逆井城跡  2006/09
逆井城 さかさいじょう  別名 飯沼城  茨城県坂東市  平城(沼城)
築城時期 1456年頃  築城者 逆井氏  主要城主 逆井氏、北条氏繁
整備が行き届いていて、すばらしい城郭に思えた。以下は、猿島郡教育委員会発行パンフレットを参考にさせていただきました。
逆井城は、戦国末期の建築 佐竹氏、結城氏等と対峙していた北条氏の城 一曲輪(本丸)、二曲輪(二の丸)、三曲輪から構成。
豊臣秀吉による小田原征伐にともない廃城。

逆井城跡全体図 案内図より

逆井城跡の全体図 パフレットより 「遥かなる時をこえて、戦国時代へタイムスリップ。肌で感じる雄大なロマン」

遺構(建造物は復元 ) 二層櫓、平櫓、関宿城門、井楼矢倉、主殿、観音堂、櫓門と橋、曲輪、土塁、掘、空堀他
全体景観



歴史
下野祗園城主・小山義政の五男常宗が逆井氏を称した。
1536年 北条氏の攻撃により逆井城は落城。
1577年 大規模な改修  佐竹氏、結城氏等と飯沼を挟んで対峙  1590年 小田原の役後廃城。
1982年 数次にわたる発掘調査  
2006年 整備が行き届いた公園
西二曲輪
大手口

二層櫓  戦国期の櫓を復元したもの



二層櫓と平櫓

井楼矢倉  敵の様子などの監視をおこなう

関宿城門  薬師門 関宿城の城門といわれる

主殿  牛堀町 大台城にあったものを参考に復元

観音堂 岩井市の大安寺にあったものを移築、復元

管理センタとそばやさん

西外堀

はすの花

鯉がたくさん泳いでいました

土塁

梅園

古城
大堀

一曲輪(本丸)

櫓門と橋  復元されたもの 高さ約6m

東二曲輪(二の丸

三曲輪

井楼矢倉

飯沼跡と西仁連川  戦国時代は、東西約1Km 南北約20Kmの沼だった。  江戸時代の干拓により水田


横矢橋

比高二重土塁と空堀 
土塁は堀、塀と併せ、敵の攻撃を防ぐ。 堀の内側と外側に土塁がある。
内側土塁の高さが外側土塁より高くなっているものを比高二重土塁という。

横矢掛り
土塁に凹凸や屈曲を設けたもの  矢や鉄砲で横から攻撃しやすくする。

鐘堀池
池は、湧き水が多く、水が枯れたことがないといわれる。