'16 学年別
HOME
 平成29年1月21日、三重交通Gスポーツの杜伊勢で平成28年度三重県高等学校新人卓球大会個人の部(学年別)が開催されました。



 この試合は1年生と2年生、それぞれの学年別のシングルスで行われます。



 女子の2年生優勝は昨年に引き続き森本枝里。つい三日前に全日本ジュニアでベスト16に入ったばかりなので大本命でしたが、決勝はプレッシャーからか1セット目を奪われ、2セット目も競り合うなどヒヤリとした場面も。一息つく間もない一週間でしたが、落ち着いたら次に向けて準備してもらいたいと思います。


 3位には大谷真美と猿橋彩。今ひとつの調子ながら結果を残すことができました。


 女子の1年生は長谷川蒼のベスト8が最高。全国選抜個人戦(新人戦県大会3位校以下で、過去に全国大会に出たことがない選手が出場)県予選で優勝した選手に勝っての8入りは進歩の跡を見せました。


 男子の2年生は口地輝季と中P敬太がベスト8。口地はまたしても鬼門のカットにやられました。中Pも2位の選手に食い下がりましたが1セットを取るのがやっと。


 男子の1年生は番条晃大と辻村知大が3位、西山天智がベスト8。番条は優勝した選手に迫りましたが一歩及ばず。辻村も準決勝は完敗でした。

 4つのうち3つのカップを返還しましたが、戻って来たのは1つだけ。

 県選手権に続いて厳しい結果になりました。