白卓日記 ‘10   2月  前月へ! 次月へ!     
2月28日(日)
2月も終わり
 たった2,3日短いだけで、2月はこうも短く感じるものかと思います。

 明日は卒業式、明後日からは学年末考査、終わってすぐに東京選手権、そして福島・郡山全国選抜と忙しい三月となりそうです。

 当HPの掲示板に小川さんから、「チームワーク」についての投稿がありましたが、「TEAM SIROKO」の主役である選手たちの役割は、まず学年末考査に全力を注ぐことです。

 やりたくはないけど、やらなければならないことから逃げていては、その後に控えている大きな山を越すことは不可能です。

 気持ちが充実している時は、卓球も勉強も手を抜かないものです。

 結果に期待しています。

2月27日(土)
卒業してゆく3年生I
 順番が前後してしまいましたが、男子8名、女子4名の3年生の「卒業してゆく」シリーズの最終章です。

 伊藤倫が卓球場に来るようになって何年ほど経ったでしょうか。中学入学前後あたりだったと思うので、もう六年ほどになります。最初の頃の印象は、ガツガツと練習する訳でもなく、かと言ってダラダラとやる訳でもなく、とにかくラリーを”楽しんで”いるといった感じでした。

 高校卒業を前にしても、その基本スタイルは変わっていません。

 入学する前から腰を痛め、コルセットは手放せません。しかし入学して程なく西飯由香さんから教えてもらった腹筋を欠かすことなく行なったおかげか、腰痛で練習を休んだりすることはほとんどありませんでした。必ずと言っていいほど自主練習は欠かさず、試験中なども卓球場で勉強するなど、「卓球場の主」でした。

 口下手で控えめ、決して自己主張をすることもなくいつも穏やかに笑顔でいました。しかしその半面、内心はとても頑固で、良くも悪くもちょとやそっとで自分のスタイルを変えようともしませんでした。

 入学した時から無意味に台から下がってしまう傾向があり、よく注意をしたのですがなかなか改善されませんでした。しかし新チームになってチームの主力として責任が重くなるようになって、「勝つため」の卓球にこだわるようになってきました。

 全国選抜の予選では、県と東海でしっかりとポイントを挙げチームの勝利に貢献してくれました。台から下がらず、より積極的なプレーになり安定した成績を出せるようになりましたが、残念ながら個人戦で全国大会に出場する夢を叶えることはできませんでした。

 卒業後は関西学生リーグ2部上位で活躍する大学に進学が決まっています。一度練習にお邪魔させて頂きましたが、自主性を重んじるチームカラーは彼にピッタリで、本人も即決しました。

 卓球はもとより、色々な経験を積んで人間的にも大きく成長してくれることを祈っています。またふらりと卓球場に顔を出し、笑顔で後輩たちの相手をしに来てくれることを楽しみにしています。

2月26日(金)
大人の気遣い
 本校男子の一時代を築いてくれた南翔太郎(近畿大4年)さんが、卒業を前に連日練習に来てくれています。

 今日は高校生男子が3年生の送別会を開くために17時過ぎに練習を切り上げました。南さんはその後2時間近く、中学生男子三名に胸を貸してくれました。

 練習を終えた南さんは一言、「疲れた…。」。

 自分のために一生懸命取り組む練習も疲れます。しかしそれは自分のペースでやれるので、肉体的な疲れがほとんどです。ところが力に差がある者を相手にした練習”相手”は、肉体的な疲れより相手に対して気を遣う、精神的な疲れです。

 大学生とは言え南さんも中高生から見れば、「大先輩」です。その立場を分かっているだけに、「下手なことはできない」プレッシャーもあります。

 大人になると、自分のことだけでなく周囲に対する気配りを求められます。昨日の日記にも書きましたが、喜怒哀楽を素直に表現できた子どもの頃がいかに「お気楽」だったかは、歳を取らなければ分かりません。

 これを読んだほとんどの中高生は、「?」だと思いますが、いずれは君たちもそれが分かる時が来ます。高校三年間で少しでも人間的に成長し、来るべき時に備えてもらいたいと思います。

2月25日(木)
サイン
 人間誰しも大人になると、いくつかの顔を使い分けて生きています。子どもの頃は、嬉しかったら喜び、腹が立てば怒り、嫌なことがあれば哀しみ、いいことがあれば楽しみます。

 「子どもは素直がいちばん」と言われますが、それは子どもだから許されることです。

 中高生あたりは大人と子どもの境目です。まだ一人前とは認めてもらえませんが、子どもだからと許されることもありません。思春期の揺れる心と相まって、どうしても不安定になりがちです。

 今日、大したことではないのですが、学校生活についてちょっとしたトラブルが重なりました。まあ、どうってことのない些細なことなのですが、重なったことに偶然以上の何かを感じました。

 大きな失敗の元をたどると、「日常の何でもない綻び(ほころび)を放置して積もり積もって…」というのはよくあるパターンです。今回のことを、「運が悪かった」とか、「自分だけじゃないのに」と思ってしまうと、折角の天からのサインを見逃してしまいます。

 ここで部員全員が気を引き締めてくれると、良い方向に修正されるのですが、このままだと、「あの時あたりから間違った方向に…」ということになるような悪い予感がします。

 この仕事を二十年以上やってきた者の”カン”です。当たっている自信があります。

2月24日(水)
勉強の効果
 来週の火曜日から学年末試験が始まります。

 選手たちも練習を早めに切り上げて勉強に取り組んだり、学習会に出席したりと準備を始めています。言うまでもなく学生の本分は勉強です。高校生である以上、勉強をするのは当然です。ましてや成績を大きく左右する試験の前は、そちらを中心に力を入れるのが義務でもあります。

 先日、あるクラブチームの指導者の方とお話をさせてもらった時、勉強の話が出ました。ご自身も選手として活躍されていたその方は、「選手時代には”いやいや”だけど勉強を頑張ったけど、今になって思うと、やっておいてよかった」と感じるそうです。

 学校で勉強したことが世の中に出て直接役に立つことはそう多くはありません。しかし学校での勉強を通じて様々な「知識」を身につけ、ものの考え方や取り組み方を覚えて「知恵」をつける。また、やりたくはないけど、やらなければならないことに辛抱強く取り組む心を身につける。

 今は分からないと思いますが、大人になった時、「あぁ、これが勉強の効果だ」と気付く時がくるはずです。

 まあとにかく、やらなければならないことから逃げていては何をやっても成功しません。理屈は二の次にして頑張りましょう。

2月23日(火)
写真の出来映え
 年末から滞っていたTOPICSを久し振りに更新することができました。

 公式戦の結果を詳しく報告するTOPICSは試合内容のレポートだけでなく写真が不可欠です。写真の良し悪しがTOPICSの出来映えを左右すると言っても過言ではありません。しかしながら試合のベンチに入ったり、試合の様子を見ていたり、県内の試合であれば本部席で進行を手伝ったりと、なかなか落ち着いて写真を撮ることができません。

 しかし最近、カメラを持って応援してくれる保護者の方や関係者の方のご協力によって随分助かっています。

 以前なら本校卓球部OBの伊澤さん、最近は保護者の山本さん、小川さん、そして内田さんのお知り合いの雪上手さんなど、私の素人撮影と違いプロはだしの腕前の写真を提供していただいています。

 先週の大阪選手権もカメラのバッテリーが切れ困っていたところに雪上手さんが現れた時には、後光が差しているように見えました。

 TOPICSで明らかに見栄えの良い写真が掲載されていれば、それは私以外のどなたかが写したものだと思ってください。

2月22日(月)
卒業してゆく3年生K
 今年の女子の三年生は中学時代、これといった実績があった選手はいません。坂麻衣も鈴鹿市内では”そこそこ”の選手でしたが目立った実績はありませんでした。

 一つ上の学年は頑張りの効く選手が揃っていました。新チームになりキャプテンに指名された彼女は、先輩たちの築いたチームカラーを体現する、「努力を重ねて結果を出す」ことにかけては正に”継承者”でした。

 実績もそうですが能力も特に秀でたものはありませんでしたが、卓球が上達する唯一の方法である、「地道に根気良く努力する」能力は抜群でした。

 とは言っても順風満帆というわけではありませんでした。特に、キャプテンになってから最初の関門である新人戦県大会(全国選抜県予選)では、単複に失点し新人戦連覇をストップさせてしまった時は、これ以上ない試練だったはずです。一選手としてももちろんですが、キャプテンとしてチームをまとめることの大変さに押し潰されそうになりました。

 しかしそれから先頭に立ってチームを立て直し、全国選抜東海ブロック予選ではチームを愛媛全国選抜へと導いてくれました。

 その後は個人戦でも、全国大会代表にはなれませんでしたが、常に上位に食い込む安定した力を発揮しました。

 下級生に力のある選手が多かったので精神的にも大変だったと思います。キャプテンを引き受けた頃はいつも険しい顔つきでしたが、最後の方は常に柔らかい表情をしていたのが印象的です。様々な経験を通して人間的に成長した証だと思います。

 卒業後は医療事務の仕事を目指して地元の専門学校へと通います。卓球は趣味として続けるようです。「地道に根気良く」。この先も間違いなく堅実な道を歩んで行くことでしょう。

2月21日(日)
大阪オープンB
 ジュニア女子で勝ち残った西川千裕と酒井眞菜が最終日に臨みました。

 酒井眞菜は三回戦で昨年の全国中学準優勝の選手と対戦。1,3セット目をジュースに持ち込みますが、あと一本が取りきれず敗れました。相手の鋭いサービスに対しレシーブミスが出るのは仕方ないのですが、逆にサービスを持った時の三球目のミスが目立ちました。技術的な部分は最近、画期的に良くなってきています。プレッシャーのかかった場面でも冷静に判断できる技術が必要です。そこを克服できれば全国大会で上位に進出できる可能性を秘めています。

 西川千裕は三回戦圧勝のあと、中部日本チャンピオンのカットマンと対戦。出足は凡ミスを連発しましたが、徐々に慣れて1セット目を大逆転で先取すると、2,3セット目も徹底的に粘り、焦った相手が無理をして得点差を広げる理想的な展開でストレート勝ちしました。続くベスト8決定戦は昨年の全国中学チャンピオン、ジュニアNTの選手に食い下がります。1セット目を逆転で先取し、2,3セット目を連取されますが、4セット目を取り返しセットオールに。接戦のファイナルセットも一進一退のまま後半へ。積極的に攻めるボールが良く決まり8−6とリード。そこから8−7、8−8、9−8、9−9、10−9とマッチポイントを握ります。しかし相手は一歩も引かず厳しく攻められ無念の逆転負けでした。西川も勝ちを意識したり、弱気になったりした訳ではありませんが、相手も追い込まれたあとの方がむしろ感覚が研ぎ澄まされた感じで全くミスなくプレーしてきました。これが小さい頃からトップで活躍し、数々の修羅場を経験した選手の実力だと感じました。これを上回るには、ここ一本でセオリー通りのプレーをするのではなく、開き直った相手の予想を上回るプレーをする必要があります。もちろんリスクも伴うので成功させるのは並大抵ではありません。最後のインターハイまでに果たしてその域まで到達できるか?できればインターハイでの上位進出が見えてきます。

 ジュニアに参加した男女5名の選手は、参加できなかった選手には経験できなかった貴重な経験ができました。そのアドバンテージを生かすには、「反省」が必要です。

2月20日(土)
大阪オープンA
 男女ジュニアシングルスの1,2回戦が行なわれました。

 長澤玲奈は熊本のカットマンと対戦。正月の全国高体連合宿で敗れていた相手だったのでリベンジを果たしてもらいたいところでしたが、よく切れたカットを打ちきれず完敗でした。以前に比べるとドライブで随分粘れるようになりましたが、それでポイント出来ない相手に対し次の一手が必要です。

 酒井眞菜は初戦、次戦とも強豪選手と対戦。いずれも接戦になりましたが、苦しい場面でも崩れず我慢することができました。技術的にはブロックが上達し、攻められても手堅く止めて攻撃に結び付けられるようになりました。

 西川千裕は初戦シードで、16時からの本日唯一の試合をスキなく勝ちあがりました。

 内田芽人は初戦、固さがありながら要所でしっかり攻めて突破。しかし続く2戦目は京都のシード選手に厳しく攻められました。3セット目は意地を見せて接戦に持ち込みましたが万事休す。得意のネットプレーや速いタイミングの両ハンドドライブは、高いレベルでも通用します。より安定感あるプレーを追求してもらいたいと思います。

 小川翔は初戦で変則選手に落ち着いて対応し突破しましたが、二回戦で敗れました。1セット目を先取しましたが、2セット目をジュースで落とした後、リズムが一気に崩れました。先手を取るのですがフィニッシュをことごとくミスしてしまいました。まだまだプレーに厳しさが足りません。焦ってもらいたいと思います。

 明日は勝ち残った酒井眞菜と西川千裕が3回戦に臨みます。

2月19日(金)
大阪オープン@
 今日から三日間、大阪府立体育館にて、「第49回大阪国際招待卓球選手権大会」が行なわれます。

 本日は男女ダブルスが行なわれました。

 男子の加藤幹也・南翔太郎(近畿大・卒業生)さんは初戦で埼玉工業大学ペアに惜敗。ここ数週間、進学先の大学で練習を積んできた加藤はキレのあるプレーを見せてくれましたが、詰めの段階での差が出ました。

 一方の女子に出場の西川千裕・酒井眞菜は大活躍。初戦を落ち着いて切り抜けると、二回戦で16シードの社会人カットペアをストレートで破る大金星。続く三回戦でも愛工大ペアを積極的なプレーで下しました。四回戦で日本リーグのペアに1セットを先取するものの1-3で敗れましたが、継続したダブルス強化の成果が出た一日となりました。

 明日はジュニア男女シングルスが始まります。強豪選手がひしめくこの大会では一つ勝つのも大変ですが、積極的にチャレンジしてもらいたいと思います。


2月18日(木)
明日から大阪OP
 男子ダブルスで加藤幹也・南翔太郎(近畿大・卒業生)組、女子ダブルスで西川千裕・酒井眞菜組、男子ジュニアで内田芽人、小川翔、女子ジュニアで西川千裕、長澤玲奈、酒井眞菜が出場します。

 組み合わせを見ると一回勝つのも大変です。

 それだけに一勝の価値は高くなります。参加する選手は、「一戦必勝」を目標に臨んでもらいたいと思います。

 ちなみに男子カデットに平井陸さん、女子カデットに吉田礼楽さん、男子ホープスに口地輝季さん、女子ホープスに大谷真美さんも出場します。

※明日からの日記の更新は掲示板にて行ないます

2月17日(水)
卒業してゆく3年生J
 加藤幹也がここまで活躍できる選手になるとは思いませんでした。

 入学時は、器用にプレーはできるものの、「動く」と「強いボールを打てる」という現代の卓球に最も必要な要素があまり感じられず、将来的に厳しいと思っていました。

 しかし高校に入学し練習量が増えると、上記の課題が徐々に克服され、持ち前の器用さに加え勝負強さが身に付いてきました。

 特に競った試合の勝負どころのプレーは、今まで見てきた選手の中でもトップクラスだと思います。見ている方が怖くなるような場面でも決して腰を引くプレーはせずに積極的に勝負を仕掛けることによって、県外の試合でも力を発揮しました。

 2年生の後半からの個人戦では東海選手権ベスト8、大阪オープンやインターハイで強豪選手にあと一歩まで迫った試合、団体戦でも全国選抜東海ブロック予選でチームを全国へ導いた試合や東海総体で優勝チームからポイントを挙げた試合など県外の試合で活躍してくれました。

 大事な試合で力を発揮できるのは、普段の練習を当たり前のように高いテンションで取り組める姿勢だと思います。上手くいかないとナーバスになってしまう甘さはあるものの、集中力を欠いた練習はほとんど見せませんでした。本番と同じ気持ちで練習に臨むことは、本番で力を発揮するための唯一の方法だと思いますが、それを実践している唯一の選手でした。

 卒業後は関東の強豪校への進学が決まっています。今までのように常に主役ではいられないかも知れません。しかし自分で選んだ道です。全日本や国体の予選で帰ってくる時には、「さすが関東の名門チームで揉まれているだけある」と思わせる姿を見せてくれるでしょう。

2月16日(火)
春の足音
 今日は午後から、今年度最後の三重県高体連の役員会でした。

 今年度行なわれる県内の全ての試合は終了しているので、今日は来年度の行事予定、つまり試合の日程を中心に話し合いました。

 日程としてはほぼ例年通りですが唯一にして最大の変更点は、インターハイダブルス予選が5月末の団体戦予選前日に行なわれる点です。

 従来三重県は、4月29日にダブルス予選、5月ゴールデンウィークにシングルス予選、5月末or6月当初に団体予選が行なわれていましたが、諸般の事情で変更になりました。

 これにより4月下旬にシングルス地区予選、ゴールデンウィークにシングルス予選、5月末の金土日にダブルス&団体予選ということになりました。

 今年度もまだ、大阪選手権、東京選手権、全国選抜と県外の大きな試合が残っていますが、行事予定を検討していると、いよいよ新シーズン幕開けが近いことを実感させられます。

2月15日(月)
ハイエース号
 私の名前はハイエース号。白子高校の卓球部でお世話になって5年ほど経ちます。 選手の皆さんは私のことを「ブシャ(部車)」と呼んでいますが、顧問の先生の私物です。念のため。

 前任者もハイエース号でした。私よりグレードが高く、応接間のようなシートで天井も高い高級感溢れるタイプだったようですが、最後はマフラーが朽ち落ちてしまい、まさに大往生だったみたいです。そのまた前任者はマツダのボンゴ号。平成10年の香川インターハイに向かう途中の奈良県山添村の坂を上りきれず、轟音とともにそのキャリアを閉じたと聞いています。

 現在の走行距離は14万8千キロ。エンジンは極めて好調ですが、セルモーターの回りが怪しくなってきたので現在部品を取り寄せ中です。昨日オイルとオイルフィルターを交換し、ついでにオートロック機能を追加しました。この5年間でカーナビ、カーステレオを追加装備したので、車内環境も改善されています。あっ、念のため言っておきますがボディの傷はここでお世話になる前のオーナーがつけたものです。現在のご主人にコスられたりブツケられたりしたことはありません。はい。左のサイドミラーがビニールテープで固定してあるのも以前からですので…。

 10人乗りですが、後部座席は試合や遠征以外はほとんど使われません。たまに選手の皆さんを乗せても乗ったとたん爆睡されるので少し寂しい気もします。でも皆さん、降りるときに忘れ物やゴミが落ちてないか確認してくれるので車内はそれなりにきれいです。

 品質には定評のあるトヨタ製ですから、まだしばらく現役で頑張ろうと思っています。

 選手の皆さんの夢と希望を載せて今日は東へ明日は西へ。

2月14日(日)
モテ期
 今日はバレンタインデー。ご覧のように人生44度目のモテ期です。

 それはさておき、今日もガッツリ練習しました。

 女子はダブルスに主眼を置いた多球練習から次のステップへ。時間ではなく本数のノルマを課した練習です。これをやると集中して頑張らないといつまで経っても終わらない練習になってしまいます。ただ、どんな練習のシステムを組んでも、「何のためにこの練習をやっているのか」が理解できてないと、ただ消化するだけの練習になってしまいます。また明日、練習前にそれを確認させてから取り組みたいと思います。

 男子も午後、久し振りに本数をノルマにした練習をやりました。上手くいかなくてもタイマーが鳴れば終わり、という時間をノルマにした練習と違い、根気と集中力がないと終わらない練習です。こちらもやはり目的意識をはっきりさせないと無意味な練習になってしまします。

 さあ、2月も中盤。何もない時期だからこそ、大切な時期でもあります。

2月13日(土)
女子練習試合
 先週に引き続いて岐阜・羽島の体育館を借りて女子の練習試合を行ないました。

 参加して頂いたのは兵庫・市川高校と愛媛・済美高校です。両校とも近畿と四国の予選を通過して、全国選抜の出場を決めています。

 色々な学校と練習試合をさせてもらうと、各校それぞれ選手たちの卓球が似ていて興味深いです。市川高校は両ハンドのドライブをバランスよく振る選手が多く、いわゆる「今どき」の卓球をする選手が多いように思います。一方の済美高校は思い切りの良い卓球をする速攻系の選手が多く、ミスも多いのですが当たると強いのが特徴のように思います。

 全体としては少し負け越した感じがありますが、それだけに良い練習をさせてもらいました。

 それぞれの選手には見て感じたことを伝えました。明日からの練習で意識して取り組んでもらいたいと思います。

2月12日(金)
トップの資質
 今日は愛工大の卒業生・森雅幸さんと、同級生の安藤康寛さんが練習に来てくれました。

 高校生が順番に練習とゲームをしてもらいましたが、いつも練習してもらっている森さんはともかく、やはり学生の試合で常に上位に入る安藤さんは、「さすが」でした。

 まずボールの威力が違います。軽く振っているだけですが、ボールの速さはもちろん、伸び、回転量とも高校生とは桁違いです。卓球のスタイル自体は今時の両ハンドを自在に操る、というものではなく、どちらかと言うと泥臭いフォアハンド主戦です。しかしやはり学生のトップで頑張ってきた選手だけあって、回転量の多いサービスを確実にコントロールできます。小さいサービスは小さく、大きいサービスは大きく。こんな当たり前のことが高校生にはできません。

 分かりにくいサービスを小さくコントロールして出し、レシーブが甘くなったところを威力のあるフォアハンドで、「ドカン」で終わりです。レシーブも確実にコントロールし、相手が泳いだり詰まったりした三球目をブロックした後、ラリーで、「ドカン」で終わりです。

 こうやって書くととても簡単そうに見えますが、「ここはしっかり押さえておきたい」ところがマスターできています。つまり地味だけど、「これができないと勝てない」ところを地味に練習しているのが良く分かります。

 これがトップの選手です。面倒くさくて根気が要りますが、やれば必ず勝てることを当たり前のようにやる選手がトップを狙えることを再確認できました。

2月11日(木)
今年も花粉症
 建国記念日。朝から一日練習でした。

 雨のせいか、朝から気温は比較的高かったのですが日中も気温は上がらず、一日を通して肌寒い日でした。

 さて、花粉症の季節が近づいてきました。

 毎年この季節になると、卓球の情報より花粉症の情報の方が多くなってしまいがちです。私は30歳を越えてから発症しました。最初の頃は毎年、憂鬱な気分だけしかありませんでしたが、ここ数年は開き直って、「どの治療法が効果的か?」を試行錯誤するのが面白くなってきました。

 五年前は、学校のまん前にある濱口耳鼻咽喉科で治療を受けました。一般的な治療でそれなりの効果はあったように思います。

 四年前は、市販の鼻炎薬を試しました。それなりの効果はあったように思います。しかし良く効く薬は眠たくなったりノドが乾いたりして不快でした。

 三年前は、「数十年来の花粉症がピタリと止まった」という評判を聞いて名古屋にある鍼灸院に行ってきました。全く効きませんでした。70歳を越えているであろう大先生には、「歩きなさい」と一言だけ忠告を受けました。

 二年前は、簡単な「手術」で劇的に改善される、という評判を聞いて河芸町にある稲上耳鼻咽喉科に行きました。手術といっても鼻腔に炎症を起こさせる薬を塗布する簡単なもので、その年の花粉の飛散量が少なかったこともあってか随分楽だったように思います。

 昨年は、上述の手術の効果が2〜3年続く、と聞いていたので症状がひどい時だけ市販の薬を服用しました。それほど苦しくなかったように思います。

 そして今年。先週末再び「手術」を受けました。受けた時がちょうど風邪気味だったこともあり、今日に至るまでスッキリはしていません。しかし恐らくまだ花粉はほとんど飛散していないと思うので、風邪の症状プラス手術による炎症が原因と思い込んでいます。

 花粉症でお困りの皆さま。皆さまはどのような対策を講じられていますか?効果的な方法がございましたら掲示板、メールなどでご一報願えませんか?

2月10日(水)
卒業してゆく3年生H
 最近、本職(?)の卓球よりコンビニ弁当が脚光を浴びている水本沙耶です。

 彼女は桑名市の西に位置する東員第二中学の出身です。バスと電車を乗り継いで1時間半ほどかかる不便なところから通ってきます。

 入学当初は台の近くで速い卓球を目指していましたが、身長もあったので藤井寛子選手をイメージして台から少し距離をとって回転重視のプレーに変えていきました。サービスも藤井選手のバックサービスを真似させて、最終的にはそれが彼女の個性になりました。

 いつも笑顔を絶やさず、こちらの手を煩わすことはほとんどありません。感情的になることも全くなくプレー同様、精神的にも非常に安定していました。芯は強く地道に少しずつ力を付けてきました。

 個人戦では常に県大会の上位に顔を出すものの、県代表にはいつも一歩届かず、インターハイ予選、国体予選ともに次点に終わり悔しい思いをしてきたと思います。

 団体戦は二年生の全国選抜東海ブロック予選で単複で活躍するなど、後半で貴重なポイントを確実にゲットする役割を果たしてくれました。

 卒業後は愛知県内の大学に進学します。現在も今までと全く変わらず朝から一日、練習に汗を流していますが、卒業式を終えてからも3月いっぱい、練習を続けるようです。

 卒業した先輩たちからは、「トトロに似ている」とからかわれていましたが、見た目だけでなく心も穏やかなところはトトロそっくりです。卒業後もたまには周りをホッとさせてくれる笑顔を見せに来てほしいと思います。

2月9日(火)
シオタク
 先日来、三重県下のサークルKサンクスで発売されている水本沙耶プロデュース弁当のことが、塩浜中学顧問の剣持先生のHP、「シオタク」(「日常の記録」欄参照)にも紹介されていました。

 「シオタク」は私も毎日チェックしているHPのひとつです。本校一年生の近藤亜希の恩師でもある剣持先生は、ご自身が卓球の経験が全くなく、独学で勉強されて顧問を続けられています。前任校の神島(!)中学で現在の指導の基礎を身に付けられ、現任校の塩浜中学でその努力が開花しました。前出の近藤が中学生の時、三重県で初優勝を果たしました。とても中学生から卓球を始めた選手だけのチームには見えない戦力でした。そして、今年の全国選抜予選でも優勝し、山梨での全国大会への出場が決まっています。今年のチームは個人的に突出した選手がいない中での優勝。戦力が充実した時だけでなく、こういった年に勝てるのはホンモノだと思います。

 指導の基本はやはり「情熱」です。最大にして唯一必要なものだとも言えます。剣持先生の黄金時代は続きそうです。

2月8日(月)
前期選抜
 今日は公立高校の前期選抜でした。在校生は家庭学習。選手たちは女子が午前中に三年生の送別会を行ない、練習は午後から始めました。

 一年で最も寒い時期です。今日も例に漏れず芯から冷え込みました。受験生たちは緊張している上、この寒さですから心身ともに疲れ果てたことだと思います。嬉しいことに普通科・生活創造科ともに2倍を超える競争率。受験生の皆さんからすれば大変な数字だと思いますが、受け入れる我々にとっては嬉しい悲鳴です。

 卓球部に入部を希望する受験生もいたと思います。手応えはどうだったでしょうか?

 春から一緒に卓球できることを楽しみにしています。

2月7日(日)
男子練習試合
 昨年の3月以来、二度目の来場は兵庫・育英高校。藤森先生以下選手7名が来てくれました。

 育英高校は先日の全国選抜近畿ブロック予選を勝ち抜き代表になったチームです。兵庫県は全国でも有数の激戦区。今回も近畿代表7校のうち3校が兵庫のチームです。育英の選手たちの特徴は、「自分のために自分の好きな卓球を頑張る」という当たり前の意識が高いことです。言い換えれば、「やらされている感」が全くありません。顧問の藤森先生は、選手たちがまだ成熟した大人ではない高校生、という前提で接します。それは決して、「子ども扱い」しているのではありません。むしろ一人前として扱っています。選手が頑張れない時もありますが、決して怒鳴ったり脅したりするのではなく、諭すように話しかけます。選手たちも冷静さを取り戻すと、心からの反省の言葉を話し始めます。

 こういった指導は、即効性がありません。怒鳴りつければ次のゲームは頑張る「フリ」はするので、そちらの方法を選択する指導者の方は結構多いと思います。しかし長い眼で見て、好きだった卓球が強くなるために頑張る、という目的がいつの間にか、指導者に怒られないよう頑張る、方向に変わってしまいます。

 そういった指導論を藤森先生に色々と教えてもらいましたが、共感できる部分が多く、大変勉強になりました。

 肝心の試合の方は、午前中は今ひとつピリッとしませんでしたが、午後から必死で食らいつくことができました。全体としては大きく負け越しましたが、こちらが課題としている部分が浮き彫りになったので、選手たちも気がついたと思います。

 藤森先生、育英高校の選手たち、ありがとうございました!

2月6日(土)
寒いけど熱い練習
 今日は男女とも久し振りにじっくりと練習に取り組みました。

 初雪がちらつく、今年一番の冷え込みです。朝9時からの男子練習開始時の室温は3℃。ジェットヒーターを入れていますが、寒さで手先の感覚が無くなるほどでした。

 しかし練習が始まると、どの選手も手抜きのないプレーができました。上級生が頑張るので、下級生や小中学生もそれにつられて熱のこもった練習になりました。

 女子は11時スタート。その頃には室温も10℃近くまで上がり、最初から活気のある練習ができました。

 午後は男女ともゲーム練習が中心。男子は久し振りに多くのゲーム練習をこなすことができましたが、ダレることなく最後まで頑張れました。

 明日は全国選抜近畿予選を突破した兵庫の育英高校(男子)が来場します。

2月5日(金)
三重応援寿司A
 昨日紹介した、本校3年生の水本沙耶が発案して商品化された「三重応援寿司」の続報です。

 私は2年生の担任ですが、同じ学年の先生方ほぼ全員が今日の昼食は、この「三重応援寿司」でした。うん、素直に美味しい。他の先生方の評判も上々でした。米を始め、鶏肉、ひじき、ジャコ等の食材を三重県産で統一している、今流行の「地産地消(地元で生産し地元で消費する)」商品です。白子高校HPそらまめHPにも詳しく紹介されています。

 すると、神さんのお母さん、上野の辻さんのお母さんからも、「早速、食べました!美味しかったです!パッケージも可愛くて捨てられません!」とのメールが。練習場にいると、小学生の口地兄妹が、「お母さんに買ってもらった!」と、到着するなり頬張っていました。

 本人に、398円中どれくらいがキックバックされるの?と聞いてみましたが、「そんなの一円も入りませんよ〜!」とのことでした。

2月4日(木)
三重応援寿司
 立春とは名ばかり。今朝の冷え込みはこの冬(?)、一番だったようです。明るいうちはそうでもありませんでしたが、日が暮れると一気に冷え込んできました。

 当HPのトップページでも紹介してきた、3年生の水本沙耶が発案した、「三重応援寿司」が明日から三重県下のサークルKサンクスにて発売が開始されます。税込み398円で今月25日までの限定販売です。

 学校のあちらこちらにも宣伝ポスターが貼られ、私も早速、明日の販売開始を狙って買おうと思っています。

 今までも度々紹介してきましたが、女子卓球部員のほとんどが所属している「生活創造科」は、こういった食物系のコンクールや被服系のファッションショーなど、ユニークな活動が盛んです。毎日のように実習授業があり、結構大変なのですが、どの生徒も充実した学校生活を送っているようです。

 卓球ももちろんですが、学校生活が充実していることが生活全体の歯車をバランスよく回すコツだと思います。

 兎にも角にもサークルKサンクスで明日から発売です!

2月3日(水)
日本の将来と部活動
 今日は午後から鈴鹿市体育館に、100近い企業と大学・短大・専門学校に集まってもらい、「進路ガイダンス」が行なわれました。

 この行事は毎年この時期に1,2年生対象に行われているもので、後の進路決定の参考になる大切な行事です。特にこの時期の2年生は、卒業後の方向を決めなければなりません。

 練習時に見えていた卒業生の方とも色々とお話させてもらいましたが、今後の日本の景気は不透明と言わざるを得ません。

 少なくとも頑張った者に対して希望の持てる未来が保障できないと、日本の将来は更に深い闇の中に沈んでいってしまいます。そういう話を聞くと、「卓球なんてやっていていいのだろうか?」という疑問まで感じてしまいます。

 でもやはり我々にできることは、「目標に向かって努力することができる人間」、「自分の考えを相手に伝えることのできる人間」、「挨拶や返事など基本的なコミュニケーションのとれる人間」を育てることだと思います。

 「部活動を一生懸命やってきたからこそ社会に出ても通用する人間」を一人でも多く育てることが、我々の責務です。

2月2日(火)
成人式
 ワンテンポずれてしまいましたが、一昨年卒業の松井夏美(愛工大2年生)さんから成人式の報告メールがあったのでご紹介します。

 中学1年生の時に、ほぼ初心者で卓球場に通い始めた彼女でした。当時は中学生で通っている選手は皆無で、最初から毎日高校生と練習をすることができました。

 もともと運動能力は高く、ほぼ毎日休まずに通い続けたこともあって、中学3年生には県で2位になるまで駆け上がりました。

 その後も徐々に力を付けましたが、好不調の波が大きく、「強さ」と「脆さ」を持ち合わせた選手でした。しかし初めてラケットを持った頃には既に県で独走していた同級生ライバルに、高校2年生あたりで追い付き追い越した頑張りは忘れられません。また、彼女の学年は最終的には彼女たった一人しか残りませんでしたが、天真爛漫な性格で後輩たちをグイグイ引っ張る一方、現在に至る、「毎日遅くまで自主練習するのが当たり前」という流れを作ったのも彼女でした。

 大学でも、昨日紹介した森永さんら強い先輩たちに揉まれながら、着実に力を付けています。

 「なっちゃん」の愛称でみんなに可愛がられていた彼女も成人式です。すっかり一人前になった彼女ですが、私の中では、「なっっちゃん」のままです。弾ける笑顔で会いに来てくれることを、いつも楽しみにしています。

2月1日(月)

愛里ブログ
 先日、卒業生の森永愛里(愛工大3年)さんからメールがあり、TSC卓球ブログを始めたとのことでした。TSC卓球ブログは多くのトップ選手がブログを書いており、私も以前からよく見ていました。

 今回の彼女のブログは白子高校のユニフォームについて書いてくれていました。

 本校のユニフォームは1年に1〜2枚ずつ新しいものが作られていますが、今回彼女の紹介してくれた桜柄のユニフォームは、13年前に作ったものです。新しいユニフォームができる度に、古いものは自然消滅してゆく運命なのですが、このユニフォームだけは人気があり生き残っている、最古のものです。

 確か山梨インターハイに出場したのに合わせて発注したのですが、納期がギリギリになり、インターハイの会場に直接届けてもらったことを覚えています。

 ここをご覧の皆さんも、彼女のブログも「お気に入り」に入れて下さい!