白卓日記 ‘10   10月 前月へ!  次月へ!    
10月31日(日)
スポーツフェスティバル
 今日は津市体育館で「みえスポーツフェスティバル2010」が行なわれました。以前は「県民体育大会」という名前で、その名の通り”国体の県内版”といった大会です。

 県内の各市郡代表チームで争う団体戦です。本来の所属チームと違い、在住する市郡から出場するので、いわゆる”同士討ち”があったり、普段はライバルチームとして争っている選手が”呉越同舟”になったりと面白い大会です。

 本校と卓球場からは、桑名市で佐藤綾香さん、四日市で山本雄飛、平井陸さん、古市正暉さん、近藤亜希、吉田礼楽さん、鈴鹿市で内田芽人、鈴木福正、権蛇佑輔さん、神京夏さん、西川千裕、長澤玲奈、芥佳子さん、津市で岡田天志、岡田理志、酒井眞菜、辻浦沙紀、松田唯が出場しました。

 2年生は昨晩遅く、沖縄の修学旅行から帰ってきて3日ぶりにラケットを握ったということもあり、精彩を欠く内容でしたが、その他の選手たちは各コートで好プレーを見せてくれました。

 いずれの選手も、普段と少し違う雰囲気を楽しんでいる一日でした。

10月30日(土)
伸びる選手
 2年生男女8名が修学旅行で不在なので、今日の練習は男女同時スタートにしました。

 この2年ほど前から平日の18時からは、高校生を夕食休憩にして中学生を中心とした練習になっているので、そこから1時間30分近くは、ほぼ休みなく練習をします。その後、高校生と合流してゲーム練習という流れになっており、質の高い練習を継続して行なえます。

 その効果か、中学生の伸びが目に見えて分かるようになってきました。

 今日も朝から高校生に混じって練習に来た中学生たちは、なかなか勝てないまでも必死で高校生たちに喰らい付いていました。この、「自分より強い選手に必死で立ち向かう」ことが大切です。勝てないからと言って諦めたり、サラッと流す高校生の雰囲気に同調していては決して強くなれません。

 練習で全力を出せない選手が強くなれたら苦労はしません。結局卓球は、コツコツと努力を続ける選手が勝てる競技なのです。

10月29日(金)
酣(たけなわ)
 昨日ほどは寒くありませんでしたが、じっとしているのにジャージ一枚ではとても無理な季節になりました。プレーしている選手たちにとっては適温だと思いますが。

 沖縄修学旅行は風は強いものの、時折晴れ間ものぞくようになったようです。予想以上に台風の動きが早く、今度はこちらに向かって進んでいるようで、週末の様々な行事が早々と中止になったりしているようです。天気予報では明日の昼間に最接近するだとか。

 今日も5限授業で2年生がいないのでたっぷりと練習できるのですが、女子は5名しかおらずちょっと寂しい雰囲気です。12年ほど前の、たった3人で練習していた時を思い出しました。

 先日も書きましたが、暑くもなく寒くもなく湿度も低いこの絶好のシーズンですが、意外に試合が少ないのが現状です。よって練習試合やオープン戦など、高校生だけでなく中学生も一緒に混ぜて、武者修行の計画を立てています。

 スポーツの秋、酣です。「たけなわ」ってこんな字を書くんですね。漢字検定1級クラスでしょうか?

10月28日(木)
秋を飛ばして
 春→夏→冬って感じです。ついにウォーマーを引っ張り出しました。

 台風が心配された沖縄修学旅行は朝9時過ぎの便でしたが、ギリギリ飛び立てたようです。次の沖縄行きの便は欠航となりました。引率団の岡本先生からのレポートでは、「暴風雨」が激しいようですが。

 修学旅行の関係で、今日から月曜日まで5限授業です。1時間早く終わっただけですが、男女2年生8名がいないので、たっぷりと練習できます。特に1年生は3年生ともたくさん練習できます。絶好の機会を生かすべく、少人数ながら活気のある練習ができました。

 ここのところ溜まった仕事も片付きつつあり、先のことまで手を出せる状態にあります。しっかり練習を見られるので満足しています。

10月27日(水)
最悪のタイミング
 昨日より更に冷え込みが厳しくなり、日中も震えるほどの寒さでした。

 まあ気温については、この季節は本来こんなものだと思います。天気自体はよく晴れた一日でしたが、沖縄の南部に台風が近づいています。現時点では全く影響がないように思いますが、実は本校の2年生が明日から2泊3日で沖縄に修学旅行に出掛けます。

 ピンポイントで明日の午前の出発に合わせたように沖縄本島に近づき、帰りの予定の30日に沖縄本島から九州方向に抜けて行く天気予報となっています。

 明日の出発の飛行機が運航するかどうか怪しいし、飛んだとしても帰りの飛行機の運航も怪しいという最悪の事態です。無事たどり着いたとしても天候は最悪でしょう。何せ200名を超える人数なので、簡単に予定が変更できないからやっかいです。

 昨年の修学旅行もインフルエンザの大流行で実施が危ぶまれた本校の修学旅行ですが、どうもタイミングが悪すぎます。

10月26日(火)
冷え込み
 気温が急激に下がりました。最低気温が前日比−7℃と、夜間練習は選手たちも手がかじかんでしまうほどの冷え込みでした。

 最低気温が10℃を切るこの季節はやっかいです。夕方は練習すると汗ばむのですが、日が落ちると急激に冷え込み、汗をかいたままだと体が冷えてしまいます。ゲーム練習後などにそのまま半袖短パンで審判などをしていると体調を壊す原因となります。

 若いので、体調が良い時はめったなことはないのですが、疲れが溜まったときなどは要注意です。

 練習後に、「寒いと分かっていて体調を壊すのは不注意以外何ものでもない」との話をしました。今シーズン、最初に風邪を引くのは誰?

10月25日(月)
カット攻略
 女子はこの一年、継続してカット攻略を重点課題の一つとして取り組んでいます。

 用具、とりわけラバーの開発は日進月歩です。ボールが38mmから40mmになり、有機溶剤入りの接着剤が禁止になり、一時期は随分ボールのスピードも落ちましたが、ラバーの飛躍的な高性能化で攻撃型の選手優位の構図は相変わらずです。

 しかし特に女子においては、カット型の選手はある一定数から増減していません。高校生のトップクラスはもとより、世界で活躍する選手にもカットマンは常に存在します。

 ただ全体的なパーセンテージは決して高くない(10%未満?)ので、まずカットマンと練習できる機会が少ない。そして余程身近なライバルにカットマンがいない限り、実際に公式戦でカットマンと対戦する可能性が少ない。このような観点から、「公式戦で当たってしまったら運が悪かったと思ってあきらめる」ような思考になってしまいがちです。

 カット攻略は行き当たりばったりではまず成功しません。攻撃型の選手にも様々な個性がありますが、余程特殊な個性でなければ大体の攻め方で攻略できます。しかしカット攻略はしっかりやり込まないとポイントに結びつきません。逆に言えばしっかりやり込めば、かなり強いカットマンにも勝てるようになります。

 この一年でかなりできるようになりましたが、あと一歩です。全国選抜東海予選でその成果を発揮したいと考えています。

10月24日(日)
お手本
 今日は朝から卓球場は超満員。小学生から高校生までほぼ全てのメンバーが揃いました。

 男子の練習前に、「昨日、杜若高校でレベルの高いプレーを体感したので、そのレベルを意識した練習を」と注文をつけましたが、多くの選手はそれを実践してくれました。

 ただ、難しいのはそれを継続させることです。そのプレーが定着するまで継続させればそれが標準となります。卓球場の全体をレベルアップさせるには、高校生たちが先頭に立って全体を引っ張らなければなりません。「これ位のプレーができて普通なんだ」というのを小中学生に見せなければなりません。

 今日のゲーム練習は高校生を中心とした上位リーグと、小中学生を中心とした下位リーグとに分けて行ないました。ゲームの順番を待つ小中学生の、高校生たちのプレーを見る熱い視線に、高校生たちは気づいているでしょうか?

 心技体智、全ての手本となる高校生たちの責任は重いです。

10月23日(土)
男子・杜若へ
 男子は朝から愛知の強豪・杜若高校へお邪魔し、静岡学園高校を交えて3校で練習試合を行ないました。

 どの選手も強い選手ばかりで気の抜けない試合ばかりでしたが、本校の選手たちも高い緊張感で一日頑張り抜きました。結果は散々でしたが、最近の練習試合は本校と同じくらいの力の学校との対戦が多かったので、ある程度結果が出せていましたが、強い選手と多く試合をすると弱点が浮き彫りになります。今まで気が付かなかった課題が多く見つかり、今後何をすべきか、がはっきりして良かったと思います。

 言うまでもなく大切なのは明日からの練習です。しっかりチェックしたいと思います。

10月22日(金)
自信と過信
 この秋から年末にかけての計画を西飯先生と立てました。

 チーム全体の目標は何と言っても県新人戦と、その延長線上にある全国選抜東海ブロック予選です。それぞれ11月末と12月末に試合が行なわれます。最終的には3月末の全国選抜に出場することが目標になりますが、そのためには年末までの予選で結果を出すことが必須となります。

 現時点でのチームの状態は、良い言い方をすれば”発展途上”、悪い言い方をすれば”穴だらけ”です。選手たちが自覚してその穴を埋める努力をすれば、まだまだ伸びる要素は十分あります。その穴は技術的なものだけでなく、2年生を中心としたチーム全体の精神的な部分も含まれます。

 今年の2年生は男女とも中学時代からある程度の実績を残した選手が中心となっています。入学時より期待された”ゴールデンエイジ”とも言えます。

 しかしそれが、「みんなある程度やるから何とかなるだろう」という変な”安心感”が生まれます。自信と過信は紙一重です。現時点でのチームの雰囲気の針は”過信”に振れているように思います。

 年末までに二つの山を乗り越えなければなりません。さあ、まずは一つ目の山に向けてとりかかります。

10月21日(木)
卓球場リニューアル
 昨日のそらまめの新装開店に引き続いて、卓球場の床の張替え工事が終わり、こちらも新装開店です。

 試験最終日の今日の午後からの練習も学校体育館で行ないました。学校での練習も今日で4日目。普段練習している場所から比べると広くて伸び伸びと練習できますが、予想していた通り男子選手の、「無駄に下がりすぎ」る傾向が目に付いてきました。本来ならそこを自制するのが、「意識の高さ」なのでしょうが、まだその域には達していないようです。

 工事の終わる夕方に卓球場に戻り、ホコリだらけの卓球台や床を全員で水拭きしました。従来のコンパネ板の上に無垢の板を敷き、すっかり美しくなりました。若干、滑る感じがしますが、普通の体育館フロアはこんなものだと思います。

 試験も終わり、卓球場もリニューアルされ準備万端。明日から新人戦までは一気に突っ走りたいと思います。

10月20日(水)
そらまめOPEN
 タイトルを見てピンとこない人は白卓日記のキャリアの浅い人?

 本校2年生の内田芽人のご両親が経営する理容店「そらまめ」のことです。お店の名前は幼かった芽人の好物からつけたそうです。

 私も2年ほど前から「そらまめ」に髪を切ってもらっています。それまでは、「散髪なんてどこでも大差ない」と思って、いわゆる激安床屋に行っていました。芽人が本校に入学したのをきっかけにそらまめに初めて行きましたが、お世辞抜きにその技術の違いに驚きました。切ったばかりではその違いはあまり分かりませんが、翌日に自分で整髪するとその差は歴然です。例えて言うなら、手抜き工事でも完成したばかりの家は立派に見えますが、住んでみるとすぐにバレてしまいます。しかしお金をかけても確かな腕の大工さんに建ててもらった家は何年経ってもあきません。

 散髪のカルチャーショックを与えてくれたそらまめですが、この夏に店舗を大幅に改装し、「カフェバー”ペンギン村”」を併設されました。先日も西飯先生や岡本先生らとお邪魔しましたが、肩の力を抜いて楽しめるアットホームな感覚がウリです。お酒はもちろんですが、料理が美味しかったのには驚きました。特に、最近B級グルメで脚光を浴びている四日市名物トンテキは絶品です。

 肝心の床屋さんの方の開店が遅れていましたが、ようやく本日オープンしました。私も早速行ってきました。以前のお店より若干コンパクトになりましたが、予約制を採り入れたので待ち時間が読めるようになり、私のように時間に制約のある者には助かります。

 「床屋なんてどこでも同じ」と考えているあなた。騙されたと思って一度、行ってみて下さい。仕上がりの技術はもちろん、激安床屋の殺伐とした雰囲気で疲れた心が癒されること請け合いです。

10月19日(火)
感覚
 最近ある方に頂いた、「時速250kmのシャトルが見える トップアスリート16人の身体論」という本を読んでいます。

 様々な競技のトップアスリートたちの「身体の感覚」をインタビュー形式で著した本です。まだ途中までしか読んでいないのですが、卓球の松下浩二さんも出てきます。

 訓練を積むと口では説明しにくい、肌で感じる「感覚」が身についてきます。例えば松下さん曰く、卓球の相手の打ってくるボールの球質はインパクトの瞬間の音と、相手の打ち方、つまり「耳と目」で判断するとのことです。この感覚はある程度卓球をやったことのある選手は理解できると思いますが、理屈ではなく正に「感覚」です。

 松下さんは卓球台の相手のコートを、左右については「フォア・ミドル・バック」と、前後については「ショート・ハーフ・ロング」と、合計9分割してコース取りをするとのことです。本校の選手ならせいぜい左右3分割、前後は2分割の合計6分割、選手によっては左右2分割、前後2分割の合計4分割といったところです。

 3グラム強のボールを至近距離で打ち合う卓球はこのような「感覚」が鋭い選手が圧倒的に有利です。その「感覚」は訓練によって少しずつ精度を増します。世界のトップ選手は天性の「感覚」が身についていますが、その他の大多数の選手は条件は同じです。訓練で身につけるしかありません。

 この「感覚」が何となく分かるようになり、自分の心をコントロールできるようになり、相手の様子が見えるようになってくると、卓球の面白さがどんどん理解でき、勝てるようになってきます。卓球をやめるまでに是非、知ってもらいたいと思います。

10月18日(月)
学校で練習
 今日から中間考査が始まりました。

 本校卓球部の練習は学校では行なわず、学校から徒歩5分ほどにある西飯卓球センターを借りて練習しています。私が赴任する前の16年前までは学校の体育館で練習して、夜間は西飯卓球センターに移動して活動していました。しかし卓球台の準備や片付け等々、様々な不都合があったので、私が赴任してからは学校では練習しなくなりました。

 ところが今週は西飯卓球センターの床の改装工事を、テスト期間中で制限練習となるのを利用して入れてもらいました。

 と言うわけで、今週は学校体育館での練習です。以前学校で練習をしたのが何時だったか分からないほど久しぶりのことです。

 隣ではバスケット部女子が練習していたり、前後左右とも広々と使える普段と違う環境に、何となく違和感を感じながらスタートしましたが、選手たちにとってはそれを新鮮味と感じたのか悪くない雰囲気でした。何人かの先生方も、普段見ることのない卓球部の練習を興味津々で見にみえたりと、ある意味良い機会だったと思います。

 夕方に卓球場を覗いたら、床張替えの工事は随分と進んでいました。試験終了に合わせた完成が楽しみです。

10月17日(日)
全日本シングルス予選
 一般シングルスの予選です。

 今日の女子はいいところがありませんでした。出場したいずれの選手も実業団、大学生の前に屈しました。競り合いには持ち込めるのですが、ここ一本で無理に攻めさせられて自滅する場面が目立ちました。どの選手も技術が伸びているのは感じるのですが、それを「どのようにポイントに結びつけるのか」、という点で理解して練習している選手が少ないように思います。経験のある選手と試合をすると相手を見れずに空回りするパターンは、与えられている練習内容を理解していない証拠です。県内の高校の試合で勝てるだけに、女子は高く厳しい要求をされます。このハードルを越えないと全国大会で勝つことは夢物語です。

 男子は実業団の選手に元気がないので若い世代が上位を占めました。3年生の松下貴亮は攻守が冴え渡り3位に入りました。代表には一歩届きませんでしたが、連続して接戦に持ち込まれても、精神的にも肉体的にもプレーが鈍りませんでした。大学に進学する来年はぜひ代表を勝ち取ってもらいたいと思います。小川翔と内田芽人も大学生や社会人の選手を連破しベスト8進出。ともにバックハンドからフォアハンドに結びつける連携が冴えてポイントを重ねました。内田は準々決勝でも優勝した選手に食い下がるプレーを見せましたが、小川はジュニア予選で勝った神京夏さんに競り合いで敗れリベンジされました。

 その神さんは中学1年生で4位に入りました。恐らく三重県の男子では史上最年少のベスト4入りです。課題だったプレーの力強さが出てきましたが、上位の3選手にはしっかり守られて打ちぬけませんでした。しっかり食べてしっかりトレーニングして来年こそはカデット、ジュニア、一般の三階級代表の離れ業を見せてほしいと思います。

 卒業生の南翔太郎さんは2位に入り代表をゲット。この数週間は仕事が終わってからも毎日のように練習場に通い続け狙ってきました。練習場では勝つこともある松下や神さんも、本番ではビシッと締められストレートで敗れました。台に入ったらどんな時でもピリピリした緊張感でプレーする様子は中高生に見習ってもらいたいところです。

 明日から中間試験です。頭と気持ちを切り替えて頑張れ高校生!

10月16日(土)
全日本ダブルス予選
 今日はダブルス種目の代表を決定しました。

 男子は小川翔・内田芽人組が健闘しました。ベスト8決定戦で優勝候補で卒業生の南翔太郎さんと後藤宏幸さんのペアを破ると勢いに乗り準決勝に進出。準決勝ではこれまた卒業生の加藤幹也さんのペアにセットオールで惜敗しましたが、本校の男子高校生としてはあまり記憶にないベスト4入りでした。結局たった一つの代表の座を射止めたのは卒業生の森雅幸さんのペアでした。

 女子も新チームのエースダブルス、酒井眞菜・長澤玲奈組が準決勝進出。実業団ペアに対し今ひとつ歯車の合わないプレーで敗れ去りました。ラリーになるとしっかりと動けるようになりましたが、まだダブルスとしての「判断力」が身についていません。やはりこれは実戦を通してマスターすべき部分だと思います。練習試合等で磨いていこうと思います。卒業生の松井夏美さんと三年生の西川千裕のペアは決勝に進出。幸先よく一セットを先取しましたが、左・左ペアの苦しいところを徹底して突かれて逆転負け。惜しい星を落としてしまいました。

 明日はシングルスの予選です。代表枠は2名です。狭き門ですが、出るからにはチャレンジしたいと思います。

10月15日(金)
企業スポーツ
 いよいよ明日から全日本予選一般の部が始まります。

 一般の部には大学生以上の選手を始め、高校生、中学生、そして小学生まで出場する文字通り最強の選手を決める試合です。普通に考えればキャリアのある大学生以上の選手が勝ちあがるのが本来の姿ですが、小学生から競技を始めるのが普通になってきている昨今では、高校生や中学生が代表になることも珍しくなくなってきました。

 最近の景気の停滞で実業団の撤退が相次いでいる状況下では、その傾向は顕著です。

 三重県でも女子はエクセディがありますが、男子はかつてのホンダのように実業団として強化している企業が皆無な状況では、大学生を中心とした若い世代に期待が集まります。

 高校生らにとってはチャンスではありますが、長い目で見て男子の受け皿となる企業が出てきてくれることを願わざるを得ません。

10月14日(木)
伝統
 週末に行なわれる全日本選手権三重県予選に出場するため、卒業生の大学生が帰ってきています。

 愛工大4年生の後藤宏幸さん、3年生の松井夏美さん、駒澤大1年生の加藤幹也さん、それに加えて昨年近畿大を卒業した南翔太郎さんも毎日のように練習場に来てくれます。

 高校生たちは、いつも同じ顔ぶれのマンネリ化したゲーム練習と違い、強い先輩たちが来てくれるので張り切ってゲーム練習に臨めます。活気のある雰囲気が練習場に漲(みなぎ)ります。

 試験直前ということもあり、夜間練習をパスして勉強に取り組む者もいますが、先輩たちのお陰で中身の濃い練習になっています。

 先輩たちも高校生の時は、更にその先輩たちの胸を借りて強くなってきました。

 感謝、感謝です。

10月13日(水)
ライブ配信
 8月5日のチリ鉱山の落盤事故で地下700mに閉じ込められていた33名の作業員が2ヶ月ぶりに救出されています。救出の模様はテレビはもちろん、インターネットでもライブ配信されています。

 映像は地上の様子のみならず、地下での様子も同時進行で配信されています。地球の裏側の地下700mの様子がリアルタイムで伝わるのは、むしろ不自然さを感じさせるほどです。

 ネットでの動画配信は今や特別なことではありません。市販のネットワークカメラを利用すれば簡単に動画をネット配信できます。

 先日の国体で一週間ほど練習場を留守にした時は、選手たちが頑張って練習しているか不安でなりませんでした。西飯先生とも、「卓球場にネットワークカメラを設置しようか」などと冗談を言い合っていました。

 我々が子どもの頃は動画と言えばテレビ以外ありませんでしたが、家庭用ビデオの普及から、一般の人々にも身近なものになっています。国際大会などでは国際卓球連盟のHPで試合の様子がライブ配信されていますが、近い将来三重県内の試合も、三重県卓球協会のHPからライブ配信されるかも知れません。

10月12日(火)
試験週間
 来週の月曜日から中間テスト、ということは今日からテスト週間です。2学期も中盤に差し掛かってきました。

 今週末にある全日本選手権一般の部予選の組み合わせ会議がありました。試合後の月曜日からテストなので不安はありますが、計画的に準備しようと思います。

 夜間練習から顔を出せましたが、選手たちは四連休の疲れもあるにもかかわらず全体的に締まった雰囲気の練習をしていました。ゲーム練習でもそれぞれの課題を意識したプレーが随所に見られ、安心しました。

 明日から勉強の計画も含めてプランの練り直しです。

10月11日(月)
連休最後の一日
 今日は朝から一日練習でした。よく晴れた一日で日中は30℃近かったのではないでしょうか。

 午前中は卒業生の森永愛里さん、午後からは辻岡亜沙さん、南翔太郎さん、原勇也さんが見えて後輩たちに胸を貸してくれました。昨年卒業したばかりの原さんはほとんどの現役選手らの顔を知っていますが、久しぶりに見えた森永さんは、知っているのがほんの数人しかいないようで、時の経つ早さを実感していました。その森永さんも大学卒業までもう数ヶ月。今月中にある最後の全日本学生選手権に向け気持ちも高まっているようでした。

 男子の選手らはこの連休中の練習試合で見つかった課題を熱心に練習していましたが、ゲーム練習になると点数ばかり気になるようで、さっきまで一生懸命やっていた課題への意識が全くと言っていいほど抜け落ちてしまっている選手が多くいました。

 苦手な課題はちょっとやそっとでは克服できません。大切なのは継続して取り組むことです。失敗しても失敗しても、できるようになるまで何度でもチャレンジすべきです。特に重要なのはゲーム練習でチャレンジすることだと思います。

 明日からは中間テスト前のテスト週間に入ります。練習も制限されるので、より中身が重要となります。

10月10日(日)
四分の三
 男子は関商工、滝川、浜松商業との合同練習試合に参加しました。

 昨日の、「負けてもともと」という気持ちで向かっていける大学生との試合と違い、「負けたくない」、「負けられない」という気持ちになる高校生同士の試合は、メンタル面でも良い練習になります。

 全体的に見れば悪くない内容だったと思いますが、この二日間で感じたことや、個々の練習課題は全員に伝えました。明日からじっくり時間をかけて取り組んでもらいたいと思います。

 女子は昨日に引き続き宇都宮文星女子との練習試合でした。お互いにとって良い練習試合となったでしょうか?明日、詳細を聞いてみたいと思います。

 四連休最終日の明日は、男女とも地元でじっくりと練習です。

10月9日(土)
大阪へ・栃木から
 男子は、昨年度卒業の伊藤倫さんがお世話になっている阪南大学へお邪魔しました。

 たくさんの部員の方々に、高校生相手でも手抜きせずに一生懸命お相手をしていただきました。どの選手も卓球が好きで、いい意味で楽しんでいる雰囲気がします。たまに高校生が勝っても嫌な顔一つせず試合後のアドバイスもしてくれます。うちの高校生が逆の立場なら、果たしてそれができるかどうか?やはり高校生と違い”大人”を感じさせてくれました。ありがとうございました!

 女子は卒業生の神原(旧姓荻原)尚美さんが顧問の栃木・宇都宮文星女子高校が、わざわざ5時間以上かけてこんなところまで来ていただきました。全日本ジュニア予選を突破した選手もいるようですが、「いい練習になりました」と言っていただき安心しました。明日も朝から一日、合同練習です。

 四連休二日目も充実した一日となりました。明日も男女とも練習試合です。

10月8日(金)
四連休
 来週の土曜日に中学三年生対象の体験入学を行なう関係で、今日はその振り替え休日でした。当然小中学生はいないので、久しぶりに高校生のみの練習でした。

 午前午後と一日みっちりとやったので、最後は全員かなりへばっていましたが、良い雰囲気で練習できたと思います。

 今日も含めると四連休となりますが、男子は土日は練習試合に出かけます。女子の土日は本校卒業生の神原(旧姓荻原)尚美さんが顧問を勤める栃木・宇都宮文星女子高校が練習試合に訪れます。

 気候もよく、頑張れる環境は整っています。充実した連休にしたいと思います。

10月7日(木)
稼ぎ時
 随分と涼しくなり湿度も低いので、この時期は快適に練習に取り組めます。10月は意外と試合が少なく、じっくりと練習に取り組める”稼ぎ時”です。

 冷暖房が当たり前になりつつある現在では、卓球はオフシーズンのない競技となっています。小学生から一般までのカテゴリーの中で、高校の試合数は最も多いと思われます。シーズンによっては1ヶ月の土日の全てが試合という月も珍しくありません。

 ところが意外なことに、最もスポーツに適しているこの時期に試合が少ないのです。今年はたまたま全日本一般予選が今月中旬に組まれていますが、それ以外は国体に出た一部の選手以外は試合はありません。

 大切な試合の直前に、時間のかかる苦手技術の練習や新しい技術の練習はできません。そういった意味でも試合のないこの時期は”貴重な”時期でもあります。

 そのことが理解できずに、「しばらく試合がないからのんびりと…」と考える選手に明日はありません。

10月6日(水)
行く末
 夏に三年生から二年生に部の主導権を移してから、男子は三ヶ月、女子は二ヶ月経ちました。

 最初はぎこちなさもあったのですが、随分慣れてきました。慣れることによってスムーズにいく部分もあれば、緩慢になってしまう部分も出てきます。

 部の雰囲気は最上級生が作っていると言っても過言ではありません。それぞれの年にはそれぞれの雰囲気があります。「こうでなければならない」という決まった答えはないので、それぞれの年の個性を生かしたチームにすればいいと思います。

 言うまでもなくチームがチームとして機能するには、メンバー全員が一生懸命頑張れる雰囲気を作らなければなりません。

 上級生が手抜きせずに頑張れば、下級生たちはそれに引っ張られることでしょう。上級生だからと言って、高校生に立派な言葉で下級生を引きつけることを望むのは土台無理です。やはり一生懸命頑張る姿を見せることが、下級生の信頼を勝ち得てチームがまとまっていく唯一の方法でしょう。

 さて、今年のチームの行く末は?

10月5日(火)
国体とは?
 国体のあり方については、最近様々なところで論議の対象となっています。

 以前、各種目において国体は最も重要な大会の一つでした。しかしここのところ、卓球に限らず国体の位置づけはかなり低いものとなっています。

 原因は様々です。昔と比べて各種目の大会数はかなり多くなっており、数少ない全国大会であった国体のランクは低くなってしまいました。また、アマチュアとプロの境目が分かりにくくなったことにより、事実上プロ選手である実業団関係の選手が、企業にとってメリットの少ない国体を軽視するようになってしまいました。

 トップ選手であればあるほど、選手個人に”名誉”以外のメリットのない国体を避ける傾向にあります。

 そこで今回の国体です。

 以前の国体は、「開催都道府県が総合優勝することが絶対的な命題」で、潤沢な強化費を利して有力選手を県職員や教員として迎え入れていました。また開催都道府県は全種目ブロック予選なしで出場できるので、出場点だけでも獲得できます。しかし2002年の高知国体で当時の知事だった橋本大二郎氏が、無理な強化を避けて、史上初めて開催都道府県が総合優勝を逃しました。それ以来、呪縛が解けたかのように無理な強化をする都道府県は少なくなりました。

 しかし今回の国体卓球種目で目立ったのが、来年度開催地である山口県の躍進です。少年女子は地元選手を強化してのベスト8進出は賞賛に値します。少年男子の野田学園による優勝は地元選手にどういったメリットがあるのでしょうか?そして成年男女。男子の代表選手は現日本代表の吉田海偉選手、岸川聖也選手と専修大学エースだった徳増信弥選手の布陣です。いずれも山口県とは縁もゆかりもない選手で、国体終了後に山口県に残る可能性もゼロでしょう。女子の小西杏選手や、来年度に山口県選手として登録される噂のある、山口県出身の超大物選手も同様でしょう。

 こういった強化(?)が地元都道府県にとってどれほどの意味があるのでしょうか?招聘された選手たちはいずれもプロ選手です。オファーがあり、条件が合えば契約するのは当然だと思うので、選手たちに責任はないと思います。しかし県民の血税を使って有力選手をかき集め、山口県を優勝させて何が残るのでしょうか?

 平成33年には三重国体が開催される予定です。ぜひ地元に財産として残る形の強化をしてもらいたいと、切に願います。

10月4日(月)
還元
 国体、文化祭が終わり、ようやく落ち着いて練習が見られるようになりました。

 久し振りに練習を見ましたが、時折緊張感のない雰囲気が流れます。よほど意識が高くない限り、高校生の練習を放っておくとこうなってしまいます。危険水域、黄色信号です。

 国体で見てきた情報を選手たちに伝えようと思いますが、どの情報をどのように伝えるのかが難しい。

 例えば、「攻め込まれた時に、中陣で凌(しの)いだ後にフォアハンドで伸ばして反撃する」という技術が男子の試合で多く見られました。しかしその事実だけを伝えると、無駄に台から下がる選手が出てしまうリスクがあります。その技術を習得させようとするなら、継続してその練習を行なわなくてはなりません。様々な技術のうち、実際に身につければ有効な技術を選び出して優先順位をつける必要があります。

 計画を立て→実際にやらせてみて→その様子を観察し→修正を加えて→もう一度やらせる。

 せっかくレベルの高い試合を見てこれたのだから、何とかしてそれを選手たちに還元したいと思います。

10月3日(日)
千葉国体E
 一日に1試合ずつという、ゆったりとしたスケジュールで行なわれた今大会でした。ただ、トーナメント戦で勝ち抜いていたこともあって、あっという間の6日間でした。

 昨日の試合が終わってからと、今日の午前中は敗れた高知県の試合を中心に見学しました。幼少の頃からしっかりと鍛えられた選手たちは”強い”というよりは”無駄がない”と言ったほうがいいかも知れません。もちろん我々も試合で勝つことを目標に卓球に取り組んでいるのですが、全国大会で勝ちあがるチームや選手は、そこで勝つための術を知っています。

 今回敗れたダブルスの相手はインターハイ団体優勝チームのエースダブルス、個人戦のダブルスでも準優勝のペアです。一つ一つの技術は当然ハイレベルなのですが、それ以外に試合中に驚いたことが一つありました。

 試合の序盤で長澤がバックハンドでレシーブをしました。最近は男子も女子もダブルスのレシーブをバックハンドで行なう選手は少なくありません。すると二本目のレシーブもバックハンドで回り込もうとした時に、突然センターライン寄りからセンターラインへ速くて大きいサービスを出されました。面食らった長澤はレシーブミスし、それ以後はフォアハンドでレシーブすることを余儀なくされました。

 バックハンドでダブルスのレシーブをする選手に、そのサービスが有効なのは想像に難くありません。しかし相手の出したそのサービスは、その場の思い付きではなくしっかりと準備されたものでした。様々な経験を基にして、考えられる相手の作戦に対して準備をしてきた成果だと思います。

 これ以外にも同じような場面が何回かありました。様々な場面を想定して準備する。当たり前のことですが、当たり前のことを漏れなく準備されていることに驚きました。これが高いレベルで勝てるチーム、選手の考え方なのだと思います。

 いい勉強をさせてもらいました。

10月2日(土)
千葉国体D
 今日の高知戦に勝てば、三重県少年女子としては4年ぶりの5位入賞となります。ただ相手の高知県は今回の優勝候補筆頭と言われています。

@佐藤
エリートアカデミー対決はミスの全くないカット攻略を見せた佐藤さんに軍配が上がりました。

A酒井
正確なプレーで手堅く攻めてくる相手に凡ミスが出て1セット目を失うも、2セット目はよく動き10-8でリード。しかしサービスからしっかり攻められ痛い逆転負け。そのまま3セット目も押しきられてしまい振り出しに。

B酒井・長澤
インターハイダブルス準優勝ペアに出足から圧倒されるも、3セット目を効果的なサービスから粘り強いラリーで1セットを奪い返す健闘を見せた。

C佐藤
エースの頑張りで何とかラストに持ち込みたいところだったが、序盤からリズムが掴めず3セット目を返したものの4セット目をジュースで落とし万事休す。

 インターハイ団体戦優勝メンバー+エリートアカデミーで固めた優勝候補に食い下がりましたが一歩及ばず。ベスト16で全日程を終了しました。

 ダブルス、サービスレシーブの強化など課題も見つかりましたが、準備してきたものは発揮できた大会でした。

 物心両面で支えて下さった三重県卓球協会、はるばる三重県から駆けつけて下さった保護者の皆様、この掲示板に応援メッセージを書き込んで下さった皆様。ありがとうございました!


10月1日(金)
千葉国体C
 鹿児島県との2回戦のタイムテーブルは何と17時試合開始。ゆっくりめに準備を開始し、昼食を挟んで練習をしました。昨日の快勝のせいか選手たちの表情も明るく、期待が持てる雰囲気です。

@佐藤
昨日の緊張も解け落ち着いた試合運びで難なくストレートで降す。攻守とも問題なし。

A酒井
こちらも強気のプレーで快勝。リードを許す場面もあったが焦らず落ち着いたプレーで崩れなかった。

B酒井・長澤組
後がなくなった相手の強気のプレーに押され気味の出足だったが追いつき14-12で押しきる。しかし相手も怯まず好プレーを連発し1-2とリードされ、そのまま一気に…。

C佐藤
勢いのある相手に序盤は手こずるが、ラリーに緩急をつけ我慢強くプレーしストレートで決勝点を挙げる。

 これでベスト16入りです。明日は5位入賞をかけて高知県と対戦です。