星の観察    (2004)

3回目のカノープス (12月7日) NO34
 ちょっと遅くなってしまいましたが・・・。 11月24日 マックホルツ彗星を目当てに星見小屋へ出かけました。
この彗星は、年末から年始にかけて明るくなると期待されています。 すでに7等星の明るさになっているということですから、私の望遠鏡でも充分キャッチできるはずだったのです。
 ところが望遠鏡の視野にはいりません。彗星自体がまだ暗いのか、望遠鏡がよそら向いているのか、何度試みてもだめでした。
0時になって諦めることにしました。望遠鏡の電源を切って、ふとパソコンに表示されている星図を見ると、カノープスが示されています。双眼鏡で見ると、六甲山系の山頂すれすれにカノープスが輝いています。瑞星です。今夜はマックホルツ彗星が目的だったのですが、カノ〜プスにとってかわってしまいました。が、大感激です。
 さっそくカメラにおさめました。右の画像です。中央はオオイヌ座です。
カノープスを詳しく知りたい方に次のサイトを紹介します。
南極老人星
http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/afchnnankyoku.htm


金星・木星・月の大接近 (11月11日)   NO33
 最接近の5日、起床したのは6時10分!! 前日、六甲裏の観察小屋に出かけ、午前1時の帰宅のため寝坊してしまった。
残念!
慌てて作業したおかげで、三脚にデジカメをつけたまま床に倒してしまった。デジカメは完全に壊れたらしく、どこをさわっても押してもビクとも動かない。全くついてなかった!。
でも、一番使い勝手のよいデジカメだったので、未練たっぷり、大阪の代理店に持っていくと「部分品入れ替え3000円」ですんだ。すごく嬉しかった。助かった!

    11月2日     11月3日     11月4日   11月5日最接近     11月6日
メモ

@、5日までは上が金星で
  6日以降は下が金星
(木星が西に移動)
AニコンCOOLPIX950
B9日間天候に恵まれて
 ラッキーだった
   11月7日    11月8日    11月9日    11月10日


10月14日 部分日食 (10月15日) NO、32
太陽は日食が始まるまで雲に覆われ心配しましたが、時が近づくにつれて見る見る雲がきれて、最後まで安心してシャッターを切ることができました。上が南です
●撮影データー
タカハシ76oFCT屈折望遠鏡+LV25o接眼レンズ+ニコンCOOLPIX950+ソーラーフイルター+YA3フィルターにて500分の1秒露光
なお、この望遠鏡はハレー彗星の接近に合わせて購入しました。 18年も私につきあってくれています。

     10:51      10:55      11:05       11:15       11:25
      11:35(最大食)       11:45       11:55        12:05       12:15


金星とレグレスがランデブー (10月5日)  NO、31
10月4日夜半、金星がしし座のα星レグレスに大接近しました。 
午前1時30分、テラスに出てみると天気予報どおりべったり厚い雲で覆われていました。
午前4時、再び東の空を見上げると金星が明るく輝いています。が、レグレスが見えません! じっと目を凝らしてみると、金星のすぐ北にチョコンと確認できました。しし座を代表する1等星レグレスも明けの明星の明るさ(−4等星)にはその存在感を失っていました。
 デジカメでねらったのが右の画像です。露光は8秒です。


肉眼黒点出現         7月30日)  NO、30
   昨年10月29日以来の肉眼黒点です
上が北、右が西です。
 タカハシ76FCT+25o接眼レンズ+ソラーフィルターにて500分の1露光
 もう4日ほど前から撮っていたら良かったのですが・・・

        7月27日          7月28日        7月29日



















月と金星のランデブー  (月24日) NO、29
4月23日金星と火星が1°20分まで接近しました。肉眼で凄く目立ったためにカメラを向けたのですが、画像では今ひとつです。 やっぱり肉眼が一番ですね。
 月は4月25日には土星に、30日には木星に接近するそうです。


   


 金星とスバルのランデブー (4月6日)  NO、28
 4月3日、金星とスバル(昴)が大接近しました。画像は4日のものです。
FCT76o、焦点距離300o+25o接眼レンズ+ニコンデジカメにて60秒間露光しました。
 市街地で以前から明るかったわが家のテラスですが、数日前、すぐお隣の駐車場に、V字型にライトがついた柱2本が設置され、わが家はすっかりライトアップされてしまいました。、テラスで新聞が読める明るさです。
 60秒露光で何とかなるかなと思いましたがやっぱり被っていますね。 ウウン・・・・どうしたものか。
   




                                                   

M78  98,11,15撮影 M78  04,02,16撮影 新星雲

 M78星雲付近に新しい星雲発見
ストロニュースは2月12日下記のように報じていました
M78星雲の近くに新しい星雲が出現
【2004年2月12日 VSOLJニュース(121)/国立天文台・天文ニュース(700)】
(VSOLJニュース)
M78星雲はオリオン座にある有名な星雲ですが、この近傍の暗黒星雲中に驚くべき「新変光星雲」が出現しました。発見はJay McNeilというアメリカのアマチュアによるもので、7.6cm望遠鏡とCCDカメラによる撮像によって発見されたものです。
以下略
 星雲について、多く方が画像を発表されています。
私も16日、確認撮影しました。右側の画像です。画像の右下のコーナー近くボッとしたのが今回発見された星雲です。左の画像には写っていません。

 これをアマチュアが7.6pという小望遠鏡で発見ということですから驚きです。



                                   ホーム