'19 全日本選手権
HOME

 令和2年1月13日から大阪・丸善インテックアリーナにて2020年全日本卓球選手権大会が開催されました。

 本校からは女子ダブルスの白神ひかる③が卒業生の森本枝里(専修大)さんと組んで、ジュニア男子で久保田大輝②、阪拓海②、伊藤実②、ジュニア女子で番条梨沙①、日口実咲②がエントリーしました。

 この大会は競技中の観客席での写真撮影が禁止されているので、残念ながらプレー中の写真はありません。


 午前中はジュニア女子1回戦が行なわれました。

 日口は島根・明誠U15の中学生。昨年の大阪選手権カデットで優勝している強豪選手です。得意の変化プレーで1セット目を先取し、2セット目も6-4リード。しかし少しずつ対応してくる相手にペースを握られます。台から距離を取って粘る相手にリードを広げられて無念の敗退。

 番条は青森・五所川原商業と対戦。緊張からミスを繰り返し奪われ、2セット目も1-5とリードされこれまでか、と思われましたが徐々に挽回して10で取り返します。しかし3セット目もペースを取り戻せずレシーブミスを連発。4セット目も0-4とリードされたところでタイムアウト。大きなサービスから無理をせずラリーに持ち込む戦術に徹すると相手が崩れて逆転勝ちで初戦突破。

 午後からは男子1回戦。

 阪は富山・FiveStarsの中学2年生と対戦。全日本カデット3位の選手です。互いに様子見の1セット目は相手のミスもあり9で先取。2セット目はサービスの配給を変えた相手に取られます。重要な3セット目はビハインドから徐々に挽回するも、勝負どころを見誤り9で落とす痛いセットに。4セット目も常にリードを許す展開でしたが粘りのプレーで11で振り切りセットオールに。5セット目は乱れる相手をよそに堅実なプレーで徐々にリードを広げて6で振り切り初戦突破。

 伊藤は滋賀・近江兄弟社と対戦。ペン表裏という男子では珍しい戦型の選手です。同型の白神ひかるにも相手をしてもらい準備をしてきました。その成果もあり完璧な入りでリードを広げます。ところが10-8からまさかの逆転で失う痛いスタート。冷静に立て直して2セット目を6で取り返すも、再びリードを守れず後半追いつかれて苦しい展開。しかしこのセットを粘り強くプレーして11で奪う大きなセットに。4セット目もなかなかペースを掴めず苦しい展開でしたが、最後まで自分のプレーに徹して押し切りました。

 久保田は福岡・希望が丘と対戦。得意のサービスを活かして5-1とリードを広げるも、相手のサービスからの展開に苦しみ10で奪われます。競り合った前半の2セット目でしたが、タイムアウトから気持ちを入れ直し突き放して5で取り返します。3セット目もその勢いで有利に進めますが、やはりレシーブが乱れて逆転され8で失います。4セット目は調子の出てきた相手になす術なく取られて万事休す。

 夕方からは女子2回戦。

 番条は石川・遊学館と対戦。競り合いの1セット目でしたが、うまくミスを誘われて9本で失います。2セット目も出足は僅差の展開となりますがレシーブミスが出て6で取られて後がなくなります。レシーブを工夫した3セット目は7-3とリードを広げますが徐々に追い上げられます。何とか11で振り切り4セット目へ。我慢のプレーで競り合いに。あと一歩まで迫りますが、やはりレシーブが乱れて9で惜敗。

 簡単には勝たせてくれない全日本の初戦ですが、5名中3名突破はまずまず。


 大会2日目はジュニア男子2回戦に阪拓海と伊藤実が、女子ダブルス白神ひかるが森本枝里さんとチャレンジです。

 阪は埼玉栄と対戦。この選手はインターハイで伊藤実が敗れた相手です。悪くない出足でしたが、鋭いサービスからしっかりと攻めてくる相手に9本で取られます。しかしその後は苦しい展開ながら持ち前の粘りを見せて8、9と連取して追い込みます。開き直った相手に4で取られて勝負はいよいよ最終セット。焦る相手に対して冷静に対処してリードを広げます。後半追い上げられますが9-8で相手のサービスミス。しかし10-8からのサービスをチャレンジできずに追いつかれます。10-10から2度握ったマッチポイントを活かせず苦しくなりますが、最後は必死でつないだボールを相手がミスして14-12で劇的勝利。

 伊藤は神奈川・湘南工大附と対戦。強烈な両ハンドドライブを放つ相手に凡ミスの少ないプレーで対抗します。それでも鋭いサービスからフルスイングで攻められてペースが掴めません。ポイントこそ競るものの7、9と奪われて後がなくなります。ボールの威力はあるものの荒いプレーの相手に手数で勝負する展開。3セット目は出足からリードを広げて6で取り返します。すると俄然こちらのストロングポイントである速い攻めがポイントになり、6-6から苦しんでいたレシーブで連取してリードを広げます。9-6まで追い込んでセットオールか、と思われましたが9-7からのレシーブで勝ちを意識したのかミスが出て一気に形勢逆転。まさかの5本連取で万事休す。

 3回戦(32決定戦)で阪はスーパーシードの高知・明徳義塾と対戦。一昨年の全中チャンピオンです。スマッシュを得意とする相手に対し粘り強く戦います。押されながらも丁寧に返球し、相手のミスを誘います。焦ってミスを繰り返す相手に7で先取。リードされた2セット目も必死でチェイスすると追いついて、動揺した相手のミスもあり10で奪って追い込みます。しかし開き直った相手に本来のプレーをされると少しずつ押され気味となり、右へ左へと揺さぶられます。攻守のバランスが整ってくると、ブロックの固い相手に糸口が見いだせずに3、6、5と抑え込まれて逆転負け。

 女子ダブルスの白神ひかるは先輩の森本枝里(専修大)さんとの”元インターハイ3位”ペアで予選を突破しました。初戦は山形・鶴岡南と。出足から巧みなコンビネーションで相手を寄せ付けず1、2、9と完勝。初戦ながら経験もあり落ち着いたプレーで危なげなく突破です。

 2回戦はサンリツのドライブとカットの変則ペアと。森本さんがカットをしっかりと粘ると相手もミスを繰り返して8で先取。続く2セット目は競り合いになりますが、白神も丁寧なプレーでアシストして9本で追い込みます。3セット目は5で奪われますが、4セット目は出足からしっかりリードして8で勝利。翌日の3回戦へと駒を進めました。

 ジュニアの選手は今日で終了しました。

 3回戦に進出した阪をはじめ、全体としては悪くない結果でしたが、全国の舞台で勝ち上がるには敗因を分析してピンポイントで修正しないといけません。



 大会3日目。

 本校で残っているのは女子ダブルスの白神ひかると卒業生の森本枝里(専修大)さんのダブルスです。

 3回戦の相手は関西学院大。両選手ともバック表の選手です。1セット目は10-7とリードしますが追いつかれ、11で取られます。立て直した2セット目は接戦が続きますが振り切って8で取り返し1-1に。勝負どころの3セット目も2本以上差のつかない競り合いに。8で取られる痛いセットに。後がない4セット目は勝負に出ますが一気に離されて3で万事休す。相手は台上から丁寧な攻めとバック表を活かした変化あるやりにくいプレーで、終始消化不良のプレーにさせられてしまいました。

 しかしこの二人のペアは”まさにダブルス”と言えるコンビネーションを見せてくれます。決してスゴいボールがある訳ではありませんが、二人の丁寧で柔らかなプレーはこの二人でしか出せません。

 本校選手の全日程を終えましたが、やはり日本最高峰の大会だけあって簡単には勝てませんが、その気になってチャレンジすると勝ち上がれるチャンスはあります。今後も出場するからには十分な準備をして臨みたいと思います。