和歌山城 大手門 一の門 天守閣 二の丸 不明門
和歌山城 2003/11 和歌山県和歌山市  平山城  築城者  豊臣秀長   築城年代  1585年  別名 虎伏城 竹垣城
和歌山城の本丸は標高48.9mの虎伏山と呼ばれ 虎が伏しているかたちに似ている山の頂にある。

和歌山城復元模型(観光パンフレットより)

マップ(観光パンフレットより)

沿革
1585年 秀吉が紀州攻め 秀吉が弟の秀長に和歌山城を築城させる 藤堂高虎 羽田正親 一庵法印が普請奉行
1586年 桑山重晴が城代
1600年 浅野幸長が関ヶ原合戦の功績で37万6千石 和歌山城主となる
1619年 徳川頼宣が55万5千石で入城
1846年 落雷で大天守・小天守・多聞などを焼失。
1850年 天守郭の再建工事竣工
1869年 版籍奉還
1871年 廃藩置県により和歌山城は廃城
1873年 新政府は全国183城の内39城を残して破却 和歌山城は保存城郭に指定 三の丸は保存外
1880年 旧本丸御殿の御台所が市内の光恩寺に移築
1901年 和歌山公園として公開
1925年 本丸御殿跡に市上水道配水池を設置 
1931年 文部省より史跡指定
1935年 天守閣 隅櫓 楠門等が国宝建造物に指定
1945年 和歌山大空襲にて天守閣焼失
1958年 天守閣の再建工事竣工
1960年 岡口門解体修理工事竣工
1963年 松の丸跡に七福の庭復元
1973年 西の丸庭園(紅葉渓庭園復元)を復元
1982年 一の橋大手門を再建
1985年 追廻門解体修理工事竣工

  和歌山城 大手門 一の門 天守閣 二の丸 不明門