未来を決める

連 帯 兵 庫 み な せ ん    第2期
平和と立憲主義、いのちと暮らしを守る市民選挙・連帯兵庫   (略称・兵庫みなせん)

創刊   2016/11/6                                     最新の更新   2017/5/14         部分更新   5/28

   政局・選挙・改憲・野党共闘の動き

   

「共謀罪」法案  内田樹氏 5/28new

国家権力の腐敗と本質  白井聡氏 5/28new

「総理のご意向」…前川氏一問一答 5/25new

蓮舫氏、加計学園の記録を追及 5/21new

共謀罪、衆院委員会強行採決 5/21new

安倍「9条改憲」の意味(毎日コラム) 5/16new

   つつじ

読売インタビューへの批判(毎日)   new

岸田外相「9条改正今すぐは考えない」 new

首相の読売インタビュー   new

首相「自衛隊明記」改憲に意欲

野原

              私たちの運動

3/5 学習交流会   三重県のブリッジ共闘に学ぼう
   森原康仁さんのお話
   森原さんへの質疑応答
   各地域みなせんから
   プログラム
   選挙資料
   会場アルバム

当面の活動日程

   6/7(水・6時)   世話人会(第10回)

   7/10(月・1時)〜7/11(火・午前中)
   世話人会・合宿討議(神戸市内・場所検討中)

   7/11(火・6時)   政党との協議(第6回)
      於:新長田勤労市民センター

   参院選街宣活動

   6/11(日)   長妻昭 講演会 5/23new

リンクコーナー

7区・みなせん@西宮・芦屋のブログ

   

     みなせん時評     
   

改憲へ強権、独裁ぶりを発揮する安倍首相と
新たな展開
      new
    

みなせんロゴ1

「自然の権利」を   new

   米国では1973年「絶滅の危機にある種の法」が制定され、種を脅かす行為に対して裁判を起こせる、と明記された。同法に基づく訴訟で、フクロウやグリズリー(ハイイログマ)といった野生動物が原告となって勝訴した例がある。
   日本では奄美の訴訟(2001年、アマミノクロウサギを原告)後、自然物を原告にした訴訟は高尾山天狗裁判(東京地裁八王子支部)や、オオヒシクイを原告にした訴訟(水戸地裁)など数件ある。
   いまだ日本では「自然の権利」は、法的な権利として確立していないが、早く法律を制定すべきではないだろうか。
                       (2017. 5. 10    D.S)

         未来を決める