2003年版南福島狛犬探訪その2

沼之内弁財天に行く前に、前回見落としていた神社をいくつかチェック。
両諏訪神社というところには、3対の狛犬がいました。いちばん奥の狛犬を見てびっくり。

両諏訪神社

両諏訪神社
両諏訪神社1の吽 両諏訪神社1の阿
 

いちばん手前のやつは、どこかで見た顔。護国系のひとつですが、尻尾が面白いですね。

尻尾がユニーク
2つめの狛犬は昭和10年のありふれたタイプなので省略。
本殿前の狛犬がびっくり。
あの沼之内弁財天にいた安永狛犬そっくりではないですか!
両諏訪神社 両諏訪神社3の阿
両諏訪神社背中側
当然これも江戸と思ったのですが、台座には大正14年と刻まれています。石工は山野辺大五郎。
この山野辺大五郎という名前を覚えておいてください。後で重要な意味を持ってきます。

■Data:両諏訪神社(福島県いわき市平豊間):
狛犬1: ο建立年月・昭和22(1947)年。ο寄進者・山野辺刀作42才、光子33才。
狛犬2: ο建立年月・昭和10(1935)年。ο奉納者・大敷起業者 阿部彦二郎。
狛犬3: ο建立年月・大正14年5月14日。ο石工・山野辺大五郎。
ο撮影年月日・03年1月21日。


次へ「2003年版南福島狛犬探訪」次のページへ進む
HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ


狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文は→こちらから