小峰城  本丸御殿跡 天守内部と眺め 前御門と周辺 二の丸 城郭の縄張り  
小峰城  2003/08  
別称 小峰城 白河城 白河小峰城 (平山城) 福島県白河市 
東西に長い独立丘陵を利用して築城された梯郭式平山城。本丸及び二の丸の一部約8万uが史跡として指定
駐車場から歩いて行くと白い塀がある

お城への入口

二の丸の観光用トイレ越しに見る三重櫓

二の丸の城址の碑

二の丸 清水門跡 。冠木門になっている。本丸下の護り門で、往時には、櫓門が存在した。
奥は本丸多聞櫓跡の石垣。

清水門跡右手水堀

清水門跡左手水堀

清水門を入り左折

石垣

本丸裏門にあたる桜御門

桜御門よりみる

桜御門を入り本丸をみる

沿革
1340〜46年
結城親朝によって築城されたのが城郭としてのはじまり。
以後白川結城氏の有力な一族である小峰氏の居城。
1504〜20年
白川結城氏の本城となる。
1590年
豊臣秀吉による奥州仕置により白川氏が改易。会津藩の城代が置かれる。
1627年 
丹羽長重が10万石の城主として棚倉より移封。
1627年
近世城郭を丹羽長重が、幕命により4年の歳月を掛けて城は大修築。
仮想敵は、伊達・上杉・佐竹の外様大名。侵入予想路にあたる北側を重点的に防備。
1643年 
榊原忠次 上野館林城より入封 14万石
1649年 
本多忠義 越後村上より入封 12万石
1662年 
本多忠平 宇都宮へ移封
1681年 
松平忠弘 宇都宮より入封 15万石
1692年 
松平直矩 山形より入封
1695年 
松平基知 
1729年 
松平義知 姫路へ移封
1741年 
松平定賢 越後高田より入封
1770年 
松平定邦
1783年 
松平定信 松平定信は老中"寛政の改革"を行う。
1812年 
松平定永 桑名へ移封
1823年 
阿部正権 武州・忍より入封 10万石
1823年 
阿部正篤
1831年 
阿部正瞭
1838年 
阿部正備
1848年 
阿部正定
1848年 
阿部正耆
1864年 
阿部正外 老中職
1866年 
阿部正静
1867年
阿部家が棚倉へ移封、二本松藩主の丹羽家が管理
1868年
戊辰の役の攻防で大半を焼失して落城。戊辰戦争(戊辰の役・白河口の戦い)。
奥羽越列藩同盟軍と新政府軍との約100日に及ぶ戦いの舞台となる。
1991年
三重櫓木造復元
1993年
前御門が史実に基づき忠実に木造復元。
   小峰城  本丸御殿跡 天守内部と眺め 前御門と周辺 二の丸 城郭の縄張り