概要 歩み 三ノ丸 大手門 二の丸 本丸 薬医門 藩主 幕末    Top  歴史館 偕楽園 弘道館 弘道館
水戸城 平城 別名;馬場城、水府城 主要城主;馬場大掾氏、江戸氏、佐竹氏、水戸徳川氏 
古地図 徳川博物館のパネルより

徳川御三家水戸藩の居城 石垣や天守閣はない。北に那珂川 南に千波湖 東は崖 台地上に築かれた連郭式の城。
西側に五重の堀 本丸、二の丸、三の丸が直線にならぶ。
幕末の水戸城復元図  「徳川慶喜と幕末維新の群像」成美堂出版(株)より

水戸黄門 最後の将軍義喜は有名
水戸城復元想定模型 水戸市立博物館蔵より
左;千波湖       左下より 下の丸 本丸 二の丸 三の丸     右;那珂川

平安時代末期頃、常陸大掾国香の子孫 馬場資幹が館を構えた、その後、江戸氏が本拠にした。
その後、佐竹氏により大拡張。 家康五男の武田信吉、家康の11男頼房が御三家水戸藩主になる
光圀(第2代)、斉昭(第9代)を経て昭武(第11代)まで約260年間、徳川氏が35万石の水戸領を治めた。
水戸黄門さまの像 水戸駅前。


概要 歩み 三ノ丸 大手門 二の丸 本丸 薬医門 藩主 幕末    Top  歴史館 偕楽園 弘道館 弘道館