福島県双葉エリアの狛犬

諏訪神社

原発が並ぶ福島県双葉エリアの狛犬探訪。このエリアは神社があまりないのですが、狛犬建立率は低くなく、面白いものもたまに見つかります。

諏訪神社 阿 諏訪神社吽

大熊町の諏訪神社。祭りの前なのか、おじさんが二人、櫓に上って太鼓の練習をしていました。伴奏がテープというのが今イチ。
狛犬は結構大きくて立派。しかも実に個性的。顔がでかく、怒り肩。阿吽ではなく、吽阿で逆位置に置かれていました。
背中の彫りも、尻尾の処理も面白い。裏から見たシルエットも面白い。面白いづくしの狛犬。

■Data:諏訪神社(福島県双葉郡大熊町)。ο建立年・昭和11(1936)年旧7月
ο撮影年月日・05年8月16日。

八幡神社

288号線沿いにある八幡神社。一目見て江戸だと確信したのですが、台座には大正15年と刻まれていました。海が近いので潮風にあたり、風化が進んでいるのかもしれませんが、形も十分に江戸時代だけれど……なあ。
這いつくばったようなスタイルや尻尾の処理がユニーク。尻尾の先に団子がついていることに注目。

■Data:八幡神社(福島県双葉郡大熊町北田)。ο建立年・大正15(1926)年
ο撮影年月日・05年8月16日。
次へ次へ

HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ
狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文は→こちらから