小田原城  銅門  常盤木門 天守閣 二の丸 縄張り 歴史 
小田原城  2003/09
神奈川県小田原市  平山城   築城年  1417年頃  築城者  大森頼春 北条早雲
主な城主 北条早雲 北条氏康 北条氏直 大久保忠世
小田原の駅からお城をみる
豊臣秀吉の来攻に備え 1587年から修築と拡張に注力 三の丸外郭に総延長約12kmの土塁と空堀の総構えを築く
[2006/10/08 Yさんからのメールより] 小田原駅は総構えの一部どころか、江戸時代でも城の中だったと思います。

駅から少し歩くと二の丸堀がみえてきた
小田原城二の丸堀

二の丸と三の丸跡を渡る橋  江戸時代にはなかったと思われる
[2006/10/08 Yさんからのメールより]
「学び橋」は昭和の戦前に作られたものだと思います。
以前「学ぴ橋」を渡ったところに、小学校(城内小学校)がありました。 
そこへ行くための橋なので、「学び橋」と名づけられたと思います。  4年半この「学び橋」を渡って、私は城内小学校に通いました。
現在、城内小学校は内堀の南隣、三の丸跡に有った別の小学校と合併し、三の丸跡に新築されております。
歴史的な風致地区なので、城の外に追い出されたようです。
私が城内小学校へ通っていた頃は、隅櫓(再建で本来の大きさより小さいらしいです)しかなかった。
その他は関東大震災で崩れたままで、まさに「小田原城址」そのままでした。
当時は皇族の別荘/離宮だったそうです。地震で宮家のお姫様が亡くなったと、母から聞いたことがあります。
現在のように、何とか門などが再建(?)されてからは、小田原へ行ったときでも城跡へは行ったことがありません。
天守閣だけの時一度だけ上ったことがあります。 今の城跡へ行くと、きっと私が知っていた頃の記憶が消えてしまいそうです。

学び橋

二の丸隅櫓
1934年に再建

お堀端桜並木
お堀端付近には、約700本の桜の木があるとのこと

二の丸にかかる橋  馬出門土橋(めがね橋)?




    小田原城  銅門  常盤木門 天守閣 二の丸 縄張り 歴史