名古屋城  東南隅櫓 御殿 天守閣  御深井丸 西北隅櫓  二の丸  復元イメージ 
名古屋城  2003/11 平城  築城者 徳川家康  主要城主 徳川氏  築城年代 1610年 
最終石高 61万石9千石  城内石垣の総延長は約8.2q  本丸の全周は多聞櫓で囲まれた構え
観光パンフレット 名古屋城復興協会編 山田秋衛著 「名古屋城」を参考にさせていただきました。
名古屋駅  駅から歩いて名古屋城にいく

加藤清正像

名古屋能楽堂

正門 再建
名古屋城の玄関口である正門 1910年に旧江戸城内の蓮池御門を移築  戦災で焼失 1959年天守閣と共に再建
高さ12m 2階建  白壁塗り 瓦葺 鯱は青銅製

入場券

菊の展示がされていました

西南隅櫓
未申櫓ともいわれる 西南隅の石垣上に建つ 空堀をへだて西の丸に面している 二重三階の隅櫓
西 南両面には軍事用の「石落とし」を張り出して屋根を付けている 1891年の濃尾大震災で石垣とともに崩壊
宮内省によって復元 鬼瓦などに菊花紋が見られる

空堀 ニ之門から西南隅櫓方を見る

本丸表二之門
二之丸の表御門 本丸への入口にあたる表二之門  本丸の南と東に2つの桝形がある  ここは南の桝形
内門である一之門(櫓門)と外門である二之門(高麗門)とで構成  高麗門である二之門のみが現存
門柱・冠木とも鉄板張り 用材は木割りが太く堅固  袖壁は土塀で鉄砲狭間を開いている 屋根は切妻造本瓦葺き

ニ之門の桝形


    名古屋城  東南隅櫓 御殿 天守閣  御深井丸 西北隅櫓  二の丸  復元イメージ