつかれる展開が続きます。手に汗握る展開でしたが、最後に勇気を振り絞りレシーブから攻めた吉田がマッチポイントを決めて、何と20-18という劇的な幕切れとなりました。会場全体も注目する中、男女全員の選手と保護者の応援団の渾身の応援が後押ししました。吉田の勝利後に涙する応援選手や保護者の姿も見られました。今大会、目標とする激しく熱い、激しく胸の熱くなるプレーができました。感動的でした。

 大会4日目の明日に進出するのは男子の岡田理志、女子の常深亜美、吉田礼楽の三名です。明日のドラマを演出するのは誰か?

8月2日(木)
インターハイA
 大会二日目。ダブルスが始まりました。

 女子ダブルスの吉田礼楽・大西真由組は初戦で和洋女子(千葉)と対戦。しっかりと練習を積んだレシーブでしたが、どうしてもまだ自信を持ってプレーすることができず、1-3で無念の敗退。リズムの良い時は大西のプレーが生きるのですが、重要な場面ではやはり不安定さを隠せません。吉田がそれをカバーしようとすると両者の良いところが消えてしまいます。ただ、二人のダブルスに対する地道な取り組みは、今回は生きませんでしたが、いずれ実を結ぶ時が来るでしょう。

 もう一つの常深亜美・室井まどか組は大健闘の3回戦進出でした。初戦の鹿児島城西との試合は昨日の団体戦ダブルスの勢いそのままに、室井のレシーブやフォアハンド強打、常深の安定したドライブが決まり3-1で勝利。続く華頂女子との対戦はやることなすこと上手くいきストレート勝ち。試合が重なり西飯先生がベンチに入れませんでしたが、出足の相手のプレーを見てレシーブのコース取りを変えるなどの戦術変更も上手くできたようです。3回戦の青森山田戦はピッチの速さやボールの威力で圧倒され無理をさせられてしまいました。名前負けしていたところもあり、2回戦での勢いを生かせなかったのは残念です。しかし常深の回転量のあるドライブと室井の速攻が噛み合えば、通用することが分かったのは収穫です。チームの要となるダブルスの強化は団体戦でも必須です。後一年間でどこまで伸びることができるか?

 男子ダブルスの岡田理志・岡田天志組は一回戦で前橋(群馬)と対戦。固さが見られた序盤でしたが、相手のミスにも助けられ先取すると2セット目は快調に飛ばし王手。しかし3セット目を返され4セット目の後半も粘り強くプレーする相手に勢いがあり逆転で失うと流れは相手側に。しかし今日は我慢強くプレーできました。5セット目の出足をリードすると一気に押し切り何とか初戦突破です。2回戦は中国人留学生を擁する関西(岡山)と対戦。相手のキレの良いプレーに手も足も出ず1セットを失いますが相手のサービスに慣れてきた2セット目をジュースで奪い返したのが大きかったです。1-2と追い込まれた4セット目からは相手のドライブも積極的に狙い打ち、丁寧なレシーブとネットプレーと上手く噛み合う素晴らしいプレーを見せ快勝。3回戦は湘南工大付属(神奈川)と対戦。勢いそのままに出足から快調に飛ばして10-7とセットポイントを握りますが、そこからチャンスボールをミスしたのが響き逆転負け。しかし諦めることなく接戦になりますが、丁寧にプレーする相手にこちらが無理をさせられる展開となりストレートで敗れ万事休す。欲を言えばもう一つ勝ちたかったと思いますが、昨日の団体戦での反省を翌日に生かせることができたのは成長です。こういう成功体験が今後に生きてくるはずです。

 男女ダブルスの健闘に観客席で応援する選手・保護者も大いに盛り上がりました。

 明日からいよいよシングルスが始まります。

8月1日(水)
インターハイ@
 灼熱の長野で、激アツ・胸アツなインターハイが始まりました。

 9時から女子学校対抗一回戦、群馬県代表の樹徳高校との対戦です。トップの吉田礼楽Aは相手エースを迎え撃ちます。快調な出足で1セットを先取。しかし会場の異様な盛り上がりに慣れてきた2セット目あたりから、相手の”判断”が冴えてきます。吉田得意のサービスが甘くなったところを見逃しません。一進一退の攻防でしたが最後は相手の正確なプレーが上回りました。2番は佐藤綾香A。カットマンの相手に対し無理をせず丁寧に粘ります。1,2セットを先取されますが落ち着きを取り戻した3セット目からポイントにつながり始め、2-2に。5セット目も後半までリードしますが、最後は無理をさせられて万事休す。絶体絶命の0-2とされます。ダブルスの常深亜美A・室井まどかA組も大接戦となりました。室井のレシーブ、常深のサービスが効き奇数セットを取り、少し押し戻します。苦しみながら勝ったダブルスから流れが変わりました。4番の常深は持ち前の安定したプレーが冴えて3-0で圧倒すると流れは白子に。ラストの松本ゆきみAもバックハンドサービスが効果的で一方的に攻めて快勝。結局0-2から怒涛の3ポイント練習で大逆転勝ちでした。

 大接戦の女子と入れ替わり、11時からは男子学校対抗一回戦、秋田商業との試合が始まりました。3月の全国選抜との再戦となったこの試合です。トップは岡田泰典B。全国選抜でもトップで起用され、貴重な先取点を挙げていますが、今回は相手の新戦力である一年生選手と対戦します。出足は固さが見られ凡ミスを連発しますが、徐々に調子が出てくると得意のフォアハンドと思い切りの良さがポイントにつながります。セットオールの最後の場面で緊張からコントロールを失う相手を尻目に勝負どころを抑えて貴重な先取点をゲットしました。続く古市真暉@は巧みな台上処理とフォアハンドで快調に1セットを先取。しかしそのアドバンテージを生かせず相手に立ち直るチャンスを与えてしまいます。2,3セット目を失い、4セット目を返し2-2にするものの、5セット目の出足が悪く一気に押し切られてしまいます。多くの選手が台上処理に苦しむ中、巧みにコントロールされた技術は光ります。ただ、自らの気持ちのコントロールには課題が残ります。大器だけにこの経験も無駄にしてもらいたくありません。ダブルスの岡田理志B・岡田天志B組。しっかりと練習したので全国選抜での借りを返したいところです。今一つ調子の出ない出足でしたが、慌てず相手のミスを誘い1セットを先取。しかしそこから正確だったレシーブが徐々に乱れます。一度崩れだすと立て直すことができず3セットを連取され万事休す。4番の岡田理志は丁寧にプレーする相手に苦しみますが、きっかけを掴むと一気のスパートで相手を突き放し、3-1で勝利して流れを再び引き戻します。ラストは全国選抜同様、岡田天志。相手も同じ選手です。接戦の1セット目でしたが攻守ともに冴え、接戦をモノにします。2セット目を失うも3セット目の後半は競り合いながら上手く試合をコントロールします。9-9での一本が勝負の分かれ目でした。サービスが僅かに台から出たところを狙われ9-10。勝負を賭けた三球目が無情にもオーバーして失うと、4セット目の後半のリードを守れず無念の敗退。

 苦しんだ一回戦を切り抜けた女子は遊学館(石川)にチャレンジです。トップは三年生の坂口緑が起用されました。良く切れたカットと凡ミスの少ない堅実なプレーで相手にプレッシャーをかけます。淡々とプレーする坂口に対し凡ミスを連発する相手は徐々に追い詰められます。2セットを連取し3セット目もジュースとし、あと一歩まで迫りますが押し切れず2-1に。4セット目も再びジュースに持ち込みますがどうしても突き放せずセットオールにされると、追いつく力は残っていませんでした。しかし愚直に努力を続ける姿勢が後輩たちに大きな勇気を与えたことは間違いのないところです。二番は常深。凡ミスの少ないプレーで快調に1セットを先取。そこから相手にミスがなくなり、得意のラリーでも点数が取れなくなり一気に押し切られました。一回戦では好プレーを見せたダブルスの常深・室井組でしたが、凡ミスの少ない相手に打つ手がなくストレートで敗れて、チームも敗退が決まりました。

 男女ともしっかりとした準備で臨んだ団体戦でしたが、全国の壁は厚かったと思います。固さの見られた各選手でしたが、明日から始まる個人戦では無駄な力も抜け、より良いパフォーマンスが期待できます。

 明日は男女ダブルスです。男子の岡田理志・岡田天志組、女子の吉田礼楽・大西真由@組、常深亜美・室井まどか組が出場します。