白卓日記 ‘12   6月   前月へ!     
6月1日(金)
体育祭
 最近の白子高校の体育祭は正に「祭り」です。

 朝一番の各クラスの入場行進から全力投球です。そして競技が始まれば手抜きする者など全く見られない真剣かつ楽しんでいる生徒ばかりです。勝っても負けても一生懸命取り組めば何事も楽しいものなのですが、高校生あたりの年齢だとついつい斜に構え、白けたフリをするのが格好いいと勘違いしてしまいがちですが、純粋に一生懸命楽しんでいる者が多数を占める中でついついその雰囲気に乗せられているうちに巻き込まれてしまうのが、今の白子高校の魅力です。

 卓球部の生徒も各種目で奮闘しました。しかし実際の結果となると、野球部やバスケットボール部に後れを取ってしまうのが現状です。本来、短距離である100mから200mの距離は卓球部員にとってはとっても長く感じます。もっと長いか、もっと短ければ力を発揮できるのですが…。

 慣れない屋外で、日頃浴びることのない直射日光を浴びての一日は想像以上に疲れます。

 全ての競技を終えて後片付けを一時間ほど手伝った後の練習はすでに疲労困憊です。

 しかし明日からの土日は中部日本選手権予選です。選手たちは疲れた体にムチ打って短時間ながら調整練習に汗を流しました。

 それにしてもテスト期間→中間テスト→インターハイ予選→体育祭練習→体育祭の三週間休みもない一連の流れは疲れ果てました…。